FK’s Blog

bonzoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2012年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧


2012年 02月 28日

レッスン風景 62

ちょっと遅れたけどヴァレンタインのプラークです。
a0092659_22395821.jpg

こちらは季節先取りで描いてますね
a0092659_2239767.jpg

四季のフレームも根強い人気。4枚描くのが大変だけどね(ーー;)
a0092659_22411413.jpg

「上下のフレームは何色にすればいいですか?」
「赤系がいいけど、カボチャが入るんならダメね。他に色がないからやっぱり紺かなぁ…」・・・って感じで進めていきます。
a0092659_2242379.jpg

これは久々に見た感じ。私はこの作品、結構気に入ってますよ。
a0092659_239480.jpg

つるし雛  パーツがいっぱいあるから地道な作業が続きます…がんばって!
a0092659_23115346.jpg

ダブルローディングに苦労してたけど、すごく上手くいってますよ♪
a0092659_22424688.jpg

可愛いネイル♪
a0092659_23124699.jpg

超細かいのって結構楽しいでしょ?ネ?ネ!(無理やり…)
a0092659_2393517.jpg


伊豆テディベアミュージアムの個展の時に描いた作品 出版物で発表したことはなかったと思います。
a0092659_2301239.jpg


子犬のプラークも根強い人気♪
a0092659_2342954.jpg


こぶたさんは必ず誰かが描いてるね。
a0092659_22584777.jpg


基礎科カリキュラム最後の作品は生徒さんのオリジナルデザインです。
a0092659_224594.jpg


二人同時に完成!
a0092659_2249431.jpg


火曜日午後のレッスン風景 
おしゃべりがウルサイくらいの時もあるけど、この時はみんな真面目に描いてたね♪
a0092659_22503945.jpg


by bonzok | 2012-02-28 23:49 | レッスン風景
2012年 02月 27日

インド旅行記 14  カジュラホ その4

a0092659_19443620.jpg

 
西の寺院群からバスで10分程の距離に東の寺院群があります。  

こちらは3つしか寺院がないせいか訪れる人はまばらでした。


           東の寺院群の入口で見かけた家族連れ。
a0092659_1938209.jpg


インドの子ども達はみんな可愛い♪ 

眉間に付けている赤い粉は「祝福」を意味するらしく、私もガンジスでいきなり付けられてビックリしました。
a0092659_21374275.jpg


インドの方はカメラを向けると皆さんポーズを取ってくれるんです。 

この親子もすれ違いざまにシャッターを押そうと思ったら、わざわざ立ち止まってポーズをとってくれました。

写るのが好きなのかな? (これは西の寺院で)
a0092659_19252930.jpg


西はヒンドゥー教寺院で、こちらはジャイナ教寺院・・・と言われても違いが判りませんが・・・ 
a0092659_117952.jpg


ジャイナ教寺院内部の美しいタイル
a0092659_112302.jpg

a0092659_1125655.jpg


インドではあちこちでブーゲンビリアが咲いていました。 
今は冬のはずなんだけど、一年中咲いてるのかしら…
a0092659_19544914.jpg



 ⇓ またまたワンちゃん発見♪ インドは野良牛の次に野良犬が多いらしい…

今の季節はまだ過ごしやすいけど、インドの夏は犬たちには辛いでしょうね~
a0092659_21175857.jpg


オオカミみたいね・・・なんて皆さんと話してました。
a0092659_21572527.jpg


なにげにセクスィーなポーズ・・・カジュラホの犬だものね。
a0092659_2159630.jpg

おっぱいの大きな雌犬がやたら多かった気がする。
毛が抜けていて病気を持っていそうなので触ることはできませんでした。
a0092659_22144841.jpg


⇓ ここも通りに出ると相変わらず牛さんが… 

インドの人にとってはこれがフツーかもしれないけど、私はやっぱり「あっ、牛だ!」って思ってしまう。
だって、この風景どう考えても変だもの・・・ 
a0092659_2026281.jpg


