FK’s Blog

bonzoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2018年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2018年 03月 26日

ボツワナまでの遠い道のり…

3月6日

夕刻成田を発ち、
香港→ヨハネスブルグ(南アフリカ)→リビングストン(ザンビア)→ボツワナと
なんと!4か国も移動してようやく最初のホテルに辿り着いたのでした…


☟成田空港を間もなく離陸
「行って来ま~す!」

キャセイ航空のビジネスクラスは個室タイプで快適♪
…でしたが長すぎるフライトには流石に疲れました

a0092659_23224446.jpg



香港到着後、Delay1時間を含めて待ち時間4時間、
ラウンジでヒマを持て余し、ようやくヨハネスブルグ行きに搭乗できました。


間もなくヨハネブルグ空港に着陸!

a0092659_23562609.jpg





ヨハネスブルグ空港でネルソン・マンデラ氏がお出迎え♪

a0092659_12590810.jpg



今回の旅でヨハネスブルグ空港は往復と途中とで
合計3回降り立ちました。
そのたびに”マンデラさん、こんにちは♪”


アフリカ大陸には上陸したけど、
まだまだこの先が長い…

ヨハネスブルグからまた飛行機を乗り換え、
ザンビアのリビングストン空港へと向かうのですが、
ここでも2時間の遅延で4時間以上ひたすら出発を待ちました…


☟リビングストン行きのゲート

出発便は軒並みDelayの表示が出ていたけど、
これがアフリカ時間なの?

↓この中にキリンがいるの判ります?
a0092659_13132623.jpg




↑のキリンさんはゲートのお土産屋さんにいたんですよ。
アフリカだなぁ…これ見てちょっとテンション上がる♪

a0092659_23565777.jpg




待ちくたびれた頃、やっと搭乗。
いざ、ザンビアへ!

a0092659_13243230.jpg




1時間45分の短いフライトなのにランチの機内食が…
成田⇒香港⇒ヨハネスブルグ間で何度も食事が出ているので
食欲は無かったけど、せっかくなので頂いておきました~

a0092659_13272811.jpg



間もなくザンビア、リビングストン空港

”右側にヴィクトリアフォールズが見えます”と言う機長のアナウンスでひとりテンション上がる私
右の窓側でラッキー♪

a0092659_13322622.jpg



リビングストン空港に到着!

ヴィクトリアフォールズの水煙は着陸ギリギリまで見ることができました。

ザンビアに降り立っただけで何だか感激!

a0092659_13370080.jpg



ザンビア入国にはビザが必要で
50USドルを現金で払います。
今回の旅で一番お金を使ったのが各国のビザ代でした。

ようやくザンビアに入国したかと思ったら、続いてボツワナへ
国境越えは船で!

この長閑な川がザンビア、ボツワナ、ナミビア、ジンバブエを挟む国境です。

a0092659_14335205.jpg



ザンベジ川の向こうは外国な訳ですが、
船を待ってる人は”ちょっとそこまで…”って感じ。
皆さんパスポートを持って出入国をするはずだけど、
気軽に国を行き来するのでしょうか…

a0092659_16561694.jpg



ザンベジ川の船着き場に着くまで延々とトラックの大行列が続いていたので、出入国審査に時間がかかってるのかと思ったら、
橋が無いので1台ずつ船で運んでるんですって!
気が遠くなるほど時間がかかるわ・・・
早く橋を架けてあげればいいのに (ーー;)

a0092659_14544499.jpg



↓この景色の中にボツワナ、ナミビア、ジンバブエが写っているかも。

a0092659_14462670.jpg




ボツワナの船着き場が近づいて来ました。
乗る前から見えてたけどね(^^;

a0092659_14483515.jpg


↓まずは人間だけボツワナに上陸!
私たちのスーツケースは別の船で運ばれました。

向こう岸がザンビアです。

a0092659_15030745.jpg


国境検問所で入国審査を済ませ、
ようやく最初のホテルに向かいました…
あ~疲れた!😰

a0092659_15053402.jpg


これが成田から到着までの長~い道のりです。

読んでるだけで疲れたでしょ?

