FK’s Blog

bonzoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:シチリア9日間の旅 2018( 47 )


2019年 03月 24日

シチリア/ 47 最終回 ミラノで地味な最後の晩餐

2018年8月に行ったシチリアの旅行記、今頃やっと最終回です…(-_-;)

ミラノ2日目の夕食は「シチリアの旅」最後の晩餐

ネットで調べたレストランを探してはるばる行ったらヴァカンス休暇中…

仕方が無いのでガッレリアの中のレストランを探すことにしました。


a0092659_00133581.jpg


どこにしようかな…
a0092659_00131700.jpg

レストランはどこも混んでいましたが、
たまたま空いてる席を見つけて即、決定!
a0092659_16025790.jpg



最後の晩餐の割りに地味なメニューですが、
イタ飯定番のスパゲッティとリゾットで締めくくりました。
a0092659_16485055.jpg


これは翌朝の朝食風景
これが本当のイタリア最後の食事でした。
また朝シャン(パン)で乾杯♪
a0092659_16104282.jpg



a0092659_16124656.jpg


ガッレリアを行き交う人を眺めながらの朝食
もちろんまだ人もまばらです。
a0092659_16273925.jpg


人がいないうちにとばかりにポーズを取って写真を撮りっこしてる女子ふたり
a0092659_16274868.jpg




朝食は最初から最後まで客は私たちだけ…

a0092659_16160011.jpg




レストランもシックで大人な雰囲気でした。

a0092659_16163446.jpg




チェックアウトの時、
ロビーで見かけたムスリムの女性、カッコいい♪

a0092659_16155090.jpg


あちこちにさりげなくインテリアや建築の本が置いてありました。
a0092659_16201096.jpg


ガッレリアの中のホテルでしたからロケーションは抜群でしたが、
お部屋の方は狭くて超シンプル
a0092659_16343112.jpg




アメニティはETRO、香りが若干キツめ

a0092659_16405441.jpg


シチリアの旅のおまけで1泊したミラノはドゥオーモガッレリアをウロウロしただけで終わってしまいました。

a0092659_16335546.jpg


旅の締めくくりに朝夕と美しいドゥオーモが見られて良い思い出になりました。

a0092659_16490429.jpg


2018 シチリアの旅のリポートはこれでお終い。
長々とお付き合い頂きありがとうございました(*_ _)

出発の日、台風のため成田発の飛行機が遅れ、ローマでパレルモ行きに乗り継げなかった…と言う最悪のスタートでしたが、シチリアの旅は充実の9日間でした。


次は2019年2月の”南米21日間の旅”にお付き合いくださいませ(~_~;)





by bonzok | 2019-03-24 17:20 | シチリア9日間の旅 2018 | Comments(0)
2019年 03月 22日

シチリア/46 幸運を呼ぶ牡牛のモザイク@ガッレリア


ヴィットリオ・エマヌエレ2世・ガッレリアの床は美しいモザイクで敷き詰められています。

a0092659_16201921.jpg


十字に広がるガッレリアの中心がここ。
朝早いのでまだ人もまばら、ホテルで朝食をとりながら撮りました。
a0092659_16360710.jpg




中央に描かれたモザイクはイタリア王国の紋章です。

a0092659_16353739.jpg




ガッレリアで最も有名なモザイクが「牡牛の紋章」

a0092659_16434868.jpg




”牡牛の紋章”の周りはいつも人垣ができていました。
なぜかと言うと…
牡牛の股間(つまりアソコ)にかかとを付け一気に1回転すると幸運を招く♪と言う伝説があるからなんです。
一回転する人の順番待ちで渋滞が起きてる時もありました。
a0092659_18075912.jpg



