FK’s Blog

bonzoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 04月 07日

中南米の旅/10 朝焼けの中のモアイ



a0092659_14381128.jpg


イースター島3日目の早朝、
まだ暗いうちに日の出を見るためにトンガリキ(15体のモアイ)へ

夜明け前、真っ暗な道をバスは進みトンガリキに到着
スマホの懐中電灯で足元を照らしながらモアイの前に辿り着きました。


星空の中、ほんの少し空が白み始めて来ました。
(これでも実際より画像を明るく加工しています)
a0092659_14480732.jpg

ようやくモアイ全員のシルエットが見えてきました。
a0092659_14553843.jpg


朝焼けとモアイたち全員を同時にカメラに収めるのは難しい…
a0092659_14584151.jpg

日の出前の朝焼けが本当に綺麗でした。
a0092659_14582550.jpg



日の出と同時にカメラを構えた人たちが一斉にシャッターを押し始めました。
a0092659_15080523.jpg



後ろに見えるのがラノ・ララクの山(モアイ製造工場)
朝日に染まってこちらも綺麗でした。
a0092659_15085528.jpg



日の出をバックに立つモアイたちに別れを惜しみながらトンガリキを後にしました。

a0092659_15135215.jpg

イースター島での3日間は日中の観光だけでなく、朝日、夕日、星空観賞もあり、なかなか忙しい毎日でした。

深夜、明かりひとつ無い漆黒の闇の中で見た満天の星空は忘れる事ができません。
さすがにスマホのカメラでは星空を撮ることができず本当に残念てしたが、しっかり目に焼き付けて来ました。
そうそう、南半球で見る星座は日本とは逆さまなんですよ。

イースター島見物はまだつづく…





# by bonzok | 2019-04-07 17:49 | 中南米21日間の旅 | Comments(0)
2019年 04月 05日

中南米の旅/9 夕日をバックにモアイを望む

イースター島2日目の夕方
早めの夕食を済ませサンセット鑑賞へ。

訪れたのはタハイ遺跡
到着した時はまだ明るい時間でしたが、既にたくさんの人がサンセットを待っていました。

a0092659_18444370.jpg


凄く人懐っこいワンちゃんだったけど、飼い主はいなかったみたい…
a0092659_18561451.jpg



段々空がオレンジ色になって来ました。
タハイは古代人が生活していた遺跡がたくさん残る貴重な場所です。
ここには7体のモアイがいます。
a0092659_18574441.jpg


馬の姿が絵になります。
島内ではたくさんの馬を見ましたが、馬はヨーロッパ人が運んで来たので
モアイが造られたころにはいなかったはずです。
a0092659_18542338.jpg


馬に乗ってる人もカッコよかった♪
a0092659_19060592.jpg



帽子(プカオ)をかぶる アフ・コテリクのモアイ
島で唯一目玉が付いたモアイですが、この目はレプリカだそうです。

a0092659_19181446.jpg


モアイは初めはちゃんと目が付いていたんですって。
モアイの目に霊力が宿ると考えられていたため、
部族争いで攻撃された時、最初に目が破壊されてしまったそうです。
道理でモアイってみんな奥目ですね(~_~;)
今のモアイの顔が見慣れているせいか、私は目が無い方が迫力があると思います。


イースター島の博物館に貴重な”目”の実物が展示されていました。
白サンゴと赤色凝灰岩で造られているそうです。

a0092659_19354700.jpg



夕日は見ることができましたが、沈む瞬間は雲に隠れてしまいました。
翌日は朝日をバックにモアイ鑑賞、日の出が見られますように!
a0092659_19415357.jpg


イースター島見物はまだつづく…







# by bonzok | 2019-04-05 23:21 | 中南米21日間の旅 | Comments(0)
2019年 04月 04日

中南米の旅/8 モアイ製造工場”ラノ・ララク”


イースター島は海底火山の噴火と隆起によって生まれた島です。

島の最大の火山 ラノ・ララク はモアイの製造工場と言える重要な場所でした。

加工しやすい火山岩が豊富だったため、モアイはここで製造されることになったそうです。

a0092659_17432053.jpg



麓から眺めたラノ・ララク
無数のモアイが点在し、運び出す途中のような像が転がっていたり製造途中のモアイもたくさん横たわっていました。

a0092659_17351245.jpg




顔だけのモアイは掘り起こすとちゃんと胴体があるんですって。

a0092659_17410828.jpg


これは完成品かな

a0092659_17325955.jpg

かなり広~い場所でアップダウンもあり、
一回りすると結構な距離になります。

a0092659_17430830.jpg





製作途中のモアイが寝てる

a0092659_17544268.jpg





この中にも制作中のモアイがいるの判ります?

a0092659_10472230.jpg


800年間もモアイを造り続けたのですから、
岩山の形も随分変わってしまっているでしょう。
a0092659_10473039.jpg



この場所だけで390体ものモアイがいるんですよ。
ここがどれだけ広いかが想像できますよね。
a0092659_10560370.jpg



造られた年代で大きさや姿に違いがあり、
後期になるほど巨大化し顎が出て来るそうです。

最大のモアイは21mもあるんですって。
a0092659_11025394.jpg


”トゥリトゥリ”と言う可愛い名前のこのモアイ
正座をしてる珍しい像です。
頭でっかちの他のモアイに比べると人間に近い姿ですね。
a0092659_11074461.jpg

この角度の方が正座が分かりやすいかな?
a0092659_11173657.jpg

正座のモアイ”トゥリトゥリ”と一緒に♪
私の帽子の辺りにトンガリキの15体のモアイが小っちゃく見えます。
a0092659_10555097.jpg


頂上からの景色も壮観でした。
a0092659_11201493.jpg


ラノララクで頂いたBBQランチ
a0092659_11220131.jpg


屋根しか無いこのレストラン、
調理は全部外でしてました。

a0092659_11220971.jpg


食べてる時、猫や犬やニワトリが次々におねだりにやって来ちゃうので楽しかったけど、ちょっと落ち着かないランチでした…
a0092659_11222090.jpg


モアイ見物はまだつづく…




# by bonzok | 2019-04-04 18:31 | 中南米21日間の旅 | Comments(0)