FK’s Blog

bonzoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2020年 04月 07日

コパン遺跡 2 石彫博物館 @ホンジュラス



コパン王朝で最も栄華を極めたのが
18ウサギ王””こと第13代王
ワシャクラフーン・ウバール・カウィール

”18ウサギ”
って随分可愛い名前ネって思ったら
彼を表すマヤ文字が18ウサギの意味だったから。
実際に”18ウサギちゃん♪”
とか呼ばれてた訳ではないんですって。


18ウサギ王は自分の石碑(ステラ)を立てまくり
丸彫りと言う独自の芸術様式を確立しました。


これは18ウサギ王の若い頃
髭があるかどうかでわかるみたいです。
この石碑は本物
コパン遺跡 2 石彫博物館 @ホンジュラス_a0092659_18180434.jpeg



石碑の左右には紋象文字が刻まれています。
ガイドさんが文字の意味を詳しく説明して下さいましたが、
スミマセン、聞いてませんでした(*_ _)
コパン遺跡 2 石彫博物館 @ホンジュラス_a0092659_18262849.jpeg





11代王ブッ・チャンの石碑

コパン遺跡 2 石彫博物館 @ホンジュラス_a0092659_21381856.jpg





歴代王たちのポーズをするガイドさん
ちなみにエジプトの王たちははツタンカーメンのように、
手を交差させていますね。

コパン遺跡 2 石彫博物館 @ホンジュラス_a0092659_21405732.jpg



神殿22の入り口
18ウサギが瞑想をした場所とも言われています。
遺跡にあるのがレプリカでこちらが本物

コパン遺跡 2 石彫博物館 @ホンジュラス_a0092659_19080571.jpg





左右の下の方に天を支える

バカブ神(前述・魚河岸のオッサン)がいます。
その下が地下界の骸骨

コパン遺跡 2 石彫博物館 @ホンジュラス_a0092659_19104680.jpg




12代王の時代に造られたコパンの傑作のひとつ
魚を加える水鳥の姿
右側は流水を表しているそうです。

コパン遺跡 2 石彫博物館 @ホンジュラス_a0092659_21460678.jpg



貴族の家の壁面に飾られたレリーフがカッコいい♪
コパン遺跡 2 石彫博物館 @ホンジュラス_a0092659_22045292.jpg


コパン遺跡 2 石彫博物館 @ホンジュラス_a0092659_22032351.jpg



石彫博物館で少し予習をした後、

いざコパン遺跡へ!








# by bonzok | 2020-04-07 17:52 | 中米18日間 2020 | Comments(0)
2020年 04月 06日

古代マヤ文明の遺跡 コパン遺跡@ホンジュラス



古代マヤ文明の遺跡 コパン遺跡@ホンジュラス_a0092659_17291343.jpeg



3日目、

ホンジュラス入国後、

コパン遺跡への拠点の街コパン・ルイナスに到着

街の中はバスが入れないので

街外れでバスを降り、徒歩でホテルへ。

荷物だけは小さいトラックで運んでくれたので

スーツケースをゴロゴロ引っ張らなくて助かりました。

これがツアーの有難い所…

ホテルのレストランで昼食を済ませ再び徒歩でバスまで戻り

いよいよコパン遺跡へ出~発!

…と思ったらたった5分で到着してしまいました♪



最初にに訪れたのは石彫博物館
(Museo de la Escultura Maya)

この博物館でコパン遺跡の予習ができました。


インパクトある入り口を入り
暗いトンネルをくぐると…

古代マヤ文明の遺跡 コパン遺跡@ホンジュラス_a0092659_16213563.jpg



忽然と現れたこの物体!

古代マヤ文明の遺跡 コパン遺跡@ホンジュラス_a0092659_16361376.jpeg




これはロサリラ神殿の実物大レプリカです。
”な~んだ、レプリカか”って思うでしょ?
実はこれには理由があるのです。

古代マヤ文明の遺跡 コパン遺跡@ホンジュラス_a0092659_16350263.jpeg



本物はどこにあるかと言うと…
このピラミッド神殿の中!

