FK’s Blog

bonzoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:フランス周遊 2015( 28 )


2015年 07月 18日

フランス周遊の旅 8 アヴィニョン教皇庁


アヴィニョンは1309年教皇庁がこの地に移転し、

第2のローマと言われるほど繁栄した中世の都です。



巨大なゴシック建築  教皇(法王)が居住した教皇庁宮殿

フランス周遊の旅 8 アヴィニョン教皇庁_a0092659_01485734.jpg
広い宮殿の中は迷路のように入り組んでいました。

フランス周遊の旅 8 アヴィニョン教皇庁_a0092659_13371272.jpg



宮殿の中庭は、毎年7月に開催される「アヴィニョン演劇祭」の準備中でした。

バカンスシーズンにヨーロッパに行くと野外で行われる大きなイベントに遭遇することが多く、

せっかくの景観が損なわれているようで残念に思ってしまいます。


フランス周遊の旅 8 アヴィニョン教皇庁_a0092659_19162813.jpg


フランス革命時,聖像や装飾などすべてが破壊されたため、内部はガランとしていましたが、

礼拝堂天井の見事なフレスコ画は綺麗に残っていました。

撮影禁止だったので、画像は
Wikipediaより
フランス周遊の旅 8 アヴィニョン教皇庁_a0092659_13480618.jpg



教皇の間は青いフレスコ画

フランス周遊の旅 8 アヴィニョン教皇庁_a0092659_13494138.jpg



15世紀に描かれた教皇庁の素朴な絵

中世の物語の挿し絵みたいですね。

フランス周遊の旅 8 アヴィニョン教皇庁_a0092659_13512550.jpg


教皇庁のショップでは中世の騎士をモチーフにしたグッズがたくさん置いてありました。

真ん中のヘン顔、ガラモンみたい♪ ウルトラマンのね。

フランス周遊の旅 8 アヴィニョン教皇庁_a0092659_19474960.jpg


宮殿を出るとこんな所にもカフェが…
フランス周遊の旅 8 アヴィニョン教皇庁_a0092659_19552200.jpg



岩を削って造ったみたいな宮殿脇の道

フランス周遊の旅 8 アヴィニョン教皇庁_a0092659_20024031.jpg




この突き当り正面の建物、よ~く見ると…

フランス周遊の旅 8 アヴィニョン教皇庁_a0092659_22590937.jpg

また、だまし絵でした~

フランス周遊の旅 8 アヴィニョン教皇庁_a0092659_22560402.jpg



中世の人々が歩いていた石畳  現代人にはちと歩き辛かったです…

フランス周遊の旅 8 アヴィニョン教皇庁_a0092659_19462589.jpg


☟ ホテルの前で。これでも夜の7時頃、

これからお食事に行くところです♪
 
ホテルの場所は教皇庁まで徒歩1分! 近すぎてビックリでした。



フランス周遊の旅 8 アヴィニョン教皇庁_a0092659_01100713.jpg





by bonzok | 2015-07-18 01:53 | フランス周遊 2015
2015年 07月 18日

フランス周遊の旅 7 アヴィニョンの橋の上で♫



エクス・アン・プロヴァンスでランチを済ませ、

アヴィニョン(Avignonに到着。

ここに2泊滞在し、プロヴァンス地方を巡りました。


アヴィニョンは城壁に囲まれた中世の街です。

フランス周遊の旅 7 アヴィニョンの橋の上で♫_a0092659_01015850.jpg


大型バスは旧市街に入れないので城壁の外にバスを止め、

毎日徒歩で出入りをしました。

フランス周遊の旅 7 アヴィニョンの橋の上で♫_a0092659_1446166.jpg


バスを降りたら目の前に歌で有名な”アヴィニョンの橋”が見えました・・・が、割りと地味~

ローヌ川沿いにプロヴァンスを代表する花ラべンダーが咲き誇っています。

フランス周遊の旅 7 アヴィニョンの橋の上で♫_a0092659_153356.jpg


アヴィニョンと言えば、”アヴィニョンの橋”

