FK’s Blog

bonzoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2013年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2013年 09月 25日

スリランカ旅行記 12 象の孤児院

5日目、

キャンディで一泊した後、最期の宿泊地ゴール(Galle)へと向かいました。

そう言えば・・・

キャンディ滞在中私の頭の中では 原田真二の歌 ♪ キャ~ンディ、I love you ~ ♪ がず~っと流れ続けておりました…(;´v_v)


ゴールへ向かう途中寄った 「ピンナワラ象の孤児院」
a0092659_20521711.jpg



ジャングルで親を亡くしたりはぐれてしまった子象100頭余りを保護している施設です。

ここでは放し飼い状態の所に観光客が入れるんですよ。
a0092659_2183428.jpg



可愛い子ゾウちゃんたち、大人気でした♪
a0092659_21115250.jpg


お客もミルクをあげることができます。それにしても、観光客が多いのには驚きました。
a0092659_21173188.jpg


可愛いオシリがふたつ♪
a0092659_21184752.jpg


歩いてると後ろからゾウさんが通過してビックリ!
a0092659_21251990.jpg

 
昼食は孤児院近くのレストランで。 もちろんカレー♪
a0092659_21282636.jpg


レストランから水浴びをする象さん達が見えてチョ~感動!
a0092659_212857100.jpg



                                                         つづく

by bonzok | 2013-09-25 21:38 | スリランカ 2013 | Comments(2)
2013年 09月 24日

飛騨の旅

9月2回目の3連休、夫と飛騨方面を巡る短い旅をして来ました。

特に予定の無い旅だったので、適当にあちこち気ままに歩いて行きました。


途中通った松本でぶらり散策。

2年ぶりの松本城。 お堀の水面にせっかく綺麗に映ったお城を隠しちゃって失礼しました…
a0092659_23125778.jpg


天守閣への階段はちょっと怖いんですよ。
a0092659_17545528.jpg

↓ 重要文化財 旧開智(かいち)学校  

明治初めに建てられた小学校です。 内部の装飾も凝っていて見ごたえがありました。
a0092659_23175989.jpg


2日目に行った飛騨高山

高山は私の好きな街です。もう5回は来てると思う… 
a0092659_0102645.jpg

来るたびに人力車が増えている気がする…
a0092659_053953.jpg

a0092659_0265360.jpg


街を流れる宮川はとても美しい川。 
a0092659_0145216.jpg

観光客だけではなく地元の人にとっても憩いの場のようです。
a0092659_1750861.jpg


↓ 着物姿が多いのは手軽にレンタルできる場所があるから。

私もあと30年若ければ着て歩きたかった(;´v_v)
a0092659_06256.jpg

頑張りすぎて裃姿のお侍になっちゃった男子^^;
a0092659_0324461.jpg

高山陣屋 明治時代、飛騨の政治の中心となった役所。 日本に現存する唯一の陣屋です。
a0092659_0361710.jpg

歴史好きの夫に合わせて、広い内部を時間をかけてじ~っくり見て周りました。
a0092659_12144054.jpg


3日目、帰宅路の渋滞を避けるため早めに出発しましたが、せっかくなので宿からほど近い新穂高へ。

標高2200m山頂までロープウェイで一気に登ることができます。
a0092659_12261870.jpg


皆さん、いい写真が撮れたかな? 
この壮大なパノラマを写真に収めるのは私には無理でした~
a0092659_17564473.jpg


日付入り証拠写真♪
a0092659_1757252.jpg


滞在した奥飛騨の宿
a0092659_12135084.jpg


奥飛騨福地温泉はわずか13件の宿があるだけ。 変なお土産屋など一軒も無い、とても静かな温泉地です。
 
周りは山があるだけ。 他に何も無いのがいいんです。
a0092659_195330.jpg


いかにも秋!な一枚♪
a0092659_1142421.jpg

宿の周りを散歩していても、たま~に宿泊客に会うだけ。 
a0092659_1144093.jpg

さすがにこれは演出し過ぎな感じ?
a0092659_18134048.jpg


露天風呂は2か所あったけど、いつ行っても私だけ。 各部屋に露天風呂が付いてるからかな?
a0092659_1102488.jpg


大小二つの部屋があって、お庭に露天風呂がありました。
a0092659_187437.jpg

この奥がお部屋の露天風呂。 裸でウロウロしても見えないはずだけど、やっぱり辺りを確認しちゃいます…
a0092659_188313.jpg


お食事をしたのはここ。 囲炉裏を切ったテーブルで頂きます。
a0092659_18175142.jpg


肝心のお料理の写真が撮れて無かったんです。

ホントに素晴らしいお料理だったのに。。。

朝食のピンボケ写真だけありました・・・
a0092659_18191365.jpg



旅行中、夫と私が何度となく口にした言葉は・・・

「ニッポンっていいな♪」 「ね~、豆助!」

解る人にはウケルかも?(ё_ё)

