FK’s Blog

bonzoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 10月 12日

旧オルヘイ洞窟修道院@モルドヴァ

7日目 7/19/2019

モルドヴァの首都キシナウに1泊した翌朝、
北へ45km離れた 旧オルヘイ村 (Orhei Vechi)へ
なぜ”旧”オルヘイなのかと言うと20km離れた場所に新しいオルヘイ村があるからだそうです。

訪ねたのはこの村にある洞窟修道院
信者さんもここまで登って来るのは大変そうです。
a0092659_20091497.jpg


旧オルヘイ村は360度丘に囲まれた盆地のような土地にありました。

私たちが歩いていたのは↓ここ(矢印のところ)
土手の上の一本道を延々と歩いて洞窟修道院に辿り着きました。
a0092659_20011578.jpg


ゴツゴツしたむき出しの岩があちこちに見られる丘の上にポツンと建つ鐘楼
a0092659_20172474.jpg



地面の上に見えるのは鐘楼部分だけ
外敵から隠れる様に教会は地下深くに造られています。
a0092659_20205848.jpg


狭い入り口を入り岩窟の中を下って行きます。
水色のワンピースの方はモルドヴァのガイドさん
ストールを被ってないけど帽子で髪の毛を隠せばいいのかしら…
a0092659_20222528.jpg




階段を下りるとこの部屋が現れました。

a0092659_20275394.jpg




岩をくり抜いた狭い空間に壁一面の祭壇が見えます。
窓がくり抜いてあったので明るい光が差し込んでいました。

a0092659_23345665.jpg



モルドヴァ正教の修道僧たちが洞窟で修業を始めたのは11世紀、
この教会の建立は14世紀~15世紀と言われています。

こんな辺鄙な崖の上の岩窟にこんな教会があるとは驚きです。
a0092659_20341038.jpg




この洞窟修道院の修道僧は黒いローブを着た
まるで魔法使いのおじいさんみたいな人でした。

a0092659_23352273.jpg


ロウソクを一本買ってここに立て、祈りを捧げます。
a0092659_23270315.jpg

a0092659_23350696.jpg


a0092659_23272358.jpg



販売用の礼拝用具とマグネットらしきものも置かれていました。

a0092659_23373300.jpg



奥に進むと暗い空間があり、私たち小柄な日本人でも腰をかがめないと立てないくらい低い天井でした。
a0092659_23484506.jpg


天井が低いのは常に神に頭を下げられるように…だそうです。
この方は私と同じくらいの身長のツア友さん
a0092659_14351576.jpg



何の部屋かと思ったら、ここは修道僧の寝室なんですって。
ストイックな生活ぶりがうかがい知れます

a0092659_23490623.jpg



教会の中にいた観光客、信者さんかな?
この扉の外に出ると…

a0092659_23395825.jpg



扉の外は断崖絶壁!
子どもがここで飛び跳ねてたら落っこちそう…

a0092659_23425670.jpg




足はすくむけど、眼下にラウト川が見え景色はよかった♪

a0092659_23451036.jpg




こんな狭い所でくつろぐ観光客(-_-;)

a0092659_23445107.jpg



ツア友さんに頂いた写真
たまたま私が写り込んじゃったみたいです(~_~;)