本名はサン・ベネゼ橋(Pont Saint-Bénézet)って言うんですって。

 ↓ ここがサン・ベネゼ橋の入り口 

よ~く見ると日本語で”入り口”って書いてあります。

英語とフランス語となぜか日本語。

中国語に変わる日も遠くないかも…
フランス周遊の旅 7 アヴィニョンの橋の上で♫_a0092659_01045039.jpg

↓ 橋の上はこんな感じ。 

途中にある建物は橋を造った聖ベネゼを祀る礼拝堂です。

なにげにカッコいい人が写り込んでたわ♪

彼は携帯をかけてるじゃなくてオーディオガイドを聴いてるんですよ。

フランス周遊の旅 7 アヴィニョンの橋の上で♫_a0092659_00030390.jpg


サン・ベネゼ橋は12世紀にローヌ川に最初にかけられた橋だそうです。

写真だと判りにくいけど、橋は川の半分くらいまでしか残ってないんですよ。

フランス周遊の旅 7 アヴィニョンの橋の上で♫_a0092659_15393602.jpg

橋の上を歩いてる時、

「アヴィニョンの橋の上で♫」
が頭の中で鳴り響いていました。


Sur le Pont d'Avignon
(スュルポン、ダヴィニョ~ン♪)
L'on y danse, l'on y danse
(ロ~ニ ドンス、ロ~ニ ドンス♪)


高校の時習った歌詞をまだ覚えてました~٩(๑❛ᴗ❛๑)۶



↓これはイギリスの挿絵画家ウォーター・クレインが1877年に出版した

”BABY’S BOUQUET"と言う古い歌の本(復刻版)ですが、

この中にも「アヴィニョンの橋」の唄がありました。
フランス周遊の旅 7 アヴィニョンの橋の上で♫_a0092659_23554718.jpg


この本も古いですが、

この唄が生まれたのは15世紀だそうですからかなり古い唄ですね!

フランス周遊の旅 7 アヴィニョンの橋の上で♫_a0092659_23505041.jpg

サン・ベネゼ橋から旧市街に入り、

狭い路地を抜けると教皇庁宮殿が見えてきます。 


フランス周遊の旅 7 アヴィニョンの橋の上で♫_a0092659_19501888.jpg

教皇庁宮殿広場は観光列車プチトランの発着所なので、

沢山の観光客が集まっていました。

フランス周遊の旅 7 アヴィニョンの橋の上で♫_a0092659_19395231.jpg


暑そうでしょう?

もう夕方だと言うのに太陽が容赦なく照りつけて、

さすがに日焼け大好きのヨーロッパ人も日陰に逃げ込んでいました。

フランス周遊の旅 7 アヴィニョンの橋の上で♫_a0092659_20551416.jpg

世界遺産にこんなにカフェ作っちゃっていいの?

ヨーロッパって広場のある所はもれなくカフェになっています。

フランス周遊の旅 7 アヴィニョンの橋の上で♫_a0092659_21035194.jpg
フランス周遊の旅 7 アヴィニョンの橋の上で♫_a0092659_23551000.jpg

広場の近くでカラフル過ぎる飲み物が売られていました。

人工着色料入りまくりな感じだけど、どんな味なのか興味深い…

フランス周遊の旅 7 アヴィニョンの橋の上で♫_a0092659_21064353.jpg


カラフルと言えば、日本に比べて欧米人の服はカラフルです。

立ち話をするマダム緑さん黄色さん


フランス周遊の旅 7 アヴィニョンの橋の上で♫_a0092659_23555469.jpg


レオ・レオニの絵本「あおくんときいろちゃん」を思いだしました・・・(^m^ )

