FK’s Blog

bonzoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2018年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2018年 08月 27日

ポーランドの旅 22 ウォヴィチ で切り絵体験♪



伝統切り絵の街ウォヴィチ郊外にあるマウジツェ古民家博物館を見学した後、

私たちも切り絵体験をさせられしました(~_~;)


☟左の方がワルシャワのガイドさん、右の方が博物館のスタッフさん、何だか似てますね。

a0092659_01223872.jpg




☟本来の伝統切り絵は羊の毛を刈るハサミで切るんですって。

私たちはもちろん普通のハサミで…


a0092659_01241973.jpg




私は楽しんじゃったけど

みんな真剣過ぎて話をする余裕も無し(~_~;)

ニワトリの形だけ貼ってあり、

線も描かずに模様を切らなくちゃいけないから結構難しいんですよ。

30分で仕上げなくちゃいけないし…

a0092659_01210611.jpg





完成作品?と一人ずつ記念撮影♪

孫に見せたら”ヘタ~!”って言われそうな仕上がりでした(-_-;)

a0092659_01224980.jpg





ウォヴィチが切り絵発祥の地ですが、

伝統切り絵のデザインはポーランドのお土産として定番になっていました。

以前もお見せしましたけど、今回買って来たお土産もほとんどが切り絵のデザインでした。


a0092659_01280492.jpg





ウォヴィチでのランチはここで♪

素朴でノスタルジックな民家みたいなレストランでした。

a0092659_01350361.jpg






レストランの敷地に入る前から既に手作り感満載!

a0092659_01354156.jpg






私たちのテーブルに置いてあった花も近くで摘んできた野草って感じ♪


a0092659_01370934.jpg





☟これはメニュー

カバーに刺繍をあしらったメニューは何種類かあり、

お店のすべてが手づくりって感じです。


a0092659_01374678.jpg






レストランの中はポーランド陶器や民族衣装が置かれ

みんな写真を撮るのに忙してなかなかテーブルに着けない状態でした…


a0092659_01383263.jpg


a0092659_01403256.jpg


a0092659_01394241.jpg






前菜は白身魚のマリネ、メインはチキンでした。

美味しかったけど、毎回とにかく量が多いから誰も食べきれませんでした。


a0092659_01405902.jpg





DamskaとMeska

どっちが女性用???

お手洗いの表示が解らなくてしばし悩みましたが

中から仲間が出て来て解決♪

Damskaが女性でした。

ポーランド語に徹するところが素晴らしい(~_~;)


a0092659_01404636.jpg





食事を終えてバスに戻る時、

Parkingのサインにまで手描きのお花が♪

可愛いからまたパチリ!

a0092659_01401426.jpg





この村を訪ねるのはクラブツーリズムで初めてだったそうです。

つまり私たちが記念すべき第一号!٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

可愛いもの好きのおばさんたちは楽しめたけど、

おじさんにはウケないかも。

あの幼稚園児みたいな切り絵体験はやりたくないですよね、きっと(~_~;)







by bonzok | 2018-08-27 17:57 | ポーランドかわいいものめぐり8日間 | Comments(2)
2018年 08月 26日

ポーランドの旅 21 切り絵の街 ウォヴィチ

6日目

ワルシャワに一泊した翌朝、ポーランドの切り絵発祥の地 ウォヴォチ(Łowicz)

私たちが訪ねたのはウォヴォチの街ではなく郊外の村です

a0092659_21561728.jpg



ウォヴィチ郊外にあるマウジツェ古民家博物館には古い木造建築が数多く保存され、
昔のままの長閑な風景を見ることができます。

a0092659_22002708.jpg




レンガの壁に1913の年号が見えます。
ここに建つのは19世紀初頭から20世紀初めまでの家々だそうです。
ちょうどショパンが生きていた時代ですね。

a0092659_22264369.jpg

a0092659_22442693.jpg




☟マリア像が描かれたこの塔は日本のお地蔵様のような存在だそうです。

遠くの景色を見ても周りに何~んにもない場所って分かるでしょ。

a0092659_22572842.jpg





こんな可愛いブルーのお家も♪

こんなアートな家が100年以上の前にあったとは…(*_*)

