FK’s Blog

bonzoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2013年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2013年 01月 28日

プラハ 7  カレル橋はいつも満員!

さすが、プラハの人気スポット! カレル橋は朝から夜まで観光客で混雑していました。
a0092659_22385828.jpg


橋の上の思えないでしょ?(・・;)   左右に30体の聖人像が並んでいます。
a0092659_22591590.jpg


似顔絵描きはヨーロッパの観光地では定番ね。
a0092659_22424698.jpg

これ、4人分の料金なのかな?
a0092659_22575397.jpg

大道芸もいるし・・・
a0092659_22584193.jpg

犬連れの物乞いも・・・   前日はこの犬が寝てたので、死んでるのかと思って私たち心配しちゃいました。
a0092659_238229.jpg

キリスト像 両脇は聖母マリアと聖ヨハネ
a0092659_23132095.jpg

聖ヤン・ネポムツキー像(前述の袋詰めでこのヴルタヴァ川に流された方ね) 下のレリーフに触れると幸せになれるんだって♪
a0092659_22495195.jpg

カモメがこんなに近くまで寄って来ちゃった! エサがもらえるかと思ったのね。何にもなくてゴメンね~
a0092659_2334671.jpg


カレル橋から見るヴルタヴァ(モルダウ)川沿いの景色は本当に美しかったです。
a0092659_17524451.jpg


橋のたもとに建つ マラー・ストラナ橋塔 ここもすごい人!
a0092659_0463674.jpg

皆さん、防寒バッチリです。
a0092659_0314933.jpg

右の仮設テントみたいなカフェで一休み  ミンクのマダム達カッコイイ! 
a0092659_031438.jpg

「カフェでひとり物想いにふける女」 ちゃんと女優みたいに撮れたわよ~sekiさん♪
a0092659_0272124.jpg

みんなが飲んでるカップの中身はホットワイン。 もちろん、私たちも♪^^;

私も女優みたいに撮って欲しかった~(ーー;)
a0092659_0434430.jpg


                                                    つづく

by bonzok | 2013-01-28 00:29 | ドイツ・チェコ 2012 | Comments(0)
2013年 01月 22日

プラハ 6  プラハ城からカレル橋へ

プラハ滞在中、プラハ城からカレル橋までの道を2回歩きましたが、

それぞれ別のルートを通ったので、いろんな景色を楽しむことができました。

プラハ城東門を出たところ。
a0092659_17321852.jpg

城壁のなごりでしょうか。かなり古そうです。
a0092659_17444930.jpg

これはただのレストラン。枯れ木がいい感じです♪
a0092659_17455594.jpg

ヨーロッパの街でよく見かけるセグウェイのツアー
日本では公道が走れないのが残念…
a0092659_17492831.jpg

これもヨーロッパで時々目にします。
恋人たちが欄干に南京錠をかけて、誓いの意味でその鍵を川に投げるんですよね。
この鍵の主たちがみんな幸せでありますように! 日本のオバサンも祈ってますわ♪
a0092659_1755661.jpg