世界遺産カジュラホ寺院群の巻はこれでお終い…

a0092659_2042927.jpg



早朝のガンジス河沐浴見物から、サールナート見物、そして飛行機で移動してカジュラホ見物…と

ホントに長い一日でした・・・



                                                             つづく



by bonzok | 2012-02-27 20:42 | インド2012
2012年 02月 26日

インド旅行記 13  カジュラホ その3

犬を見つけるとシャッターを押さずにはいられない…
a0092659_17056.jpg


カジュラホはとても小さな村ですが、

この古代遺跡のお陰で空港まで備えた一大観光地になっています。

カジュラホ空港は世界で唯一「村の名」がついた空港だそうです

a0092659_237509.jpg


旅行のスケジュールを見た時、

この寺院群だけを見るために一日がかりでわざわざ飛行機で行くの?・・・って思ったけれど、

確かに圧倒されるほどの彫刻の数々は見ごたえがありました。

a0092659_2358563.jpg



これは寺院の内部。この部分は破損も少なく綺麗な状態で残っていました。
a0092659_23184758.jpg




西の寺院群の前の通りはお土産屋さんが立ち並びます。 そしてもれなく牛さんも・・・
a0092659_19322824.jpg


怪しげなものがたくさんありそうな土産屋さん。
a0092659_22421014.jpg


チープな神さまの像、ワゴンセール!
a0092659_22403147.jpg


オレンジのターバンが目にも鮮やか!
a0092659_127147.jpg



私たちのインド人のイメージと言えば「ターバン」なのですが、

実際はターバンを巻いているのはシーク(シク)教徒″ だけなんですって。 知らなかった~

人口12億のインドで シーク教徒 はたったの 2% しかいないそうですが(... と言っても2400万人ですけどね)

今回の短い滞在時間でも、ターバンの人は結構見たような気がします。


BONZOはシーク教徒ではありません…(-_-;)
a0092659_2139506.jpg



ちなみにシーク教徒 は髪の毛もヒゲも神から与え給うたものなので、絶対に切ってはいけないんですって。

確かに私が見たターバンの人はみんな髭もすごかった…

このターバンの中は伸びっぱなしの髪の毛ですごいことになっているのかしら?
a0092659_17134873.jpg


インドでは施しをする事をバクシーシと言って物乞いに施すのとは少し違うようです。

バクシーシ(施し)を与えることは徳(カルマ)を積むことになるそうですが、

私は一度もバクシーシをしてあげなかったから、インドで徳を積むことはできませんでした…(ーー;)


続いて、カジュラホ東の寺院群に向かいます。

                                                                 つづく


by bonzok | 2012-02-26 18:26 | インド2012
2012年 02月 23日

インド旅行記 12  カジュラホ西の寺院群

a0092659_19465831.jpg


カジュラホ(खजुराहो)は西と東の寺院群とに分かれて現存し、特に有名なのが西の寺院群です。

広い敷地に25の寺院が点在しています。
a0092659_20211760.jpg



カンダーリヤ・マハーデーヴァ寺院  一度聞いただけでは覚えきれない名前ばかり・・・


遠くから見ると普通の古い寺院ですが・・・
a0092659_19535767.jpg




近付くと・・・





なんだ!コリャ!!(◎-◎;)!!
a0092659_2204512.jpg


建物全体がびっしりと彫刻で埋め尽くされています。
a0092659_20485530.jpg


名も無い大勢の職人が長い年月をかけて彫り続けたのでしょうか…
a0092659_21352374.jpg



ほとんどの彫刻は肢体をくねらせ絡み付く官能的な男女の像
a0092659_20445157.jpg


ミトゥナ像と呼ばれる男女交合の彫刻をはじめ官能的なレリーフ群は、男女の結合が宗教的至福に繋がると言う原理と、

豊穣への祈願も意味するそうです。


よくよく見ると・・・かなりR指定なポーズ(・・;) 
a0092659_20364643.jpg


いったい身体がどうなってるの?
a0092659_2154779.jpg



他にも写真に撮るのも躊躇するほど過激なシーンもあったけど、

食欲しか残っていない私には、愛欲の美しさを理解するのは難しい。

こんなモチーフばかりで寺院全体を埋め尽くすなんて、ありえねぇ~ッ!って思いましてよ。 (ーー;)