古代マヤ文明の遺跡 コパン遺跡@ホンジュラス_a0092659_22493746.jpeg



1991年
こんな風に地下に眠っていた神殿が発見されました。
ロサリラ神殿は丸ごと埋葬されていたんです。

古代マヤ文明の遺跡 コパン遺跡@ホンジュラス_a0092659_16454773.jpg



今もこの中に埋まってるけど、
外のピラミッド神殿を壊さないと出てこないから
永遠のこのままなのでしょう。

地下トンネルから神殿の一部は見ることができるそうです。


大きな木がしっかり根を張り年月の長さを感じます。

古代マヤ文明の遺跡 コパン遺跡@ホンジュラス_a0092659_22491510.jpeg



ロサリラ神殿が創設されたのは426年
コパン王朝の初代国王

ヤッシュ・クック・モのために造られたとされています。
日本の古墳時代中期くらいですね、


写ってる方は現地ガイドさん
大きさ比較のために入ってもらいました。

古代マヤ文明の遺跡 コパン遺跡@ホンジュラス_a0092659_22570348.jpeg



コパンで最も有名かつ重要な Alter(祭壇)Q
16代ヤシュ・パサフ王

初代王から王笏を受け取る場面の祭壇
4面に歴代16人の王の姿が刻まれています。

既に衰退しつつある16代王が
自らの権威を誇示するために造ったとされています。

古代マヤ文明の遺跡 コパン遺跡@ホンジュラス_a0092659_16255239.jpeg




祭壇はロサリラ神殿が埋まるピラミッドの前に

置かれていますが、
遺跡にある方はレプリカ
博物館に置いてあるのが本物です。

レプリカの方は風雨にさらされ、だいぶ劣化していました。
できれば遺跡の中でオリジナルの状態を見たいけど、
やはり保存のためには仕方が無いのですね

古代マヤ文明の遺跡 コパン遺跡@ホンジュラス_a0092659_16265569.jpeg





初代王クック・モ(左)と2代王キニチ・ポポル・ホル(右)の墓石
…のレプリカ

古代マヤ文明の遺跡 コパン遺跡@ホンジュラス_a0092659_11221283.jpeg



線に起こすとマヤのデザインって本当に独特
エジプト文明の洗練されたデザインに比べると
素朴だけどアートな感じ

古代マヤ文明の遺跡 コパン遺跡@ホンジュラス_a0092659_11281967.jpeg




真っ赤な漆喰彫刻 
鳥らしき素朴なフォルムはコンゴウインコだそうです。
お腹の辺りにいるジャガー(に見えないけど)の口の中に
ちぎれた人間の腕が見えますが、
実際に行われた儀式を表しているそうです。

古代マヤ文明の遺跡 コパン遺跡@ホンジュラス_a0092659_11410540.jpg



これもコンゴウインコ

古代マヤ文明の遺跡 コパン遺跡@ホンジュラス_a0092659_18511311.jpg



実際コンゴウインコはコパン遺跡の中にたくさんいました
マヤ時代、コンゴウインコはコパンのシンボルのような存在だったのでしょう。
こんな鮮やかな鳥ですものね

古代マヤ文明の遺跡 コパン遺跡@ホンジュラス_a0092659_14052815.jpg



地面で何かをついばむコンゴウインコ
近付いても全然逃げない…
ここには天敵がいないのかな?
古代マヤ文明の遺跡 コパン遺跡@ホンジュラス_a0092659_18275542.jpeg




コウモリの彫刻
生贄にされる前の捕虜を入れる牢獄”コウモリの家”に飾られていたとされる彫刻
これもプリミティブなデザインです。

古代マヤ文明の遺跡 コパン遺跡@ホンジュラス_a0092659_11405713.jpg





なんか笑える(~_~;)
どう見ても”魚河岸のオッサン”って感じですけど
こう見えて神様なんです。
天を支える バカブ神と言う神様の頭像
これはレプリカでは無く本物