そのカギの橋をゴールデンちゃんがお散歩中。ワンちゃんも飼い主もご高齢かも。
a0092659_183959.jpg

ちょっとご挨拶♪ みんなリードを付けてないのね。
a0092659_1855930.jpg

急がないと置いてかれちゃうよ!
a0092659_188846.jpg


カレル橋に到着! これ道路じゃなくて橋の上ですよ。 正面に見えるのが聖ヴィート大聖堂
a0092659_1814235.jpg


橋の上は観光客でいっぱい! この季節でもこんなだからハイシーズンは大渋滞かしら…
a0092659_18162494.jpg


この写真にはプラハ城の全景が写ってました。
とても素敵な橋だけど、人を入れずに写真を撮るのは無理みたい…
a0092659_072798.jpg

人の波が途切れた一瞬、奇跡的にこの写真が撮れました♪ 
a0092659_2350995.jpg


                                                          つづく

by bonzok | 2013-01-22 00:10 | ドイツ・チェコ 2012 | Comments(0)
2013年 01月 20日

プラハ 5 プラハ城は広かった・・・

広いプラハ城内には、まだいくつも見どころがあったので、ざっくりとご紹介します。

プラハ城って中世のお城みたいに塔のある建物かと思ってましたけど、お城と言うより宮殿のようなイメージ。

建物がいくつも集まった小さな街みたいな場所でした。


ここは王宮の一部にある大統領官邸。  まるでクラシックホテルの入口みたい。
a0092659_17553477.jpg


1989年、ベルリンの壁崩壊直後の「ビロード革命」の時、ハベル大統領が演説したのがこのバルコニーですって。

多分、当時TVのニュースで何度もここの映像が流れたでしょう。

チェコが独立したのは1993年だからまだ20年しか経ってないんですね。

歴史的な出来事も、この歳になるとつい最近のような気がしちゃう…(-_-;


⇓ この可愛い建物は聖イジー教会

920年創建、12世紀に再建された古い教会です。

右側が18世紀に増築された聖ヤン・ネポムツキー礼拝堂 

聖ヴィート大聖堂の記事でご紹介した袋詰めでモルダウ(ヴァルタヴァ)川に流されちゃった方、光背の5つ星が目印です。
a0092659_1814942.jpg



かつて修道院だったこの教会の中はとても質素です。 簡素な木の平天井はバジリカ様式。
a0092659_18204527.jpg

天井や柱のフレスコ画も綺麗に残されていました。
a0092659_18221436.jpg


旧王宮の内部 肖像画はもちろん、マリア・テレジアと皇帝フランツ1世
a0092659_21411552.jpg


聖ヴィート大聖堂はやはりどこから見ても立派です。
a0092659_22171694.jpg


聖ヴィート大聖堂 黄金の門の美しいモザイク画は「最後の審判」が描かれています。
a0092659_2372023.jpg

聖ヴィート大聖堂とツーショット♪って、ガンバってポーズ取ったけど、真っ黒だし…(-_-)
a0092659_2322045.jpg



                                                     つづく

by bonzok | 2013-01-20 23:35 | ドイツ・チェコ 2012 | Comments(0)
2013年 01月 19日

プラハ 4 プラハ城 黄金の小路

プラハ城の端っこに "黄金の小路" と呼ばれる可愛い通りがあります。

a0092659_20454672.jpg


かつて城の番兵たちの小屋だった家が並ぶこの通りが、なぜ "黄金の小路" と呼ばれるかと言うと、

16世紀、ボヘミア皇帝ルドルフ2世がここに錬金術師たちを住まわせていたからと言い伝えられています。

チェコのガラス工芸 "ボヘミアングラス"を世界的レベルに発展させたのもこのルドルフ2世と言われていますから、

美術工芸に造詣が深い方だったのですね。


今はほとんどがショップになっています。
a0092659_2275153.jpg


彼女たちと比べると家の小っちゃさがわかるでしょ? 
昔々のボヘミア人だって背が高かったでしょうから、出入りの度に頭ぶつけてそう…
a0092659_14272818.jpg



