FK’s Blog

bonzoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2009年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧


2009年 08月 27日

また、行ってきます・・・(;-.-)

すみません、
今日から旅行のため、ブログは31日までお休み致します。

「えぇ~っ!また旅行ですか~?!」

・・・って声が聞こえてきそうですが、
今度は我が家の夏の旅行でして、
4泊5日でボルネオ島のコタキナバルと言う所に行って参ります。スミマセン…
なぜか謝っちゃう・・・(;-.-)

毎日来てくださってる方が 私の安否を心配されると申し訳ないので、
一応ご報告させていただきました。

そうそう、
ずっとトールの話は書いてないけど、
ちゃんとやるべき仕事はこなしてますから、安心してね。
・・・ったく、遊んでばかり!と思われないように、念のため言っておきますね。

では、行って参ります。。。(・_・;)┘

by bonzok | 2009-08-27 06:13 | Diary | Comments(2)
2009年 08月 26日

美術史美術館 2

続いて古代オリエント美術の展示室へ

ここもまた装飾の素晴らしさに感動!
a0092659_16412979.jpg

室内の装飾に見とれてしまって、
肝心の展示品の方は、ほとんど覚えてないです・・・(;-.-)
a0092659_17341887.jpg

天井ばかり撮っちゃう。。。
a0092659_125770.jpg

a0092659_175421.jpg


こちらは古代エジプト美術の部屋
それぞれ展示品に合わせて室内の装飾を変えてるのがニクいですね~
a0092659_1659115.jpg



これは美術館の中にあるカフェ “ゲルストナー”
カフェとは思えない重厚さです。
世界一美しいカフェと言われていますが、本当にその通りですね!
a0092659_1626148.jpg


床のアールデコ模様がいかにもウィーンっぽい。
私も一休みして、コーヒー(メランジェ)とチーズケーキ(みたいなの)を頂きましたが、
周りの景色があまりに重厚すぎて、全然落ち着かなかったです・・・(-_-; )

a0092659_20203769.jpg



もう、感激しまくりで、
気がつけば4時間近くも美術館の中にいたんです。

一人だったので、
「きゃ~!すっごいね~!」って、感動を分かち合う相手がいなくて残念でした。

ここで勝手に皆さんと感動を分かち合わさせていただきます・・・(ーー;)

by bonzok | 2009-08-26 18:22 | ドイツ・オーストリー 2009 | Comments(2)
2009年 08月 25日

ウィーンその4 美術史美術館

ウィーンで私が一番感動したのが美術史美術館でした。

この写真は、美術史美術館から見た自然史博物館ですが、
手前のマリア・テレジア像を挟んで、同じ建物がシンメトリーに建っているので、
美術史美術館もこの姿です。 ややこしい?
a0092659_1632492.jpg


勿論、展示されている膨大な所蔵品も涙ものでしたが、
建物内部の美しさには、もう一人で感動しまくりでした!(ここは一人で行ったので・・・)

a0092659_958185.jpg


内装のデザインをクリムトが手がけているので、
彼自身の絵もさりげなくはめ込まれています。

下の方のアーチ型の隙間は全~部クリムトの絵なんですよ。
a0092659_11244571.jpg


望遠で撮って、やっと見えるくらい高い所にあるので、
もう、首が痛くなってしまった・・・(・・;)

a0092659_105703.jpg

もちろん、これ全部違う絵ですよ。
ちゃんとアーチのカーブに合わせてデザインされていますね。
a0092659_1111090.jpg


展示室は部屋ごとに壁の色が変えられていました。
真っ赤な壁はヨーロッパらしい色ですね。
a0092659_1784630.jpg

部屋番号が書いてある通路の装飾も重厚です。
a0092659_17444958.jpg

天井の装飾も美しい・・・
a0092659_1793234.jpg

ルーベンスの大作もたくさん展示してあります
a0092659_17223323.jpg

ヴェラスケス 「マルゲリータ」もさりげなく・・・
3歳のマルゲリータ(左)が可愛かった♪
a0092659_1752745.jpg

ブリューゲル(父)「狩りの帰り」   この作品、ここにあったんだ・・・
a0092659_18234174.jpg

それにしても誰も見てないですね~こんな超有名な作品なのに(・・;)
a0092659_189466.jpg

日本だったらこんな独り占めはできないでしょう・・・フェルメール「画家の部屋」
a0092659_1718063.jpg

デューラー「聖三位一体」  
a0092659_20542674.jpg

ブリューゲル「バベルの塔」
これ近くで見たかったけど、模写してる方に悪いから遠慮がちに見てきました。
それにしても、見事な模写ですね!
a0092659_17275833.jpg


他にも、レンブラントラファエッロなど超有名な作品がたくさん展示してあります。
何しろ、ここの所蔵品は、絵画だけで8000点、
古代美術品やハプスブルク家のコレクションなどを含むと展示品は70万点!