a0092659_22031505.jpg


a0092659_22024591.jpg




カラフルな切り絵細工で飾られた室内

a0092659_22055126.jpg






↑と似てるけど☟は別のお家

部屋の中には必ずイエスキリストや聖母子の絵が飾られていました。

a0092659_22103521.jpg


a0092659_22082271.jpg




こう言うシンプルなお部屋も素敵

a0092659_22454726.jpg





手づくり感のある扉の装飾

a0092659_22462364.jpg







これは小学校ですって。

a0092659_22083841.jpg





教室の中にも十字架が掲げられていました。
ここでもポーランド人の厚い信仰心がうかがえます。

a0092659_22143751.jpg





木造のシンプルな建物は教会

a0092659_22302877.jpg





入り口もとても質素

a0092659_22313467.jpg






中に入ると外観からは想像できないくらい立派でした。

a0092659_22390175.jpg



木製の天井にも素朴な絵が描かれています。
a0092659_23321623.jpg




ここでは最後まで私たちの貸し切り状態!
観光客らしき人は誰もいなくて、出会ったのはねこちゃん1匹🐈

a0092659_22580370.jpg






この後、私たちも切り絵細工に挑戦(・・;)







by bonzok | 2018-08-26 23:15 | ポーランドかわいいものめぐり8日間 | Comments(2)
2018年 08月 25日

ポーランドの旅 20 美しい村 カジミエシュ・ドルヌィ

5日目

ザモシチを後に
この日最初に向かったのはポーランドで最も美しい村と言われるカジミエシュ・ドルヌィ

a0092659_20420585.jpg




想像以上に観光客が多くてびっくり!

人がいなくて建物だけの景色だったら中世にタイムスリップって感じだったかも…

a0092659_20592451.jpg




16~17世紀に建てられたルネッサンス様式の建物が並ぶ広場

テントのカフェは満員!大道絵描きさんもいてとても賑やかです。

a0092659_20490158.jpg




↓この可愛い王様は”カジミエシュ大王

a0092659_21254023.jpg


14世紀に王の居城があったことからカジミエシュがそのまま村の名前になったそうです。

このバカでかい王様が村の美観を妨げてるような気もしますが… (ーー;)

a0092659_21051165.jpg




古い建物はギャラリーや土産物屋になって軒を連ねています。

a0092659_21115734.jpg





この村の景色に魅せられて多くのアーティストが移り住むようになり、
今もギャラリーがたくさんあるそうです。

a0092659_21164416.jpg

a0092659_21190688.jpg





お土産屋さんに並ぶものはチープなものが多かった。

a0092659_21301033.jpg





ニワトリはポーランドでは幸せの鳥
ポルトガルの幸せを呼ぶニワトリ”ガロ”に似てる♪

a0092659_21325836.jpg





カジミエシュ・ドルヌィ名物がこのニワトリパンKOGUTY

a0092659_21340621.jpg



このお店もKOGUTYが売られていますね
a0092659_21314873.jpg




KOGUTYの全貌はこれ↓

ちょっと太めのニワトリでした😅

出典POLSKA NIEZWYKLA

a0092659_21461350.jpg



広場の外れでこじんまりとやっていた青空マーケット

a0092659_21404486.jpg



ベリーいろいろのお店
商品に統一感が無かったので一般の人が出店してる感じでした。
a0092659_21312553.jpg




石造りのルネッサンス建築の奥に見えるのは14世紀に建てられた木造建築

a0092659_21034295.jpg



聖母マリア教会・修道院
a0092659_21160663.jpg



観光地の証
馬車もちゃんといましたよ♪
a0092659_22043778.jpg



広場を離れるとパタリと人混みは途絶えました。

古そうな石造りの家
この建物は普通の住宅かしら?