現在この道が綺麗に保存されているのは女帝(当時はボヘミアの女帝)マリア・テレジアの指示によるもので、

荒れ果てスラム化した家々を美しく再建したからだそうです。

ルドルフ2世マリア・テレジアも、たくさんの美の遺産を残してくれたハプスブルク家の方々の美を追求する執念に感謝です。


19世紀に入って、ここに芸術家やクリエイティヴな人々が住み着き、

その中でも最も有名な住人がフランツ・カフカでした。


これがカフカが仕事部屋として使っていた家だそうです。今は本屋さんに『変身』
a0092659_227265.jpg

16世紀当時の暮らしを再現した部屋。
a0092659_12403692.jpg

このお店は陶磁器屋さん リースの飾りも全部陶器です。
a0092659_12481099.jpg

ハンドメイドのパペット(操り人形)のお店。チェコはパペットが有名ですね。
a0092659_1318823.jpg


黄金の小路の先を歩くと、さりげなく大砲が置いてあったり・・・がお城らしいところ。

大砲と言っても鉄の玉を飛ばすだけのプリミティブな造りです。
a0092659_13581441.jpg

私が写真を撮ってる間、この子もなぜかじ~っとポーズ取っててくれましたの♪ 
a0092659_1411222.jpg

東門に近づくと、プラハの街が見えて来ました。
a0092659_1354337.jpg

東門を出た所にトイミュージアムが。
ヨーロッパの街には必ずと言っていいほどトイミュージアムがあります。
a0092659_14212316.jpg

ちょうどバービー50周年記念展示開催中でした。時間があったら見たかったけど・・・
a0092659_14182041.jpg

プラハ城は高台にあるので、市街地に戻るにはここから麓?まで下って行かなければなりません。
a0092659_1553254.jpg

この方たちを見るとドンダケ寒いかわかりますよね(ーー;)
a0092659_1574029.jpg


きれいな景色を眺めながらひたすら下って行きます。
a0092659_1562219.jpg

家並みが近づいてきたからあともう少し♪
a0092659_2031566.jpg

枯れ木もなかなか絵になります。
a0092659_2101773.jpg


こちらは、翌日、プラハ城から別ルートで下りてきた道。 
後で知ったのですが、ここは「のだめカンタービレ」で主人公の二人が歩いた場所なんですって。
ドラマを見てないので判らないんですけど、見覚えあります?
a0092659_1555487.jpg

この道はホントにいい雰囲気だったので、私も撮ってもらいましたの。
顔が写ってないけど私です(-_-;
a0092659_21161888.jpg


                                                             つづく

by bonzok | 2013-01-19 21:25 | ドイツ・チェコ 2012 | Comments(0)
2013年 01月 16日

プラハ 3  プラハ城 

プラハの高台に建つプラハ城は、広い敷地に聖ヴィート大聖堂を始め、旧王宮、礼拝堂、美術館、庭園などがあり、

「世界で最も古く大きい城」
としてギネスに登録されているそうです。

プラハ城が大きすぎて、全体像が写っていたのはこの夜景だけでした…
a0092659_22361367.jpg

プラハ城の正門
入口の門は3ヶ所あり、それぞれに衛兵が二人ずつ立っていました。
a0092659_0544766.jpg

  
前日に続いて2回目のプラハ城。後ろに見えるのは聖ヴィート大聖堂の尖塔です。
この日は朝早くに行ったのでまだ観光客はまばらでしたが・・・
a0092659_054599.jpg

帰りにはこんな状態! ちょうど衛兵の交代に遭遇してしまって、出るに出られなくなってしまいました~(・。・;
a0092659_1295946.jpg

門の中にいたので交代のパフォーマンスは残念ながら見逃してしまいました。
a0092659_1472356.jpg

こちらは北門の衛兵さん 前日はこちらの入口から入りました。
a0092659_2204915.jpg


城内でも衛兵が見廻りをしています。
a0092659_2214520.jpg

みんなカッコいい♪
a0092659_22324584.jpg

ここは聖ヴィート教会の前の広場。衛兵の横に置いてあるのは恵まれない子供たちのための募金箱です。
a0092659_2232454.jpg


プラハ城の中には大統領官邸もあるので、当然厳重な警備は必要ですね。

そもそも官邸の中をこんなに観光客がウロウロしてる方が不思議な感じ。

旗が立っている時は「大統領在室」だそうです。
a0092659_23315240.jpg


チェコでは18歳から1年間の兵役が義務付けられているんですって。

プラハ城の衛兵はその中でも選り抜きの兵士で、ルックスも審査の対象らしい、なるほど。。。


お約束のツーショット♪ "Thank you♪"ってお礼を言ったけど、もちろんニコリともしませんでしたわ^^; 
a0092659_1252275.jpg



プラハ城のご紹介のつもりが、衛兵の話だけで終わってしまいました…(-_-;


                                                                つづく

by bonzok | 2013-01-16 23:52 | ドイツ・チェコ 2012 | Comments(0)
2013年 01月 15日

プラハ 2  聖ヴィート大聖堂に感動!

