FK’s Blog

bonzoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 02月 05日

イワン・ビリビン



またまた“ARTS&CRAFTS展”つながりです。


a0092659_0565246.jpg



私の好きな作家に“イワン・ビリビン”と言うロシアの挿絵画家がいるのですが、

今回の展示の中に彼の作品を見つけたときはびっくりしました。

ビリビンも「ARTS&CRAFTS運動」に関わっていたんですね。


a0092659_2384184.jpg


Ivan Bilibin(英語読みではイヴァン・ビリービン)は

ラッカムやデュラック、ニールセンと並んで、

20世紀初頭に最も活躍したイラストレーターの一人です。

a0092659_12195532.jpg


ロシアでも19世紀末、文芸復興運動のようなムーブメントがあって、

ビリビンはその中心的人物として活躍したそうです。


同じ頃、イギリスでもARTS&CRAFTS運動が始まっていますが、

ロシアの運動と、どうリンクしたのかは私もよくわかりません。


a0092659_103771.jpg




彼の作品は、

物語の場面にロシアの民族柄やアールヌーボー装飾も巧みに取り入れて

挿絵と言うより装飾芸術と言っていいと思います。

挿絵だけでなく、舞台装飾や衣装のデザインなども手がけていて、

装飾全般に渡って、非常に大きな影響力をもった作家だったようです。

a0092659_255055.jpg



日本の浮世絵の影響も大きく受けているそうです。

↓ この作品はちょっと浮世絵っぽいですね
a0092659_2153830.jpg



ロシアの伝統工芸「ミニアチュール」を思わせるその緻密さは、

さすがロシア!と言う感じです。

以前、ここでご紹介した“スピリン”もそうですが、

ロシア系の画家は、たいてい超細かい絵を描きますよね。


a0092659_223336.jpg


a0092659_11135134.jpg





突然、私の絵でスミマセン・・・

以前描いたカレンダーの原画です。
a0092659_130449.jpg


ちょっと“ビリビン”テイスト入ってます?

ロシアっぽく、隙間を全部模様で埋めてやる~って勢いで描き始めましたけど、

気が遠くなるほど苦労しました・・・


今まで私が描いた作品の中では、細かさベスト3に入ってると思います(-_-; )
a0092659_9393227.jpg





↓ 「麗しのワシリーサ」と言うロシア民話の表紙

この本は日本語版も出ていますが、残念ながら現在は絶版みたいです。

「ARTS&CRAFTS展」に展示されていたのはこの本

a0092659_220482.jpg




この本を探してますa0092659_19275284.jpg
ビリビンの本は入手が非常に困難で、

私は一冊も持っていません・・・(ーー;)

2001年に出版されたビリビンの画集を

ず~っと探してるんですが、

もし入手できるようでしたら、

是非教えてくださいませ♪



画像は
こちら(ロシア語)からお借りしました。


by bonzok | 2009-02-05 19:40 | イワン・ビリビン | Comments(9)
Commented by moriko at 2009-02-06 01:34 x
初めまして。
先生のご本、とても素晴らしく毎回感動しております。
突然のコメントお許しください。
イワン・ビリビン 私も大好きなんです。
急に名前が出てきたのでとても驚いてしまいました。
5枚目のイラストの絵本、以前持ってました!!!
すっごい懐かしかったです。
びっくりしてコメントしてしまいました。
お許しください。
Commented by furuya at 2009-02-06 10:32 x
moriko さん、初めまして♪

ビリビンの絵本を持ってらしたんですね。
私は図書館でしか見ることができないんです・・・(ーー;)

ここで私が好きな作家のことを書くと、
ギャレットでも『私も好きです』っていう方が多いですよ。
やんぱり、みんな好みが似てるんですね。

moriko さん、
コメント書いてくださったのに『お許しください』って言わないで~

来ていただいて、とても嬉しかったです!(ё_ё)
Commented by yukinoko at 2009-02-20 09:42 x
はじめまして。突然失礼致します。
お探しの本、「古本海ねこ」さんで、数冊お取り扱いがあるようですよ。
売り切れる前にご覧になれますように・・・。

一古本コレクターより。
Commented by bonzok at 2009-02-20 12:25
yukinokoさま、初めまして♪
貴重な情報、ありがとうございました!
すぐに注文しましたけど、間に合ったかしら・・・

この記事を書いたとき、うみ猫さんのHPも見たんですが、
その時は売り切れだったので、諦めていました。
再入荷したんですね!
手に入るといいなぁ・・・( ̄  ̄;)

それにしても、yukinokoさん、
ここをよくぞ見つけて下さいました!

地味~に佇んでるブログですが、
また時々、見に来て下さいね♪
Commented by bonzok at 2009-02-23 17:32
yukinokoさん、
ビリビンの画集、ゲットできました!
お知らせ頂いてホントによかったです。
ありがとうございました。
もうここはご覧になってないかも知れませんが、
取り急ぎご報告まで♪
Commented by yukinoko at 2009-02-24 22:55 x
画集、間に合ったんですね、よかったです♪
私も無事届きまして、ゆっくりじっくり楽しんでおります。

再入荷の記事を読んでから、あらためて画像などネットで見ているうちに
こちらのブログに辿りつきました。
突然失礼かな、と思いつつ、お知らせしてしまいました。

こちらの数々の美しい絵や旅行の写真などにも癒されました~~^^
これからも拝見させていただきますね!
Commented by チデジカ at 2009-08-09 23:07 x
はじめまして。突然なのですが、ビリビンの画集について質問させていただきたいのです。
今、ビリビンの画集をインターネットで買おうか迷っているのですが、なにゆえインターネットで購入するので中身が確認できません。 先日、図書館で日本語版「金鶏物語」、「サルタン王」、「カエルの女王」を見てきたのですが、ここのブログに載っている画像よりも色が地味に見えて(発色が良くない)、印象が違いました。
ビリビンの画集の色はいかがでしたか?図書館で見たものは日本語版だから発色がよくないのか、まだビリビンを知ってから日が浅いので、分からなくて、ご質問させていただきました。
画集もお安い値段ではないので、とても迷っています。

すみません。長々と書いてしまって・・・。furuyaさんの個人的な感想でよいので、画集についてお聞かせ願えればと思います。
Commented by bonzok at 2009-08-10 09:35
チデジカ さん、はじめまして。
ビリビンの画集も印刷は若干濃い目ですが、
今まで見た本の中では段違いに鮮明だと思います。

どの作家の本もそうですが、
色に関しては印刷物になった時点で実物と違ってしまいますし、
印刷を繰り返しているので、どんどん発色は悪くなっていきます。
ある程度仕方がない部分もありますね。

ビリビンの画集は確かに値段も高いですし、
全部ロシア語なので、内容が解らないのが残念ですが、
ビリビンファンとしては持っていたい一冊だと思います。
Commented by チデジカ at 2009-08-10 21:47 x
早速、お答えいただき、ありがとうございます!

お答えを頂いて、気が晴れました。私は絵を描く人間なので、画集や絵本などは見てよければ高くても買ってしまう方なのですが、中身が見れないものには少し躊躇してしまうんです。。。。
でも、ビリビンの画集は日本の絵本より鮮明だという事で、安心しました。
本は出会った時に買っとかないと、後悔するので、買おうと思います。
(それでなくとも、ビリビンの本は手に入りにくいですし。)

ありがとうございました!


<< 描いてます・・・(ーー;)      アンドリュー・ワイエス逝く >>