a0092659_21215601.jpg




↓ここから村の全景を眺めるために十字架の丘を目指します。

初めが緩い階段だったけど、途中から岩登りみたいになって結構キツかった…(-_-;)


a0092659_00160393.jpg




↓この景色を見られたからやっぱり登ってよかった♪

でも登って来たのは二人だけ。

みんなも来ればよかったのに…

a0092659_00202981.jpg

a0092659_00231223.jpg



この丘には3本の十字架が建てられています。

この村に多くの犠牲者が出たペストが流行した際、

神への救済を祈るために建てられた十字架だそうです。

a0092659_00260218.jpg



歴史的には悲しい場所ですが、

ここから眺めるカジミエシュ・ドルヌィは美しかった。

a0092659_00254344.jpg



十字架の丘登頂記念(~_~;)
a0092659_00545417.jpg



十字架の丘を下りて村に戻って来ました。
a0092659_21354298.jpg



この村に入ってすぐこのお店でランチを頂きました。
a0092659_21570223.jpg



いつも一番乗り(~_~;)
a0092659_21460394.jpg



みんなが頼んだ生ジュースを制作中♪
a0092659_21465995.jpg



シンプルな家庭料理って感じでした。
a0092659_21561789.jpg




ポーランドで最も美しい村と言われるカジミエシュ・ドルヌィ

歴史ある建物は素晴らしいけどもっと長閑なところかと思ってた。

観光地化し過ぎて正直期待外れでした…(-_-;)


a0092659_21571345.jpg





by bonzok | 2018-08-25 22:13 | ポーランドかわいいものめぐり8日間 | Comments(0)
2018年 08月 24日

ポーランドの旅 19 ホテル・コロニー @ザモシチ

ザモシチで1泊したのはHOTEL KORONNY と言うこじんまりとしたクラシックホテルでした。


エントランスの屋根にいたライオンがこのホテルのシンボル

a0092659_17183870.jpg





みんなここで記念写真を撮ってました~
私は撮ってもらうの忘れてた…

a0092659_17190610.jpg





中は落ち着いた雰囲気

a0092659_17222828.jpg




サロンには古そうなビリヤードテーブルがドーンと置かれていました。

a0092659_18541901.jpg




奥に見えるのがレセプション

a0092659_17193614.jpg





メインダイニング
ここでは頂かなかったけど。

a0092659_18263165.jpg

a0092659_18273150.jpg





ちょっと落ち着かなそうなBAR

a0092659_18332199.jpg




廊下も重厚な雰囲気

a0092659_18461003.jpg





お部屋は大したこと無かった…

a0092659_18421449.jpg





バスタブは無くてシャワーブースだけ

a0092659_18400777.jpg




8人中ラッキーなお二人はちょっと豪華なお部屋でした。

見せて~って写真撮らせてもらっちゃいました♪

a0092659_18463596.jpg





朝食はこのレストランで頂きました。
私たちが一番乗り(~_~;)