by bonzok | 2013-09-24 18:30 | 飛騨の旅 2013
2013年 09月 20日

スリランカ旅行記 11 キャンディ その3

キャンディで宿泊したホテルThe Theva Residency(ザ・テーヴァ・レジデンシー)は

スタイリッシュなブティックホテルでした。

私たちにはオシャレすぎて、何だか落ち着かなかったのですが…

街を見渡せる高台にあり、眺望が自慢のホテルです。


お部屋はまるごとIKEAカラー(・・;)
a0092659_22274050.jpg


シンプル アンド 無駄に広い。
a0092659_22294578.jpg


バスルーム側も寂しいくらいシンプル。
a0092659_2233551.jpg


広いテラスは気持ちがよかったです。
a0092659_2235492.jpg

部屋のテラスから、眼下にキャンディの街を見下ろせます。
a0092659_22451485.jpg


部屋数は全部で11室

あまりにお客がいないので、スタッフに聞いたらこの日の宿泊客は3組だったそうです。

″Enough…”って言ってたけど、大丈夫かな・・・


お食事はすごく美味しかったです♪

夕食、私が選んだ前菜は Shrimp Tempura(エビのテンプーラ)
a0092659_2364477.jpg

メインはビーフ  チラッと写ってる主人のメインはシーフード
a0092659_2372094.jpg


デザートは写真が無かった…

朝食はまずフルーツをチョイス
a0092659_2259412.jpg

それとケバブ風ピタパン
a0092659_2304100.jpg

朝食のレストランもホントにお客がいない… いても全部で6人ですけどね。
a0092659_2332786.jpg


こんなに人がいないホテルは初めてでした。 こう見えても5つ星ホテルです…
a0092659_2337872.jpg


                                                         つづく

by bonzok | 2013-09-20 23:40 | スリランカ 2013 | Comments(0)
2013年 09月 20日

スリランカ旅行記 10 古都キャンディ その2

古都キャンディ(Kandy)は仏教の聖地として世界文化遺産に登録されています。

街を歩くと英国統治時代の名残りを残す建物もあり、

世界遺産マークが貼ってある建物もいくつかありましたが、街全体が古いと言うよりボロいって印象…

世界遺産に相応しい修復、保存に力を入れた方がいいのに・・・

⇓コロニアル建築の″クイーンズホテル″ 

この建物も世界遺産に登録されていますが、外観も内部もかなり老朽化していて、すごく残念。
a0092659_21423779.jpg


これはモスクかな?イスラムっぽい建物
a0092659_23848100.jpg


植民地時代から続いていたのか、2階建てバスも残ってるんだ。
a0092659_22581742.jpg


騎馬警官もイギリスっぽい
a0092659_2314485.jpg


このお坊さん、カメラを向けたらわざわざ立ち止まって下さいましたわ。
a0092659_2333899.jpg


さっきのお坊さんだ♪  
信号機と言うものが無いから、どこに行っても交通整理のお巡りさんだらけ。なぜに信号を付けない?
a0092659_236326.jpg


スリランカで見た小中高生はみんな制服でした。ほとんどが白。 やはり日差しが強いから日傘を差してる子も多い。
a0092659_23104593.jpg


ここは通りを入った狭い路地。
売られているサンダルの値段、250ルピーって180円ぐらいです。
a0092659_00112.jpg


仏教、イスラム教、ヒンドゥー教、といろんな信仰の人がいるから民族衣装も様々。
a0092659_0112436.jpg


街に溶け込んでる?
a0092659_2313514.jpg



夕方、スリランカの伝統舞踊 キャンディアンダンスのショーを見に行きました。チケットは500ルピー(360円) 安ッ!