フランス周遊の旅 7 アヴィニョンの橋の上で♫_a0092659_00142347.jpg
つづく・・・
                              





by bonzok | 2015-07-18 00:44 | フランス周遊 2015
2015年 07月 16日

フランス周遊の旅 6 プロヴァンスへ

3日目

コートダジュールから西に進み、プロヴァンス地方へと移動しました。

途中、車窓からヒマワリの群生を何度も見ることができました。 

この季節ならではの景色です♪
フランス周遊の旅 6 プロヴァンスへ_a0092659_101298.jpg



バスで移動中も車窓からの景色が絵みたいに綺麗で、ず〜っと眺めてました。
フランス周遊の旅 6 プロヴァンスへ_a0092659_2315894.jpg



青い空に白い雲♪ 何でもない景色も風景画みたいです。
フランス周遊の旅 6 プロヴァンスへ_a0092659_14362280.jpg




雲は見てて飽きないなぁ〜

フランス周遊の旅 6 プロヴァンスへ_a0092659_2294783.jpg



この日の宿泊地アヴィニョンに向かう途中、エクス・アン・プロヴァンスでランチを頂きました。

エクス・アン・プロヴァンスは画家セザンヌが晩年を過ごした場所で、今もアトリエが残っています。

セザンヌさまの像に座っちゃっていいのかな・・・

フランス周遊の旅 6 プロヴァンスへ_a0092659_155438.jpg


ランチを頂いたレストラン この日は2時近くの遅い昼食だったからお腹ペコペコ。
フランス周遊の旅 6 プロヴァンスへ_a0092659_216893.jpg



↓ お食事をご一緒したご夫婦、南フランスは3回目ですって。 

80代のご主人が「今回が最後」って仰ってたけど、とてもお元気だから4回目行っちゃって下さ〜い♪

フランス周遊の旅 6 プロヴァンスへ_a0092659_219938.jpg


ボリュームのある前菜とメインはラタトゥイユ、デザートは撮り忘れ・・・何だったっけ?(ーー;)
フランス周遊の旅 6 プロヴァンスへ_a0092659_148572.jpg




レストラン近くにある街路樹に囲まれた噴水広場

フランス周遊の旅 6 プロヴァンスへ_a0092659_174052.jpg




フランスではいろんな街で回転木馬をみかけました。
フランス周遊の旅 6 プロヴァンスへ_a0092659_163278.jpg



ランチで立ち寄っただけでしたが、エクス・アン・プロヴァンスも素敵な街でした♪

フランス周遊の旅 6 プロヴァンスへ_a0092659_043151.jpg



バスは一路アヴィニョンへ…





by bonzok | 2015-07-16 18:51 | フランス周遊 2015 | Comments(0)
2015年 07月 14日

フランス周遊の旅 5 ニースでお散歩

ニースでは海岸近くのホテルだったので、朝のお散歩には丁度良い距離でした。

旧市街の中心マセナ広場  夜はとても賑やかな場所ですが、朝8時半ころなのでまだ人はまばらでした。
フランス周遊の旅 5  ニースでお散歩_a0092659_21451310.jpg


噴水の真ん中に立ってるのはアポロン像  ギリシャ神話の太陽神です。
フランス周遊の旅 5  ニースでお散歩_a0092659_22145996.jpg


これはマセナ広場の夕方の風景  高いポールの先に人間が座ってるの分かります?
フランス周遊の旅 5  ニースでお散歩_a0092659_21491948.jpg


お座りしてる7人の像は7つの大陸をイメージしたモダンアートだそうです。 何だか可愛い♪
フランス周遊の旅 5  ニースでお散歩_a0092659_21531133.jpg


ビーチに向かう道路で信号待ちしていたら、横にいたオジサンがこの建物を指さして私たちに何か説明を始めました。

こんな何の変哲もない建物・・・と思っていたら、
フランス周遊の旅 5  ニースでお散歩_a0092659_20404726.jpg


なんと!壁も窓も全~部ペイントされたものでした。つまりだまし絵。 

手前の建物を壊して壁だけがむき出しになっちゃったから描きましたって感じ?
フランス周遊の旅 5  ニースでお散歩_a0092659_20413926.jpg


朝早いけどお土産屋さんだけはお店を開けていました。
フランス周遊の旅 5  ニースでお散歩_a0092659_2237106.jpg


白いワンピースの人、パンツ透けすぎ・・・思わず2度見してしまいました。 ブラ丸見えの人も多かったなぁ・・・
フランス周遊の旅 5  ニースでお散歩_a0092659_21482829.jpg


サレヤ広場では毎朝花と野菜のマルシェが開かれています。 Makikoさん、朝からもうお土産買ってました~
フランス周遊の旅 5  ニースでお散歩_a0092659_2148077.jpg


色鮮やかなトマトとアーティーチョーク  ”さわっちゃダメ!” の絵がかわいい♪
フランス周遊の旅 5  ニースでお散歩_a0092659_2143740.jpg


マルシェに並んで絵を売るお店も。
フランス周遊の旅 5  ニースでお散歩_a0092659_21534532.jpg


超プリミティヴな風景画ですね ・・・
フランス周遊の旅 5  ニースでお散歩_a0092659_21541169.jpg


真っ青な空にいくつもの飛行機雲が模様を描いていて、思わず見とれてしまいました。
フランス周遊の旅 5  ニースでお散歩_a0092659_21413891.jpg