成田から到着まで今までで一番過酷な旅でした。

今回は一人参加だったので、

余計キツかったのかも…(-_-;)


ザンビア川の船着き場でバスの中まで物売り攻撃

手に持ってるのはお土産の定番、木彫りの動物です

この人「ワタシはキムラタクヤデス」って言い張ってた(~_~;)

a0092659_14402469.jpg







by bonzok | 2018-03-26 16:31 | 南部アフリカ10日間 2018 | Comments(2)
2018年 03月 20日

南部アフリカ感動の旅



無事アフリカから戻りました。

最後の滞在地 南アフリカ・ケープタウンのホテルを出発してから
ヨハネスブルク、香港、成田・・・と飛行機を3回乗り継ぎ、
自宅に着くまで30時間!😱
やっぱりアフリカは遠かった~~!

ほぼ大自然のみを堪能した10日間の旅
「感動の南部アフリカ」
…と言うツアー(阪神フレンドツアー)のタイトル通り、
超感動の旅でした。

またゆる~いペースで旅行記をしたためますので、
気長にお付き合いくださいませ。(*_ _)


ちなみに
アフリカ大陸は今回で3回目
過去2回は去年のエジプトと45年前(-_-;)に行ったモロッコ

ずっと訪れたかったサハラ砂漠以南のアフリカ
ザンビアに降り立った瞬間から感激でした!








↓到着したザンビア-リビングストン空港で♪

香港とヨハネスブルクで合わせて3時間半のDelay…
成田を飛び立ち3か国で乗換え、29時間後の姿です。

その割りには元気そう?
いえいえ、実はもうヘロヘロです~😰

a0092659_22365258.jpg





by bonzok | 2018-03-20 23:08 | 南部アフリカ10日間 2018 | Comments(0)
2018年 03月 05日

アンコールワット 朝日鑑賞は超満員!

2日目、

現地発のツアーに申し込み、早朝から夜まで一日遺跡巡り

早朝5時10分、まだ薄暗いうちにホテルでピックアップしてもらい、

まずアンコール遺跡の入場チケットを買いに行きました。


a0092659_16373549.jpg




アンコールの入場券は1日37ドル、

カンボジアの物価を考えるとすごい値段です。

でも大丈夫、カンボジア国民はタダだそうですよ。

顔写真入りの入場券は途中何度もチェックされました。


朝日鑑賞のため早朝からスタートだったのですが、
朝日どころか月が出てました。

a0092659_16160718.jpg



朝焼けの中、アンコールワットのシルエットが見えてきました。

a0092659_16450162.jpg




朝日鑑賞ポイントに到着してこの人の数にビックリ!(*_*;

a0092659_16470245.jpg





アンコールの朝日がこんなに人気があるとは知りませんでした!



a0092659_16461337.jpg


a0092659_16494095.jpg





人混みをかき分け何とか前に進出して
”逆さアンコールワット”も綺麗に撮れました。


a0092659_16503594.jpg





こんなに大勢の人と一緒に朝日を見ることはこの先無いでしょうね…



a0092659_16531305.jpg






☟アンコールワットポーズ取ってる若者たち。

日本人かな?

モンペ女子ホントに多いでしょ♪


a0092659_17051471.jpg





朝日はだいぶ上がって来ました。

☟これは少し離れたところから撮った写真。

実物はもっと綺麗で神秘的でした…


a0092659_17180088.jpg




反対側の風景も素敵♪

a0092659_16585117.jpg




朝日に別れを惜しんで後ろ髪を引かれながら
バスに戻りました。

a0092659_17025248.jpg





帰り際、朝日はもう正視できないくらい眩しくなっていました。

a0092659_17072871.jpg




朝日鑑賞の後、一旦ホテルに戻って朝食を頂き、

8時半から本格的な観光が始まります。


ラッフルズ1回目の朝食

シャンパンもあったけど、この後すぐ観光があるので我慢…

a0092659_17132106.jpg




別腹で生クリームもシロップもバターもたっぷりのパンケーキも♪

a0092659_17170531.jpg



コロニアルな雰囲気の爽やかなレストランでした。

a0092659_17331353.jpg
出典トリップアドバイザー




明日から10日間アフリカに行って来ます♪

帰ってからカンボジアの続きを書くか、アフリカを先にするか考え中(*_ _)







