FK’s Blog

bonzoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2021年 03月 24日

奈良の旅 16 法隆寺夢殿

法隆寺で最後に訪れたのは夢殿

五重塔のある東伽藍から夢殿のある西伽藍までの間にも
多くの建物が点在していました。


東伽藍に向かう長い石畳

奈良の旅 16  法隆寺夢殿_a0092659_15183247.jpeg




歩いているのは住職さんと私たちだけ

奈良の旅 16  法隆寺夢殿_a0092659_18105903.jpeg





東伽藍まで土壁の塀が続きます。

奈良の旅 16  法隆寺夢殿_a0092659_18114051.jpeg





これは門松?

奈良の旅 16  法隆寺夢殿_a0092659_18095837.jpeg




この門松
梅の花が咲いて無くて気が付きませんでしたが
近くで見るとちゃんと松竹梅が植えられていました。

奈良の旅 16  法隆寺夢殿_a0092659_15193271.jpeg




夢殿聖徳太子を供養するために建てられたお堂です。
建てられたのは太子没後100年も経ってから。
天平11年(739年)の建立です


”夢殿”と言う名前は
かつて太子が法隆寺に籠って瞑想した時に
黄金の人が現れたと言う故事に基づいているそうです。
ロマンチックで素敵な命名ですね。


奈良の旅 16  法隆寺夢殿_a0092659_15245045.jpeg



夢殿の中に救世観音が祀られていますが
特別公開の期間以外は見ることができません。

救世観音は聖徳太子が生きている時に
その姿を写した等身大の像と言われています。

奈良の旅 16  法隆寺夢殿_a0092659_15265749.jpeg





歴代聖徳太子像と夢殿が描かれたお札が飾ってありました。
こうして見ると聖徳太子像って
お札の定番だったんですね。

奈良の旅 16  法隆寺夢殿_a0092659_13573050.jpeg




夢殿の回廊左手にある鐘楼
更に進むと中宮寺があります。

奈良の旅 16  法隆寺夢殿_a0092659_15242255.jpeg



超有名な半跏思惟像が祀られている中宮寺って
法隆寺の中にあったんですね。

拝観料を払おうと思ったら
「半跏思惟像は福岡へ貸し出し中ですが…」と言われて
中に入るの止めました (ーー;)

奈良の旅 16  法隆寺夢殿_a0092659_18193495.jpg



法隆寺から法隆寺駅に戻るためにタクシー乗り場に行ったら
全く来る気配が無いので案内所に聞きに行くと
電話で呼ばなくて来ないとのこと。
えぇ~!こんな観光地なのに?

「あと5分ほどでバスが出ますよ」と教えて頂いて
慌ててバス乗り場へ
ギリギリセーフでバスに乗り込むことができました。
よかった~!
法隆寺駅まで乗客は私たちだけ

最後まで人がいない法隆寺見物でした。


後ろに見えるのが夢殿
奈良の旅 16  法隆寺夢殿_a0092659_15273194.jpeg







by bonzok | 2021-03-24 14:00 | お正月奈良の旅 2021.1 | Comments(0)


<< 奈良の旅 最終回 奈良ホテル      奈良の旅 15 法隆寺 大宝蔵... >>