プラハのシンボル プラハ城 内で、ひと際美しさを放つのが 聖ヴィート大聖堂
a0092659_15535322.jpg


建築はゴシック様式。お城の中に教会があるのはとても珍しいそうです。
a0092659_15522536.jpg

 
画像では判りにくいですが、ガーゴイル(怪物をかたどった雨樋)があちこちにいますよ。
ガーゴイルパリのノートルダム寺院の記事にも登場しています
a0092659_15505629.jpg


聖堂の中に入った瞬間、その荘厳な美しさに涙が出そうになりました。

a0092659_15502356.jpg


廊内の祭壇ごとに美しいステンドグラスがはめ込まれています。
a0092659_16551684.jpg


アールヌーボー画家達が描いたステンドグラス(正確にはガラス絵もあり)はどれも見事でした。

a0092659_1612034.jpg

a0092659_17433221.jpg

a0092659_1651414.jpg

a0092659_20323243.jpg


その中で最も有名なのがチェコを代表する芸術家、アルフォンス・ムハ(ミュシャ)のガラス絵です。

a0092659_17563373.jpg


a0092659_2336682.jpg


⇓赤い服の少年は、チェコ建国の英雄であるボヘミア王、チェコの守護聖人でもある 聖ヴァーツラフ(一世)です。

ちなみにこの少年のモデルはムハの息子イジーだそうです。

a0092659_23262339.jpg


紀元926年、このヴァーツラフ一世によって創建されたヴィート大聖堂は

14世紀、カレル4世が現在の建物へと建設が始め、

その後600年もの歳月をかけて、1929年にようやく完成したそうです。

ヴァーツラフ一世の遺物が納められている礼拝堂 壁一面に彼の生涯が描かれています。
a0092659_0541657.jpg


これはパイプオルガン。この巨大な聖堂の中を響き渡る音は素晴らしいでしょうね。
ステンドグラスの光が壁に写ってきれい♪
a0092659_172487.jpg


柱のあちこちにいたこの人たちは燭台のようです。
a0092659_044354.jpg


撮影中のsekiさんを撮影♪
a0092659_1133261.jpg



銀でできたこの豪華な装飾は、聖ヤン・ネポムツキー のお墓。
a0092659_2342833.jpg


聖ヤン・ネポムツキーと言う方はとても悲惨な最期を遂げた人物です。

国王ヴァーツラフ4世(1世とは別人)の王妃の告解(懺悔)を王に問われ、

その内容を決して口にしなかったことから王の怒りをかい、拷問の後に袋詰めにされてモルダウ川に流されてしまいました。

カレル橋で一番観光客が多かったがこの聖ヤン・ネポムツキーの像の下でした。 光背の5つの星がトレードマーク。
a0092659_0323679.jpg


棺の上には天使が見守っています。 
非業の最期を遂げた方ですが、こんなに手厚く祀られているのがせめてもの救いですね。
a0092659_0305131.jpg


教会内でポーズを取って撮影するのはマナー違反なので、さりげなく撮ってもらいました^^;
a0092659_0402326.jpg


by bonzok | 2013-01-15 00:38 | ドイツ・チェコ 2012 | Comments(0)
2013年 01月 09日

プラハ 1  ストラホフ修道院

5日目、

ドレスデンからバスで3時間、最後の滞在地プラハに到着しました。

ず~っと窓の外を見ていたつもりだったけど、

どこでドイツからチェコに入ったのか気が付かないうちに、いつの間にか国境を越えていました…(・_・;