う~ん、疲れるはずだ・・・

                                 つづく・・・

by bonzok | 2009-08-25 19:05 | ドイツ・オーストリー 2009 | Comments(5)
2009年 08月 24日

ウィーンその3  シェーンブルン宮殿

ウィーンで最も多くの観光客が訪れるシェーンブルン宮殿
ハプスブルク家歴代君主の離宮です。
この宮殿と庭園郡も世界遺産に登録されています。

a0092659_18214124.jpg


私たちは旧市街から地下鉄で行きましたが、
シェーンブルンへはいろいろな行き方があるせいか、
地下鉄シェーンブルン駅は、意外と人がいない・・・
a0092659_912468.jpg


駅を降りて歩きだすと、
宮殿が近づくにつれ、道路沿いは観光バスがどんどん増えてきて、
さすが人気№1の観光地です!

宮殿入り口 
観光バスが着く度に、どっと人が押し寄せます。
a0092659_1929636.jpg



残念ながら、ここも内部は撮影禁止でしたが、
ヴェルサイユ宮殿を模して建てられたというだけあって、
その豪華さと広さに圧倒されました。

マリー・アントワネットは15歳で嫁ぐまで、この宮殿で育ったそうです。

私たちが見学できたのは2階部分だけでしたが、
驚いたのは、一階部分は賃貸住宅として一般に貸し出されているということです!

官舎なので公務員であることが入居の条件ですが、
2LDKで100m² 家賃は日本円で49000円!安っ!

実際の居住には不便な所も多いらしく、ウィーン市民にはイマイチ人気がないそうですが、
この値段で宮殿に住めるなんて、すごいと思いません?

a0092659_14303067.jpg


マリアテレジアイエローと言う言葉はここが発祥のようですが、
改築の時、外壁は金を塗ろうとしたところ、
マリア・テレジアが財政困難だったため、黄金に近い黄色にしたのが本当の所だそうです。
マリアテレジアが好んでいた色というわけではなかったんですね。


丘の上に見えるのがグロリエッテ
軍事的な記念碑だそうですが、とても美しい姿です。
a0092659_18104335.jpg


とにかく広い!
写真だと解りにくいですが、宮殿からグロリエッテまで1km以上あるんです。(・_・;
a0092659_17481472.jpg


ヨーロッパの宮殿って、ほんとに異常なくらい庭園が広い!
炎天下、日陰もない庭園を歩くから
余計、疲れきってしまいます。

そういえば、みんな帽子かぶってないのが不思議!
日傘でも欲しいくらい日差しが強かったのに・・・
私たちも帽子は持っていたけど、
ウキそうで、一度もかぶりませんでした。
ウィーンで日傘差してたら、目だったでしょうね~(´~`;)


                   お馬さんだけは帽子かぶってた♪
a0092659_19352393.jpg

 

by bonzok | 2009-08-24 20:05 | ドイツ・オーストリー 2009
2009年 08月 23日

ウィーンその2  ノーモア ザッハートルテ・・・

宿泊したホテル1階のカフェザッハーは観光名所になってるらしく、
お店の中も外もいつも混雑してました。
a0092659_14362896.jpg


せっかく泊まってるんだから、一度くらい入ってみようかと思っていましたが、
時期を逸して、結局入らず終い・・・
a0092659_00991.jpg


ホテルの入り口をはさんで、右も左もカフェザッハー 
これがまた、全部混んでるんですから驚きです!
a0092659_14444861.jpg



チェックインした日、
お部屋に "ウェルカム・ザッハトルテ" が置いてあったので、
どれどれ、どんなお味かしら?・・・と一口食べてみたけど、
もう甘すぎて全部は食べられませんでした~
yokoさんも同じくパス・・・やっぱり甘すぎよね。

これが、本家本元のザッハトルテ? 
私にはただ甘いだけって感じなんですけど・・・

ホテルザッハーのザッハトルテを召し上がったことがある方、
是非、感想をお聞かせ下さい!
私の味覚が変?