by bonzok | 2018-03-05 23:45 | カンボジア・アンコール遺跡 2018 | Comments(0)
2018年 03月 05日

カンボジア Ⅲ ナイトマーケットうろうろ





東南アジアの街ではTATTOO屋さんをよく見かけます。
大抵はガラス張りで中で彫ってるところが見えちゃうんですよ。

a0092659_23522255.jpg




☟露天でTATTOO?!と思ったら、これはヘナタトゥー
ヘナの染料で描いてるだけだから2~3週間で消えます。
私もインドで手の甲に描いてもらったことがあります。


a0092659_00390828.jpg





☟スパとTATTOOとマッサージが同時にできる?
もう何のお店か分かりません…

a0092659_00233245.jpg




☟この見事な電線の絡まりっぷりはベトナムでもよく見るけど、大丈夫なのかしら…

a0092659_00463779.jpg






パブストリートに戻って食べることろを探してウロウロ

a0092659_23302559.jpg



この建物は アンジェリーナ・ジョリーが
「トゥームレイダー」の撮影中足繁く通ったパブ THE
RED PIANO

a0092659_00494288.jpg




入り口のオブジェがインパクトありました。

a0092659_01022007.jpg


店内一階は満席で2階に案内されましたが、
音楽がうるさ過ぎてすぐに出てしまいました。


a0092659_00525816.jpg


メニューにしっかりアンジーの顔がありました(~_~;)

a0092659_00574355.jpg






夕食のお店を探してパブストリートを行ったり来たり…


a0092659_20193847.jpg




レストランはいっぱいあるけど、どのお店も結構混んでいました。
アンコールの観光客、夜はナイトマーケットに来るのが定番みたいです(~_~;)

a0092659_20163312.jpg




ワニ料理か~食べてみたいけど…
お店の前のメニューを見たら全部ワニだったのでここはパス!

a0092659_20190834.jpg




そう言えばワニはいろんなところで見かけましたよ

こんな所に何故ワニが?!と思ったらワニ革のお店でした(~_~;)

a0092659_20200692.jpg


ここもワニ革店
カンボジアってワニがいっぱいいるのかな?

a0092659_20264120.jpg




結局選んだのはカンボジア(クメール)料理です。

カンボジア最初のディナーは現地の料理で♪



a0092659_20334736.jpg



カンボジア(クメール)料理は酸味と甘味が混ざったマイルドな味でした。

ハーブが効いたヘルシーなお料理が多かったです。


☟左上のバナナの花のサラダがサクサクした食感で美味しかった♪

a0092659_20345969.jpg



滞在3日目もナイトマーケットをウロウロ(^^;

この日は二人共食欲が無く、私はチャーハンみたいなのだけで済ませました。

主人はヌードル系だったけど写真も撮ってなかった…(-_-;)

a0092659_20515259.jpg


☟3日目に食べたお店がここ

ライブの歌を聴きながら食べるからちょっと落ち着かなかったです…

a0092659_23580776.jpg


a0092659_20510888.jpg




☟この時はまだ静かですけど
ロック系の時は道路の観光客までノリノリでした(^^;






初日にナイトマーケットでゲットしたモンペパンツ。
すごく楽ちん♪
アンコールワットはこのモンペ率がかなり高いんですよ。

a0092659_23203932.jpg




到着一日目

何とも恥ずかしいドジをしでかしました…

ホテルにチェックインしてすぐにナイトマーケットに繰り出したので

なんと!二人共部屋番号を覚えていなかった!