a0092659_18581711.jpg




いつも代わり映えしないチョイス

a0092659_18571791.jpg




朝食前のお散歩♪
ホテルの周りはレンガ造りの建物が建ち並ぶ閑静な場所でした。

a0092659_18565762.jpg




少し歩くと立派な教会もありましたが
朝のミサが行われていたので中には入りませんでした。

a0092659_18561428.jpg





チラッと中を覗くと早朝(7時)なのにたくさんの信者さんがいらして
ここでもポーランド人の信仰心が深さを感じました。

a0092659_19034233.jpg








by bonzok | 2018-08-24 20:14 | ポーランドかわいいものめぐり8日間 | Comments(0)
2018年 08月 23日

ポーランドの旅 18 中世の要塞都市ザモシチ


イタリアルネッサンスの美しい街 ザモシチは要塞都市としてもう一つの顔を持っています。


旧市街を囲むレンガの塁堡るいほう(壁)を一部見ることができます。
a0092659_17035883.jpg





綺麗なレンガの部分は修復されています。

a0092659_17044264.jpg





旧市街の入り口
チェブジェシン門
これも復元されたものです。

a0092659_17051231.jpg






☟infoに貼ってあった地図

これを見ると街がほぼ5角形の塁堡(壁)に囲まれているのがよく判ります。

7つのバスチオン(要塞の外に突き出た部分)が特徴

a0092659_17234935.jpg





バスチオン(要塞の突き出た部分)のひとつ
屋根が芝生になってました~

a0092659_16373970.jpg



強固な要塞がモンゴル軍スウェーデン軍など多くの侵略から街を守り

ドイツ軍の爆撃被害も少なかったお陰で美しい中世の面影を残すことができたのですね。

よかった♪よかった♪




チェブジェシン門を入るとすぐに見えるのが聖カタリナ大聖堂

この教会にザモシチをルネッサンスの街にした貴族ヤン・ザモイスキの遺骨が納められています。

a0092659_16281862.jpg





天井の装飾が独特のデザインでした。
a0092659_00073293.jpg


ヤン・ザモイスキの遺骨が納められている部屋
床の黒いプレートが墓標です。
a0092659_16200219.jpg


この部屋の天井も美しい。
a0092659_00081693.jpg





立派な主祭壇
a0092659_00071785.jpg



脇祭壇のうちのひとつ
a0092659_00074981.jpg





パイプオルガンも立派でした。
この教会は劇場として使われていた時期もあったそうです。
a0092659_00070327.jpg


素朴ですが印象に残るキリスト磔刑像でした。
a0092659_00083234.jpg



ポーランドは敬虔な信仰心を持つ方が多いといろいろな場面で感じました。

冷戦時代には東側諸国で唯一ポーランドだけがキリスト教の信仰を許されていたそうです。

a0092659_00102989.jpg

↑に見える1918/2018

今年がポーランド建国100周年の記念の年だそうです。

ポーランドのあちらこちらのこのサインを見かけました。

ポーランド語なので他の文字は読めませんが…

↓横にあるイカリはポーランド海軍の象徴だそうです。

a0092659_00274062.jpg



ザモシチの歴史あるシナゴーグ(右)

前述していますがシナゴーグとはユダヤ教の祈りの場です。

現在は歴史博物館になっていました。

ザモシチは第2次大戦前までは7割近い市民がユダヤ人だったのですが、

現在はひとりも住んでいないそうです。

ホロコーストによるものかそれとも自ら去っていったのでしょうか…



a0092659_16455032.jpg



この界隈はお化け屋敷みたいな古い(ボロい)建物がたくさんありました。
a0092659_16471929.jpg


屋根から草が生えてる…(~_~;)
a0092659_17230970.jpg



これは修復中ですね
こちらは壁から木が生えてるし…(-_-;)
a0092659_16465932.jpg







by bonzok | 2018-08-23 18:10 | ポーランドかわいいものめぐり8日間 | Comments(0)
2018年 08月 22日

ポーランドの旅 17 イタリアルネッサンスの街 ザモシチ


4日目の宿泊地 ザモシチ に到着

a0092659_20274367.jpg



恥ずかしながらザモシチなんて初めて聞いた名前…

…と言うか今回訪ねた場所はワルシャワ以外は全部知らなかったし(-_-;)

何だか落語に出てきそうな名前 

”おい、ざも七” なんてね(~_~;)

そんなザモシチ、実は世界遺産の街でした。


a0092659_20304258.jpg




中央広場にはイタリア・ルネサンス様式の建物が並び

美しい景観を作りだしていました。


このカラフルな5つの建物は商人の邸宅だったそうです。

a0092659_20262485.jpg




この街が誕生したのは16世紀

ポーランドの若き貴族ヤン・ザモイスキが留学先イタリアで見た街に魅せられ

帰国後イタリアから著名な建築家を呼び寄せこの街を造り上げました。

この貴族の名から街は”ザモシチ”と命名されたそうです。


a0092659_22425099.jpg




近くで見ると細かいレリーフで装飾されていました。

それぞれのレリーフに意味があるそうです。

a0092659_22403805.jpg

a0092659_22561487.jpg




高い尖塔の建物は旧市庁舎

a0092659_22594589.jpg




旧市庁舎の前はちょうどイベントの準備をしていました。

この広場は2日に渡って行ってるので空が晴れたり曇ったりしてますね(~_~;)

a0092659_22583894.jpg




ガイドをして下さったのは前日夕食を頂いたレストランのオーナーと聞いてびっくり!