a0092659_00092464.jpg




断崖絶壁の岩の上に建つ古い十字架
この十字架はオルヘイ・ベッキの観光ポスターになってました。

a0092659_19425102.jpg

長い間風雨にさらされ、ここにひっそりと建っていたのですね。

”触ると願いが叶う”らしいので一応触ってお願いしてきました…
旅先でのお願い事はいつも同じ
「無事に日本に帰れますように…」

a0092659_19391822.jpg



遠くに見えるのは新しい正教会
ガイドさんが新しいから中は見る価値は無いって言ってたけど、やっぱり見たかった…
a0092659_20035408.jpg

教会を出る時、
魔法使いさん…じゃなくて修道士さんに挨拶をしようと思ったらお昼寝中のようでした。
ちなみに見学料は30円くらい、安くて申し訳ない…

a0092659_13553155.jpg




洞窟修道院へ続く一本道の途中たくさんのお墓を目にしました。

a0092659_00183113.jpg


墓標はいろんなバリエーションがあるみたい
a0092659_00182176.jpg




民家もありましたが石を積んだだけの粗末な造りでした。

a0092659_00180097.jpg




モルドヴァ
は”ヨーロッパ最貧国”だそうです。
首都キシナウでは貧しさは感じませんでしたが、
田舎に来ると質素な暮らしぶりが伺えました。


a0092659_00224118.jpg



猫ちゃんはいたけど人の姿は見かけなかった。

a0092659_13540695.jpg


旧ソ連時代に社会主義の名のもと、人々は一切の信仰を禁じられていました。
ここモルドヴァでも11世紀に根付いた信仰を断ち切ることはできず、
日本の隠れキリシタンのように洞窟で信仰を守り通していたのですね。
この修道院が公に再始動したのは1991年の旧ソ連崩壊後1997年だそうです。

ここは世界遺産ではありませんが、こういう場所こそ世界遺産に相応しい場所ではないかと思いました。





# by bonzok | 2019-10-12 17:05 | ベラルーシ・ウクライナ・モルドヴァの旅 | Comments(0)
2019年 10月 05日

世界最大のワイナリー・ミレスチ・ミーチ@モルドバ

6日目(7月18日/2019)

オデッサで昼食を済ませ、
ウクライナを出国、最後の訪問国”モルドバ”に入国

陸路の国境越えはいつも時間がかかってうんざりだけど、モルドバは昨年オープンしたばかりの国境だったせいかスイスイ通過。拍子抜けするほど早かった。

国境は撮影禁止なので写真はありません…


モルドバ
に入ってからも延々とひまわり畑は続いています。
a0092659_22064884.jpg



バスで移動中ひまわり畑が何度も現れ、
そのたびにみんなで”ワ~ッ!”って叫んでました(~_~;)
a0092659_15143731.jpg



ほんとにすごい!
この季節の来てよかった♪

a0092659_22135292.jpg



モルドバの首都キシナウの入り、
最初に訪れたのはミレスチ・ミーチ・ワイナリー

モルドバはワインの国として知られ、ここミレスチ・ミーチは世界最大のワイナリーとしてギネスブックに登録されています。

モルドバワインと言うの耳にしたことがあったけれど、
リアル・モルドバに来られるとは思っていませんでした。
今回の旅行を決めたのは出発1か月前だったので…(-_-;)



到着したのは夕方の17:30
観光客はまばらでした。
a0092659_22571845.jpg




地下貯蔵庫に入るトラムをここで待ちます。

a0092659_23072884.jpg




ワインの噴水?

a0092659_23114288.jpg



この発想が面白い

a0092659_23122738.jpg

ミレスチ・ ミーチの全長200km!(*_*;
ワインの保有量(150万本)と共に ギネス記録になっています。


地下貯蔵庫ではこの方が案内してくれました。
a0092659_23150316.jpg



右の車で移動しましたが
全長200kmもあるから私たちが見学したのは勿論ごく一部です。

地下に入るとヒンヤリと言うより寒い!
a0092659_23173309.jpg




貯蔵庫の中は迷路のようになっていて
どっちを見てもワインがびっしり!

a0092659_22474646.jpg




ここに置いて行かれたら迷子なること間違いなし

a0092659_23223524.jpg




全部ワインです!(~_~;)

