FK’s Blog

bonzoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 10月 31日

Alice

a0092659_16415566.jpg

Aliceの本も、いつの間にかこんなに増えていました。

一番大切にしているのがこれ
“The Nursery Alice”
1890年に出版された本の復刻版です
a0092659_22541157.jpg

大切にしてる割りにボロい!って思われそうですが、
買ったときからカバーが少し破れてたんです・・・(ーー;)

表紙の絵だけがガートルード・トムソンという画家が描き、
中身はテニエルの挿絵です。
『不思議の国のアリス』の物語を幼児向けに縮め、
テニエル自身が彩色したそうです。


これは、Pop-up(飛び出す)絵本
a0092659_1654389.jpg


中を開くとこんな感じ
a0092659_16301774.jpg


この挿絵はPeter Weevers
優しい色合いの水彩画です
a0092659_16552825.jpg

色もタッチも優しげだけど、
私にはちょっと物足りないかな?
a0092659_2258765.jpg


ユニークなアリスが面白くて衝動買い・・・
a0092659_1656276.jpg


大好きな金子國義のアリス
a0092659_1657519.jpg


このクイーンアリスを初めて見たときは衝撃的でした
10数年前だと思いますが、伊勢丹で開催された「金子國義のアリス展」で展示されていた作品のひとつです。
a0092659_23216.jpg


このアリスに触発されて描いた絵がこれ
12年前の作品なので、今見るとチト恥ずかしい…
a0092659_295176.jpg



スロバキアの作家Dusan Kallay(ドゥシャン・カーライ)のアリス
a0092659_23441814.jpg

タイトルは、なぜか”ALICE”ではなく“ALENKA”
中身はスロヴァキア語なので、見たこともないような文字が並んでいます。

ドゥシャン・カーライの本はなかなか手に入らなくて、
これもやっと手に入れた一冊なんですよ。


これは絵本ではなくて、
いろいろな作家の挿絵を集めた一冊
a0092659_2304173.jpg

本は小さいけど、結構厚い本です。
a0092659_0143489.jpg

1800年代の挿絵もたくさん載っています。
a0092659_1745111.jpg


Aliceの話はまだまだ語りつくせないので、

To Be Continued・・・


by bonzok | 2008-10-31 00:20 | Alice | Comments(4)
Commented at 2008-10-31 17:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by bonzok at 2008-11-01 12:47
アッシュタン、
私が撮った写真だからイマイチなんだけど、
楽しんでくれてるんなら、よかった♪
私、ほんと撮るの下手なんだよね・・・(ーー;)

ブーリン家、私も見たいと思ってた。
アッシュタン、映画よく見てるよね。
ギャレットシネマ倶楽部で感想を報告してくださいませ!(ё_ё)





Commented by yuyu at 2008-11-02 10:34 x
さすが先生、いろいろなアリスをお持ちですね~!!
作家の個性がそれぞれで、どの本も素敵ですね。

うちにも ロバート・サブタの飛び出す絵本があります。
どこの本屋でもたいてい置いてあるので、先生もご存知だと思いますが、、、、
飛び出す絵本って作りがスゴイですよね。
制作を どうやって考えてゆくのだろう?と感心してしまいます。

Commented by bonzok at 2008-11-02 17:08
飛び出す絵本は、子供のためと言う名目でいろいろ買いました。
実は自分のためだったんだけどね。(・・。)ゞ

子供に飛び出す絵本なんか触らせたら、
すぐ破っちゃったり、壊したりするし・・・
飛び出す絵本って、実は大人向けなのかもね。


<< Alice Part2      秋晴れ >>