キャンディは、仏歯寺と、このキャンディアンダンスぐらいしか見る所が無いかも…

開演30分前ぐらいに入ったらまだガラガラでしたが、開演の5:30には満員になってました。

かなり古そうな劇場  ↓の後ろ姿が私です。 座席は決まっていません。 早いもん順♪

キャンディの街で観光客らしき人にはひとりも見かけなかったけど、こんなに観光客がいたんだ~
a0092659_23223488.jpg



次々にいろんなダンスが披露されて500ルピーでは申し訳ないくらいの内容でした。
a0092659_23335380.jpg



ショーの終わりに観客全員起立!の命令があり、何が始まるのかと思ったら、

スリランカ国歌の斉唱! 外国人も立たせて国歌を聞かせるなんて愛国心がすごいです!

真ん中の女性が持ってるのはスリランカ国旗
a0092659_2343433.jpg



この後、ファイアーダンスと火渡りの儀式があり、これが迫力満点!

a0092659_23481064.jpg


見てるだけで ″アチチチッ!” 
a0092659_23483483.jpg



火の上を渡ることで神が体に宿る事を祈るそうです・・・が、

終わった後、間 髪を容れずチップを要求して周る姿は、どう見ても神は宿って無さそうでした。(ーー;)

                                                         つづく 
       

by bonzok | 2013-09-20 00:08 | スリランカ 2013 | Comments(0)
2013年 09月 18日

スリランカ旅行記 9 古都 キャンディ その1 仏歯寺

a0092659_234021.jpg


シンハラ王朝最期の都 キャンディ は濃密な仏教空間が広がる山間の都市です。

300年続いたキャンディの都は、1815年にイギリスによって滅ぼされ、

2000年間のシンハラ王朝は終焉を迎えました。

a0092659_22212318.jpg


ホテルの部屋から見たキャンディは、まさしく山間の街です。
a0092659_22231287.jpg


スリランカを代表する仏教寺院 仏歯寺 は、その名の通り、釈迦の歯が奉納されている寺。

外観の静かな佇まいからは、寺の中の熱気が想像もできませんでした。

ここにもいました、ワンちゃんたち。
a0092659_22302988.jpg


敷地内にいたゾウさん、初めは大きな置き物かと思ってたので動き出してビックリ!
a0092659_23392780.jpg



寺の中に入ってすぐに目に入った壁のボーダー柄は、キャンディで行われるペラヘラ祭をモチーフにした図
a0092659_22451249.jpg


入口でお供えの花を買って中に入ります。 私のは青紫のハスの花。他にもたくさん種類がありました。
a0092659_22573784.jpg

私と同じお花を選んだんだね♪
a0092659_23123557.jpg


寺の中にいくつかの祭壇があり、その場所ごとに少しずつお花をお供えします。
a0092659_2394741.jpg


日光東照宮を彷彿とさせるカラフルな文様
a0092659_2321638.jpg


1日3回のブージャー(仏への祈り)があり、その時だけ仏歯の部屋の扉が開かれます。

長い行列の先は開扉を待つ信者で埋め尽くされ、あまりの熱気に圧倒されてしまいました。

どんどん人が増えて来て押しつぶされそうでしたが、扉の前で足を踏ん張って開扉を待ちました。
a0092659_23152478.jpg


お供えのお花を置く隙間が無い…
a0092659_2323636.jpg


大音響の楽器の音とともに扉が開き、供物を捧げる儀式が始まりました。 この扉の奥に仏歯が奉られています。
a0092659_23242950.jpg


お供えの品は果物やお米など様々。

信者たちは皆真剣な表情で、こんな厳粛な場に私たちみたいな観光客がいていいのかな?・・・って申し訳ないくらいでした。
a0092659_23383557.jpg


寺の周りにはお供えの花を売るお店がズラリと並んでいました。
a0092659_23465534.jpg


スリランカってこんなにハスの花がいっぱい咲くんだ!って、ちょっとビックリ!
a0092659_23483329.jpg


                                                             つづく

by bonzok | 2013-09-18 23:51 | スリランカ 2013 | Comments(2)
2013年 09月 16日

スリランカ旅行記 8 ダンブッラ石窟寺院

スリランカに来て3つ目の世界遺産ダンブッラ(Dambulla)石窟寺院は、

紀元前1世紀にシンハラ王によって造られました。

5つの洞窟の中に安置された約150体の仏像は、2100年に渡って少しずつ増えていったものです。


a0092659_14392149.jpg


ここは遺跡ではなく現役のお寺。今も祈りを捧げる敬虔な信者たちの姿が見受けられます。

ガイドさんも洞窟に入る度に手を合わせ一礼していました。


右側の岩山に5つの洞窟があります。 白い回廊は後に建てられたものです。

a0092659_1763952.jpg




ここも寺院の中では裸足にならなければいけません。帽子もダメ。
石がすごく暑くて歩くときはつま先立ち…

a0092659_1781984.jpg




第1窟に安置されている涅槃像は14m。
狭い洞窟の中なので全身を撮るのは無理でした。

足の裏から失礼します…

a0092659_1529791.jpg




洞窟の中で保存されていたので色も鮮やかに残っています。
天井画も綺麗!

