FK’s Blog

bonzoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2014年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2014年 12月 27日

スペイン旅行記 19 バルセロナへ

クリスマスも終わり、巷は一気に年末ムードに突入!

私も今年中にあれもしなくちゃ!これもしなくちゃ!と落ち着かない毎日です。

そんな中、まだ完結しないスペイン旅行記・・・(ーー;)

2014年には終わらないかもしれないけど、頑張って綴ります。


***********************************************************************


バレンシアからバルセロナに向かう途中 ローマ遺跡が残る街タラゴナと言う街に立ち寄りました。

地中海に面したタラゴナは紀元前3世紀に古代ローマ人によって築かれた街で、

今も街のあちこちでローマ遺跡を見ることができます。

地中海のバルコニーと呼ばれる広場から望むタラゴナの景色  

さりげなく円形競技場の遺跡が見えます。

a0092659_21384318.jpg


市内を走る観光列車プチトラン  空の雲が煙を吐いてるみたい♪
a0092659_21421211.jpg

紀元1世紀に建設されたローマ遺跡ラス・ファラレス水道橋  ポーズが間に合わなかった…^^;
a0092659_21533222.jpg


入口に建設当時の様子を再現した想像図が置かれていました。 

1900年も前にこんな物よく造れましたよね。 しかも完ぺきに残っているのがすごい!
a0092659_21573499.jpg


タラゴナから約100km 最後の滞在地バルセロナに到着!

バルセロナの街に入ると遠くにチラッとサグラダ・ファミリアが見えてきました。 

こんなチョビっと見えただけなのにバスの中はオォ~ッ!と歓声!\(ё_ё)/
a0092659_21123916.jpg


目の前に来ると、やっぱり思いっきり工事中! 
a0092659_21274499.jpg

尖塔の先っぽ、結構カワイイ♪
a0092659_1411419.jpg


考えてみると世紀の歴史的建造物の建築途中を見られるんだから、これは貴重なことかも。

1882年の着工から完成まで300年かかると言われていたそうですが

先端ITによる3Dプリンターや石材加工技術などで工期は一気に150年も早まって、

2026年には完成するらしいですよ。

完成したらもう一回見に来なくちゃ!

クレーンが無い時代、上の方どうやって造ってたんでしょう・・・
a0092659_21155274.jpg


溢れる観光客の中で仕事をするのは落ち着かないでしょうね。
a0092659_21242128.jpg

こんなに観光客だらけなんですもの・・・
a0092659_2156898.jpg

正面の”生誕のファサード”は ガウディの遺志を継いで日本人彫刻家外尾悦郎氏によって完成しました。 
a0092659_1427412.jpg

外尾氏が手掛けた15人の天使たち 
a0092659_14333966.jpg


外尾氏がバルセロナに渡られたのが1978年だそうなので、

私が初めて行った時はファサードの彫刻はまだ何も無かったんですね。

ファサードの前で私もこんな感じで見上げてました。
a0092659_2374461.jpg


初めてこの建物を見たのはフランコ体制下の1973年…当時まだ19歳でした~( ಠ_ಠ)

予備知識も何も無いままいきなりこの教会を見たときは”グロテスク!”としか思えませんでした。

当時は工事現場みたいで内部に入ることもできず、まだ尖塔も全部できなかったと思います。

観光客なんて全然いなかったし・・・(ーー;)