ここは観光名所”イギリス人の散歩道”(Promenade des Anglais) 日本人のオバちゃんにも歩かせて♪
フランス周遊の旅 5  ニースでお散歩_a0092659_2315525.jpg


                                                            つづく

by bonzok | 2015-07-14 00:46 | フランス周遊 2015 | Comments(0)
2015年 07月 12日

フランス周遊の旅 4  シャガール美術館

ニースには2泊滞在しましたが、ツアーの日程でモナコ、エズなど近隣に出かけていたので、

ニース市内にいた時間は短く、

唯一訪れたのがシャガール国立美術館(Musee National Message Biblique Marc Chagall) でした。

私が撮った写真なので伝わりませんが、実際はもっと複雑な色でした。
フランス周遊の旅 4  シャガール美術館_a0092659_20373778.jpg


前回この美術館に来た時はまだオープンして間もない頃でした。

私が大学を卒業した年だったので遠~~い昔です・・・(ーー;)

外観も質素でこじんまりとした美術館ですが、秀逸な作品が数多く展示されています。

そっけないほどシンプルな外観
フランス周遊の旅 4  シャガール美術館_a0092659_21333646.jpg


広いお庭の隅っこにある居心地のよさそうなカフェ
フランス周遊の旅 4  シャガール美術館_a0092659_21465452.jpg


シャガールが愛した聖書をモチーフにした作品群が見応えがありました。

アブラハムと三天使  (1960年~1966年)
フランス周遊の旅 4  シャガール美術館_a0092659_2113284.jpg


ダビデ王と竪琴  シャガールはよくダビデ王を描いています。
フランス周遊の旅 4  シャガール美術館_a0092659_20562357.jpg


後ろの絵は 「人類の創造 」  この美術館の中ではこれが一番好き♪
フランス周遊の旅 4  シャガール美術館_a0092659_20545150.jpg


ホールに飾られたステンドグラスは天地創造を描いた作品  シャガールの青です。
フランス周遊の旅 4  シャガール美術館_a0092659_15393519.jpg


タイトルは不明ですが、この作品インパクトありました!  ちなみに、タイトルの表示はフランス語のみでした。
フランス周遊の旅 4  シャガール美術館_a0092659_2219384.jpg


時間があったら音声ガイドの説明を聞きたかったです。 ちゃんと日本語もりありましたよ。
フランス周遊の旅 4  シャガール美術館_a0092659_15203487.jpg

フランス周遊の旅 4  シャガール美術館_a0092659_167432.jpg

シャガールに囲まれて佇む少年・・・疲れちゃったのかな?
フランス周遊の旅 4  シャガール美術館_a0092659_21365081.jpg


ロシア人であるシャガールは23歳でフランスに渡り、

ニースにほど近いヴァンスで97年の生涯を終えました。

私が初めてこの美術館を訪れた時、まだシャガールはこの近くで創作活動をしていたのかと思うと

何だか感動してしまいます・・・

by bonzok | 2015-07-12 22:48 | フランス周遊 2015 | Comments(0)
2015年 07月 10日

フランス周遊の旅 3  ヴァンス ロザリオ礼拝堂 

コート・ダジュールの鷲の巣村”エズ”を後に、次に向かったのはVense(ヴァンス)と言う小さな村。

この村はずれにあるアンリ・マティスが手掛けたロザリオ礼拝堂を訪れました。

まるで普通の民家のような小さな礼拝堂は、通り過ぎてしまいそうなくらいひっそりと佇んでいました。
フランス周遊の旅 3  ヴァンス ロザリオ礼拝堂 _a0092659_22564968.jpg


マティス晩年の傑作と言われるこの礼拝堂は拍子抜けするほど素朴な建物でした。 絵が描かれているところが入口
フランス周遊の旅 3  ヴァンス ロザリオ礼拝堂 _a0092659_22553061.jpg