朝方、まだ人がいない時撮った写真。
地元の人らしき人も通りすがりに一回転していたので、
ミラノっ子にもお馴染みのおまじないなのかもしれません。

a0092659_16433385.jpg



混んでる時は床のモザイクなんて見えないかも…
a0092659_23521713.jpg



ガッレリアから少し歩いたところにあった無印良品
”MUJI"はヨーロッパ各地に根付いています。

a0092659_18190320.jpg




スペイン発のブランドDesigual(デシグアル)
このお店に入った時、偶然デシグアルのワンピースを着てたけど
店員さん気が付いてくれたかな…

a0092659_18272553.jpg



これが(日本で買った)デシグアルのワンピース
チェックアウトをしてホテルの前でタクシーを待ってるところです。
ドゥオーモに入る時ノースリーブはNGなのでこのスパッツを脱いで肩にかけてました(~_~;)
a0092659_19314545.jpg






by bonzok | 2019-03-22 23:56 | シチリア9日間の旅 2018 | Comments(0)
2019年 03月 21日

シチリア/ 45 荘厳なミラノ大聖堂 Ⅲ



ドゥオーモの美しさを際立たせているのが無数の尖塔
a0092659_15282211.jpg



135本もある尖塔の中で一番背の高い塔に金色のマリア像が掲げられています。
どれか判ります?
a0092659_15280842.jpg


マリア像、後ろから見た方が分かるかな?
a0092659_19114875.jpg




↓この画像はWikipediaからお借りしました。
これならマリア像分かりますね(~_~;)
a0092659_15344522.jpg



前回来た時はドゥオーモの屋上に登りましたが、
今は工事中の様です。
a0092659_15403328.jpg




↓の2枚は前回屋上で撮った写真
20年前もガーゴイルが好きだったみたい(-_-;)
98年8月13日って書いてあるからちょうど20年前でした。

a0092659_15425637.jpg

a0092659_18394239.jpg




ドゥオーモの正面には青銅製の重厚な扉5か所あり、
それぞれに緻密な彫刻が施されています。

a0092659_19115690.jpg
a0092659_13102216.jpg



彫刻は受胎告知から始まりキリストの生涯が描かれています。
a0092659_13235618.jpg


幼子イエスは信者にさすられて金色に輝いていました。
クリスチャンじゃないけど私もさすって来ました…(~_~;)
a0092659_13284203.jpg


キリストの脚がさすられて剥げているのは分りますが、右の人の脚はどうして?
これはキリストの拷問を止めたいと言う信者の願いだそうです。
a0092659_13285390.jpg


ファサードだけでも無数の彫像が置かれていました。
その数は3000体とも言われています。
a0092659_13414196.jpg

a0092659_13415117.jpg



20年前、1998年8月のドゥオーモ広場
同じ時期なのにこんなに人が少なかったんだ~
まだフィルム写真の時代、私もまだ40代か…(-_-;)
a0092659_15485625.jpg


2018年8月のドゥオーモ広場
鳩さんの居場所が無くなっちゃった…
a0092659_15550838.jpg


こちらはミラノ・スカラ座が建つスカラ広場
広場の中心に立っているのはレオナルド・ダ・ヴィンチ像
下の方の方たちは彼のお弟子さんです。

肝心のスカラ座の写真を撮るのを忘れてました…
a0092659_16132524.jpg





ドゥオーモ広場はミラノ随一の観光名所
この界隈は絵描きやパフォーマーがあちこちにいました。

a0092659_15523577.jpg


a0092659_19212244.jpg


a0092659_15513003.jpg


a0092659_16083749.jpg


モデルみたいにキマってる方♪
a0092659_19110328.jpg







by bonzok | 2019-03-21 16:31 | シチリア9日間の旅 2018 | Comments(2)
2019年 03月 18日

シチリア/44 荘厳なミラノ大聖堂 Ⅱ

ミラノ2日目

この日は旅の最終日、
朝、ドゥオーモの中に入るためチケット売り場に行ったら既に行列…
無事にチケットをゲットしてドゥオーモの前に行ったらまたまた行列!


ドゥオーモの中も外も禁止事項が多すぎ!
a0092659_13145998.jpg


念入りなセキュリティチェックをしていたので行列ができるのも納得

身体と荷物チェックだけではなく”どこから来たか?”と言った質問もありました。

前回(20年前)はテロの恐怖も無かったのかこんなチェックはありませんでした。

ちなみ日本のツアーグループは行列パスで入ってましたよ…

a0092659_15362489.jpg



ドゥオーモ広場は銃を持った兵隊さんがあちこちにいました。
でも、あんまり緊張感は無さそう…
a0092659_17591556.jpg



ドゥオーモの中に入るとその巨大さに改めて驚かされます。

見上げると首を痛めそうなくらい高い天井!
a0092659_18032962.jpg



52本の石柱に無数の彫像が立っています。
a0092659_18385930.jpg


柱の彫刻だけでも気が遠くなるような時間と労力が使われたでしょう。

彫像は内外合わせて3000体!

