FK’s Blog

bonzoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 10月 21日

旧ソ連の面影を残すキシナウ街歩きと最後の夕食@モルドヴァ

7/19/2019

7日目
この日(正確には8日目)は真夜中の午前2時55分発の飛行機でモスクワに発つため
首都キシナウの観光は夕方から夜にかけて。

キシナウは第2次大戦時激戦区となり街は壊滅。
現在はソ連式の建物が多く残る街で、観光と言っても見るべきものはほとんどありませんでした。


国会議事堂
旧ソ連時代の無機質な建物でした。
a0092659_17521736.jpg



国会議事堂の前で記念撮影してるカップル
私たち以外にも観光客はいるんだ~

a0092659_17515463.jpg




モルドヴァ国旗が掲げられているから公的な建物かな?

a0092659_17525517.jpg




スターリン様式の素っ気無い建物
こんな建物は西ヨーロッパではまず見かけない
a0092659_17260958.jpg

a0092659_17525082.jpg


街は旧ソ連っぽいけどマクドナルドはちゃんとありました。
a0092659_17233805.jpg





シュテファン・チェル・マレ公園の入口に十字架を掲げて立つ方は
モルドバ公国建国の父

シュテファン・チェル・マレ公

a0092659_18183255.jpg





シュテファン・チェル・マレ公園は市民の憩いの場
夜7時過ぎても賑わっていました。

a0092659_19281354.jpg




中央のモニュメントはキシナウに滞在したとのある
プーシキン像

a0092659_19292639.jpg



念入りに自撮り中の女性…?(-_-;)

a0092659_19313529.jpg




大きな公園だったので結構歩きましたが
空港までの時間つぶしと言った感じでした。(*_ _)

a0092659_19335629.jpg




怖可愛いライオンさん

a0092659_19344760.jpg




左の建物はキシナウ大聖堂
第2次大戦後再建された建物なので簡素な印象でした。

こう見えて、もう夜なので残念ながら聖堂内には入れませんでした。

a0092659_18194696.jpg



大聖堂の正面に建つ鐘楼
鐘楼の鐘はオスマン帝国からの解放後
トルコ軍の大砲を使って鋳造されたものだそうです。

a0092659_19214392.jpg




キシナウ随一の観光スポットかもしれない”勝利の門”
19世紀後半のオスマン帝国(トルコ)との戦争の勝利を記念して建てられました。
パリの凱旋門を模しているそうですけどパリよりかなり小っちゃかったです…

a0092659_19084092.jpg




派手なマンホールかと思ったら、キシナウから各国への距離を記した表示板でした。
北京はあったけどTOKYOは無かった…

a0092659_19542131.jpg



刺繍が可愛いモルドヴァの民族衣装
a0092659_23254219.jpg



市庁舎
スターリン様式の味気ない建物が多い中では優美な印象でした。

a0092659_18145265.jpg



明るいけど、時計の針は夜8時を過ぎてます。

a0092659_18143284.jpg



この後、遅い夕食へ

レストランの中はなかなかいい雰囲気

a0092659_23055086.jpg

a0092659_23093074.jpg




ユニークな絵がいっぱい飾ってありました。

a0092659_19535297.jpg




レストランの名前は FORSHMAK
翌日は午後モスクワから帰国するのでこれが最後の夕食でした。

この”最後の晩餐”が今回の旅行で一番美味しかった♪
メインはシャシリクと言うバーベキュー料理
凄いボリュームだったのに完食してしまいました!

a0092659_23133648.jpg



夕食後、午前0時キシナウ空港到着
流石に人もまばらです。

a0092659_23501925.jpg



手前の3人はオブジェですよ。

a0092659_23240178.jpg



出発が午前2:55なので眠いのを我慢して
ショボいラウンジで搭乗を待ちました。
ビジネスクラスでは無いのでここは普通のプレミアムラウンジ
お客は私を含めて二人だけでした。真夜中ですものね。

a0092659_23234874.jpg







# by bonzok | 2019-10-21 23:48 | ベラルーシ・ウクライナ・モルドヴァの旅 | Comments(0)
2019年 10月 17日

クリコバ・ワイナリー@モルドヴァ

7日目 7/19/2019

観光資源も乏しくヨーロッパ最貧国であるモルドヴァにとって最も誇れるものがワインです。

今回短いモルドヴァ滞在で2か所のワイナリーを訪れました

前日訪れたミレスチ・ミーチに続き2か所目はクリコバ・ワイナリー

ギネス記録を誇る巨大ワイナリーでミレスチ・ミーチの次に大きなワイナリーです。
地下貯蔵庫の全長は120km!


