FK’s Blog

bonzoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2018年 09月 08日 ( 1 )


2018年 09月 08日

ポーランドの旅 25 ワルシャワ旧市街


ワルシャワは第2次大戦時のナチスドイツによる爆撃で徹底的に破壊されました。

建物の85%がガレキと化したワルシャワの街は

戦後、市民の熱い想いによって街はヒビひとつまで忠実に再現され、

かつての美しさが蘇ったのです。


☟王宮広場、右の建物が王宮です。
a0092659_17353127.jpg



旧市街広場にもカラフルな建物が並んでいました。

レリーフや装飾画のすべてが戦前と同じように再現されています。

a0092659_21160671.jpg



ここまで忠実に再現できたのは、
ナチスドイツの占領を予見したワルシャワ工科大学の先生が学生と一緒に35000枚もの建物のスケッチを残していたお陰でした。

その膨大な資料さえもナチスに狙われ、市民たちは命がけで守り抜いたそうです。
街を破壊した後も再建を阻止しようとするナチスの執拗さにも驚きです。

ガレキと化した街並みを見事に蘇らせたワルシャワ市民の「不屈の熱意」が評価され、歴史地区はユネスコ世界文化遺産に指定されています。



クラクフ通りで見た男像柱(アトランティス)
これも見事に復元されたのですね。
a0092659_20240636.jpg



a0092659_20395306.jpg





壁に絵が描かれた建物もたくさん見かけました。
戦前のワルシャワは本当に美しかったのでしょうね。
a0092659_19591358.jpg




ガイドさんと周った場所と一人歩きで見て来た場所を
ざっくりとご紹介します。





ワルシャワ大学の正門
大学の一番人気は”日本語学科”ですって。
a0092659_17165207.jpg



これは前日の夕方、と言うか夜8時ごろ
ワルシャワ大学は観光客が行き交う賑やかな通りにありました。
a0092659_17103010.jpg



大統領官邸
ここもワルシャワ大学と並んで
ショップやカフェが建ち並ぶクラクフ郊外通りに面していました。

a0092659_17092780.jpg




ヴィジトキ教会

ショパンが学生時代に日曜ミサでオルガニストをしていたそうです。

☟これは夜8時ごろお散歩で通った時
a0092659_17104623.jpg


この有名なヴィジトキ教会
ガイドさんと行った時は外観を見るだけで素通りでした。
教会は内部が素晴らしいのに勿体無い…(-_-;)

手前の像はステファン・ヴィシンスキーというカトリック枢機卿
ナチスや共産主義に反対したことでも有名で、法王ヨハネパウロ2世と共に国民的英雄として尊敬されているそうです。

a0092659_17120944.jpg



やっぱり中が見たくて翌日もう一度行ってきました♪

a0092659_20045711.jpg



ショパンが奏でたのはこのパイプオルガンでしょうか。
a0092659_20042924.jpg


比較的小さな祭壇でしたが見事な彫刻やレリーフに囲まれた美しい教会でした。

a0092659_20051552.jpg



アダム・ミツキェヴィチ像と後ろに見えるのがカルメル教会
a0092659_20170238.jpg



アダム・ミツキェヴィチはポーランドの国民的詩人で政治活動家だそうです。
勿論初めて聞いた名前ですが、
こんな立派な像が建ってるくらいですからポーランドの英雄なのですね。

a0092659_20200440.jpg



ワルシャワは至る所に像が建っていましたが、
名前を聞いても知らない人ばかり (ーー;)


この方は超有名だから知ってましたよ。
ポーランドが生んだ天文学者 ”コペルニクス”です。

a0092659_20363164.jpg



この通りに建つ街灯やアイアンフェンスが素敵でした。


a0092659_20222915.jpg


歴史地区歩きはつづく…





by bonzok | 2018-09-08 20:59 | ポーランドかわいいものめぐり8日間 | Comments(0)