FK’s Blog

bonzoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2019年 04月 11日 ( 1 )


2019年 04月 11日

中南米の旅/13 イースター島先住民の遺跡



地球で最も孤立した島”と言われるイースター島は
未だに解明されていない独自の文化や習慣が残る神秘の島です。
イースター島内にはモアイだけ無く様々な遺跡が残っていました。


Vaihu(ヴァイフ)
このストーンサークルは”モアイの目に魂を入れる儀式”をする場所だそうです。
後ろに見える大きな石ころみたいなものは全部倒れてるモアイ像
a0092659_18100783.jpg


倒れた8体のモアイの手前に見える赤い石はモアイの帽子”プカオ
部族争いによって倒された像がそのまま放置されています。
a0092659_18261646.jpg


↓このシュールな光景はPuna Pau(プナ・パウ)

モアイの頭の上に乗ってるプカオの製造工場です。
プカオの材料、赤い凝灰岩が切り出す丘なので地面も赤い土でした。

プカオは帽子みたいですが、髪の毛を模したものだそうです。
横の人と比べるとその大きさが分かるでしょ。
a0092659_18262516.jpg


10トンもあるプカオをどうやってモアイの頭に乗せたのか?
その方法は未だに解明されていないそうです。


プカオを被った”アフ・ナイナイ”のモアイ
a0092659_17025173.jpg




↓Te Pito Kura(テ・ピト・クラ)
地球のへそ」と言われるこのまあるい石は磁気を帯びていて不思議なパワーがあるんですって。
つい最近まで周りの石垣に入り口があって石に触ることができたのですが、
マナーの悪い観光客に怒った住民が塞いでしまったそうです。
パワーストーン、触ってみたかったな…

a0092659_23145986.jpg


Ahu Akahanga(アフ・アカハンガ)
↓破壊されたモアイが無数に転がっています。
「モアイに触るな」のサインが無かったらタダの石ころにしか見えないですよね

a0092659_23052978.jpg



アカハンガの入り口にちらっと見えたこの方
a0092659_00411634.jpg


一体誰なのか聞きそびれてしまったけど、
多分先住民の偉い人
この彫像、ピカピカで出来立てホヤホヤって感じでした。
こんなもの造らなくてもいいのに…
a0092659_00250120.jpg



Ahu Vinapu(アフ・ヴィナプ)

地味なビジュアルですが…
これは南米インカ文明を思わせる非常に精巧な石組みのアフ(祭壇)です。

他のアフは石を雑に積み上げてるだけなのになぜかここだけ見事な石組み
大陸から遥か遠く離れたイースター島にインカ文明の遺跡が残っていることが謎です。

この石組みはペルーのマチュピチュで見られるものに酷似しているそうで
私以外のツアー仲間全員が”そうそう”って納得してました。
つまり、皆さんマチュピチュに行ってるってこと。
今回 ”初・南米”は私だけでした…(~_~;)

手前は顔だけのモアイ、身体は埋もれてるそうです。

a0092659_00253321.jpg



ボートハウスと呼ばれる船型の住居跡 ”ハレ・バカ”
凄く綺麗に残ってると思ったら復元でした。
a0092659_00460458.jpg




朝早くここを訪れた時、
現地のガイドさんが辺りにある石組みの石を一個動かして
何してるのかな?って思ったら
中からニワトリがぞろぞろ出て来てビックリ!

a0092659_00464025.jpg



この石組み、”ハレ・モア”と言うニワトリ小屋の遺跡でした。
ニワトリが盗まれないように石で塞ぐ工夫をしてたそうです。
朝外に出して、夜はこの中に入れるんですって。
中は真っ暗ですよね、ちょっと可哀そう…

a0092659_00465151.jpg



他の遺跡もあったはずだけど、
ニワトリの写真ばかり撮ってて話を聞いてませんでした…スミマセン
(-_-;)

a0092659_19411862.jpg
a0092659_00052017.jpg






by bonzok | 2019-04-11 23:14 | 中南米21日間の旅 2019 | Comments(0)