FK’s Blog

bonzoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2020年 02月 21日 ( 1 )


2020年 02月 21日

お正月ミステリーツアー その弐

ミステリーツアー2日目(1/3/2020)

蓼科高原で一泊した翌朝、最初に訪れたのは諏訪大社下社 春宮

朝9時前だったので私たちの貸し切り状態
お正月ミステリーツアー  その弐_a0092659_20525590.jpg

諏訪大社も初めて訪れた場所
諏訪大社には春宮、秋宮の二社があることも初めて知りました。

右奥に見えるのは御柱祭りで使われた御柱(おんばしら)
お正月ミステリーツアー  その弐_a0092659_20543652.jpg



御柱は御神木として社殿の四隅に一本ずつ立てられていました。
樹齢200年ほどの杉の木だそうです。
お正月ミステリーツアー  その弐_a0092659_20561284.jpg


お正月ミステリーツアー  その弐_a0092659_20405601.jpg



春宮の脇に流れる小川

お正月ミステリーツアー  その弐_a0092659_21045247.jpg


↓小川に沿って少し進むと不思議な石仏が現れます。

このアートな仏様は“万治の石仏”(まんじのせきぶつ)
インパクトのあるフォルムですよね!
お顔がモアイっぽい🗿

1974年、御柱祭りに訪れた岡本太郎氏がこの石仏を絶賛した事から一躍有名になったそうです。
お正月ミステリーツアー  その弐_a0092659_21043524.jpg


万治の石仏をお参りする時は↓のような作法があります。

お正月ミステリーツアー  その弐_a0092659_12024447.jpg



私たちも石仏の周りを3周して
しっかりお参りをして来ましたよ。

ツアーの皆さまもグルグル周ってお参り中
お正月ミステリーツアー  その弐_a0092659_12053923.jpg



社殿の横に御柱祭を紹介した”おんばしら館よいさ”と言う建物がありましたが、
ここは有料だったせいか、中に入ったのは私たちだけ…
お正月ミステリーツアー  その弐_a0092659_12115855.jpg



御柱祭りのビデを見る夫、館内は私たちしかいないから貸し切りでした(~_~;)
お正月ミステリーツアー  その弐_a0092659_12150163.jpg


展示内容は入館料を取るほどの内容ではありませんでした。
御柱祭りに余程興味のある人じゃなければ入らないかも…
お正月ミステリーツアー  その弐_a0092659_12093834.jpg




諏訪大社春宮を後に次に訪れたのは秋宮
こちらは春宮とは打って変わって観光客や参拝者で賑わっていました。
お正月ミステリーツアー  その弐_a0092659_12193636.jpg



鳥居からの景色
広い参道の先の諏訪の街が見渡せました。
お正月ミステリーツアー  その弐_a0092659_12204059.jpg



社殿の前に門松が置かれ、あちこちでお正月らしい風景が味わえました。
お正月ミステリーツアー  その弐_a0092659_12270281.jpg

お正月ミステリーツアー  その弐_a0092659_12301824.jpg


秋宮も社殿の四隅にご神木の御柱が立てられていました。
お正月ミステリーツアー  その弐_a0092659_12272081.jpg


この日は1月3日
まだしばらくは初詣客で賑わうことでしょう。
お正月ミステリーツアー  その弐_a0092659_12310673.jpg



裏手にあった御神湯の手水舎
龍の口から出ているのは天然温泉のお湯、
結構熱かったです。
お正月ミステリーツアー  その弐_a0092659_12300933.jpg



参道で見つけたマンホール、綺麗だったのでパチリ♪
お正月ミステリーツアー  その弐_a0092659_12365596.jpg



次に訪れたのは諏訪湖畔の建つ”北澤美術館”

お正月ミステリーツアー  その弐_a0092659_22365308.jpg


雪から守るために置かれた藁の束、面白い♪
雪吊りはよく見るけどこんな姿は初めて見ました。
お正月ミステリーツアー  その弐_a0092659_12414898.jpg



北澤美術館エミール・ガレドーム兄弟などのアールヌーボー、アールデコの作品1000点を所蔵し、2階ギャラリーには東山魁夷、上村松園などの著名作家の日本画も展示されていました。

