FK’s Blog

bonzoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2018年 10月 02日 ( 1 )


2018年 10月 02日

パレルモ 7 歴代シチリア王が眠る大聖堂”カテドラーレ”

クアットロ・カンティから一旦ホテルに戻ってひと休み。

シャワーを浴びて、夕方再び街歩きに繰り出しました。

夏のヨーロッパは日が長いから夜まで目いっぱい街歩きが楽しめます♪


ホテルからほど近い新市街の中心に建つ ポリテアーマ劇場
a0092659_22562551.jpg



ここも何度も通ったマッシモ劇場
前述しましたが、ゴッドファザーPart3に出て来た場所です。
a0092659_23020868.jpg





ここから大聖堂(カテドラーレ)に向かいましたが、
地球の歩き方には17:30までと書いてあるから中には入れない…

カテドラーレまではあちらこちらにゴミの山が目に入る汚い道ばかりでしたが
目の前にこの姿が現れた時はちょっと感動でした。

辿り着いたのはカテドラルの裏側
後ろ姿も美しい…

a0092659_23085708.jpg




大聖堂の裏側でしたが、近くで見ると壁面に施された細かい装飾が美しい。
後で調べたらこの後陣部が唯一創建当時(1184年)の姿を留める部分だそうです。
たまたま後ろから入らなければ見られない場所でした。


a0092659_00201232.jpg




正面に廻ると巨大な大聖堂が目の前に現れました。
時計が7時20分を指してます。夕方と言うよりもう夜ですね。

a0092659_14221007.jpg



創建は1184年
シチリア・ノルマン様式と言う建築です。


建物が長すぎて全部が収まらない…(-_-;)

a0092659_14242197.jpg



創建から600年に渡る外国支配により様々な建築様式で増改築が繰り返されたそうです。
確かに若干統一感が無いかも…

a0092659_23185482.jpg





もう閉まってると思ってたら扉が開いているではありませぬか!
よかった!中に入れる♪

a0092659_23545374.jpg




入り口の上部に小さなモザイク画の聖母子像がありました。

a0092659_23195249.jpg




新古典様式と言われる内部はとてもシンプル
この日見て来た教会が過剰なほどデコラティブだったから物足りないとさえ感じてしまいました。

a0092659_23214244.jpg

a0092659_23220757.jpg



細かい彫刻が素晴らしい聖水盤
a0092659_14102096.jpg





主祭壇の左右に小さな祭壇もいくつかありました。

a0092659_23540806.jpg


a0092659_00241616.jpg



『聖ロザリアの礼拝堂』
奥に置かれた銀製の聖遺物庫には聖人の骨が入っているそうです。
a0092659_14130265.jpg




美しいカテドラーレに別れを告げ、街歩きは続きます。

a0092659_14080859.jpg





by bonzok | 2018-10-02 23:57 | シチリア9日間の旅 2018 | Comments(0)