リボンのついてるのが、ザッハトルテ
a0092659_1691094.jpg



このホテルの ザッハトルテ攻撃 は朝食から始まります。

朝っぱらから、あんな甘すぎトルテを食べたい人がどれだけいるでしょう?
毎朝ザッハートルテが並べられてたけど、
食べてる人はほとんどいなかったみたいです・・・
a0092659_1432652.jpg


そうそう、バスルームのアメニティ
シャンプーもボディローションもバスジェルも、
もれなくチョコレートの香りだったんですよ。

チョコレートのパックって言うのもあるから、
美容には効果があるのかもしれないけど
お風呂上りに、全身チョコレートの匂いって(;-.-)

いくらチョコ好きの私でも、これは遠慮しときます。
2日目からはもちろん使わなかったけど、
記念に一個ぐらい持って帰ればよかった・・・


このザッハトルテ攻撃は最終日までその手を緩めません。

ホテルをチェックアウトする時、
”ホテルからのギフトです♪” と笑顔で渡されたのが
小箱に入ったザッハトルテ!

”Thank you!"と笑顔で受け取りながらも
心の中では”No more ザッハトルテ・・・”とつぶやく私でした(ーー;)

by bonzok | 2009-08-23 15:41 | ドイツ・オーストリー 2009 | Comments(10)
2009年 08月 22日

夏祭り

美しいウィーンの話から、いきなり話題が変わりますが
昨日、今日と、地元の夏祭りがありました。

私、今年は町内会の役員をしておりまして、
お好み焼きの当番を務めて参りました。

生まれて初めてのお好み焼き屋さん体験は、
とにかくアヅかった~!
今日はただでさえ暑い日だったのに、
ずーっと鉄板のそばにいたので、汗ダラダラでした。

そうそう、ご近所さんのスタッフYSさんも来てくれましたよ♪


主人が携帯で撮ってくれたんですが、思いっきりボケてますね^^;
真ん中にいるのが私
a0092659_23141391.jpg


この写真を見て、
一番驚いたのが、私の腕の黒さ!
多分、他の人が白すぎるんだと思います・・・(;-.-)

by bonzok | 2009-08-22 23:35 | Diary | Comments(3)
2009年 08月 21日

ウィーン その1

ザルツブルクから列車で2時間40分
最後の滞在地ウィーンに到着しました。

まったりとしたザルツブルクに比べると
一気に大都市に来た感じでした。


ウィーンでの宿泊はホテル・ザッハー
あのザッハートルテ発祥のホテルです。
a0092659_21203433.jpg


奥に見える行列は、ホテルのカフェ "カフェザッハー"に入るために並んでる方たちです
皆さまのお目当てはザッハートルテでしょうか・・・
a0092659_21243299.jpg



ウィーンはさすが世界屈指の観光地です。
バケーションの季節と言う事もあるのでしょうか、
観光客の多さは想像以上でした。
a0092659_21134053.jpg


オープンエアーのカフェはこの混みよう・・・
a0092659_2123251.jpg



ホテルザッハーは街の中心オペラ座の正面にあるので、
どこへ行くにもとても便利でした。


ホテルから10分ほど歩くと、シュテファン大聖堂が見えてきます。
a0092659_1574774.jpg

シュテファン大聖堂はウィーンの象徴とも言われるゴシック建築の巨大な寺院です。
ここ旧市街一帯は歴史地区として世界遺産に登録されています。

近付くとその大きさと重厚さに圧倒されました。
a0092659_20574587.jpg


モーツァルトはここで結婚式を挙げ、
彼のお葬式もここで行われたそうです。
a0092659_21111945.jpg


シュテファン寺院から少し歩くと
ブランド店が建ち並ぶコールマルクトと言う通りがあります。
ここを通り抜けると、ハプスブルク家の住居ホーフブルク(王宮)に出ます。

突き当たりに見えるのが王宮のミヒャエル門
a0092659_2134413.jpg


  
ウィーンも旧市街に観光名所が集まっています。
ホテルに着いたのは午後3時頃ですが、
それから路面電車と徒歩で街をぐるりと回っても、
その日の内に旧市街の見所は全部見る事ができました。(外側からですが・・・)

