FK’s Blog

bonzoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 08月 08日

ポーランドの旅 12 マイナーな民族博物館(-_-;)



ヴァヴェル城から歩いて20分、ユダヤ人居住区 カジミエシュ地区

最初に訪れたのは民族博物館(Muzeum Etnograficzne)

ここは物好きしか行かないようなマイナーな博物館だったけど、
私は面白かった♪

はるばるポーランドのクラクフまで行ってこの民族博物館にいらっしゃる方は少ないと思うので、
参考までに私の写真をご覧くださいませ(~_~;)
”地球の歩き方”にも出ていない場所です。


外観は意外と立派!

a0092659_22105388.jpg



でも入り口は小っちゃかった…

a0092659_22095886.jpg





1階はポーランドの建物やインテリアを再現した展示


カラフルにペイントされた可愛いインテリア♪

翌日訪れた小さな村”ザリピエ”でも実際の家々を見てきました。

a0092659_22433629.jpg





敬虔なカトリックの国らしく部屋の中にも宗教画が飾られていました。

a0092659_22505478.jpg






2階は民族衣装や生活用品などが数多く展示されて見ごたえがありました。


ポーランドの民族衣装の人たちがずらりと30人くらい!

全員は収まらなかった〜😰

a0092659_22431207.jpg

a0092659_22544407.jpg


a0092659_22590180.jpg



結婚式や洗礼式など儀式で身に着ける小物のようです。
a0092659_23023050.jpg



ポーランド語の説明が読めないから写真から想像…
a0092659_22094294.jpg




館内の説明がポーランド語しかなかったんです… (ーー;)

ポーランド人以外の見学は想定してないの?

こんな日本人もいるのに…

a0092659_23024759.jpg




スタンプ式に染めていく方法はインドネシアのバティックみたい。


a0092659_23495191.jpg



色合いが日本の藍染めの様です。
a0092659_23504049.jpg



素朴な木のおもちゃ
展示品は全部素朴でしたけど…

a0092659_00022455.jpg




この人はToy Vendor(おもちゃ売り)かな?
とにかくポーランド語が読めないから想像するしかない…(-_-;)
a0092659_00102320.jpg




ポーランドのクリスマスオーナメントは藁や紙で作られていてとても素朴
a0092659_23552641.jpg



a0092659_21520182.jpg





これはクラクフ名物Szopka(ショプカ)
ショプカとはキリストの降誕の場面を再現した飾りだそうです。
帰ってから調べました(-_-;)

a0092659_00040907.jpg



豪華なショプカですね~

a0092659_22081970.jpg



毎年、クリスマスの時期にショプカコンテストがあるそうですよ♪

a0092659_00051586.jpg





☟これはお祭りか鍵式のお面?

だからポーランドが読めないんですってば (ーー;)

a0092659_00122271.jpg




☟これはもっと分からない物体!

ポーランドに伝わる何かの儀式…って言うことにしておきましょう。

a0092659_00071465.jpg





3階は超素朴な宗教画やアートな彫刻が展示されていました。

だから全部素朴だってば!って自分にツッコむ(~_~;)

a0092659_00200198.jpg




何となく素人さんが作ったみたいな感じ
a0092659_00203639.jpg


a0092659_00212543.jpg




宗教像なんだけど、どれもプリミティブでユーモラス♪

a0092659_00271417.jpg





伝統の切り絵細工

全部羊を刈る大きなハサミで切ってるんですって。

今回、切り絵細工の村ウォヴィチも訪れました。

a0092659_00152936.jpg





ポーランドではおなじみのpisanki(ピサンキ)イースターエッグ

絵付けはもちろん毛糸を巻いたり切り絵を貼ってあったり
とても細かく凝った細工でした

a0092659_22381230.jpg





こんなにいっぱい並んでました~

ちゃんと拡大鏡が置いてありましたよ。

a0092659_22394524.jpg





この博物館、訪れる人がよほど少ないらしく、

広い展示場なのに見張りは各フロアひとりしかいませんでした。

私がいた間、見かけたのはシニアのご夫婦一組だけ。土曜日なのに…

一日10組くらいしか来ないのかも。


ほとんどのツアーがクラクフで行くのが国立美術館

お目当ては

レオナルド・ダ・ヴィンチの名作 ”白テンを抱く貴婦人”です。


ダヴィンチか民族博物館か…

私は迷わずこちらを選びました~(ё_ё)