日本では80年代にサントリーのCMで知られるようになりましたが、

サグラダファミリアが世界的に知名度を増したのはバルセロナオリンピックのマラソン中継と言われています。

TV中継を見ていた世界中の人があのユニークな建物は何だ?!って思ったのかしら・・・
a0092659_1329447.jpg


内部は意外にも明るい雰囲気。 樹木のように先端が枝分かれした無数の柱に支えられています。
a0092659_1347694.jpg

まるでモダンアートな空間。 こんなユニークな教会は見たことがありません。  
a0092659_13475739.jpg


教会の反対側の入り口にある 受難のファサード デフォルメされたフォルムは現代アートの様です。
a0092659_13572114.jpg

こちらの入り口も観光客でいっぱい!
a0092659_13574967.jpg


元々ガウディ自身の設計図は無いので

ガウディの頭の中にしか無かったイメージを形にしなければならないのです。

ガウディの死後90年近い年月が経ちますが、

神への愛と畏敬をコンセプトにしたガウディの遺志を継承して建設が続けられています。


世界中の人が完成を待つサグラダファミリアの主任彫刻家が日本人と言うことがとても誇らしいです。

サグラダファミリアとアントニ・ガウディについて興味のある方は是非

外尾悦郎著「ガウディの伝言」と言う本を読んでみてください。

ガウディの想いや工事の過程が詳しく説明されていてとても感動的でした。


ちなみに・・・

「ガウディの伝言」
では”アントニオ・ガウディ” と表記してあったので、ミスかと思ったら

アントニオはスペイン語表記で

”アントニ”はカタルーニャ語表記だそうです。

ややこしいですね・・・




by bonzok | 2014-12-27 21:35 | スペイン旅物語 2014 | Comments(0)
2014年 12月 24日

素敵なクリスマスを♪

あっと言う間に1年が過ぎ、今年もまたクリスマスがやってきました。

今日、デパートの食品売り場に行ったらすごい混雑でビックリ!

お買いもの風景を見てるだけでなぜか楽しい気分になります♪

ケーキ売り場の長い行列に並んで、私もちっちゃなクリスマスケーキを買ってきました。


明日は2014年最後のレッスン。

今年はクリスマスの日が最終日になってしまったけど、皆さん、来て下さるかしら…


↓2年前に行ったドレスデンのクリスマスマーケットで撮った写真。 

ここは星だけを売ってるお店でした。
a0092659_19305459.jpg



皆さまも、どうぞ、ステキなクリスマスを!



by bonzok | 2014-12-24 21:15 | Diary | Comments(0)
2014年 12月 16日

スペイン旅行記 18 バレンシア旧市街

アリカンテを後にしてバスは地中海沿岸を北上、夕刻バレンシアに到着しました。

この日の夕食は、もちろんバレンシア名物パエリア♪

サーブしてる鍋がひとつしかなかったので、足りるかなぁ…なんて思ってたら

次から次に出来立てパエリアが運ばれて来て、セコイ心配をした私がハズカシイ... (;´v_v)

a0092659_16443539.jpg


前回来た時は滞在中の2日間、昼も夜もパエリアを食べてました(ーー;)

バレンシアのパエリアはハズレなく美味しいです!

a0092659_17523060.jpg


↓ これは翌日のランチ
  
一見ヤキソバにしか見えないけど、″パスタパエリア″と言うパエリア風味の極細パスタです。

このヤキソバ・・・じゃなくてパスタはスーパーマーケットにもたくさん売られていましたよ。
a0092659_1753191.jpg


翌朝7時45分にはもうホテル出発

バレンシアには宿泊したけど観光はたったの1時間だけで、もう次の街へ  エェ~?!

このツアー、ほんとにすさまじい慌ただしさでした~



旧市街への入り口セラーノスの塔 

ローマ時代からバレンシアの街は城壁で守られてきました。

19世紀半ば、人口増加のため城壁は取り壊され、今は門だけが残っています。
a0092659_19175167.jpg


この門扉はレコンキスタ(キリスト教国再征服)後に作り直されたものですが、

それでも600年以上も経ってるからさすがに年季が入ってます。
a0092659_1203374.jpg


スペイン内戦(1936~1939)の時、

戦火を避けるためプラド美術館の展示品をこのセラーノスの塔に保管していたそうです。

こちらは塔の内側 有名な″バレンシアの火祭り″の開会式はここで行われるんですって。

掲げられているストライプの旗はバレンシア州旗
a0092659_18524434.jpg


↓歴史的な建物が並ぶビルヘン広場  

ここはカフェも並ぶ憩いの場のはずだけど、朝早すぎて噴水の水も出てなかった…(ーー;)

a0092659_18144439.jpg


右がカテドラル使徒の門 ゴシック様式のファサードです。 左奥のピンクの建物はバシリカ(聖母教会)
a0092659_0432240.jpg


↓ カテドラルの中はここから入りました。 こちらの方はバロック様式

入口に上にある装飾の中にあるコウモリの形が描かれているの見えますか?