北沢バルプの創業者北澤利男氏のコレクションが納められ、現在も作品は増え続けているそうです。

この方が創始者北澤利男氏
お正月ミステリーツアー  その弐_a0092659_22392166.jpg



内部は撮影禁止でしたが、↓の2点だけはOKでした。


ガレの代表作”ひとよ茸のランプ”
お正月ミステリーツアー  その弐_a0092659_12463405.jpg



ミュラー兄弟”薔薇にライラック文ランプ”
お正月ミステリーツアー  その弐_a0092659_12572154.jpg


北澤美術館も初めて訪れた場所でしたが、とても見応えがあり、
アール・ヌーボー、アール・デコの世界を堪能できました


この後、長野を出て山梨県へ
ず~っと富士山を眺めながらのドライブでした。

お正月ミステリーツアー  その弐_a0092659_22363791.jpg


ずっと見えていた富士山が甲府に入った途端見えなくなってしまい、捜してみたら頭がちょこんと見えただけ
甲府って富士山がこんなに近くにあるのに頭の先しか見えなかったんですね。
ちょっと可哀そう…

お正月ミステリーツアー  その弐_a0092659_22461342.jpg




昼食を頂いた”信玄館”と言うレストハウス
中に入るとすっごい数のお料理がスタンバイされていて壮観!
次々に団体客が入って来てあっけにとられながらの昼食でした。

お料理の写真を撮ってなかったけど、ほうとうと陶板焼きのセットでした
多分、全員同じものを食べていたと思われます。
お正月ミステリーツアー  その弐_a0092659_22494931.jpg




昼食を済ませた後訪れた恵林寺(えりんじ)は信玄館から歩いてすぐの所にありました。

武田信玄の菩提寺である”恵林寺”は1330年夢窓国師によって創建されました。

信玄の尊敬を受けて入山した快川国師の有名な言葉
心頭滅却すれば火も自ずから涼し」は燃え盛るこの山門の上で言った辞世だそうです。

お正月ミステリーツアー  その弐_a0092659_23102112.jpg



庫裏(くり)
僧侶の居住する伽藍
石碑の前に置かれていたお供え物、マンゴーかと思ったらかりんの実
横に大きなかりんの木が植えられていました。
お正月ミステリーツアー  その弐_a0092659_23243452.jpg


方丈(住持や長老の居室)
お正月ミステリーツアー  その弐_a0092659_23301828.jpg


開山堂
お正月ミステリーツアー  その弐_a0092659_23330255.jpg




軒下のレリーフが見事でした
お正月ミステリーツアー  その弐_a0092659_23333143.jpg




分かりにくいけど左右に風神雷神が描かれていました。
お正月ミステリーツアー  その弐_a0092659_23341533.jpg



ひっくり返すと風神って分かります?
お正月ミステリーツアー  その弐_a0092659_23381360.jpg



ミステリーツアー最後に訪れたのは山梨勝沼の”ハーブガーデン旅日記”
こんな場所にも(と言っては失礼だけど)中国人観光客のバスが来ていました。
お正月ミステリーツアー  その弐_a0092659_23464082.jpg


真冬なので残念ながら花はあまり植えられていませんでしたが、季節に合わせていろいろな花々が楽しめそうです。
ちなみにここは入場無料♪
お正月ミステリーツアー  その弐_a0092659_23414188.jpg



温室の中はランの種類が豊富でした。
お正月ミステリーツアー  その弐_a0092659_23520279.jpg

可愛い多肉植物
お正月ミステリーツアー  その弐_a0092659_23510965.jpg

ここでハーバリウム作りを体験
嫌がる夫をなだめて一緒に作りましたが
ツアーの中にはパスした男性も何人かいました。
私もハーバリウムの魅力がイマイチ分かりません…
お正月ミステリーツアー  その弐_a0092659_23515063.jpg



ハーブガーデンを出たのは夕方4時半ごろ
恐れていた渋滞に巻き込まれることも無く、
無事に家路に就くことができました。


どこに行くか分からないところがミステリーツアーの醍醐味
全部初めて訪れた場所だったこともあり、
今回もワクワクしながら楽しめました♪


諏訪大社秋宮にて
多分寒い所に行くだろうと思って防寒バッチリで臨みました!
お正月ミステリーツアー  その弐_a0092659_00071843.jpg



明日(2/22)から中米に行って来ます。
治安の悪い国ばかり7か国…
18日間の長旅、頑張って行って参ります!





by bonzok | 2020-02-21 23:59 | お正月ミステリーツアー 2020 | Comments(0)