FK’s Blog

bonzoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 11月 02日

シチリア@古代ローマ・カサーレの別荘 Ⅲ



カサーレのモザイク画は今回のシチリアで最も感動した場所のひとつでした。
ただあまりにも数が多いので後はざっくりとご紹介します。


半円形のアトリウム(吹き抜けの空間)
キューピッドが釣りをしている可愛い図柄でした。
a0092659_21513508.jpg



キューピットたちの魚釣りの間

この部屋もキューピッドが魚釣りしてる絵です。
ローマ時代、魚は庶民には贅沢な食べ物だったそうですが
シチリア島ではたくさん魚が採れたでしょうね。
a0092659_22110727.jpg



☟小狩猟の間
食堂の床に描かれた豪華なモザイク
この館はローマ皇帝マクシミアヌス帝の狩猟のための別荘とも言われているので狩猟の絵だらけでした。

a0092659_21515646.jpg


バジリカ
バジリカは裁判や商取引のために造られた場所です。

a0092659_22210284.jpg


内部のモザイクは綺麗に残っていましたが、バジリカ以外の建物はほとんど何もありません。
4世紀に起こった地震のため崩れてしまったそうです。
前述したように、モザイクは大規模な地滑りで土に埋もれてしまっていたので綺麗な姿を留めることができたんですって。よかった~♪

a0092659_22285214.jpg

a0092659_22291072.jpg


ここはポツンと柱が残っているだけ。
どんな建物だったんでしょう…
a0092659_22294043.jpg



☟わずかに原型を留めている浴場のボイラー室
ここには温水浴室・サウナ・マッサージ室・冷水浴室に運動場まであったんですよ。
日帰り温泉みたい。個人の別荘と思えませんね。

a0092659_22413236.jpg



☟無造作に置かれていましたが、出土した壺でしょうか。
ここは発掘が続いているので、この下にまだまだお宝が眠っているかもしれません。

a0092659_22292456.jpg


この大きな石の塊りがインパクトありました!
a0092659_22335825.jpg


お土産屋さんの並んでたモザイク柄のマグネット
a0092659_22410372.jpg

以前ならいっぱい買ってたけど、増えすぎちゃったので今は見るだけ。。。(~_~;)
a0092659_22403292.jpg




ここにもあった3本脚のシチリアマーク
安定のキモさ (ーー;)
a0092659_22533977.jpg




ドアノブみたいなのはレモンにさして汁を出す便利小物

a0092659_22551663.jpg




サボテンは食用として結構売られていました。

a0092659_22582933.jpg




私たちが行った時はほとんど観光客もいなくて
お店の人がヒマそうにしてました。

a0092659_23005085.jpg



この日のランチはカサーレの別荘から車で10分くらいのレストランで。

お店の名前は”La Ruota”
Ruota
はイタリア語で”車輪”って言う意味でした。

a0092659_23135634.jpg




入り口に例の悲恋物語の男女の顔の置物がありました。
お守り的な意味があるのかな…

a0092659_23050886.jpg



ちゃんと車輪が置いてありましたよ。
a0092659_23043826.jpg



定番の前菜には必ず茄子が入っていました。
どこに行っても盛り付けが雑なんですよね…
a0092659_23571830.jpg


ピアッツア・アルメリーナの街はパスして、次はカルタジローネへ♪






# by bonzok | 2018-11-02 23:43 | シチリア9日間の旅 2018 | Comments(0)
2018年 10月 31日

シチリア@古代ローマ・カサーレの別荘 Ⅱ

カサーレの別荘は膨大な数のモザイク画が残されていて、
保存状態の良さは驚くべきものでした。

なかでも”大狩猟の廊下”と言われる長い廊下のモザイクは圧巻!


モチーフはすべて狩猟。
古代ローマ時代の娯楽であった円形劇場でのショーのための猛獣を生け捕りにしている場面です

象が船に運ばれてる場面ですね。
a0092659_23142179.jpg



こちらは鳥たちを運んでます。
a0092659_22585839.jpg




アップにするとちゃんとモザイクってわかるでしょ?
a0092659_23125781.jpg


これらのモザイクは21種類の石と16色のガラスで造られていて、すべて北アフリカの職人によるものだそうです。
描かれている場面もほとんどがアフリカの風景のようです。

a0092659_23143563.jpg


3m×60mと言う長~い廊下なので全景を納めるのは無理でした…

a0092659_23231324.jpg

カサーレの別荘は12世紀、地滑りによってすべてが土に埋もれてしまいました。
そのおかげで、第2次世界大戦後に発見されるまでモザイクは美しい状態で保存されたそうです。
誰にも気付かれず800年もの間土に埋もれてたってことが驚きです。