バレンシアではコウモリは幸福を運ぶ守り神なんですって。
a0092659_0363886.jpg


バレンシアのサッカーチームのエンブレムにコウモリがいる訳がわかりました♪
a0092659_22435496.jpg


この方はバレンシアの守護聖人かな? 今度調べておきます(-_-;
a0092659_1102040.jpg

バシリカの円天井に描かれたフレスコ画 
a0092659_18235035.jpg


ヨーロッパの街は何でもない路地がみんな絵になります。
a0092659_1834339.jpg


カラフルな建物が並ぶ可愛い通り  それにしても超細長い建物ばかりですね。
a0092659_1823113.jpg


↓ ヨーロッパ最大級の中央市場(Mercado Central) 

建築が始まったのは1914年 今年がちょうど100年目の歴史的な建造物です。

a0092659_18162855.jpg


19世紀後半~20世紀初頭にカタルーニャで流行したモデルニスモ様式の建築物で、

フランスのアールヌーボーに似た様式です。

a0092659_18223429.jpg


まだ朝早いので人もまばらでしたがお昼ごろには活気が出るんでしょうね。 
a0092659_18193020.jpg


この中に300店ものお店が入ってるんですって。

さすがスペイン、ずらりと並んだ生ハム屋さんは壮観!
a0092659_18203438.jpg

a0092659_18201038.jpg

地中海気候の温暖なバレンシアは果物も豊富。もちろん!バレンシアオレンジも♪
a0092659_1821198.jpg


左の建物はラ・ロンハ(La Lonja)  15世紀に建てられた商品取引所です。 
a0092659_1817081.jpg

ラ・ロンハの裏側  見上げるといろんな姿のガーゴイル(雨どい)が沢山並んでいました。
a0092659_1817219.jpg

ガーゴイルってホントにグロテスク!…だけど好き^^;
a0092659_18173535.jpg


ラ・ロンハは世界遺産に登録されている建物だそうですけど、サラッと通り過ぎただけ…

裏道を歩くと結構汚げな通りもありました。
a0092659_1818111.jpg


ここを歩いてる時、添乗員さんが「ポルトガルはもっと汚くて犬の糞だらけですよ」って言ってました。

スペインの一か月前ポルトガルに行って来たけど、犬の糞なんて全然見なかったのに・・・

添乗員さんには言わなかったけど、ポルトガルの名誉のために言っておきます。

ポルトガルの街はウンチだらけじゃないですよ!



by bonzok | 2014-12-16 23:46 | スペイン旅物語 2014 | Comments(0)
2014年 12月 06日

スペイン旅行記 17  アリカンテ

アリカンテ? 

ドコそれ?状態のまま、グラナダから一気に300kmも移動してアリカンテに向かいました。

アリカンテって知らなかったのは私だけ?


