FK’s Blog

bonzoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2019年 05月 08日 ( 1 )


2019年 05月 08日

中南米の旅/32 ウルグアイの古都”コロニア・デル・サクラメント” へ

10日目/2019年2月15日

アルゼンチンのブエノスアイレスに1泊した翌朝
日帰りでウルグアイ
訪ねたのは世界遺産の街 Colonia del Sacramento(コロニア・デル・サクラメント)

ブエノスアイレスからラ・プラタ川の対岸のサクラメント・デル・コロニアまではフェリーで1時間


BUQUEBUS
と言う会社のフェリーターミナル
a0092659_23121588.jpg


早朝にも拘らずフェリーのチケット売り場は
観光客の長い行列ができていたのにはちょっとビックリ!

ウルグアイはカジノもあり麻薬も合法、だからかどうかは分かりませんが、
アルゼンチン人にも人気の観光地だそうです。

すぐ近くとは言え国境を超えるのでもちろんパスポートチェックがあります。
ここでアルゼンチンの出国手続とウルグアイの入国手続の両方を済ませてから乗船します。

a0092659_23142438.jpg



船内には免税店もあり、快適で立派な船でした。
a0092659_23251542.jpg



満員だったので、到着までみんなバラバラの席に。
家族連れが多かったので船内は賑やかでした。
a0092659_23252633.jpg



ウルグアイ入国!
フェリー乗り場だけど空港ターミナルみたい。
a0092659_23331174.jpg



このモニュメントでの記念撮影がお約束のようで
観光客が順番を待っているほどでした。
次は私たちの番♪
a0092659_23321712.jpg



が私です(~_~;)
a0092659_22562061.jpg



場所を入れ替わってもう一回撮りましょう♪と移動してるうちに
撮り終わるのを待てない次のグループが入り込んで来ちゃった
もちろん某国の方たちです…

このグループ、南極に行ってきたんだ〜すごい!
a0092659_23405391.jpg



このアートな場所はサッカースタジアムの塀
ウルグアイと言えばサッカー強国ですね!
a0092659_23461815.jpg



地元の人かな?マッタリした風景です。
これ、海じゃなくて川ですよ。
国境をまたぐラ・プラタ川は川幅が半端じゃないから海にしか見えない…😱
a0092659_00225120.jpg


コロニア・デル・サクラメントは1680年にポルトガルによって築かれた古都。

長年に渡り、スペインとポルトガルで領土争いが繰り広げられたため、
この街はスペイン様式とポルトガル様式が混在した建物が並ぶノスタルジックな街並みになっています。


真っ青な空と赤い壁のコントラストが目にも鮮やか
a0092659_19002296.jpg



旧市街の中心マヨール広場近くに現れたのは17世紀に建てられたサンフランシスコ修道院の廃墟。
何だか怪しい人がひとりいますね…
a0092659_00272760.jpg



どうやらコスプレの大道芸人みたいです。
廃墟と化した修道院に住みついた亡霊的な?
a0092659_18524793.jpg




修道院跡の後ろに見えるのは19世紀に建てられた灯台

a0092659_00280695.jpg




街のあちらこちらで目にするアズレージョのタイルに
ポルトガル統治時代の面影が残っています。

a0092659_00281846.jpg
a0092659_19361523.jpg




↓ポルトガル統治時代の面影を残すこの通りは”ため息通り”と呼ばれています。

その昔、船員たちの集まる飲み屋や売春宿が建ち並び、
売春婦たちがため息をつきながら歩いたと言うのが名前の由来とか。

a0092659_18224239.jpg



通りの先に見えるのは海…じゃなくてラ・プラタ川
どうしても海にしか見えないわ(-_-;)

a0092659_19191341.jpg


石畳は雨水が流れる様に中央が凹んでいるポルトガル様式
スペイン様式は両端が凹んでるそうです。

a0092659_18223596.jpg


この石畳、並べ方がランダム過ぎてすっごく歩きにくかったです~
a0092659_19055713.jpg



ウルグアイのシャイなガイドさんと♪
彼を見ているとウルグアイ人ってみんな謙虚な人たちなのかなぁと思ってしまう…

a0092659_19142088.jpg



ウルグアイと聞いてすぐに思い出したのが、
数年前に日本にいらしたホセムヒカ ウルグアイ前大統領
世界一貧しい大統領」として有名な方で日本でも話題になりました。

大統領の現役中、給与のほとんどを慈善団体に寄付し、
銀行口座もクレジットカードも持たず、家には水道も無く
唯一の個人資産が中古のフォルクスワーゲン
その車を公務でもご自身が運転していたそうです。

一般人でも驚くような質素な暮らしをしてきたムヒカ氏の信念は
ざっくり言うと「富よりも大切なものがある」「足るを知る」
ムヒカ氏の名言がたくさんあるので、興味がある方は調べてみて下さい。


コロニア・デル・サクラメントの街歩きはつづく…






by bonzok | 2019-05-08 19:40 | 中南米21日間の旅 2019 | Comments(0)