FK’s Blog

bonzoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 01月 15日

ヴェトナム戦争

a0092659_23192519.jpg


1975年ヴェトナム戦争が終結して、サイゴンは"ホーチミン"に変わったはずですが

実際行ってみると、サイゴンの名前は健在でした。

現地の人もサイゴンって言ってましたし、

街のあちこちでSAIGONという文字を見かけました。


サイゴンの街はホー・チ・ミンの肖像や銅像があちこちにあって、

どこへ行っても顔入りTシャツやグッズがお土産として売られてました。

フランス植民地時代からヴェトナム戦争まで、

祖国開放のために延々と戦ってきた革命家ホー・チ・ミンは、

今も国民に慕われ続けています。

ちなみに、人物の方が“ホー・チ・ミン”で、

地名の場合が、“・”無しで“ホーチミン”と区別するそうです。




ホー・チ・ミン像の前で・・・やはり観光客が多い
a0092659_23255873.jpg


ホーチミン中央郵便局
ここにもホー・チ・ミンの肖像画がデ~ンと掲げられていました
a0092659_13746.jpg


ここは、「戦争証跡博物館」
ヴェトナム戦争での悲惨な傷跡が“証拠”として展示してありますa0092659_2214283.jpg













a0092659_215116.jpg
入り口には実際に使われた戦車や戦闘機が展示されていて、ここまでは観光気分でしたが、
館内に入ると気持ちが一変してしまいました。









a0092659_2552829.jpgここに展示してあるのは、ほとんどが目を背けたくなるものばかりです。

観光客もここでは笑顔はありません。

多分アメリカ人も多かったようですが、
どんな気持ちで見てたのかなぁ・・・



館内に入ってからは、あまりの悲惨さに、もう写真を撮ることさえできませんでした。

枯葉剤の影響で今も苦しむ人々の写真や、ホルマリン漬けになった奇形児・・・

生首をぶら下げて微笑むアメリカ兵

政治犯がどのように拷問を受けたかをリアルに再現した展示や写真

どれを見ても、本当にショックでした。

でも、ヴェトナムと言う国を訪れるからには、

ヴェトナム戦争の悲惨さをしっかりと再認識すべきだと思います。

戦争は本当に愚かです。




by bonzok | 2009-01-15 17:01 | ホーチミン 2009 | Comments(2)
Commented by アッシュ at 2009-01-16 18:15 x
先生のヴェトナムレポート、
うんうんと頷きながら、
興味深く読ませていただきました。

サイパンでも沖縄でも、
青い空や白い砂を楽しみながらも、
悲しい過去があったことを、決して忘れてはいけないのですね。

ところで昨日、やっと『上野の森美術館』に行くことが出来ました。

一階で見た『犬・ライオンのいる構図』・・・・
ちゃんと美術を学んだ事の無い私には、
あの筋肉をビラビラと誇張して描かれている感じが、
いまひとつ理解出来ませんでしたけれど、

2階に展示してある、たくさんの『宗教画』には、
本当に心を奪われました。

『イブ』と題した作品がとても綺麗でしたので、
ポストカードを買って帰りました。。。。



Commented by bonzok at 2009-01-16 23:28
フジタの作品は、
立体感をあえて出さないで、アウトラインも細く入れてるから、
日本画のようにも見える。

純粋絵画なんだけど、装飾画とかイラスト的な感じもあるよね。
私はそこが好きなのよ。

「イブ」は、ちょっとフジタっぽくないけど美しい顔立ちだったね。
今度、ギャレットに図録を持っていくね♪


<< サイゴンはカオスの街      ヴェトナムの結婚式 >>