到着したのは夕方4時過ぎ
右の赤いトラムで地下公道へと向かいます。
a0092659_19551298.jpg



a0092659_20054587.jpg




トラムの大きさと比べると樽の巨大さが判りますよね。

a0092659_20075886.jpg



これ全部ロシアのプーチン大統領のワインなんですって
a0092659_20120261.jpg



ちゃんとPUTINって名前が書いてあります。
a0092659_20114263.jpg



他にもベラルーシのルカシェンコ大統領など各国要人がここでワインを貯蔵しているそうです。
日本人のオーナーはまだいないとか…

a0092659_20540344.jpg



↓ここはテイスティングルーム
プーチン大統領はこの部屋で50歳の誕生日を祝ったんですって。
a0092659_20172577.jpg



私たちを案内してくれた可愛いガイドさん
地下貯蔵庫は寒いから厚手のコートを着てました。
地上ではもちろん半袖
a0092659_20191582.jpg



地下公道にはいろんな装飾が施されていました。

岩をそのまま彫ったレリーフの壁画
a0092659_20225480.jpg


岩のレリーフは至るところにありました。
彫りやすい岩なのかなぁ
a0092659_20231209.jpg



岩を掘った後がむき出しの天井にシャンデリアが付いていました。
a0092659_20232816.jpg


a0092659_20232079.jpg


近くでよ~く見るとモザイク画でした
a0092659_20342964.jpg



この部屋はなんと!教会
a0092659_20432640.jpg




ワイナリーの中に教会があるとは…

a0092659_20511729.jpg


壁も天井もむき出しの岩でしたが、祭壇やステンドグラスは立派でした。
a0092659_20451786.jpg




私たちは”海の部屋”でテイスティングをしました。

a0092659_20504642.jpg



またまた新郎新婦に遭遇♪
子連れ結婚式かな?

a0092659_20592656.jpg



モルドヴァの民族衣装
男性はタスキを掛けるんですね

a0092659_21023120.jpg




主役の男の子も可愛いブラウスで

a0092659_21023631.jpg



女の子も可愛い民族衣装♪
もう退屈してるみたい…

a0092659_21043446.jpg




モルドヴァの結婚式は素朴で和やかな雰囲気でした。

a0092659_21061123.jpg




”一緒に祝ってくれ!”って感じで
新郎が私たちにまでワイングラスを持って来てくれました。


どうぞ、お幸せに❣️🥂
遥か日本からお二人のお幸せを祈ってます!

a0092659_21082935.jpg






# by bonzok | 2019-10-17 21:37 | ベラルーシ・ウクライナ・モルドヴァの旅 | Comments(0)
2019年 10月 13日

モルドヴァの家庭料理@オルヘイ村

オルヘイ・ベッキ洞窟修道院を見学した後、ランチへ♪

到着したのはオルヘイ村のペンションでした。

a0092659_16132788.jpg



ペンションの名前はCASA VERDE
何故かイタリア語…

a0092659_16114611.jpg



なるほど”みどりの家”(CASA VERDE)
花に囲まれた可愛いペンションでしたが、
この小さな村に泊まる人がいるのかな?

a0092659_16150646.jpg


a0092659_16383401.jpg


a0092659_16145355.jpg



この可愛いお嬢さんたちがお料理をサーブしてくれました

手前に見えるツア友は85歳
奥様とお嬢様との親子旅でした。
私も20年後も元気に旅ができるかしら…(*_ _)

a0092659_16295869.jpg


供されたのはモルドヴァの家庭料理
モルドヴァルーマニアとほぼ同じ文化なのでルーマニア料理とも言えます。

↓奥に見えるケーキみたいな黄色い物体は
”ママリガ”と言うモルドヴァ・ルーマニア料理の主食のひとつ
トウモロコシでできた蒸しパンみたいな感じです。

メインは豚肉の煮込み
サワークリームをたっぷり添えて頂きます。
a0092659_16371973.jpg



ママリガは出来立てを糸で切り分けてサーブしてくれました。

a0092659_16453046.jpg



このペンションの自家製?ニワトリのチキンスープ
a0092659_16495863.jpg


右は野菜サラダ
左は野菜とチーズの盛り合わせ
a0092659_16480309.jpg




デカンタの中は自家製ワインです。
素朴なお味の白(茶色)ワインと赤ワインは飲み放題♪

a0092659_16511762.jpg


自家製ワインを作ってるだけあってレストランは葡萄の木で囲まれていました。
a0092659_17055889.jpg




たわわに実る葡萄の房
もうすぐ収穫でしょうか。

a0092659_17071485.jpg



お食事の間、サーブしてくれたお嬢さんたちが素朴なモルドヴァ民謡を歌ってくれました。
アコーデオンを演奏して下さってるのはこのペンションの主人
彼女たちはこのご主人の音楽の生徒さんで、まだ中学生なんですって。
a0092659_16382178.jpg




お食事が終わってからも歌と演奏は続き…

a0092659_17003904.jpg




最後は私たちも一緒にダンス♬

a0092659_17013688.jpg



食事を終え、ペンションのオーナーご夫婦にお別れした後
お庭にあった大きなプラムの木の写真を撮っていたら
お母さんがやって来ておもむろに実をもぎ始めたんです。

a0092659_19535603.jpg


柵によじ登って一生懸命採って下さるので
恐縮しちゃって”もういいです!いいです!”って日本語で叫んでました。
遥か日本からのお客をもてなそうとするお母さんのお気持ちが十分に伝わり、感激でした。

a0092659_19583977.jpg

オルヘイ村を後にクリコバワイナリー
散々ワインを飲んだのに、またしてもワイナリー…(~_~;)





# by bonzok | 2019-10-13 20:55 | ベラルーシ・ウクライナ・モルドヴァの旅 | Comments(0)