FK’s Blog

bonzoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 01月 17日

モーリス・センダック


映画「かいじゅうたちのいるところ」が昨日から公開されています。

a0092659_13155172.jpg


今さらご紹介するまでもないと思いますが、
モーリス・センダックの世界的なベストセラーの実写版です。


息子も好きだったこのお話
何度も何度も読み聞かせたので、だいぶ年季が入ってます。
a0092659_13561257.jpg


この本を買った日付を見ると、息子がまだ1歳の時でした。
もしかしたら、自分が欲しくて買ったのかも・・・(;-.-)
a0092659_13371436.jpg



センダックの絵はすごく好きですし、この「かいじゅうたち」も大好きですが、
実写となるとイメージが壊れそうで、映画は見たいような見たくないような・・・
それにしても、あの短くてシンプルなストーリーをどんな風に膨らましたんでしょう?

この映画は、実は2006年に制作され、
試写での子ども達の反応がよくなかったため、一般公開が見送られた作品だそうです。
今回、追加撮影と編集を経て公開にこぎつけたという曰くつきの映画です。

とにかく、このお話の魅力はセンダックが作り出したユニークな「かいじゅうたち」
絵本ではとても可愛くて愛すべきキャラクターですけど、
毛むくじゃらのリアルな「怪獣」になってしまうとちょっと怖いかも。
はたして子ども達にウケルのでしょうか?
もしかしたら、子どもより大人向けの映画なのかしら?

a0092659_14431479.jpg


センダックの本は他にも何冊かあったはずですが、
「かいじゅうたち」以外の日本語版は差し上げてしまったようで残っていませんでした。


子どものためじゃなくて、自分のために買った「くるみ割り人形」
a0092659_1472452.jpg

「もくじ」の装飾も凝ってます
a0092659_1474362.jpg


画像ではわかりませんが、手のひらに乗るほど小さな可愛い絵本です。
これも、息子のためではなく自分が欲しくて買ってしまいました・・・^^;
a0092659_14212399.jpg


by bonzok | 2010-01-17 14:49 | ART | Comments(2)
Commented by gracei at 2010-01-17 23:59
先生、大変おひさしぶりです。
新年のご挨拶も遅れておりました。
m(_)m
あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
<(_ _)>
先生の虎の絵、すご〜い☆★と思いました。
ご自分で描けるのがすごいなあ。

娘と息子、ダブル受験で気忙しくしていましたが、
センター試験も終わり、すでに決まっている娘は次のステップへ。
息子は、来月の公立高校受験準備に入りました。
家族は、今度は息子を見守ります。

今日のセンダックの「かいじゅうたちのいるところ」のお話し、うちも好きでした。
映画が上映されるということで、同じように心配しながらも、
見に行きたいねと話しています。
先生がセンダックさんにツボってわかるような気がします。
不思議で怪獣のくせに可愛いところが、魅力ですよね♪
Commented by bonzok at 2010-01-18 22:09
Amiさん、お久しぶりです♪
お子様たち、W受験なんですね。
うちは一人っ子でしかも中学受験しか経験がないんですが、
高校、大学受験のご家族は本当に大変そう!
よい結果になる事を祈ってます。

年賀状の虎の絵は、
藍染め(筒描き)の文様をアレンジして色をつけただけ。
「作品」じゃないから、超手抜きで描いたの・・・

私はセンダックの荒唐無稽で意味のない世界が好き。
とにかく、ちょっとヘンなものが好きなんですよ・・・(-_-; )


<< セミナー作品の下準備      町内新年会 >>