FK’s Blog

bonzoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2010年 01月 19日 ( 1 )


2010年 01月 19日

セミナー作品の下準備

今月30日に東京からスタートして、大阪、名古屋、福岡とセミナーを巡回致します。

そろそろセミナーの下準備を始める方もいらっしゃるかと思いますので、
少しだけアドバイスをさせて下さい。

■ 初めにシーラーはスポンジングまたはスポンジローラーで塗りますが、
  シーラーは濃度があるもの(オールパーパスシーラーなど)を使って、
  たっぷりめに素材の上に直接乗せます。

■ スポンジングは、シーラーが渇き気味になってくるまで気長に充分に叩いて
  なるべく細かい凹凸にして下さい。
  力を入れずに優しく叩いて下さいね。

■ ドライヤーを使うと風圧で凹凸が沈んでしまうことがあるので、
  なるべく自然乾燥をして下さい。

■ シーラーが乾いた後、凹凸が少ない時は、もう一度初めから同じ行程を繰り返してください。
  

■ シーラーだけで細かい凹凸が出ていれば、テクスチャーペーストは必要ありません。
  手で触って、荒めのサンドペーパー(#180ぐらい)ぐらいの感じになれば大丈夫です。

■ シーラーによって凹凸が出ない場合は、
  テクスチャーペーストをスポンジングまたはスポンジローラーでつけますが、
  この時も、なるべく細かい凹凸になるように注意してください。

■ 今回の作品は、私はシーラーだけで凹凸をつけましたが、
  これがなかなか皆さんには難しいようなので、
  インストラクションにはテクスチャーペーストの行程を加えました。

■ シーラーだけで充分な凹凸が出た場合は、
  テクスチャーペーストの行程は省いて結構です。

■ バックの塗り方
  ブラックをベタ塗りしますが、この時、せっかく作った凹凸が消えないように、
  スポンジングの方法をお薦めします。
  中心の絵のグラデーションの周りだけ筆を使うか、
  絵の形に紙をおいてスポンジングしてください。

セミナー作品の下準備_a0092659_10455799.jpg



今回は下準備は少ない方ですが、
細かい凹凸が大事なポイントになるので、皆さん、頑張って下さいね!

セミナーは全部で6回なので、
私は6個分の下準備をするんですよ。

・・・ちょっと言ってみただけです(;-.-)


何か解らない事がありましたら、ご遠慮なくお聞きください♪

by bonzok | 2010-01-19 10:49 | Works | Comments(8)