白い壁に黒い線だけで描かれた「聖ドミニクス」像、 究極のシンプルで表現されたマティスの作品です。

(内部は撮影禁止だったので、画像はこちらからお借りしました)
フランス周遊の旅 3  ヴァンス ロザリオ礼拝堂 _a0092659_22531747.jpg


青、黄、緑の3色だけで描かれたシンプルなステンドグラスもマティスらしい色使いです。

自由すぎるくらいプリミティヴな聖母子像  ふとキース・へリングを思い出してしまいました。
フランス周遊の旅 3  ヴァンス ロザリオ礼拝堂 _a0092659_23303054.jpg




制作過程ではもう少し描き込んでいたのに、線を削って削って最後は超シンプルに完成したんですね。
フランス周遊の旅 3  ヴァンス ロザリオ礼拝堂 _a0092659_23415814.jpg


礼拝堂内部制作中のマティス様  カッコいい!❤❤
フランス周遊の旅 3  ヴァンス ロザリオ礼拝堂 _a0092659_22535096.jpg


夕食はニースに戻って海岸沿いのレストランで。

もう夜の7時頃だったのでビーチの人もまばらです。
フランス周遊の旅 3  ヴァンス ロザリオ礼拝堂 _a0092659_014553.jpg

夜とは思えないですよね。 この時期、10時過ぎても暗くなりませんでした…
フランス周遊の旅 3  ヴァンス ロザリオ礼拝堂 _a0092659_026098.jpg


イギリス人の散歩道(Promenade des Anglais)をお散歩する人たち  
フランス周遊の旅 3  ヴァンス ロザリオ礼拝堂 _a0092659_0102863.jpg


2日目の夕食は”ニース風サラダ”とメインは”ブイヤベース”でした。
フランス周遊の旅 3  ヴァンス ロザリオ礼拝堂 _a0092659_051694.jpg


                                                      つづく




by bonzok | 2015-07-10 00:05 | フランス周遊 2015 | Comments(0)
2015年 07月 07日

フランス周遊の旅 2 エズ コート・ダジュール

断崖絶壁の急斜面に造られた小さな村 Eze(エズ)は

ワシが崖に巣を作る様子に似ていることから「鷲の巣村」と呼ばれています。

エズ村の高台から美しい地中海が一望できます。
フランス周遊の旅 2 エズ コート・ダジュール_a0092659_23231113.jpg


中世、敵の攻撃を防ぐため、岩山や山の頂に次々に村が造られました。

コートダジュールにはこのような「鷲の巣村」が100近くもあるそうです。 

⇑の写真はこの山のてっぺんから撮りました。
フランス周遊の旅 2 エズ コート・ダジュール_a0092659_23292810.jpg


エズ村の入り口から岩山の間の狭い階段をひたすら登ります。
フランス周遊の旅 2 エズ コート・ダジュール_a0092659_23391283.jpg


てっぺんから素晴らしい景色を眺めるには更に階段を登らなくてはいけません。 
フランス周遊の旅 2 エズ コート・ダジュール_a0092659_23312066.jpg


丘の上はサボテン公園?になっていました。
フランス周遊の旅 2 エズ コート・ダジュール_a0092659_23543196.jpg


階段の途中は石造りの小さな土産物屋さんが並んでいます。
フランス周遊の旅 2 エズ コート・ダジュール_a0092659_06207.jpg


Makikoさんが素敵に撮ってくれました♪
フランス周遊の旅 2 エズ コート・ダジュール_a0092659_23385651.jpg


エズ村の入り口にあるFragonard(フラゴナール)は、石鹸や香水、化粧品などを扱う日本でも人気のお店です。

入れ物が素敵だからちょっと心が動いたけど、石鹸は匂いがきつ過ぎてパス。
フランス周遊の旅 2 エズ コート・ダジュール_a0092659_015458.jpg


アルガンオイルとナイトクリームを購入しました♪  
フランス周遊の旅 2 エズ コート・ダジュール_a0092659_0171179.jpg



                                                            つづく

by bonzok | 2015-07-07 00:45 | フランス周遊 2015 | Comments(0)
2015年 07月 05日

フランス周遊の旅 1 モナコ

6月末から7月初めまで、12日間のフランス周遊ツアーに行って来ました。

去年のポルトガルも終わってないけど、忘れないうちにフランス旅行記の方を先に頑張りま~す!\(ё_ё)/


***********************************************************************


1日目、パリ経由で夜半ニースに到着。 初日はホテルに泊まっただけ。


2日目、ニースからバスで30分、国境を越えモナコ公国へ。 

フランスからの国境はいつの間にか通過していました。

モナコは観光客だらけだったし、ほんの数時間の滞在だったのでセレブ感を感じる暇は無かったかな( ಠ_ಠ)
フランス周遊の旅 1  モナコ_a0092659_21185232.jpg