a0092659_14535439.jpg




照明がほとんど無いので実際はすごく暗いんです。
これでも明るく加工してます。

a0092659_1532231.jpg




釈迦の両脇にいる生き物は何でしょう? 
神社の狛犬みたいな存在かな? 
ちょっと可愛い♪

a0092659_14554493.jpg




第5窟は一番新しい洞窟。 
新しくなるほど仏像も天井画も稚拙になっていきました。


a0092659_14571219.jpg


このダンブッラ寺院と言い、シーギリアロックと言い、

どうしてこんな高い岩山のテッペンに建てるのかしら? 登るの大変ジャン!と思ったけど、

上に登るとすごく涼しいので、スリランカの暑さを考えると少し納得。


ここはお猿さんがいっぱい! 逃げもしないし襲ったりもしません。

a0092659_1734344.jpg




登りの時も…

a0092659_17144493.jpg




下りの時も、尻尾を踏まないように気をつけて歩かなくては・・・

a0092659_21302344.jpg




親子かな? それにしても尻尾長~い! 
多分、何匹かは観光客に踏まれてるな・・・

a0092659_17152170.jpg




この子たち遊んでるのかな? 可愛い♪

a0092659_17164955.jpg

a0092659_17161354.jpg




この石窟寺院への入口にそびえる黄金の大仏。
キンキラ過ぎ~(ーー;) 
あごの下の黒い物体は大きな蜂の巣なんですよ!
ホクロかと思った~

a0092659_17225564.jpg



このキンキラ大仏の前に成っていたジャックフルーツ。 
すごく重そうにぶら下がってました。

a0092659_17265748.jpg



ダンブッラ寺院を跡にして、次の宿泊地 キャンディへと向かいました。

                                                         つづく


by bonzok | 2013-09-16 23:10 | スリランカ 2013
2013年 09月 15日

スリランカ旅行記 7 天空の古代都市 シーギリヤ・ロック

3日目の朝、スリランカ随一の観光スポットシーギリヤ・ロックへ。

その岩山は広いジャングルの中に忽然と姿を現します。

ホテルからも見えたけど、近づくとやはり大きい!
a0092659_17251983.jpg


高さ200m、地面から垂直にそびえたつこの岩山のてっぺんに王宮が築かれていたとは驚きです。

1500年も前にですよ。


上空から見るとこんな感じ(スリランカ観光局のHPより) これを見るとジャングルの中に忽然と!って判りますね。
a0092659_17423455.jpg


ここが入口。 ここでも、シンハラ語、タミール語、英語で案内がしてあります。
a0092659_17282434.jpg


ここにも可愛いワンちゃんたちがいました♪
a0092659_18191922.jpg


これから登りま~す♪ って感じでまだ余裕の顔してるけど、シーギリヤロックはそう甘くはなかった…(ーー;)
a0092659_720248.jpg

まずこの階段から上へ進みます。すべての建造物が自然の岩をそのまま残して造られています。
a0092659_17311449.jpg


⇑に映ってる青年は登りの手助けをしてくれる政府公認のヘルパーで

頼みもしないのに手を差し伸べてくれるので、何度も断ってたけど結局登って降りるまで付いて来ちゃいました。

一応料金は決まっていて、最後に1000ルピー(約700円)を渡しました。