直径1.5km程の旧市街に
ハプスブルク帝国の遺産がギッシリと詰まっていて、
まさに、世界遺産にふさわしい一帯です。


王宮の前でボンゾ記念撮影♪
a0092659_1294092.jpg


ウィーンは2度目ですが、前に来たのは30数年前!
1ヶ月間でヨーロッパを目まぐるしく周遊する学生のツアーだったので、
ウィーンがどんな所だったのか、ほとんど覚えてなくて・・・・・
ハイ、記憶力の衰えもあります(・・;)


今回は忘れないように、しっかりウィーンを目に焼き付けてきましょ♪

by bonzok | 2009-08-21 00:38 | ドイツ・オーストリー 2009
2009年 08月 20日

ザルツブルクからウィーンへ

7月6日
5日間滞在したザルツブルクとも明日でお別れです。

ザルツブルク最終日は美しい夕焼けでした・・・と言っても、もう夜(8時半過ぎ)
a0092659_116647.jpg


ただ今、パッキング中・・・
a0092659_124074.jpg


ホテルの窓から毎日眺めていた"ホーエンザルツブルク城"
最後の夜は城の真上に月が出ていて、とても神秘的でした。
a0092659_1411819.jpg



7月7日
ザルツブルクからウィーンへ移動

ホテルブリストル最後の朝食です。
a0092659_184480.jpg


↓ 毎朝、ここで朝食をいただいてました。
いつも他の泊り客がいて写真が撮れなかったので、
今日は早めに行って撮ってきました^^;
a0092659_165679.jpg


何度も往復したホテルのレセプション(ロビー)
a0092659_127074.jpg


a0092659_1272810.jpg



ザルツブルクのスナップ いろいろ♪

民族衣装の素敵なご夫婦
a0092659_1361247.jpg


後姿がキマってますね♪
a0092659_1313190.jpg


似てるかどうか、ビミョ~(・・;)  でも、たった15分で仕上げられるのはすごいね!
a0092659_149361.jpg


犬連れの旅行者も結構多かったですよ。
a0092659_154472.jpg

ヨーロッパはお店もレストランも犬連れOKの所が多いんですよね。
a0092659_2463722.jpg

日本もそうなるといいのに・・・みんなアナタみたいないい子だといいんだけどね。
a0092659_1564085.jpg



ザルツブルク中央駅
この列車で、最後の滞在地ウィーンへ向かいます・・・
a0092659_253740.jpg


by bonzok | 2009-08-20 00:38 | ドイツ・オーストリー 2009
2009年 08月 18日

おもちゃ博物館

a0092659_22202922.jpg


“雨のモントゼー”から旧市街に戻ったら、
もうすっかり青空に変わっていました♪

午後は別行動と言う事になったので、
私は「地球の歩き方」に出ていた"おもちゃ博物館"に行く事に。
YOKOさんには、"物好きね~"的な反応をされたけど、
だって、おもちゃ、好きなんだもん!


マイナーな所なのか、途中サインも出てなくて、
地図で探してその場所までは来てるのに、入り口がなかなか見つからない・・・
何度も前を通過して、やっと城壁の中みたいな小さな入り口を見つけました。

道路からはここが見えなかったんです・・・
a0092659_1394328.jpg


入り口で出迎えてくれたのは、私の好きな"もじゃもじゃペーター"
私も顔入れて写真撮りたかった~~!
a0092659_2273547.jpg


館内にも同じものがあったので、
ボンゾくんに入ってもらったけど、ちっちゃ過ぎて見えないね・・・
a0092659_22501245.jpg


館内にはもじゃもじゃペーターのフロアーがあって、
世界中で発行されている絵本が展示されていました。
a0092659_22494689.jpg



もじゃもじゃペーターは、
ハインリヒ・ホフマンと言うドイツの絵本作家(本業は精神科医)によって
1845年に出版された子供向けのしつけの絵本です。
私もその昔、息子のために・・・ではなく、
自分のために買ったこの本を今でも大事に持ってます。


この本は10の物語が収められていて、

*髪の毛も伸ばしっ放し、爪も伸ばしっ放しで、嫌われ者の不潔なペーターの話
(タイトルにもなっています)