地元のガイドさんがインド訛りの日本語で熱心に説明してくれましたが、

イヤラシゲな内容ばかりで、私たちオバサンはヒキ気味で聞いてました・・・
a0092659_21105069.jpg



ツアーの方に撮って頂いた写真  この日だけは暑い一日でした。
a0092659_21281861.jpg



                                                            つづく




by bonzok | 2012-02-23 22:21 | インド2012 | Comments(2)
2012年 02月 22日

インド旅行記 11  カジュラホ その1

バラナシ空港から約40分のフライトでカジュラホ


私たちが搭乗するカジュラホ行きは、一番手前のJet Airways と言う航空会社の飛行機です。
a0092659_19295840.jpg


カジュラホ空港に到着。 前を歩くのは韓国のグループで、行く先々で遭遇しました。
a0092659_19383449.jpg


空港からそのままホテルへ

今日の宿泊は ラディソン ジャス(The Radisson Jass Hotel )と言うホテル。

一応、ここでもドアマンとお約束のポーズ♪
a0092659_20213944.jpg


ここで観光するのは 世界遺産カジュラホ寺院群 と言う官能的な彫刻で埋め尽くされた建物の数々です。
a0092659_19494523.jpg



余談ですが、実は私、「世界遺産」にあまり興味がないんです

今までいろんな国で世界遺産と言われる場所を訪れましたが、

「世界遺産」だから見に行ったことはないし、「世界遺産」と言う付加価値で判断したことはありません。

世界遺産じゃなくても素晴らしい所はたくさんあるし、逆にこれが世界遺産?って首を傾げるものもありました。

カジュラホが世界遺産の価値がないと言う訳ではありませんよ。

な~んて、そんな屁理屈は言ってないで、トットと旅行記を続けますです、ハイ(-_-)



「カジュラホ西の寺院群」の入口 ここもセキュリティーチェックがすごく厳しかったです。
これは出た後に撮った写真ですが、入る時は他のグループと重なって大渋滞でした。
a0092659_21182633.jpg


正門の前に佇む托鉢巡礼者、もしくは物乞い・・・ターバンがステキ♪
a0092659_2120742.jpg



カジュラホは今はほんの小さな村ですが、

9世紀~12世紀にかけて栄えたチャンデッラ朝(初めて聞いた…)最盛期の都だそうです。

かつては85の寺院群でしたが現存するのは25個の寺院のみ。それでも結構な数で、かなり見ごたえがありました。


数ある彫刻の中で私が一番気に入ったのがこれ♪  ヒンドゥー教人気№1の神ガネーシャ
a0092659_2149471.jpg



                                                                 つづく

 





by bonzok | 2012-02-22 22:00 | インド2012
2012年 02月 21日

インド旅行記 10  仏教の聖地 サルナートその2



サルナートにあるもう一つの名所が ダメーク・ストゥーパ(Dahamekh Stupa) 

ダメーク・ストゥーパは、紀元6世紀にアショーカ王によって建てらた仏塔で、

この塔の中に釈迦の遺骨(仏舎利)が納めているそうです。



この門を入ると広い芝生の広場の中に巨大な塔が忽然と現れます。
a0092659_224437.jpg


″ストゥーパ″とは仏塔を意味し、墓に建てられる(日本語の)卒塔婆 の語源になっています。

a0092659_21463786.jpg


ストゥーパの下でお祈りをする人たち
a0092659_2291051.jpg


この後、サルナートで出土された貴重な美術品が展示されている「考古学博物館」を見学したのですが、

館内はカメラも携帯電話も水も持ち込み禁止。

インドの観光地はどこもセキュリティチェックが本当に厳しかったです。



こんなに沢山ブッダが売られていたら有難みが無くなるわ・・・
a0092659_22462383.jpg


この狭い入口の奥で「曼荼羅」が制作販売されていました。内部は残念ながら撮影禁止。
a0092659_22292046.jpg


これは外に飾ってあった曼荼羅 超細かい手描きです。
a0092659_22194783.jpg


ここも物売り攻撃はすごくて、みんながバスに乗り込んでからも執拗に売り込んできます。

あまりのしつこさに辟易してしまうけど、彼らも生きるために必死なんですね。
a0092659_22403018.jpg



ところで・・・

インドは仏教発祥の地でありながら、仏教徒は国民の1%以下・・・不思議ですよね。

その理由はイスラム教の攻撃によると言う説や、修行が厳しく根付かなかったと言う説もあるそうです。


国民の約80%がヒンドゥー教徒で、13%がイスラム教徒

人口の13%と言っても1億5千万人以上のイスラム教徒がいる訳ですね。

インドはインドネシア、パキスタンに次いで世界第3位のイスラム大国なんだそうですよ。

インドでイスラム過激派による爆弾テロが頻発するのもうなづけます。




                        サルナートの牛さん♪
a0092659_23191694.jpg


この後、バラナシから空路カジュラホへ。

たった7日間のツアーなのに飛行機の移動がこんなに多いとは・・・

インドはすごく広~い!ってことを思い知らされました(ーー;)