たくさんの大型クルーザーが停泊してる光景を見ると、やっぱりリッチな国なのね~と実感。
フランス周遊の旅 1  モナコ_a0092659_21405712.jpg


今回の旅のパートナーMakikoさんとパリ到着後ニース行きの飛行機を待ってるところ、

成田から12時間のフライトで、私はちょっとお疲れ気味・・・
フランス周遊の旅 1  モナコ_a0092659_2210040.jpg


フランス滞在中の11日間ずっとお天気に恵まれ・・・ていうか恵まれすぎてメチャ暑かったです~(・・;)
フランス周遊の旅 1  モナコ_a0092659_22353.jpg



モナコは高低差があり狭い道もたくさんありましたが、

F1グランプリではこんなカーブをすごいスピードで100周も走るんですね!
フランス周遊の旅 1  モナコ_a0092659_2340439.jpg


このカーブのある階段を登って、グラン・カジノ「カジノ・ド・モンテカルロ」に向かいます。
フランス周遊の旅 1  モナコ_a0092659_2342345.jpg


カジノ・ド・モンテカルロ  パリのオペラ座を模して建てられた豪華絢爛なカジノ
フランス周遊の旅 1  モナコ_a0092659_22263590.jpg


ウソみたいに豪華なカジノですが、内部はもちろん撮影禁止。

画像はCasino de Monte-CarloHPより  豪華にも程があるカジノです~
フランス周遊の旅 1  モナコ_a0092659_23112850.jpg


ちなみにこのカジノは・・・

映画”カジノ・ロワイヤル”(ダニエル・グレイク) ショーン・コネリーの”ネバーセイネバーアゲイン”

ピアース・ブロスナンの”ゴールデンアイ”・・・と007シリーズで何度も登場しています。


このカジノ・ド・モンテカルロのお隣に建つオテル・ド・パリ 

ヴェルサイユ宮殿を模して建てられたこれまた絢爛豪華なホテルです。 
フランス周遊の旅 1  モナコ_a0092659_225222.jpg


ここは大公宮殿 みんなが必死で撮っているのは衛兵交替の様子です。 私も必死でした~
フランス周遊の旅 1  モナコ_a0092659_2330128.jpg

夏服のせいかイマイチ重厚感は無かったし、あんまり揃って無かったかも・・・
フランス周遊の旅 1  モナコ_a0092659_04197.jpg


バカンスシーズンが始まっていたので、どこに行っても観光客が多かった。フランスは1年中多いのかな?
フランス周遊の旅 1  モナコ_a0092659_233887.jpg

モナコの観光スポットを30分で周る可愛いプチトラン
フランス周遊の旅 1  モナコ_a0092659_0441936.jpg


モナコ大聖堂 グレース・ケリーがレーニエ大公と結婚式を挙げた教会です。
フランス周遊の旅 1  モナコ_a0092659_02422100.jpg


内部は観光客も少なく、静かで厳かな教会でした。
フランス周遊の旅 1  モナコ_a0092659_0251122.jpg


グレース后妃のお墓には真っ赤なバラが手向けられていました。

モナコ国民のみならず世界中が悲しんだ死でしたね。
フランス周遊の旅 1  モナコ_a0092659_0413435.jpg


モナコでの昼食はこのレストランで♪
フランス周遊の旅 1  モナコ_a0092659_0475062.jpg


このレストランも観光客で結構混んでいました。 

左に見えるのが私たちのツア友♪  14人のこじんまりとしたグループでした。
フランス周遊の旅 1  モナコ_a0092659_0485365.jpg


デザートは例によって写し忘れ・・・ 上の写真に写ってま~す(-_-;
フランス周遊の旅 1  モナコ_a0092659_105348.jpg



昼食の後、天空の村エズに向かいました・・・

                                                                                                                               つづく

by bonzok | 2015-07-05 00:20 | フランス周遊 2015 | Comments(0)