FK’s Blog

bonzoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 10月 01日

オデッサ街歩き@ウクライナ

ポチョムキンの階段周辺は帝政ロシア時代の邸宅があった場所
現在復元工事が続いています。

海に臨んで建つコロネード(ギリシャ風の柱廊)も復元されたものです。
a0092659_23242873.jpg

a0092659_23244822.jpg


何の変哲もないこの橋の名は”愛の橋”
かつて恋人たちが南京錠を付けて愛を誓い合った場所ですが、橋の強度に影響するため鍵は外され今はタダの橋になっています。

a0092659_23363694.jpg




外された橋の南京錠はここに集まっていました。
形はハートだけど鍵が錆びついて若干汚げ…

a0092659_00023462.jpg


愛の橋からはオデッサ港が見渡せ、
眺めだけはよかったです。
a0092659_23260364.jpg


橋の上から見えた古い家並み
a0092659_23361233.jpg

a0092659_00011606.jpg

橋の突き当りが小さな公園になっていて
地図にはThe Corner of Old Odessaと書いてありました。


この公園の橋の方が”愛の橋”って感じ

a0092659_20060220.jpg



オデッサ港ポチョムキンの階段を見下ろす位置に
エカテリーナ2世像が建っています。

皆さんが一生懸命撮ってるのがエカテリーナ像
a0092659_20340833.jpg


1794年帝政ロシア時代、当時の君主エカテリーナ2世の布告によりオデッサの建設が始まりました。
エカテリーナ2世は現在の”オデッサを築いた母”と言えます

エカテリーナの下にいる男性は愛人たちです。
4人のうちの一人がポチョムキン
数百人もの愛人がいたと言われるエカテリーナ2世ですが、
ポチョムキン侯爵が生涯唯一の夫と伝えられています
本当の夫はピョートル3世ですが。


愛人たちをはべらす像ってすごいな(・・;)
a0092659_20330701.jpg



オペラ・バレエ劇場(1887年)を横から
a0092659_21014701.jpg


劇場を正面から
バロック&ルネサンス様式の豪華な劇場
チャイコフスキーもここで指揮を執ったそうです。
a0092659_21023048.jpg



劇場の横でこんな方たちが…
お着換え中のモデルさん?
a0092659_21055284.jpg




劇場前のブルーな人たち

a0092659_21075598.jpg



こちらもブルーな少女たち
中学生くらいの団体でした。社会科見学かな?
a0092659_21090221.jpg



さりげなく絵になる女性
a0092659_21100963.jpg


オデッサ街歩きはつづく





# by bonzok | 2019-10-01 22:14 | ベラルーシ・ウクライナ・モルドヴァの旅 | Comments(1)
2019年 09月 30日

ポチョムキンの階段@オデッサ/ウクライナ

オデッサの中心部は狭い範囲に集約され
見どころやホテル、レストランなどすべて徒歩で回ることができました。


プーシキン通りを進むと見えて来たのがオデッサ考古学博物館
1825年に創立された由緒ある博物館です。
正面前庭に建つのはラオコーン像…のレプリカ
a0092659_12592400.jpg




考古学博物館を進むとこの広場に出てきました。
ウクライナ国旗がたなびく白い建物はオデッサ市庁舎
a0092659_13213317.jpg



市庁舎の前に建つこの像はまたまたプーシキン
体制批判で度々ロシア当局から迫害されながらも屈しなかったプーシキンは今も絶大な支持を維持しているようです
a0092659_13230010.jpg



市庁舎前の巨大なマロニエの樹はこの広場のシンボルツリー
a0092659_12482686.jpg



市庁舎の前に続く並木道は
「海沿いの道」と言う意味のプリモールスキー並木通り
a0092659_13430421.jpg


右手に黒海を眺めながら並木を歩きました。
a0092659_17555267.jpg




心地よい木陰が続くこの並木道は市民の憩いの場所ですね

a0092659_13545136.jpg



並木道の途中に古代ギリシャ時代の遺跡が発掘途中のまま保存されています。
水道工事中に発見されたそうです。
a0092659_13543537.jpg



この白い鳩は観光客目当ての大道芸人のもの
芸と言っても私たちの肩に乗せて写真を撮らせお金を要求するだけ。
余りにしつこいのでツア友の女性が怒ったら喧嘩みたいになっちゃいました (ーー;)

a0092659_13550002.jpg



長い並木道を進んで
オデッサで最も有名な観光スポットへ
a0092659_13422066.jpg




地味なビジュアルですがここがオデッサで最も有名な場所
ポチョムキンの階段
階段の先に見えるのは黒海

a0092659_16331479.jpg


下から撮った写真でやっと階段だと分かりますね
1809年に木製で造られた階段を1837~41年に石段に造り変えられました
a0092659_16352097.jpg