⇓車中のsekiさん、プラハを研究中。人数が少ないから車内はユッタリでした。

前の座席の赤いバッグにはsekiさんの大事なお土産が入ってます♪
a0092659_1781521.jpg



プラハに到着後、まずはランチへ♪

レストランはストラホフ修道院 の敷地内にありました。

a0092659_21242617.jpg


ストラホフ修道院 の正門 
a0092659_1732463.jpg


レストランの名前はKLASTERNI PIVOVAR(クラステルニ・ピボバール)
a0092659_17271457.jpg


取りあえず、チェコビール!\(ё_ё)/ 
a0092659_1739584.jpg


レストランの奥がブルワリーになってました。この写真はお店のHPから
a0092659_17462663.jpg


メインディッシュのチキンは可もなく不可もなく、チェコ料理って大味な感じ。
この前にスープがあったけど、例によって食べ終わってから写真を思い出したので・・・
a0092659_17531456.jpg


もうお腹がいっぱい!だったけど、これも全部頂きました♪
a0092659_17555450.jpg


歴史的な写真や絵がぎっしりと貼ってあったレストランの壁
a0092659_21245694.jpg


ストラホフ修道院 は12世紀に創設されたボヘミア最古の男性修道院だそうです。
a0092659_21544915.jpg


a0092659_2231297.jpg


この修道院で最も有名なのが中世から受け継がれた蔵書を保管した図書室です。
a0092659_223784.jpg


図書室はこの入口から入ります。  寒空に佇む女がひとり…
a0092659_2254066.jpg


図書室と言ってもここはすごいんです!
a0092659_22114213.jpg

ネ!すごいでしょ!
a0092659_22125691.jpg

天井画も美しい!
a0092659_22141326.jpg


ウィーン王宮で見たプルンクザール図書館もすごかったけど、この図書室もすばらしかったです。

修道院のある小高い丘からの眺めも素敵でした。
a0092659_1716379.jpg


カップルに頼まれて激写するsekiさん。
a0092659_2224542.jpg


意味不明なポーズでガンバル私たち!(ーー;)
a0092659_22332280.jpg


                                                            つづく

by bonzok | 2013-01-09 22:41 | ドイツ・チェコ 2012 | Comments(2)
2013年 01月 06日

ドレスデン 8  ヒルトン・ドレスデン

ドレスデンで宿泊したホテルヒルトンは立地が抜群で、一歩出たら周り中が観光名所って感じでした。
a0092659_16212859.jpg


私たちのお部屋の階のエレベーターホール。 ここにもシュビブボーゲン(キャンドル立て)が置いてありました。
a0092659_15184855.jpg


部屋の窓から、ドレスデン城、大聖堂、フラウエン教会のテッペンだけ見えました♪ 
a0092659_16253124.jpg

お部屋はごく普通。
a0092659_16303053.jpg

ホテルの中にあった″マイセンショップ″はマイセン直営店第一号ですって。
マイセンのパグシリーズは結構人気があるみたいですよ。
a0092659_16545092.jpg


最近は磁器だけじゃなくてファブリック系の小物もよく見ます。
a0092659_1655161.jpg


マイセンはドレスデンからも近いので、街のあちこちでマイセン磁器を目にしました。

主人からもいいのがあったら何かひとつ、って言われてたけど、何も買ってきませんでした。

これ以上物を増やしたくない!アンド すっかり物欲が無くなっちゃった今は

「マイセン」より「まい泉」のカツサンドがいい…


一日目の夕食はヒルトンホテル内のビアハウス・ダンプフシフ(Bierhaus Dampfschiff)で、ツアーの皆さんと一緒に頂きました。
a0092659_0344984.jpg

お隣はツアーメイト12人中、最年少のいとこさんペア。 ちなみに私たちはその次に若かったはず^^;
a0092659_17352134.jpg


スープはビーフコンソメ。 ドイツはパンが美味しいからついつい食べ過ぎちゃう…
a0092659_1213920.jpg

メインディッシュが来る前にsekiさんのビールグラスは空っぽ。。。すぐにお代わりしてたけどね。
a0092659_121545.jpg

デザートはドレスデン風チーズケーキ、美味しかったけど全部食べきれなった…
このフォーク、最初から刺さったまま出て来たんですよ~
a0092659_122625.jpg