a0092659_23230467.jpg



a0092659_23002017.jpg


「大狩猟の廊下」はきりが無いのでこの辺で…



☟これはこの館の息子の寝室
子ども部屋らしく花や小動物がモチーフに描かれた可愛い模様でした。

a0092659_22440562.jpg




エロスとパンの前室
パン(角が生えてる方)とエロス(天使)が描かれたモザイク画
エロスは理性、パンは本能を表し、周りは両者の戦いを見守る審判が描かれていて、
理性と本能の正しいコントロールが必要であるということを表わしているそうです。

a0092659_23412867.jpg



ポリュペモスの前室
ご主人と奥さまの主寝室前室です。
a0092659_00005326.jpg

ポリュペモスと言うのは英雄オデッセウスが帰郷する時に出会った一つ目の巨人…のはずが目が三つありますね(-_-;)
羊のお腹からはみ出した内臓まで描かれてますね…
こんな絵を夫婦の寝室に描いちゃうんだ~ (ーー;)

a0092659_00012329.jpg




カサーレの別荘で一番有名かもしれないモザイクがこれ☟

ビキニの少女の間
1700年前にビキニがあったんですね!

a0092659_00002383.jpg


”Room With Ten Female Athletes In Bikini ” と書いてあったのでこの女性たちはアスリートの様ですが、古代ローマのビキニ姿、何だか可愛い♪

a0092659_00155322.jpg







# by bonzok | 2018-10-31 23:41 | シチリア9日間の旅 2018 | Comments(0)
2018年 10月 31日

シチリア@古代ローマ・カサーレの別荘 Ⅰ



a0092659_01245117.jpg



アグリジェントから車で1時間、到着したのはピアッツア・アルメリーナ

ここに古代ローマ時代に造られた素晴らしいモザイクの館があります。



小高い丘が続く長閑な景色を眺めながら車は進みました。
a0092659_19062298.jpg



世界遺産マークが見えて来ました。目的地はもうすぐ♪
a0092659_19063225.jpg


遠く丘の上に見える街がピアッツア・アルメリーナです。
a0092659_19072237.jpg




ピアッツア・アルメリーナの街はずれに建つカサーレの別荘はローマ時代紀元3~4世紀に建てらた壮大な建物です。

63部屋もあるこの巨大な別荘の床はすべてモザイク画が敷き詰められ、今も驚く程綺麗に残されていました。


☟当時の姿を再現した図
床だけで3500㎡…と言ってもピンときませんよね。
とにかく広かった!

a0092659_22045030.jpg



内部は回廊を囲んで四方八方に部屋が続いていました。

a0092659_22103168.jpg



回廊の床は動物の顔が描かれていました。
1700年も経ってると思えないほど綺麗!
a0092659_22385279.jpg



これから先はほぼ床の写真です(~_~;)


回廊の内側にある玄関の床
燭台を持って客を迎える主人が描かれています。
a0092659_23394561.jpg


浴場の更衣室
分かりにくいけど床のモザイクを上から撮ってます。
a0092659_22413136.jpg



奥様が子供(左右)と侍従(両端)を伴って浴室に向かうところ
a0092659_23294765.jpg


ここは運動場だそうです。
こんな所までモザイク画を埋め込んだんですね。
ここだけ屋根が無く白いシートが被っていました。

a0092659_23514257.jpg

回廊に囲まれた中庭
a0092659_00003096.jpg



使用人の部屋はモザイクが幾何学模様になっています。
ご主人様の部屋のモザイクは動物か人物、と差別化されています。
使用人の部屋までモザイク画を施してあるのが凄いですよね。

a0092659_00023402.jpg



部屋それぞれが全部違う模様でした。
a0092659_00030388.jpg


どのデザインも全部素敵!

a0092659_00072525.jpg


全部アップしたらきりが無いのでこの辺で…

a0092659_00060805.jpg


幾何学模様と人物を組み合わせたモザイク
保存状態の良さとデザインの高度さに驚かされます。

a0092659_00513757.jpg



この部屋は「愛の寝室」と呼ばれる夫婦の寝室です。
真ん中の絵が何ともセクシー(-_-;)

a0092659_00204964.jpg



これらのモザイクは上から見下ろせるように廊下が造られていました。
赤ちゃん、かわいい♪
a0092659_00101564.jpg



間違ってシャッターを押してしまった変な写真 (ーー;)
一階はこんな感じでボードの上を歩いてました。
a0092659_00260462.jpg


外のモザイクは自由に歩けましたけど、
踏みつけちゃって大丈夫なのかしら…って心配になります
a0092659_00252743.jpg

モザイク画はまだまだ続く…





# by bonzok | 2018-10-31 00:12 | シチリア9日間の旅 2018 | Comments(0)