# by bonzok | 2018-08-08 22:58 | ポーランドかわいいものめぐり8日間 | Comments(0)
2018年 08月 07日

ポーランドの旅 11  歴代王の居城 ヴァヴェル城



旧市街中央広場からヴァヴェル城

途中通り過ぎたのは聖ペテロ聖パウロ教会

a0092659_20142026.jpg


門に立つ十二使徒が印象的でした。
a0092659_20082010.jpg


ヴァヴェル城は小高い丘の上に建っているのでゆるい上り坂をひたすら登っていきます。

a0092659_20172022.jpg




途中の教会の前に置かれた十字架は”カティンの森事件”の慰霊碑

カティンの森事件とは第2次大戦時にソ連軍によって22000人ものポーランド将校、聖職者、一般官吏などが虐殺された悲惨な事件

長い間ロシア(ソ連)はナチスドイツの仕業と言い張っていましたが、
1990年、ゴルバチョフ大統領がようやく事実を認めました。

十字架には事件が起きた年1940とソ連が事実を認めた年1990の文字が刻まれています。


ポーランドに行く前にWOWOWで映画”カティンの森”を見ていたので
胸に迫るものがありました。


a0092659_20191320.jpg




ヴァヴェル城は1611年にワルシャワに遷都されるまで歴代ポーランド王の居城となりました。

↓ここがビューポイントだったのですが、人を入れずに撮るのは難しい…

a0092659_15352328.jpg




↑に写っている尖塔の建物はヴァヴェル大聖堂

14世紀から18世紀までポーランド王の戴冠式が行われたそうです。


a0092659_17482379.jpg


a0092659_17493581.jpg





ここでは入場しませんでしたが、中庭に出る時チラッと中が見えました。

城内の施設はそれぞれ入場料が必要です。

a0092659_17574395.jpg



中庭のこの木、なんだかすごい生え方!
a0092659_17413536.jpg




入り口が可愛いショップもチラッと覗く
a0092659_17594198.jpg




切り絵デザインの可愛い小物に目が行ってしまいます。
a0092659_17563874.jpg




このツルのへばりつき方も見事
a0092659_17521587.jpg




ここにもフリーガイドのグループがいました。
ユニオンジャックが見えるから英語のガイドさんですね。
a0092659_17410554.jpg




大聖堂から下っていくと竜の洞窟と像があります。

この城に住むと言うヴァヴェルのドラゴン伝説を題材にした竜の像

伝説の竜の割りにかなりデフォルメされたドラゴンでした。でも好きかも♪

a0092659_18040929.jpg



ドラゴンさん、ちゃんと火を噴くんですよ。

不定期だからたまたまその瞬間を撮れてラッキー♪

a0092659_18071201.jpg




このドラゴンちゃん、クラクフの街中に溢れてました(~_~;)

a0092659_18175878.jpg



ポーランド(クラクフ)でドラゴンのぬいぐるみが定番とは

ここに来て初めて知りました。

a0092659_18193329.jpg



ドラゴンも見たし(~_~;)そろそろヴァヴェル城を後にします。

a0092659_18143643.jpg



ここの坂道にいたアコーデオン弾きのおじさん

大道芸歴長そう…

a0092659_18292868.jpg



ヴァヴェル城では外観を見ただけで中には入らず。

この後スマホのナビに頼りながら旧ユダヤ人地区へと向かいました。






# by bonzok | 2018-08-07 21:15 | ポーランドかわいいものめぐり8日間 | Comments(0)
2018年 08月 06日

ポーランドの旅 10 お土産探しは織物会館で♪


クラクフ歴史地区
中央広場に建つ織物会館はルネサンス様式の堂々とした建物でした。

前述しましたが、かつて織物の取引所だったことから今もその名で呼ばれています。

a0092659_23132673.jpg





現在の織物会館はお土産屋が並ぶレトロなショッピングモール♪

朝行った時はまだ人もまばらでしたが…

a0092659_23162218.jpg





午後には結構な人出になっていました。

a0092659_23171208.jpg






所々に14世紀の織物取引所の面影を残していました。

a0092659_23404194.jpg


a0092659_23271447.jpg






カッコいい紋章も当時のまま

a0092659_23444917.jpg





正面の美しい回廊はカフェが並んでいました。
a0092659_23454941.jpg





織物会館から望む聖マリア教会
a0092659_00064333.jpg





このゴチャゴチャ感、雑貨フリークとしてはテンションが上がります♪

a0092659_23480017.jpg

a0092659_23485148.jpg





バルーン袖にエンブロイダリーのブラウスは日本でも流行ってますね♪

a0092659_23530170.jpg





ポーランドの民族衣装を着たドールたち

a0092659_23521774.jpg





敬虔なカトリックの国ですからキリスト教関連のものも多く見られました。

a0092659_23545682.jpg





素朴な木の雑貨、手作りかしら…

a0092659_23510069.jpg





ポーリッシュポタリー(ボレスワヴィエツ 陶器)のお店

ポーリッシュポタリーは皆さん大量に買ってましたよ(-_-;)

私も2個だけ買ってしまいました…

a0092659_23422827.jpg




ポーランド土産の定番、琥珀のアクセサリーも人気♪

ツアーの皆さんもたぶん全員買ってらっしゃいました、私以外…

a0092659_23554476.jpg






女子たち熱心に物色中…

a0092659_14584156.jpg





織物会館では↓切り絵デザインのマグを一個買いました。

お店の写真、撮り忘れちゃった…(*_ _)

楕円のプレートとクリーマーは手描きのポーリッシュポタリー

これはワルシャワで買いました。

a0092659_14250550.jpeg







# by bonzok | 2018-08-06 18:45 | ポーランドかわいいものめぐり8日間 | Comments(0)