オープン前のレストランのトイレをみんなで使わせて頂きました(^^;

a0092659_23053275.jpg





そのレストランがここ☟

広場に面した大きなレストランでした。

私たちはテラス席ではなく建物の中だったけど、外を眺めながら頂きたかった…

a0092659_23170838.jpg




レストランは地下にあるのでこの階段を下りていきます。

a0092659_23215460.jpg




何だか洞窟の中みたいなレストランでした。

a0092659_23212080.jpg





オーナーのこだわりでしょうか、
全体にイスラミックな雰囲気

a0092659_01444969.jpg



このタイル、綺麗だった~
a0092659_23253847.jpg





8人ほぼ同年齢だったからみんな仲良し♪
私が一番お姉さんでした~(~_~;)

a0092659_01502195.jpg




巨大なロールキャベツ2個は誰も完食できませんでした…

後でオーナーにこの事を言ったらこれでも日本人向けに量を少なくしてたんですって。

ポーランドの女性はもっと大きいのをペロリと食べちゃうのね (ーー;)

a0092659_01161122.jpg





明るいけどもう8時過ぎ
皆さん、ディナーの時間です。

a0092659_01192517.jpg




ホテルに帰る頃、空は綺麗な夕焼け

a0092659_01202088.jpg




バスの中からもずっと夕焼けをな眺めていました

a0092659_01210747.jpg



翌日もザモシチ見物はつづく…







by bonzok | 2018-08-22 16:52 | ポーランドかわいいものめぐり8日間 | Comments(0)
2018年 08月 22日

ポーランドの旅 16 タルヌフでランチ♪


可愛い村ザリピエからバスで30分、

ランチのために立ち寄ったのが タルヌフ と言う街でした。

街の名前は行程表にも書いてなかったし添乗員さんも特に言わなかったので

スマホのナビで初めてここがタルヌフと知ったくらいです。

a0092659_01140319.jpg



後で調べたら、

ここタルヌフはルネッサンスの雰囲気が残る人気の観光地でした。

レストランの周辺しか見られなかったのが残念…


a0092659_01172283.jpg


ランチだけでは勿体ないくらい素敵な街だったので、

もっとゆっくり街歩きをしたかった…




ルネサンス様式の建物は旧市庁舎

a0092659_01240125.jpg




市庁舎の前が市場広場
a0092659_01131664.jpg




遠くにちらっと見える尖塔は聖母マリア大聖堂
中を見てみたかったなぁ…(*_ _)
a0092659_01231627.jpg




何でもない街並みが素敵でした。
a0092659_01314771.jpg



a0092659_01310798.jpg




これはインパクトある建物!
a0092659_01360697.jpg




ちょっと汚い裏通り
a0092659_01363841.jpg




この裏通りにいた女の子が可愛かった~
a0092659_01362716.jpg




そうそう、肝心のレストランはここ
Restauracja Tatrzańska
読み方は分かりません…

a0092659_01433222.jpg



 中に入ると落ち着いた大人の雰囲気

食べ終わる頃には満席になっていたのでなかなかの人気店みたいです。

a0092659_01452908.jpg

写真がたくさん飾ってありましたが、
ローマ法王パウロ2世以外は分かりません…
a0092659_01452075.jpg



メインはポーランド風カツレツ

きのこのソースが美味しかった♪

コースターはビールの銘柄 ZYWIEC のラベルです。

a0092659_02000899.jpeg







by bonzok | 2018-08-22 00:07 | ポーランドかわいいものめぐり8日間 | Comments(2)
2018年 08月 21日

ポーランドの旅 15 童話のような村 ザリピエ

4日目

旅のタイトル ”ポーランドかわいいものめぐり” にぴったりな村を訪れました。

人口700人余りの小さな村 ザリピエ(ZALIPIE)