                                                               つづく

by bonzok | 2012-02-21 23:36 | インド2012
2012年 02月 20日

インド旅行記 9  仏教の聖地 サルナートその1

a0092659_20423136.jpg

バラナシのホテルを出発して最初に訪れたのは サルナート(Sarnath)と言う所でした。


サルナートブッダ(釈迦)が悟りを開いた後初めて説法を説いたとされる「初転法輪(しょてんぽうりん)」場所で、

仏教の四大聖地のひとつだそうです。


サルナートにある寺院のひとつムルガンダ・クティ寺院(Mulgandh Kutti Vihar)
a0092659_19564230.jpg


ムルガンダ・クティ寺院の中はガランとしていて、お祈りをする二人の信者の姿があるだけでした。

a0092659_20543994.jpg


内部の壁はブッダの一生を描いた壁画で覆われています。

誕生の図
a0092659_2142916.jpg



ブッダ(釈迦)のプロフィール

紀元前463年生まれ 

釈迦族の王子として、ネパールのルンビニで誕生

本名 ゴーダマ・シッタルダ गौतम सिद्धार्थ

紀元前383年死去 (死因は食中毒なんですって)

梵名:シャーキャ शाक्य (シャカの語源ですね)


これは釈迦入滅(死去)の図 いわゆる涅槃(ねはん)の図です。
a0092659_21151493.jpg


この壁画を描いたのは野生司香雪(のうす こうせつ 1885-1973)と言う日本画家なんですって。

インド仏教美術の研究のためインドに渡り、インド政府からの依頼を受けて、この寺院の壁画を手掛けたそうです。

描かれたのはこの寺の建立(復元)された1931年頃と思われますが、

日本人の画家によって描かれたというのはとても誇らしいことですね。


長い年月が経ってるのにとても鮮やかな色彩です。
暑いインドの気候に耐える絵の具を作り出すのため大変な苦労があったそうです。
a0092659_2271694.jpg

a0092659_2118100.jpg

コンクリートの壁面に描くのは大変だったでしょうね~ 絵の具がすぐ剥がれそうだもの…
a0092659_584099.jpg


a0092659_21464598.jpg

数珠を数えながら静かに経を唱える信者の姿は荘厳でした。
a0092659_22111236.jpg


ここには世界中の仏教寺院があるので(日本のお寺もあります)、訪れる人もいろんな民族の人がいました。
この方はチベット系かしら?
a0092659_22333495.jpg


ここにあるチベット仏教寺院はカラフルで可愛い♪
a0092659_22285867.jpg

経文が書かれたタルチョ(祈祷旗)も色鮮やか!
a0092659_22303194.jpg


ここで見かけた人々・・・

インドの子どもファッションはとてもユニークでした。
a0092659_22353377.jpg

寒そうなのになぜに裸足…
a0092659_23443463.jpg


いい顔してますよね~ ストールもキマってます! 
インドでは男女問わずストールが定番みたいです。
a0092659_22415034.jpg


ここで見かけた動物たち

寺院の敷地内で5~6匹の犬たちを見ました。勿論、みんな野良犬です。
a0092659_22492784.jpg

ずっと私の後を付いて来て、可愛いんだけど狂犬病の犬も多いのでナデナデはできなかった(ーー;)
a0092659_233225.jpg

寺院の前の通りに出るとやっぱりこんな光景。  人も歩けば牛も歩く・・・
a0092659_22521491.jpg


                                                         つづく

by bonzok | 2012-02-20 23:10 | インド2012 | Comments(4)
2012年 02月 19日

レッスン風景 61


インド明大前が目まぐるしく入り乱れてますが、今日は先週のレッスン風景をご紹介します。

生徒さん達も、ご自分のレッスン日以外の日に皆さんがどんな作品を描いてるのか興味あるでしょ♪

今回は写真だけでゴメンナサイ。

a0092659_1724826.jpg


a0092659_1744849.jpg


a0092659_1753220.jpg


a0092659_176881.jpg


a0092659_17122682.jpg


a0092659_17125220.jpg


a0092659_17223740.jpg
a0092659_17225713.jpg
a0092659_1723114.jpg

a0092659_17244236.jpg

a0092659_17254612.jpg

a0092659_17292158.jpg

a0092659_17265948.jpg

a0092659_17273547.jpg

a0092659_1731158.jpg

a0092659_17314275.jpg


写真撮ってなかった方、次回は撮らせてね♪

by bonzok | 2012-02-19 17:40 | レッスン風景
2012年 02月 17日

インド旅行記 8 バラナシのホテル

主人もこの旅行記を楽しみに見てくれてるみたいです。

うちで旅行の話をする暇があまりなくて、主人には 「詳しくはWEBで♪」って言っておいたので。(-_-)