どんな所かなぁ…と思ったら、地中海に面した静かなリゾート地でした。
a0092659_124841.jpg


個人旅行ではわざわざ行かない所も連れてってくれるのがツアーのいい所

グラナダから次の宿泊地バレンシアまでは470kmも距離があるので、

途中ちょっと寄ってみた的な場所でしたが、なかなか良い雰囲気でしたよ。

ここでの(多分唯一の)見どころはベナカンティル山の上にそびえ立つ城砦サンタ・バルバラ城
                                          
                                          (画像はWikipediaより)
a0092659_13592676.jpg


城砦を登ると眼下にコスタ・ブランカ(白い海岸)を抱いた真っ青な地中海が広がります。
a0092659_16413361.jpg


ここに来る途中雨模様だったのでバスの中でず~っと「晴れ乞い」してたら晴れちゃった♪
a0092659_15573140.jpg

美しい地中海をバックにハイ!ポーズ♪・・・ってそろってないよ~( ಠ_ಠ)
a0092659_1691634.jpg

添乗員さんと一緒に!  オバサンたちに囲まれて怯えてるのが顔に出てますわよ
a0092659_16124844.jpg

城砦の頂上にスペイン国旗がカッコよくたなびいていました。
a0092659_19274261.jpg

城砦だからもちろん大砲もあります。
a0092659_1559275.jpg

後ろは断崖絶壁、危ないですよ~!
a0092659_15545666.jpg

アートな鉄の騎士があちこちに立ってました。
a0092659_1602186.jpg

騎士と戦うお姉さん!  他の観光客も結構戦ってました^^;
a0092659_1612140.jpg


そうそう、お城の入口にSTAR WARSの文字が…
a0092659_13572644.jpg


なぜにここでスターウォーズなのか?と聞いてみたら、このお城で毎年11月にイベントがあるそうです。

これは去年の「スターウォーズ祭り」(勝手に命名)の様子       サンタ・バルバラ城のHPより
a0092659_1491855.jpg

スペインのダースベイダー、会いたかったなぁ…
a0092659_1465922.jpg



スターウォーズはこのお城に縁もゆかりもないはずですが、

ここサンタ・バルバラ城は、映画″エル・シド″の舞台になった場所だそうです。


主演はチャールトン・ヘストン    ソフィア・ローレンも出てたのね。  
a0092659_14124263.jpg


アリカンテに向かうバスの中でツアーメイトのおじ様(推定75歳)が

このエル・シドについて熱く語ってくれました。

「エルシド」は11世紀に実在したスペイン救国の貴族ロドリーゴ(エル・シド)の生涯を描いた大スペクタクル映画で、

クライマックスの戦いの場としてサンタ・バルバラ城が登場するそうです。


1961年の映画ですから、さすがにリアルタイムには見てませんが、

ず~~っとあとでTVで見た気がします。

あんまり覚えてないからつまんなかったのかな?

せっかくリアル″サンタ・バルバラ城″に行ってきたんだから、

今度TVでやったら「エル・シド」 ちゃんと見てみよ…

                                                    つづく




by bonzok | 2014-12-06 22:52 | スペイン旅物語 2014 | Comments(0)
2014年 12月 05日

Fairy Tales カレンダー

"Fairy Tales"のカレンダーがamazonでも購入できるようになりました。

年の瀬も押し迫る今頃お知らせするのも気が引けますが、

カレンダーと言う性質上在庫限りとなりますので、ぜひ手に取っていただければ嬉しいです♪

↓ 画像をタップしていただければamazonのページが開きます。
a0092659_15203192.jpg


by bonzok | 2014-12-05 15:31 | Works | Comments(0)
2014年 12月 01日

スペイン旅行記 16  アルハンブラ宮殿

グラナダに一泊した翌朝、イスラム建築の最高傑作アルハンブラ宮殿

私の″アルハンブラの思い出″を、名曲「アルハンブラの思い出」を聴きながらお付き合いください♪



アルハンブラで最も有名なナスル宮殿の中心に位置する

コマレス宮 アラヤネスのパティオ(Patio de los Arrayanes )

水面にコマレス宮が写るように設計された美しいパティオです。 
a0092659_19424541.jpg


水を使った空間はイスラム建築の特徴で、アンダルシアの暑い空気に涼を呼ぶ素晴らしい演出です。

↓ こちらは離宮ヘネラリフェ(Generarife) のパティオ アセキアの中庭

前回来た時、この噴水の際でスっ転んで、思いっきり尾てい骨を打ってしまいました(+。+)

