旧市街で最も有名な広場が大聖堂に面するオブラドイロ広場ですが、
街歩きをしていると至る所に広場がありました。

いつも賑やかなオブラドイロ広場

a0092659_23101676.jpg

a0092659_18385924.jpg


↓早朝、パラドールから撮ったオブラドイロ広場
昼間の喧騒とは打って変わって静寂な風景でした。

a0092659_18400633.jpg


↓大聖堂の裏側にあるキンターナ広場はいつも大道芸がいて観光客でいっぱい!


長い行列は大聖堂に入るために並ぶ人たちです。
こちらの入り口は聖ヤコブ像の後ろから触ること(ハグ)ができるので長い行列ができているんです。


a0092659_18244281.jpg



↓行列の壁に見えるのは『聖なる門』
門の上に立つ方が聖ヤコブです。

この門が開かれるのは7月25日の『聖ヤコブの日』が日曜日となる『聖ヤコブの年』だけであとの日は閉じたままです。

2010年の聖ヤコブの年に爆発的な”サンティアゴ巡礼ブーム”が起きたそうです。
次にこの門が開くのは2021年、また巡礼ブームが起きるのでしょうか。


a0092659_18252410.jpg


プラテリアス広場
女神の像の噴水があるこじんまりとした広場でしたが、
いつも観光客で賑わっていました。

別名”銀細工広場” 
かつて銀細工師たちが店を開いていた広場だったことがこの名の由来です。
歴史のありそうなこの建物は聖堂参事会会議場


a0092659_19162557.jpg




↓サン マルティン ピナリオ修道院
に面した
インマクラーダ広場

17世紀に建てられたこの修道院も大きくて立派な建物でした。
中に入ることできませんでしたが、現在一部宿泊施設になっているそうです。
私の横の人たちが見上げてるのは大聖堂。

a0092659_22390337.jpg




↓Praza do Toural
(トウラル広場かな?発音が合ってるかどうかは不明)
右の古い建物は...ってこの街の建物は全部古いんですけど(~_~;)
Eugenio Granellと言う前衛画家の美術館になっていました。
これも発音が分からない…


a0092659_22151177.jpg





街の中はどこを歩いても絵になります。

a0092659_23204597.jpg


大聖堂の修復姿は本当に残念だけど…

a0092659_22490742.jpg




どの通りにも巡礼者の姿がありました。


a0092659_22402508.jpg


a0092659_22511188.jpg





感懐深めに佇む巡礼者

a0092659_23372764.jpg




ピナリオ修道院をスケッチしてる方を見かけ、
話しかけたらなんと!日本人でした。

a0092659_23314421.jpg




この方も巡礼者でした。
フランスルートで40日かけてサンティアゴに到着されたそうです。

a0092659_23004057.jpg



前日バルセロナで悲惨なテロ事件があったので
警察官の姿が一気に増えた気がします。

a0092659_22394056.jpg

つづく



by bonzok | 2018-02-05 23:29 | ルルドからサンティアゴへ2大聖地を訪ねて

トールペイントと旅の話を中心に日々の出来事を綴っております。旅友募集中です。どなたか旅をご一緒しませんか?
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28