ドゥオーモの完成までなんと600年もの歳月がかかってるんですと!

a0092659_15293095.jpg


ステンドグラスの数も凄い
a0092659_18543712.jpg

a0092659_18545563.jpg

彫刻、ステンドグラス、絵画、そのどれもが目を見張ります。
a0092659_18045838.jpg


聖人ジャン・ジャコモ・メディチの墓。
彫像はミケランジェロの影響を受けたと言われるレオーネ・レオーニによるもの

a0092659_15491521.jpg


上ばかり見上げてたけど、床のモザイクも素敵♪
a0092659_19034805.jpg


5つの身廊それぞれに祭壇がありました。
a0092659_19055155.jpg


何の部屋か分からないけど、
扉に描かれたフリーメイソン のマークが気になる…

a0092659_19052708.jpg

こんなステンドグラスの扉いいな♪
a0092659_19051571.jpg



☟肩に羽織ってるのは実はスパッツ
行列に並んでる時ノースリーブでは入場できない事に気付き、咄嗟に履いてたスパッツを脱いで肩を隠して無事に中に入れました♪
我ながらいいアイデアと思ったけど夫は呆れてましたわ。
ミニスカート状態なので脚はカットしました… (ーー;)

a0092659_19105489.jpg




by bonzok | 2019-03-18 20:49 | シチリア9日間の旅 2018 | Comments(0)
2019年 03月 17日

シチリア/43 荘厳なミラノ大聖堂


ヴィットリオ・エマヌエレ2世ガッレリアの中のホテルに泊まったので
ドゥオーモ(ミラノ大聖堂)までは徒歩3分



朝焼けの中のドゥオーモは本当に美しかった。
夫はまだ寝ていたので、この荘厳な姿にひとりで感動してました


a0092659_10260097.jpeg


早朝のドゥオーモ広場は人影もまばら

a0092659_17372356.jpg



日中はもちろん人でいっぱい!
騎馬像はヴィットリオ・エマヌエレ2世です。

a0092659_17442476.jpg



これは夕日に照らされたドゥオーモ
a0092659_17455246.jpg


別の角度から。
どこから見てもすごい!
世界最大のゴシック建築です。
a0092659_22100132.jpg



夜ライトアップされたドゥオーモ
幻想的で本当に素敵でした。
a0092659_22114420.jpg


翌朝、長~い行列に並んで厳しいセキュリティチェックを受け、ようやくドゥオーモの中に入ることができました。






by bonzok | 2019-03-17 20:45 | シチリア9日間の旅 2018 | Comments(0)
2019年 03月 17日

シチリア/ 42 ミラノへ ガッレリア独り占め!\(ё_ё)/


7日目、
シチリア・カターニャ空港からミラノ

当初はそのまま成田行きで帰国するつもりでしたが、飛行機の都合でミラノで1泊することになりました。

ミラノは20年振り。
前回も8月のバカンスシーズンだったのでお店やレストランは閉まっているところが多く、閑散としたミラノしか印象がありませんでしたが、今回はドゥオーモ界隈に宿泊したのでいつも観光客で賑わっていました。