この階段を有名にしたのは1925年制作の無声映画”戦艦ポチョムキン”

1905年に起きた戦艦ポチョムキンの反乱事件を映画化した共産主義的プロパガンダ作品です。

銃撃された母親の手から離れ階段を落ちて行く乳母車のシーンは映画史に残る6分間と評され、またこの場所が”映画史上最も有名なロケ地”と言われています。

ケビン・コスナー主演の『アンタッチャブル』でこの乳母車のシーンがオマージュのように使われていました。

a0092659_21074181.jpg


ポチョムキンの階段の上の広場にはオデッサの初代知事リシュリュー公爵の銅像が建っています。
オデッサを劇的に発展させ街の礎を築いた人です。

a0092659_17191003.jpg


一見古代ローマのシーザー風ですがフランスの貴族だそうです。
a0092659_17184833.jpg


可愛い船型のお土産屋さん♪
a0092659_17301349.jpg

オデッサ見物はつづく







# by bonzok | 2019-09-30 20:13 | ベラルーシ・ウクライナ・モルドヴァの旅 | Comments(0)
2019年 09月 29日

黒海の真珠 オデッサ@ウクライナ

6日目
7月17日
夜20時発のウクライナ航空でキエフを発ちオデッサへ


離陸間もないキエフ上空
20時過ぎても日はまだ高い

a0092659_20024671.jpg



オデッサに着くころは夕日に変わっていました。

a0092659_23484008.jpg



21時オデッサ空港到着
この後は陸路で国境を越えたので再びオデッサ空港に来ることはありませんでした。


a0092659_23483208.jpg



ホテルに着いてすぐに夕食だったけど
もう10時半過ぎ、食欲は無くお料理の写真さえ撮ってなかった…


朝食の写真だけはありました
いつも代わり映えしないけど(~_~;)

a0092659_00312573.jpg




宿泊したHotel Aleksandrovskiy
こじんまりとした3つ星ホテルでした。
滞在時間が短すぎてほぼ寝ただけのホテル…

a0092659_00253082.jpg




翌朝9時、オデッサ観光へ出発
オデッサではすべて徒歩観光でした。

オデッサは黒海に面した港町
「黒海の真珠」と称される美しい街でした。


朝日を浴びる木陰の模様が面白い♪

a0092659_00141464.jpg



壁に写る木の影がどうも気になる
絵に描いたら面白そう

a0092659_00385552.jpg




ここは素敵なレストランの中庭
a0092659_20541817.jpg



朝早いのでまだ準備中

a0092659_00494901.jpg




観光スポットでは無く単なるレストラン
何か説明はされたかもしれませんが、
スミマセン、聞いてませんでした…

a0092659_00462339.jpg



壁面の凝った装飾が美しい

a0092659_00455920.jpg




レストランの中も見たかった…

a0092659_12511337.jpg




↓この像は文豪プーシキン
ロシアの体制を批判したため一時期オデッサに逃れていました。
この時滞在していたホテル(後ろの建物)の一部が
プーシキン文学記念館となっています。

みんなが触るのか鼻の頭がピカピカ

a0092659_12371943.jpg





この像のある通りはその名もプーシキン通り
美しい建物が建ち並ぶ歴史ある通りです。

a0092659_12534192.jpg




可愛いピンクの建物はホテルブリストル

a0092659_12390554.jpg

a0092659_12475083.jpg




この水色の建物は西洋美術館

a0092659_12484008.jpg



時間があったら美術館の中に入りたかった…

a0092659_12481175.jpg




何の建物か分からないけど素敵な窓

a0092659_12525479.jpg




窓ばかり撮ってて全体像が無かった…

a0092659_12530508.jpg


↓これは古いアパートなんですって。
入居者募集なのか建物ごと売り出し中なのかサインが貼ってありました。
ウクライナ語なので分かりませんでしたが…
a0092659_12580562.jpg



凝った装飾の建物ですが、
近くで見るとかなり老朽化していました。

a0092659_12563396.jpg





この建物も相当くたびれてる感じ

a0092659_20313053.jpg




地震が来たら崩れそう…

a0092659_20344044.jpg



ここにも男性柱アトラスがいました。

a0092659_12571546.jpg



ここは4人のアトラス

a0092659_13302154.jpg





↓すごいポーズのアトラス

a0092659_20322698.jpg




オデッサは本当に素敵な建物ばかりですが、
この街も第2次世界大戦時ドイツ軍に破壊されているのでほとんどは復元された建物です。

a0092659_13185684.jpg


a0092659_13190526.jpg

a0092659_13295430.jpg



建物の話ばかりになってしまいました(-_-;)

続いてオデッサの観光スポットへ






# by bonzok | 2019-09-29 20:47 | ベラルーシ・ウクライナ・モルドヴァの旅 | Comments(0)