お花のペイントが描かれた家々が点在していることで有名です。


a0092659_21595802.jpg




ペイントされた家々はポツンポツンと離れてあるので、
車で通りすがりに見つけなくてはいけません。

a0092659_21590484.jpg



どの家も普通の民家なのですが、
可愛いお家目当てに観光客も結構いました。

a0092659_22011934.jpg



このお家は中を見せて頂けました。

みんな入る前から「可愛い!可愛い!」ってキャ~キャ~言いながら中へ♪

アラ還のおばちゃん達が…(~_~;)
a0092659_21532276.jpg



犬小屋も可愛くペイント♪ワンちゃんは置物です(-_-;)
a0092659_22070978.jpg




BONZOもかわいいよ♪
a0092659_22274204.jpg



中もカラフル♪
a0092659_22091227.jpg


a0092659_22201897.jpg



a0092659_22121777.jpg



この家は普通の民家ですが、事前に連絡をすれば中を見せてもらえるそうです。

家主のおばさん手作りの素朴な小物も売られていて

みんな可愛い可愛いってたくさん買ってましたよ♪

すご~く安かったし…

a0092659_22145883.jpg





ここは村の公民館
ザリピエペイントの紹介やショップもありました。

a0092659_22260940.jpg




壁に描かれたZALiPiE の文字も可愛い♪

a0092659_22325121.jpg




天井も壁もカラフルなお花のペイントが施されています。

a0092659_22310543.jpg

a0092659_22311895.jpg





これはペイントではなく刺繍
a0092659_22321413.jpg


a0092659_22393064.jpg


a0092659_22463327.jpg




食堂かしら…
シャンデリアの手作り感が微笑ましい♪

a0092659_22370464.jpg






ショップもプリミティブな手描き小物がいっぱい!
ここでも皆さん、しっかりお買い物。

a0092659_22345785.jpg

a0092659_22344473.jpg





井戸もバケツも可愛いペイントが施されていました。

a0092659_22380811.jpg






ここでおしゃべりしてたシニアたち
私たちに向かって「中国?ベトナム?」って尋ねて来ました。
アジア人はみんな同じに見えると思うけど、日本人って発想はなかったのか…

a0092659_22383388.jpg






教会の中もペイントされているそうですが、
この日は日曜日で中に入ることはできませんでした。
残念…😢

a0092659_22483944.jpg





ザリピエは本当に小さな村でした。
日本からもここを訪れるツアーが増えていますが、
このままずっと素朴な村であってほしいです。

a0092659_22490831.jpg







by bonzok | 2018-08-21 00:32 | ポーランドかわいいものめぐり8日間 | Comments(0)
2018年 08月 20日

ポーランドの旅 14 クラクフ2日目の夕食


クラクフ2回目の夕食は旧市街の外にあるマテイキ広場のレストランで。

私は離団していたのでレストランに直接行って皆さんと合流しました。

約束の時間ぎりぎりまで歩き回る私…(-_-;)

旧市街の端っこで見つけた渡り廊下、中世っぽい♪

a0092659_18151043.jpg



↓この看板はフランツ・ヨーゼフ皇帝…とはどこにも記してないけど、

私ファンなので分かります(ё_ё)

奥さまの皇妃エリザベートの方が有名かしら?

ハプスブルク家はポーランドにも進出してたのですね。

a0092659_05085911.jpeg




中央広場に建つ塔のような旧市庁舎
a0092659_18585374.jpeg




市庁舎の入り口にいた狛犬的なライオンちゃん、
2匹共マヌケ顔でかわいい♪
a0092659_21572120.jpeg




なに、これ!⁇ 旧市庁舎のそばにあった巨大な顔のオブジェ

ひとりじゃなかったら私も目から顔出して撮りたかったなぁ…

a0092659_21523718.jpeg



入り口が印象的だったのでなにげに撮った写真

後で調べたら市議会の建物でした。

a0092659_04343202.jpeg


結婚式の参列者かな?
a0092659_19212806.jpeg



クラクフの紋章が入った重厚なマンホール
斜めってるのが気になるけど…
a0092659_21500046.jpeg



ひっそりと演奏する控えめなパフォーマー
a0092659_19215104.jpeg



あても無く歩いていても必ず教会に出会いました。

右手の教会の前に見える方はポーランド出身のローマ法王・パウロ2世

a0092659_18141451.jpg




レストランは大きな騎馬像のそばにありました。

無名戦士のモニュメントだそうですが夕方だったせいかほとんど人もいない。

クラクフは爆撃の被害が少なかった街ですが、

この像はドイツ軍の空爆で破壊され復元されたそうです。

a0092659_18135873.jpg




午前中に行った時は結構観光客がいましたが、
「地球の歩き方」には出ていなかったのでそんなにメジャーじゃないのかも。

a0092659_19210630.jpeg






レストランはこじんまりした家庭料理のお店でした。

a0092659_18121736.jpg




素朴な雰囲気のレストラン
a0092659_18125427.jpg




スタッフの制服も可愛い♪
a0092659_18130084.jpg



メインはポーランド版餃子 ”ピエロギ”