 やっぱりすごい!ドゥオーモ(ミラノ大聖堂)
a0092659_21283391.jpg


ドゥオーモ広場に面して建つヴィットリオ・エマヌエレ2世のガッレリア(Galleria Vittorio Emanuele II 
ホテルはこの中にありました。

a0092659_21353705.jpg


ミラノで最も観光客で賑わうガッレリア
こんな場所に泊まっちゃったんです…
矢印←の場所が私たちの部屋です。
a0092659_21483528.jpg



こんな所がホテルになってたなんて知らなかった…
a0092659_11282283.jpg



夫が頑張って撮ってくれました。
リクエストした訳ではないですよ(・・;)
a0092659_11312967.jpg




窓から下ばっかり覗き込んでました~

a0092659_11402115.jpg


この景色を見られるのは宿泊者だけ、な~んてネ

a0092659_21570758.jpg



手を伸ばすと彫像に触れそうなくらい
a0092659_21523703.jpg


お向かいがGUCCI
ガッレリアは高級ブランド店ばかりなのでつまんない…
a0092659_11200479.jpg


朝7時くらいのガッレリア
さすがに人はほとんどいない…

a0092659_11205614.jpg


日中はこの通り…
a0092659_11461473.jpg


a0092659_11463074.jpg




↑と同じ場所で朝7時ごろに撮りました。
人が全くいないガッレリアの写真は希少かも。

a0092659_16382274.jpg


ガッレリア独り占め~~!
…かと思ったら足元に鳩が一羽(~_~;)
a0092659_16433149.jpg





by bonzok | 2019-03-17 19:02 | シチリア9日間の旅 2018 | Comments(0)
2019年 03月 16日

シチリア/41 タオルミーナのホテル Villa Diodoro



タオルミーナで2泊した Villa Diodoro は賑やかな通りにほど近い高台に建つリゾートホテルでした。

a0092659_13512049.jpg



各階にあるテラスからこの景色が望めます。
a0092659_13551648.jpg



エトナ山もしっかり見えました。
a0092659_18131261.jpg



海とプール、ブルー2色のコントラスト♪
a0092659_18120920.jpg



糸杉とパラソルとコントラスト(~_~;)
a0092659_18093525.jpg



外観は味気ないビルでしたが、
内部はノスタルジックで落ち着いた雰囲気でした。

a0092659_18061233.jpg



お部屋は狭かったけど、海が見えたから許す…
a0092659_18183055.jpg


a0092659_18184595.jpg



お部屋のテラスからの眺め
a0092659_18360928.jpg


これは朝焼け
部屋は東向きだったようです。
a0092659_18105885.jpg



テラスから見ると、眺望のためか建物が崖にへばりつくように建っていました。

a0092659_18470823.jpg



朝食を頂いたレストラン
ここからも海を眺める事ができました。

a0092659_18362203.jpg



レストランのテラスにて
みんなここで写真撮ってました~(~_~;)

a0092659_18423867.jpg




ホテルの屋上からは360度タオルミーナの景色が望めました♪
右に見えるのはエトナ山

a0092659_22265768.jpg




お店に飾られていたエトナ山噴火の絵が印象的でした。

a0092659_19063341.jpg



実はローマでパレルモ行きに乗り継げなかった6人日本人グループとまたしてもこのホテルで再開!

個人旅行をしている2組が広いシチリア島で3回も遭遇するなんてすご過ぎる!

お互い名前を知らないままお別れしたのですが、
チェックアウトの時、グループから預かったと言うメッセージと名刺が渡されビックリしました!


                  ホテルのレセプション
a0092659_18363158.jpg


私たちの名前も分からないはずだけど
”東京から来た日本人の夫婦”と言うキーワードでメッセージを受け取ることができました。
該当者が私たちだけだったのと個人情報守秘義務も無かったようで…(-_-;)

これも何かのご縁…と言う事で
東京に帰ってから”シチリア料理”のお店で再会を果たすことになったのですが、
台風のお陰で成田からの便が遅れ、ローマで乗り継げなかったことが想定外の展開になり、
不思議なご縁ができました…







by bonzok | 2019-03-16 12:52 | シチリア9日間の旅 2018 | Comments(0)
2019年 03月 15日

シチリア/40 タオルミーナ最後の夕食

タオルミーナ最後の夕食はシチリア島での最後の夕食でもありました。


美しい夕景を眺めながら、素敵なお食事でした♪
a0092659_12312421.jpg

滞在したホテルでお会いした日本人ご夫婦から情報をゲットして訪れたのは何度となく歩いた通りにありました。


レストランはこの超狭~い路地の奥にあります。
いつも観光客でいっぱいだったけど、たぶんレストランの客では無く写真を撮ってるだけ。
a0092659_12373182.jpg