シーギリア・レディと呼ばれる洞窟のフレスコ画 

1500年以上も前のものと思えない程鮮やかな色彩のまま残っています。

a0092659_20582837.jpg


かつては500人もの美女が描かれていたそうですが、現存するのは18人だけ。

a0092659_2118228.jpg



紀元5世紀、若き王子は、王たる父を殺し弟の復讐を恐れて、この狂気とも思える場所に王宮を築きました。

この狂った王のお陰でシーギリヤレディ達は、今も鮮やかにその色を留めています。


一応笑顔ですけど ホントはこの時点でもうヘロヘロ… ヘルパー君が撮ってくれました。
a0092659_739667.jpg


頂上まではまだまだ登らなきゃいけないのに、ここまで登るだけで死にそうだった~(+。+)
日頃の運動不足を反省・・・
a0092659_21264724.jpg


やっと頂上かと思ったら、ここは宮殿の入口。まだまだ上がありました~!
a0092659_21575837.jpg


ここは通称「ライオンの入口」 今は大きなライオンの爪だけ残っています。

このLion Terrasで一息ついて、また頂上をめざします。
a0092659_728046.jpg


下からドンドン登って来るから休む訳にもいかず、ひたすら登り続けます。
a0092659_2243978.jpg


頂上に到着! 王宮跡と言っても土台しか残ってないんだ…
a0092659_22135326.jpg


こんな大きな貯水池、1500年も前に岩の上にどうやって作ったんでしょう!
a0092659_22284777.jpg


360度見渡して見ても全部ジャングル。 本当に素晴らしい景色だったんですけど、写真では伝わらないのが残念。
a0092659_22143472.jpg


この写真もヘルパー君が撮ってくれた一枚。  もう動きたくないよ~!
a0092659_7364543.jpg



勝手についてきたへルパー君だけど、荷物も持ってくれて、ずっと手を引っ張ってくれてたお陰ですごく助かりました。

シーギリヤロックに登って、自分の体力の無さに激しくショック! あ~情けない…( ̄Д ̄;)

シーギリヤロックは ″ シーギリヤ・ショック!″ として思い出に残るでありましょう。


やっぱり、足腰が立つうちにもっといろんな所行かなくちゃ!!

・・・と改めて心に誓う私でありました。

                                                           つづく

by bonzok | 2013-09-15 22:58 | スリランカ 2013 | Comments(3)
2013年 09月 13日

スリランカ旅行記 6 Jetwing Vil Uyana 3 食べ物編

a0092659_21411758.jpg


一日目の夕食  

チョイスする前菜の前に一口サイズのアミューズ と食前酒がついてました。
a0092659_2253278.jpg

私のメインはビーフ、主人はカレーを選びました。
チキン、白身魚、ジャックフルーツなどバリエーション豊富。
a0092659_144745.jpg


2日目の夕食は、いつものように写真を撮る前に食べ始めてしまいデザートの写真しかありません・・・

しかも、一口食べちゃってるし…(ーー;)  アイスクリームとパンナコッタ
a0092659_22253217.jpg


私のメインは確かポーク。
a0092659_22313584.jpg


1日目、7時にレストランに行ったら一番乗りだったので、

2日目30分遅く7時半に行ったのに、またまた1番乗り~!