*マッチをいたずらして焼け死んでしまう女の子の話
a0092659_1330055.gif

*指しゃぶりをなかなか止めない子が、大きなハサミで指をちょん切られる話 
a0092659_13304071.gif


・・・などなど、かなり過激な内容です(*_*;)


日本語版、以前は″ぼうぼうあたま”と言うタイトルだったみたいです
a0092659_13105088.jpg


ヒットラーに見立てた反ナチの本もありました
a0092659_13141855.jpg




↓ ザルツブルク中央駅に貼ってあったポスター
ラジオ局の広告のようですが、
″もじゃもじゃペーター″が、こちらではそれだけメジャーってことですね。

a0092659_13175019.jpga0092659_13181164.jpg




館内には、他にもいろいろなジャンルのおもちゃが展示されていました。
a0092659_1326263.jpg


ボンゾもお邪魔します・・・
a0092659_13351350.jpg


もちろん、ドールハウスもたくさん展示されていましたよ
a0092659_13354126.jpg

大きさ比較のために、ボンゾ、そこにいて。
a0092659_1453776.jpg

どうしてもドール系に目が行ってしまう・・・
a0092659_13532461.jpg


ビンテージバービーも・・・
a0092659_13363874.jpg


ザルツブルク観光で、
わざわざ おもちゃ博物館まで行く人はあんまりいないかもしれないけど、
私はすごく楽しめました♪

物好きな おもちゃ好きな方は、是非どうぞ!

by bonzok | 2009-08-18 10:22 | ドイツ・オーストリー 2009
2009年 08月 17日

モントゼー

ザルツブルク最終日

市街地からバスで50分程のモントゼー(Mondsee)と言う所へ行って来ました。
ここもザルカンマーグート(湖水地方)の中にあり、
またしても"サウンド・オブ・ミュージック"の撮影地です、スミマセン…(;-.-)

子ども達が木登りをして遊んでるシーンが撮られた並木道(車が走ってる方)
私はこのシーンが好きでした♪
a0092659_21233882.jpg


遠くに見えるのが、マリアとトラップ大佐の結婚式が撮影された教会
a0092659_21241223.jpg

この道を通って教会を目指します
a0092659_10513190.jpg


教会の前で、お葬式の行列に遭遇。
たった今、教会での葬儀を終えたのだと思います。
棺は馬車に乗せられて運ばれて行きました。

雨がぱらついてきたので、慌てて教会の中に駆け込みました。
a0092659_11543625.jpg


マリアの長いベールが印象的だった結婚式のシーンは、ここで撮影されたんですね。
天井や柱はこんなピンクだったかしら?映画の時と少し印象が違いました。
a0092659_21253946.jpg

a0092659_21255688.jpg


教会の外に出ても、まだ雨は止んでない・・・(´;ω;`)

ずーっとお天気に恵まれていたので、
晴れるのが当たり前って思っていた私たち、傘も持ってません・・・


モーツァルトさんも、濡れちゃいますよ~!
a0092659_2126191.jpg


雨の中のアジサイはやっぱり綺麗!・・・だけと早く止んでね。
a0092659_21265057.jpg



              ここも可愛いお店やホテルが並んでいます
a0092659_2127255.jpg


観光客もどこかで雨宿りかしら?
a0092659_21274979.jpg



傘もないし。。。残念だけど、早々に市内に戻る事にしましょう。

バス停に着くと、日本人のご夫婦(多分60代ぐらい)がいらして、
バスを待つ間少し話をしました。

そのご夫婦は、オーストリーに来て3週間目だそうですが、
初めの2週間はずっと雨ばかりだったんですって!
せっかくの旅行が雨続きとは、本当にお気の毒です。
この時も雨対策は万全と言う感じの全身フル装備でした。

そう言えば、ザンクトギルゲンでドイツ人観光客と話をした時も
「あなた達が太陽を運んできてくれた。ありがとう!」・・・なんて
感謝されてしまいました~(*_*;)

私たちがこちらに来てから今日まで
お天気に恵まれた事が、むしろラッキーだったんですね!
私たちこそ、お日様に感謝!

旅の間、観光中に雨に降られてしまったのはこれが最初で最後でしたが、
ずっとお天気に恵まれたことを
改めて感謝する事ができた "雨のモントゼー" でした(ーー;)

by bonzok | 2009-08-17 12:30 | ドイツ・オーストリー 2009