夕方になるにつれ、ますます人が多くなってくる感じ…
a0092659_13023853.jpg


ディナーの時間はちょっとドレスアップした方たちが増えて来ます。
a0092659_12525557.jpg


a0092659_13135065.jpg

a0092659_13131963.jpg

a0092659_13120112.jpg
a0092659_13114644.jpg



お食事中の私たち、夫に合わせて私の顔も加工😅

一番人気のこのテーブルはホテルで予約してもらいました♪👍
a0092659_13191060.jpg

どれも凝ったお料理、人気店というのも納得でした。
a0092659_13180529.jpg


魚介類の蒸し煮(ブイヤベースみたいな感じ)は
ビニール袋で包まれたままサーブされてちょっとびっくり!
ウエイターがうやうやしく袋を開いてくれました。
a0092659_13271180.jpg


食べ終わる頃には夜景に変わっていました。判りにくいけど綺麗な月も見えましたよ。
a0092659_13314115.jpg




食事を済ませ、通りに出るとますます人が増えててビックリ!
タオルミーナの長い夜はまだ続きそうです…

a0092659_13401509.jpg






by bonzok | 2019-03-15 16:56 | シチリア9日間の旅 2018 | Comments(0)
2019年 03月 14日

シチリア/ 39  タオルミーナ・市民庭園

タオルミーナで滞在したホテル(Villa Diodoro)から見えた不思議な建物

a0092659_23024380.jpg


いったい何かしら?と思って行ってみるとそこは立派な市民庭園(Villa Comunale)でした。


a0092659_22595366.jpg



園内に点在する建物はギリシャ劇場の石を再利用して建てられたそうです。
意味不明の建造物ばかりでしたが…

a0092659_22581510.jpg

a0092659_12434481.jpg

この庭園は20世紀初期にタオルミーナに心惹かれたイギリスの貴族出身の女性“フローレンス・トレベリャン”と言う方によって造られたそうです。


a0092659_23011658.jpg


a0092659_12403904.jpg


インパクトのあるオブジェ、天使のような恋人同士のような…これも何を意味するのかは不明
a0092659_23143210.jpg


あちこちに様々な花々も植えられていました。
a0092659_23141972.jpg

キョウチクトウみたいだけどちょっと違う…
a0092659_23140710.jpg


糸杉に絡みつく青い朝顔が印象的
a0092659_23034183.jpg


市民庭園って言うだけあって観光客らしき人はあまりいなくて地元の憩いの場って感じでした。

a0092659_22595366.jpg






by bonzok | 2019-03-14 23:11 | シチリア9日間の旅 2018 | Comments(0)
2019年 03月 13日

シチリア/ 38 マヨルカ焼き ”顔鉢” の怖い伝説



三本足のシチリアマーク”トリナクリア”の次に多く見かけたのは男女の顔の鉢

この不思議なモチーフは一体何なんでしょう?

…と思って調べてみると、

この顔鉢にはちょっと怖い伝説がありました。

a0092659_10522742.jpg

a0092659_10523926.jpg


a0092659_12095185.jpg


顔だらけでキモいです~
a0092659_12082097.jpg



レストランやショップの前に置かれてる”顔鉢”もよく見かけました。
a0092659_10440497.jpg


a0092659_10525568.jpg



a0092659_11042994.jpg


怖い伝説とは・・・

約1000年前、イスラム支配化にあったパレルモではシチリア人とアラブ人が平和に暮らしていました。

ある日、一人のアラブ人が邸宅にいた美しいシチリア人の娘に目を奪われ一夜にして二人は恋に落ちてしまいました。(展開早すぎ…)

翌朝、男は”故郷に妻子を残している”と告げると、娘は ”故郷に帰してはならぬ!”と男の頭を切り落としてしまったのです(すごい展開!)

娘は男の頭に何故かバジリコを植えバルコニーに置くと葉はみるみる育ち始めたのでした。
”バジリコが育つ植木鉢”として噂が広まり、パレルモの陶器工房に”アラブ人の顔鉢”の注文が殺到しました・・・とさ


 バジリコ(バジル)がお好きな方
シチリアにいらしたら是非この”顔鉢”をゲットして下さいね!(~_~;)

a0092659_10431541.jpg





by bonzok | 2019-03-13 22:54 | シチリア9日間の旅 2018 | Comments(0)