記憶を辿って4桁の数字を適当に選んで部屋の鍵をガチャガチャやっては

ピンポンダッシュ!のように逃げ(-_-;)

3部屋くらい試してから諦めてレセプションに聞きに行きました…

もう11時を過ぎていたので、部屋の中には人がいたはず。

部屋の階数さえ間違っていたマヌケな話

何ともお恥ずかしいドジ話でありました。

部屋に入って大笑いでしたけどね(~_~;)


☟そのカギがこれ

部屋は1312だったので、毎回123の順番がこんがらがってました (ーー;)

a0092659_20432558.jpg





by bonzok | 2018-03-05 00:07 | カンボジア・アンコール遺跡 2018
2018年 03月 03日

目黒雅叙園 ”百段階段 雛まつり”

某クラブ会員限定のお食事会に行って来ました。

場所は目黒雅叙園


豪華な中華料理のディナーを頂き、

毎年恒例の”百段雛まつり”も貸し切りで見学することができました。


 ☟お雛様は撮影禁止だったのでこの画像は雅叙園のHPより


a0092659_11073400.jpg





はじめに中華料理”旬遊紀”で雅叙園の歴史を聞き、

回転テーブル第一号となったと言われる円卓の説明がありました。

第一号は会津漆塗りに大胆な螺鈿細工が施された豪華な円卓でした。


a0092659_11314130.jpg




この部屋は壁の螺鈿もすごかった!

a0092659_11293045.jpg




”旬遊紀”にはいくつかの個室がありそれぞれ趣きが違いますが、もれなく豪華!


☟これは別の部屋の円卓

a0092659_11240992.jpg



このお部屋は壁一面に見事なお花見の絵が描かれていました。

a0092659_11381312.jpg




レトロな暖炉、色がオシャレ♪

a0092659_11383980.jpg



細部まで螺鈿細工が施されて職人のこだわりを感じます。

a0092659_11375441.jpg




☟私たちがお食事をしたのはこのお部屋です。

円卓の図柄は鳳凰

a0092659_11523844.jpg




壁一面、花鳥風月が描かれていました。

a0092659_11534188.jpg



この暖炉もレトロ
実際に使えるかどうかは分かりません。

a0092659_11540264.jpg




天井もすごい!

豪華だけど、ここまで装飾過剰な部屋は落ち着かないかも…(-_-;)

a0092659_12002755.jpg



ディナーは全部で10品、
もちろん完食!

豪華で優雅なひと時でした。

a0092659_12013344.jpg


食事を終えたのは夜9時近く、

アノ豪華なお手洗いによって家路を急ぎました。


☟トイレに見えないですよね~

センスは置いといて、とにかく豪華です…(-_-;)

a0092659_12042593.jpg


誰もいなかったから中もパチリ!

a0092659_12071270.jpg


☟おまけ

エレベーターも抜かりはありません…
唐獅子牡丹をモチーフにした漆工芸で覆われていました。

a0092659_18153665.jpg



何処もかしこもとにかく金ぴか豪華絢爛!

誰もが知る超有名な日本画家の壁画が惜しげもなく飾られ、

工芸の技術も目を見張るものばかりですが、

装飾過剰で悪趣味ギリギリな印象は免れませんでした。

雅叙園様、ごめんなさいませ。

私だけの感想です(-_-;)



假屋崎省吾さんがここでよく展覧会をされるの納得できます。

a0092659_18404058.jpg
出典Infoseek news







by bonzok | 2018-03-03 17:35 | ランチと東京街歩き
2018年 03月 02日

カンボジア Ⅱ シェムリアップのナイトマーケット

ホテルにチェックインしてすぐに

夕食を取るためにナイトマーケットに出かけましたが、

マーケットが楽しすぎて食べるのを忘れそうでした(^^;



☟パブやレストランがひしめくパブストリート

傘のモチーフ、何か意味があるのかしら?


a0092659_00432628.jpg




パブストリートの左右の路地もびっしりお店があり、

ナイトマーケットもかなり広い範囲でお店が続いていました。


a0092659_23322128.jpg


a0092659_23424112.jpg




このゴチャゴチャ感がたまらない(~_~;)


a0092659_23442087.jpg





とにかくカラフル!

a0092659_23445723.jpg






ぶら下がってるのイカかな?


a0092659_23463178.jpg






カンボジアなお土産がびっしり!

a0092659_23490946.jpg





仏像と並んでフクロウの置物もよく見ました。縁起物なのかしら?