8時ごろになって、ようやくポツポツとゲストが入ってきました。

ヨーロッパ人が多かったからか皆さんお食事が遅い…


朝食は2日共イングリッシュブレックファースト

フルーツとヨーグルトとスイカジュース ♪ (こちらではmelon juiceって言うとこれを指します)
a0092659_22475035.jpg


これは2日目のスクランブルエッグ。 1日目はオムレツを選びましたが、写真なし…
a0092659_22481254.jpg


寝起き顔…
a0092659_0512099.jpg


レストランはここだけなので、朝夕4回共ここでお食事をしました。
a0092659_2246486.jpg


オマケ・・・2日目のランチも勿論カレー。 
この後、スリランカ式に全部グジャグジャに混ぜていただきます♪
a0092659_2334384.jpg


                                                           つづく


by bonzok | 2013-09-13 23:25 | スリランカ 2013 | Comments(0)
2013年 09月 12日

スリランカ旅行記 5 シーギリヤ Jetwing Vil Uyana その2

実はこのホテルでは、チェックイン後に通された部屋から別の部屋に変えてもらったんです。 

これが最初に通されたお部屋
a0092659_2273085.jpg

a0092659_2274323.jpg


この部屋ももちろん素敵でしたが、バスタブが付いてなかったんです…

2泊だったし日本人としてはやはりお風呂につかりたいので、お願いして部屋を変えてもらう事にしました。

この解放感あり過ぎ!なトイレはなかなか魅力的だったのですが…
a0092659_2283688.jpg


広い敷地内ではいろんな生き物を見ることができました。 

クジャク。メスしか見ることができなくて残念・・・
a0092659_22263245.jpg

オオトカゲ。 他にもワニかと思ったほど大きなトカゲもいましたよ。
a0092659_22271622.jpg


道を歩いていると、ここに生息する動植物のインフォメーションがあちこちにありました。

残念ながらヘビは一匹も現れませんでしたが…
a0092659_2257264.jpg


今にも崩れ落ちそうな見晴らし台、傾いてるし・・・グラグラ揺れて結構怖かった~(ーー;)
a0092659_22281670.jpg

上から眺めても、やっぱり普通の村にしか見えない…
a0092659_22334118.jpg


浮き橋の向こうはスパ
a0092659_013434.jpg

左は主人の脚です、スミマセン… 渡されたおソロのパンツ一丁でこの写真を撮ってます(-_-;
a0092659_22144276.jpg


ホントはアーユルベータをしたかったけど、主人が一緒だったのでオイルマッサージだけ。

スパ終わって寝起きな私。。。
a0092659_055068.jpg

テラスから見える夕陽も綺麗だったけど、夜、満点の星は感動ものでした。
a0092659_2324582.jpg



                                                     つづく


by bonzok | 2013-09-12 23:32 | スリランカ 2013 | Comments(0)
2013年 09月 11日

スリランカ旅行記 4 シーギリヤ Jetwing Vil Uyana その1


今回のツアーのタイトルは スリランカ名作ホテル紀行8日間

・・・と言う訳で、旅の目的はズバリ!ホテルでした。

a0092659_18245339.jpg


2日目と3日目に滞在したシーギリヤ(Sigiriya)のホテル、 ジェットウィング ヴィル ウヤナ(Jetwing Vil Uyana)

ジェフリー・バワ (Geoffrey Bawa)と言うスリランカを代表する建築家による作品です。

初日に泊まったネゴンボのホテル ジェットウィング ビーチもバワが手掛けた建築物でした。


全室コテージで、池の向こうに見える萱葺きの家が客室です。 手前がプール、奥が池。
a0092659_1717322.jpg


バワ建築の特徴は、徹底的に自然と融合させていることです。

ホテルと言うか、どこかの村に迷い込んだみたい。
a0092659_17511356.jpg



右が私たちのお部屋…お家♪
a0092659_1755550.jpg


私たちの建物は高床式でしたが、部屋ごとに全部違う造りになっていました。
a0092659_20214140.jpg


広い敷地に部屋数はたったの25棟。

満室としても、多分ゲストよりスタッフの方が多かったと思います。

あまりに広いので、敷地内はこのカートで移動。
a0092659_1811774.jpg


これがエントランス。まわりにな~んにも無いところに忽然と現れました。

レセプションまで行くカートを待ってるガイドさんと主人。
a0092659_1824479.jpg

ロビーもシンプル、まるでわび・さびの世界。
a0092659_18122466.jpg


お部屋も自然派です。ベッドの横がバスタブ。
a0092659_18315065.jpg


この階段下のスペースからテラスが広がっています。(写真が無かった…)
a0092659_21524411.jpg


とても広いスペースでしたが、どこにもドアが無いからトイレもバスもシャワーブースも全部一体化!

ベッドで横になりながら、お風呂につかってる主人と話してる訳です…
a0092659_18395269.jpg


ドアの無いトイレは初めはちょっと落ち着かなかったけど、解放感があっていいかも…
a0092659_18443398.jpg


毎晩やって来たヤモリちゃんたち
a0092659_21435331.jpg


フルーツの色も地味目。
a0092659_18535895.jpg


夕食から帰って来たら、部屋のプールに子犬が一匹。
a0092659_1929963.jpg


翌朝、ドアを開けたらお母さん犬?
a0092659_19592126.jpg


しかも子犬が2匹に増えてた… ワンちゃん達が引っ掻いたのか、椅子がすごいことになってました~
a0092659_19312183.jpg


このワンちゃん達、2日目もまた同じ場所に… ここを寝場所って決めたのかな?
a0092659_2005333.jpg


       
                                                   つづく

by bonzok | 2013-09-11 21:48 | スリランカ 2013 | Comments(2)