a0092659_23323828.jpg




扉が付いてるのは保有者があるもの

a0092659_23270101.jpg




湿度が60~65%
カビとホコリがすごい

a0092659_23251650.jpg


このホコリ具合がヴィンテージ感あります。
a0092659_22563942.jpg





世界最大ワイナリーのギネス認定証

a0092659_23285466.jpg



ゲストブックの後ろの像は
モルドバ公国建国の父シュテファン・チェル・マレ
a0092659_23384253.jpg


葡萄の木を彫った変なオブジェ
a0092659_23590402.jpg


テイスティングのお部屋がどれも豪華!
a0092659_23462101.jpg




テイスティングと言うよりちゃんとしたディナーな感じでした。
a0092659_00000961.jpg



テイスティングは全部で7種類
赤・白・ロゼとドルチェスパークリング
a0092659_00033789.jpg




普通のテイスティングのようにチョビッとだけじゃなくて
グラスを開けるとすぐに注いでくれる太っ腹サービス♪
テイスティング中は生演奏まで付いてました。


でもテイスティングより食べる方が忙しかった…
a0092659_00001903.jpg



右がミレスチ・ミーチで購入したワイン
左がクリコバワイナリーで購入
この3本のお陰でスーツケースがどっと重くなってしまったです…
a0092659_00101414.jpg






# by bonzok | 2019-10-05 23:49 | ベラルーシ・ウクライナ・モルドヴァの旅 | Comments(0)
2019年 10月 04日

ランチ@オデッサ/ウクライナ

6日目
7月18日/2019

オデッサでのランチは
Куманець (読めない…)と言うウクライナ料理のレストランで♪


お店の看板です

a0092659_23280933.jpg


HPも素朴でノスタルジック♪
a0092659_01563577.jpg



民族衣装のスタッフさんにスマホを向けたら思いっきりポーズを取ってくれました~
a0092659_00080729.jpg


この牛さんが気になる…
a0092659_00340083.jpg

店内はウクライナの伝統楽器や民芸品が所狭しと置かれていました。
a0092659_00282511.jpg


a0092659_00274851.jpg


a0092659_00430187.jpg



伝統楽器を演奏して下さる方が私たちを待っていて下さいました。
綺麗な人~
a0092659_01012922.jpg



スタッフさんの民族衣装が可愛い♪
a0092659_00572861.jpg


a0092659_00295929.jpg


a0092659_00382508.jpg



ツア友に頂いた写真
私は”お誕生日席”でした(-_-;)

a0092659_00423341.jpg



私たちが食事をしている間、
伝統楽器バンドゥーラを奏でながら美しい声でウクライナ民謡を歌って下さった方、本当に綺麗な女性でした。
a0092659_00574081.jpg



メニューはボルシチ、黒海のサバのグリル、ラズベリーのクレープ
a0092659_01080697.jpg


このレストランはデリバスィフスカ通りと言うオデッサ随一の賑やかな界隈にありました。

a0092659_01142093.jpg


a0092659_01351386.jpg


a0092659_01453657.jpg



この通りは観光客向けとトラムとお馬さん以外は通れない歩行者天国
a0092659_01101244.jpg


a0092659_01105832.jpg


a0092659_01164448.jpg


馬ばっかり撮ってる私…
a0092659_01470242.jpg

皆さん短い夏を謳歌してる感じでした。
a0092659_01391282.jpg
a0092659_01192436.jpg


ウクライナは綺麗な人が多い
a0092659_01420377.jpg



通りにはユニークお店が並んでいました。

a0092659_01202879.jpg




レトロなカフェ

a0092659_01250656.jpg




SEXYなアンダーウエアのお店

a0092659_01191315.jpg





くまモンだ!
ウクライナでくまモンに会えるとは…

a0092659_01245980.jpg





通りにあるゴールサト公園

a0092659_01314064.jpg


地元の方の憩いの場ですね
a0092659_01110977.jpg

ワンちゃんもリラックス
a0092659_01411240.jpg


ランチの後、モルドバ国境へ

”黒海の真珠”と称されるオデッサは旧ソ連の面影は感じられず、ギリシャ時代から続く歴史ある港街でありながら、のんびりとしたリゾート地と言う印象でした。
滞在時間が短くて残念、もっとゆっくり見たかった…







# by bonzok | 2019-10-04 23:58 | ベラルーシ・ウクライナ・モルドヴァの旅 | Comments(0)