付け合わせが添えられたはずですが、写真がありませんでした…

a0092659_18110214.jpg





by bonzok | 2018-08-20 19:37 | ポーランドかわいいものめぐり8日間 | Comments(0)
2018年 08月 19日

ポーランドの旅 13 旧ユダヤ人街 "カジミエシュ地区"

お客が2組(私を入れて)しかいなかったマイナーな民族博物館を見学した後、旧ユダヤ人街を歩き回って来ました。

a0092659_16090237.jpg


ひとりだったのでスマホのナビだけが頼り…

カジミエシュ(Kazimierz)地区はポーランド王国の時代からユダヤ人居住区で

第二次大戦まで迫害を逃れヨーロッパ中のユダヤ人が住んでいたそうです。

ナチス・ドイツ時代にはゲットー(強制居住区)となり、

やがて強制収容所に送られて悲惨な最期を迎えたユダヤ人たち。

当時クラクフには60.000人ものユダヤ人がいたそうですが、現在は約200人しかいないそうです。



ユダヤ教会シナゴーグもいくつか見てきましたが、
土曜日だったせいかミサが行われていて、中に入れない場所もありました。


ここは入れなかった…
a0092659_14500760.jpg



a0092659_15265361.jpg


a0092659_14483093.jpg


a0092659_14493426.jpg


左の建物はかなり立派なシナゴーグ
a0092659_15201263.jpg


祭壇も豪華でした。
a0092659_15295414.jpg

a0092659_15303715.jpg



おしゃれなカフェが並ぶモストヴァ通り
カジミエシュ地区で一番立派な建物が建ち並ぶ通りでした。
a0092659_16014404.jpg




カジミエシュ地区は映画”シンドラーのリスト”のロケが行われた場所

☟この界隈も出てきたんですよ。

a0092659_14562645.jpg



この場所は団体の観光客も多かったので、あの映画の知名度を再認識しました。

シンドラーが経営していたホーロー工場は博物館となり、ナチス占領下の様子を伝えています。

今回は”ポーランドのかわいいものめぐり”でしたが、

やはりどこに行ってもナチスによるのユダヤ人の悲惨な歴史は避けられません。


a0092659_15333354.jpg



この奥はカフェになっていて、撮影中スピルバーグ監督もよく来ていたそうです。

a0092659_14581375.jpg




暗く悲惨なイメージのカジミエシュ地区ですが、

多くのアーティストが移り住み、今やおしゃれなエリアに変身♪


a0092659_14594026.jpg




若者好みの服や小物のお店が並んでいました。

a0092659_15050355.jpg


a0092659_15030707.jpg


a0092659_15052727.jpg





落書きもこの街には何となく溶け込んでいます。

a0092659_15382633.jpg




建物はどれもかなり古いと言うかボロい…

a0092659_15155650.jpg




このボロさが若者にウケてるのかな?

シニアの私にもウケてますけど…(~_~;)


☟この写真、自分でも気に入ってます♪

a0092659_14265563.jpg


a0092659_15151344.jpg




午前中ツアーの皆さんとお別れしたのでランチはパス

歩き疲れたのでここで飲み物だけ頂いてひと休みしました。

座るところが無かったから相席~(-_-;)

a0092659_15374572.jpg




ここは当時の商店を再現した通り。ちょっと映画のセットっぽい。

a0092659_15460220.jpg





ナビを見るのも面倒くさくなり適当に歩き回り…

a0092659_15434194.jpg


タクシーを探して辿り着いた場所が行きたかったステラ・シナゴーク(左奥の建物)でした。

a0092659_15500589.jpg



建物の前でちょうどタクシーが通ったので中央広場に戻ることに。

…と言うわけで

この建物が行きたかったステラシナゴークと気が付かないままタクシーに乗り込んでしまったので

写真も無し …

一人で行動するとたま~にこう言うことがあります(。・ˇ_ˇ・。)





by bonzok | 2018-08-19 17:13 | ポーランドかわいいものめぐり8日間 | Comments(0)