そうそう、「コメントがあんまりないんだね」って主人が言ってましたわ。

私のブログは一日のアクセスが1000ぐらい、実数で毎日300~400人の方が訪れて下さってますが、

確かにその割にコメントが少ないかも。

リアクションがないのはちょっと寂しいけど、教室に行くとみんなの「コメント」が聞けますから♪

一人でサイクルリクシャに乗った武勇伝は生徒さんにまで叱られてしまいました・・・(;´v_v)ゞ




さてさて、旅行記3日目の続きです。

ガンガーの沐浴見物からホテルに戻り、慌ただしく朝食を済ませました。

朝食はこのレストランで   ホテルのHPからお借りしました。
a0092659_1901877.jpg

昨日結婚式が行われていたホールも立派でしたから、バラナシの中ではかなり良いホテルだと思います。 
a0092659_194521.jpg

通りのすさまじい喧騒から一歩ホテルの中に入ると別世界と言う感じでした。
a0092659_191303.jpg

私の泊まった部屋  ここも寝ただけって感じでよく覚えてないんですけど…
a0092659_21453011.jpg

バスルーム  左側にバスタブがあります。
a0092659_21571411.jpg


朝食を済ませて8時半にバスは出発!  ツアーはホントに無駄がない・・・・・と言うか慌ただしい(・・;)


ホテルの玄関を出ると音楽に合わせて踊る子供がいて、私たちを見送ってくれました。
a0092659_21581270.jpg


可愛いんだけど、けな気でちょっぴり可哀そう…泊り客からのチップが目当て働かされてるのかしら?
ちゃんと学校に行ってるのかな・・・
a0092659_22579.jpg


インドのホテルドアマンは、カメラを向けるとみんなポーズを取ってくれるんですよ♪ 
a0092659_18551684.jpg



バスはバラナシ郊外にあるブッダゆかりの地サールナートに向かいます。

                                                                  つづく


P.S  明日土曜日はブログをお休みします。<(_ _*)>


                                                           






by bonzok | 2012-02-17 22:27 | インド2012 | Comments(2)
2012年 02月 16日

インド旅行記 7  夜明けのガンジス河 その2

夜明けと共に、ガンガーの全貌が少しずつ見えて来ました。
a0092659_22114663.jpg


ガートに沿って船は進みます。
ガートとは岸辺から河の堤に向かう階段状の場所を言います。
a0092659_18182135.jpg


巡礼者よりも観光客の方が圧倒的に多い夜明けのガンガー
a0092659_18204060.jpg


河に沿って84ものガートがあり、それぞれのガートで沐浴する姿が見られました。
a0092659_18241679.jpg

お供えの花を流す人たち 
a0092659_23343632.jpg
 
いろんな物が流されるからガンガーはゴミのようなものもたくさん浮いています。
a0092659_22819.jpg

寒そう・・・・早朝の気温はたぶん1ケタ。もっと寒い時期でも沐浴はおこなわれているそうです。
a0092659_220558.jpg

ほら、みんな寒そうでしょ…
a0092659_22205759.jpg

ツアー仲間に頂いた写真です。コート来ていかなかったからすごく寒かった~!
a0092659_2314623.jpg

巡礼者の御一行でしょうか。 身に着けている鮮やかな黄色が印象的でした。
a0092659_23162767.jpg


ガンガーで一番カッコよかったのはやはりこの方! キマッてます!
a0092659_14481194.jpg



 ⇓これは前夜リクシャでガンガーへ向かってる所。

ここはまだセンターラインの段差があったから前から車が来る心配はなかったけど。
 
音がウルサイから気を付けてね! 私の声もウルサイかも…(・・;)



                                                      つづく


by bonzok | 2012-02-16 23:48 | インド2012