a0092659_23502158.jpg





透かし彫りの飾りが素敵でした。
素材は革。
なかなか手の込んだアートです。


a0092659_23563559.jpg


a0092659_00065469.jpg




油絵の絵画を売るお店も多かったです。

若干チープな大量生産的な絵でしたが
欧米人のお客さんが真剣に品定めしてましたよ。

a0092659_00053200.jpg

a0092659_23591281.jpg




小さな魚ちゃんに足をツンツンしてもらうお魚マッサージ


a0092659_23530277.jpg




このお店はあちこちにあったけど、
いつもお客がいたから結構人気みたいです。

a0092659_00061065.jpg




ナイトマーケットはまだつづく…














by bonzok | 2018-03-02 23:26 | カンボジア・アンコール遺跡 2018
2018年 03月 01日

カンボジア Ⅰ シェムリアップの夜はすご過ぎ!

2月の連休を利用して主人とカンボジア・アンコール遺跡を訪ねる旅に行って来ました。


成田からヴェトナム・ホーチミンで乗り換え、
カンボジアのシェムリアップ空港に到着。

ホーチミンで1時間半以上も出発が遅れ、
シェムリアップに着いたのはもう夕刻6時半ごろ。

飛行機のタラップを降り、建物へは歩いて向かいます。

☟飛行機がいなかったら空港に見えないですね。

a0092659_23433691.jpg



シェムリアップ(Siem Reap)空港でカンボジア初入国!

カンボジアはビザが要るので空港で手続する人がたくさんいましたが、

私たちは日本のカンボジア大使館で入手したのでスイスイ…のはずでした。

が・・・

イミグレで私たちの列の係官が途中お手洗いに行ってしまい、なかなか帰って来ない …

日本じゃありえない超のんびりの入国審査でした(-_-;)


空港から滞在するホテル”Raffles(ラッフルズ)”

シンガポールのラッフルズに比べるとシンプルで素っ気無い建物でしたが、
コロニアルな雰囲気は十分に感じました。


a0092659_00131682.jpg
出典 RufflesGrand Hotel


ホテルに到着するとサロンに通され、ウエルカムドリンクのおもてなし

ゾウの入れ物が可愛い♪
a0092659_00260887.jpg


チェックインもこのテーブルで。

a0092659_23530420.jpg





お部屋に着いて、パパっと着替えてすぐに夕食へ!

トゥクトゥクで5分程走るとシェムリアップ随一の繁華街パブストリートに到着

うわぁ~っ!すごい人!

余り調べずにとりあえず行ってみたので、何だこりゃ!?ってびっくりしました。


a0092659_13215852.jpg






あちこちから聞こえる大音量のライブがうるさ過ぎ(-_-;)

a0092659_13184191.jpg



この人だかり、何かと思って近づいてみると…

a0092659_13264567.jpg


サソリみたいな虫や蛇を売ってて
一人の客がそれを食べてるところでした~!(*_*;
みんな、そのシーンを写真に収めようとこの人だかりになったんですね。
まさにインスタ映えなショット!
私は出遅れて撮れなかった~

a0092659_13272426.jpg




写真を撮ってからこのサインに気が付きました…

ただ撮り、ごめんなさい(*_ _)

a0092659_13303109.jpg



ナイトマーケットをウロウロしてると大音量の音楽が聞こえたので行ってみると

なんと!まさかのオネエショー付きマッサージ屋さんでした。

マッサージはマッタリするものかと思ったのに

このミスマッチな演出考えた人すごいな!

a0092659_13340584.jpg



翌日もう一度このお店に行ったらお客が少なかったのか、

ショーはやっていませんでした。残念…




近くで見ると結構怖い…

a0092659_13360980.jpg




私のヘタな動画をご覧になって(~_~;)









今朝まで寒い日本にいたのがウソのよう…

成田からカンボジアに到着したばかりの夜に

いきなりガツンとすごい場所に来てしまいました。

シェムリアップの夜はカオス漂う街でした!


つづく








by bonzok | 2018-03-01 14:17 | カンボジア・アンコール遺跡 2018