FK’s Blog

bonzoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2019年 10月 01日 ( 1 )


2019年 10月 01日

オデッサ街歩き@ウクライナ

ポチョムキンの階段周辺は帝政ロシア時代の邸宅があった場所
現在復元工事が続いています。

海に臨んで建つコロネード(ギリシャ風の柱廊)も復元されたものです。
a0092659_23242873.jpg

a0092659_23244822.jpg


何の変哲もないこの橋の名は”愛の橋”
かつて恋人たちが南京錠を付けて愛を誓い合った場所ですが、橋の強度に影響するため鍵は外され今はタダの橋になっています。

a0092659_23363694.jpg




外された橋の南京錠はここに集まっていました。
形はハートだけど鍵が錆びついて若干汚げ…

a0092659_00023462.jpg


愛の橋からはオデッサ港が見渡せ、
眺めだけはよかったです。
a0092659_23260364.jpg


橋の上から見えた古い家並み
a0092659_23361233.jpg

a0092659_00011606.jpg

橋の突き当りが小さな公園になっていて
地図にはThe Corner of Old Odessaと書いてありました。


この公園の橋の方が”愛の橋”って感じ

a0092659_20060220.jpg



オデッサ港ポチョムキンの階段を見下ろす位置に
エカテリーナ2世像が建っています。

皆さんが一生懸命撮ってるのがエカテリーナ像
a0092659_20340833.jpg


1794年帝政ロシア時代、当時の君主エカテリーナ2世の布告によりオデッサの建設が始まりました。
エカテリーナ2世は現在の”オデッサを築いた母”と言えます

エカテリーナの下にいる男性は愛人たちです。
4人のうちの一人がポチョムキン
数百人もの愛人がいたと言われるエカテリーナ2世ですが、
ポチョムキン侯爵が生涯唯一の夫と伝えられています
本当の夫はピョートル3世ですが。


愛人たちをはべらす像ってすごいな(・・;)
a0092659_20330701.jpg



オペラ・バレエ劇場(1887年)を横から
a0092659_21014701.jpg


劇場を正面から
バロック&ルネサンス様式の豪華な劇場
チャイコフスキーもここで指揮を執ったそうです。
a0092659_21023048.jpg



劇場の横でこんな方たちが…
お着換え中のモデルさん?
a0092659_21055284.jpg




劇場前のブルーな人たち

a0092659_21075598.jpg



こちらもブルーな少女たち
中学生くらいの団体でした。社会科見学かな?
a0092659_21090221.jpg



さりげなく絵になる女性
a0092659_21100963.jpg


オデッサ街歩きはつづく





by bonzok | 2019-10-01 22:14 | ベラルーシ・ウクライナ・モルドヴァの旅 | Comments(1)