今回、噴水の中は入れなくなってたから、私みたいに滑って転んじゃうドジな人が多かったのかな・・・
a0092659_2142829.jpg


この離宮ヘネラリフェは至る所に池が配置され、水の宮殿と言われています。
a0092659_22134525.jpg



↓小高い丘の上に建つ宮殿からはグラナダ(アルバイシン)の街が一望できます。

アルバイシン地区は1492年グラナダ陥落までイスラム教徒の居住区だったグラナダ最古の街。

この美しい中世の街は、キリスト教徒によるグラナダ陥落の時、

白壁と石畳はおびただしい流血に染められたそうです。


a0092659_1820566.jpg


上の写真はここから撮ったんですよ。 みんなも一生懸命撮影中。
a0092659_18233781.jpg


アルハンブラ宮殿からの景色は見えるけど、中からは宮殿の全容が見えないので・・・
a0092659_22432246.jpg


↓ 全体像はWikipediaからお借りしました。

赤い丘と呼ばれる高台に建ち、広大な敷地はチケット売り場から最奥部までは1kmにも及びます。

a0092659_22404261.jpg


私たちが入ったのはこの入口でしたが、こちらはチケット売り場とは反対側、

つまりここは裏口で、逆方向に見学したみたいです。
a0092659_1934914.jpg

こちらがホントの入り口。さすがにすごい人!  私たちはここから出てきました…
a0092659_052666.jpg


裏口を進むとすぐ見えてくるのがカルロス5世宮殿

レコンキスタ(キリスト教再征服)によるグラナダ陥落後に建てられたルネサンス様式の建物なので、

アルハンブラのイスラム建築の中ではウイてる感じ
a0092659_18104834.jpg


ナスル宮殿の内部は「〇〇の間」と名前の付いた部屋がいくつもありましたが、

写真を見てもどこがどこだか判らなくなってしまいました…(-_-;

ここは確かメスアールの間の礼拝堂
a0092659_1910304.jpg

アップで見ると細かいイスラム装飾が刻まれていて、コーランの文字も見事に溶け込んでいます。
a0092659_19114625.jpg

同じくメスアールの間の壁 今時のカフェみたいなおしゃれなタイルですね。
a0092659_1927289.jpg

メスアールの中庭の壁 壁ばっかりでスミマセン…(ーー;)
a0092659_19452368.jpg

窓枠の模様もコーランのアラビア文字が刻まれていました。
a0092659_19123683.jpg


どの部屋にもこんなに細かい装飾が壁一面に! 

壁面の装飾はスタッコ細工と言って石膏をいろいろな鋳型に流し込んで型取り、

巧みに組み合わされて造られているそうです。

a0092659_19131381.jpg

壁の装飾模様は部屋ごとに違っていました。
a0092659_19562122.jpg

この壁は上がスタッコ細工で下がタイル細工
a0092659_041523.jpg

これは床。 ここは玉座が置かれた場所だったので700年近く経ってもちゃんと模様は残っていました。
a0092659_19574053.jpg

アベンセラッヘスの間の入口  これぞ、イスラム!って感じ!
a0092659_23481563.jpg

アベンセラッヘスの間の壁  乳白色で分かりにくいですけど、よ~く見ると凝った装飾なんです!
a0092659_23525115.jpg

天井は鍾乳石飾り(ムカルナス)が施され、壁面はスタッコ細工のアラベスク模様。
a0092659_23544176.jpg


ヘネラリフェ離宮へ続く庭園遊歩道  刈り込まれた糸杉でゲートが造られていました。
a0092659_233544.jpg


アルハンブラは緑に囲まれた宮殿です。
a0092659_0145437.jpg

糸杉がこの風景によく似合ってます。
a0092659_0151989.jpg

ザクロの木 グラナダはザクロと言う意味だそうですよ。
a0092659_0204256.jpg

大勢の庭師たちがあちこちで手入れをしていました。 Hola! がんばってね!
a0092659_23112899.jpg

この真ん丸カットはお見事!
a0092659_23135710.jpg


ここはアルハンブラで一番有名かもしれない獅子のパティオ
a0092659_19173860.jpg

ライオン君たち、結構マヌケな顔してます♪ 
a0092659_23332890.jpg
 
せっかくだから、ここでもポーズ! なんだか服までおソロになっちゃった(・・;) 
a0092659_19165833.jpg

全員集合、アルハンブラでハイ、ポーズ!
a0092659_038915.jpg



by bonzok | 2014-12-01 00:04 | スペイン旅物語 2014 | Comments(1)