2泊したけど、朝食は多分2日とも同じようなもの選んでると思う。 毎日クロワッサンだし…(-_-;
a0092659_16371492.jpg



美しいドレスデンの景色に後ろ髪を引かれながら、翌朝、最後の滞在地プラハへと向かいました。

さよなら、ドレスデン! 
a0092659_1642452.jpg

                                                             つづく

by bonzok | 2013-01-06 17:52 | ドイツ・チェコ 2012 | Comments(0)
2013年 01月 04日

ドレスデン 7  雪のドレスデン


ドレスデン2日目

ランチを頂くためのレストランに辿り着くまで、途中の道はこんな感じ・・・

歩いてるのは私たちだけ、観光客どころか人がいなくなっちゃった!
a0092659_23534074.jpg


寒いね~(´;д;`) ウン、さぶい!(ーー;)
a0092659_23362360.jpg


途中ちょっと不安になったけど、何とか辿り着けました♪ レストランは左の建物の中。 

この辺りはホントに人がいなかったから 不安になるのも無理はないでしょ?
a0092659_23521895.jpg

ここは ″ Chiaveri ” って言うイタリアンレストラン。 赤いアクセントが効いてます♪
a0092659_052287.jpg

多分ちょっと高級店、エグゼクティブな方たちが多かった気がします。 sekiさんを撮ってるふりして後ろの方々をパチリ♪
a0092659_2159127.jpg

まずはサラダをシェア
a0092659_0174969.jpg

パスタは私がジェノベーゼでsekiさんは魚介のファルファーレ  sekiさんのファルファーレの方が美味しかった~
a0092659_0184883.jpg


このレストラン、旧市街と新市街両方の景色が眺められると言う事で選んだけど、
この空模様ですもの。視界が悪くてちょっと残念。
a0092659_21405998.jpg


食事を済ませ、エルベ川の向こう側の新市街に行ってみようという事になり、橋を渡り始めたけど、

橋の上は風がすごくて寒すぎ!(+。+)
a0092659_21411496.jpg


あまりの寒さに橋を渡り切った所で、即、引き返して来ました~

新市街側から見た旧市街.  この景色見たからもういいね ♪ 帰りましょ!(-_-;
a0092659_21415945.jpg


橋の下を覗くと河沿いを馬で行く人たちが… 何だか絵になる景色でした。
a0092659_2144185.jpg


みんな寒そうでしょ? 帽子と手袋は必需品。
a0092659_22211893.jpg


寒いせいかくっついて歩いてる人が多かった気がする。
a0092659_21573694.jpg


サンタクロースも寒そう!
a0092659_22225140.jpg


お散歩中、ワンちゃんのご挨拶♪ 
a0092659_22114740.jpg


真冬のドレスデンはとにかく寒かったけど、美しい雪景色は素敵な思い出になりました。
a0092659_224521100.jpg

思い出に一つまみ♪
a0092659_2250862.jpg


                                                                    つづく

by bonzok | 2013-01-04 23:05 | ドイツ・チェコ 2012 | Comments(2)
2013年 01月 01日

明けましておめでとうございます

a0092659_14421083.jpg


新年、明けましておめでとうございます。 



実は何を隠そう(全然隠してないけど)今年は年女でして、

60歳! つまり 還暦!\(ё_ё)/ すごいでしょ! 自慢してどうする(ーー;)

人間ってこんなに簡単に歳を取れるんだ…って感動さえ覚えます。

そんなわけで、今年も足腰が立つうちにいろんな所に行かなくちゃ!と年の初めに心を新たにしております♪


今年も皆さまにとって素晴らしい一年であります様、心よりお祈り申し上げます。


これからまた帰省します。徒歩5分ですけど…^^;

by bonzok | 2013-01-01 16:38 | ご挨拶 | Comments(0)