古代マヤ文明の遺跡 コパン遺跡@ホンジュラス_a0092659_14103271.jpg




遺跡の中では通り道にゴロンと置かれていたので
見過ごしてしまいそうでした。
こちらはレプリカ

古代マヤ文明の遺跡 コパン遺跡@ホンジュラス_a0092659_14104909.jpg





博物館は展示品が多過ぎて
全部ご紹介していてはキリがありません。

多分、遺跡に興味がある方は少ないと思うし…
私が独断で選んだものだけご紹介します😓


コパン遺跡その2につづく









# by bonzok | 2020-04-06 18:13 | 中米18日間 2020 | Comments(0)
2020年 04月 04日

国境を超えホンジュラスへ!



”ようこそ、ホンジュラスへ”の看板
国境を超えホンジュラスへ!_a0092659_21372177.jpeg



4日目 2/25/2020

朝7時10分グアテマラシティのホテルを出発
一路国境へ

ホンジュラスとの国境まではバスで約5時間
途中2回もトイレ休憩がありましたが
うち一回はバスを降りただけ。
そんなにお手洗い休憩いらないのに…



車窓からあまり変わり映えのしない景色をのんびり眺めながら…
国境を超えホンジュラスへ!_a0092659_21355080.jpeg



牛さんの行列だ♪
国境を超えホンジュラスへ!_a0092659_21362300.jpeg



まん丸い大きな実が枝にへばりつくように成ってる木
何か分かります?

楽器のマラカスに似てるから
”マラカスの木”なんですって。
日本では”フクベの木”って言うらしい。


マラカスの木は中米滞在中、何度か目にしました。
国境を超えホンジュラスへ!_a0092659_21353277.jpeg





バスの中で廻って来たおやつ
両方ともキャッサバのスナック
YUCAってスペイン語でキャッサバと言う意味

キャッサバは日本ではタピオカでしか見たことが無いけど
中米ではお料理にもよく出てきました。

国境を超えホンジュラスへ!_a0092659_21554981.jpeg




国境に到着!
国境って普通は撮影禁止ですけどここはなんと!OK♪
写真OKのボーダーは初めてです。

国境を超えホンジュラスへ!_a0092659_22004102.jpeg




普通、陸路の国境越えはウンザリするほど時間がかかるのですが、
現地ガイドさんが全員のパスポートを持って代行して下さったので
わずか10分で国境通過!

国境を超えホンジュラスへ!_a0092659_21370176.jpeg




国境をまたぐ私♪

国境を超えホンジュラスへ!_a0092659_21340451.jpeg





ホンジュラスに入国後、
30分足らずでマヤ遺跡の街”コパンに到着


ホンジュラスはグアテマラ以上に治安の悪い国ですが、
コパンの街はノスタルジックなのんびりした雰囲気でした

国境を超えホンジュラスへ!_a0092659_22133479.jpeg




ここは遺跡のある街なので観光客も多く
可愛いトゥクトゥクがいっぱい走ってました。

国境を超えホンジュラスへ!_a0092659_22124203.jpeg



これが今夜泊まるホテル
Hotel Camino Maya

ホテルにチェックインしてそのままランチ、
食後すぐに出発!と言う慌ただしさ

国境を超えホンジュラスへ!_a0092659_22121619.jpeg




入り口がマヤ遺跡っぽくて面白い

国境を超えホンジュラスへ!_a0092659_22023439.jpeg



出発時間が迫ってるのに
食後のコーヒーがなかなか出て来ない…
時間が無いのでほとんどの皆さん、
コーヒーを待たずにお部屋に行っちゃいました。
私も焦ってはいたけど
しっかりコーヒーは頂きましたよ。

国境を超えホンジュラスへ!_a0092659_21345642.jpeg




慌ただしいランチだったせいか
写真がこれしかなかった。
他に何食べたっけ…

国境を超えホンジュラスへ!_a0092659_21343797.jpeg



いよいよコパン遺跡へ出発!









# by bonzok | 2020-04-04 23:47 | 中米18日間 2020 | Comments(0)