FK’s Blog

bonzoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 11月 12日

秋の木曽路 其の弐 妻籠宿

馬籠宿から妻籠宿へは車で20分足らずの距離でしたが、
中山道沿いの紅葉が美しくて何度も途中下車してのドライブでした。

a0092659_17345765.jpg


真っ赤も綺麗ですが、ピンク、オレンジ、緑の淡いグラデーションも本当に綺麗でした。
a0092659_17301680.jpg


木曽路はすべて山の中…2日間ず~っとこんな景色の中を走りました。
a0092659_18151308.jpg


もう紅葉は過ぎてるかと思ったら、ちょうど見頃だったようでラッキーでした♪
a0092659_17592967.jpg


馬籠と妻籠を結ぶ旧中山道を歩いて行き交う方も大勢見かけました。
ほとんど車が走っていなかったので歩く人の方が多いのかしら…
a0092659_17442253.jpg


妻籠宿に到着したのは11時頃、
まだ早い時間なのか駐車場はガラガラ、観光客もほとんどいませんでした。

a0092659_18173886.jpg



行楽の季節しかも連休のこの日、人でごった返してるかと思ってたのに余りに閑散としていて何だか拍子抜け…

a0092659_18175735.jpg



でも、江戸時代の風情を味わうには人が少なくてよかった♪(~_~;)
a0092659_18364663.jpg




妻籠宿は日本で初めて古い町並みを保存した宿場町で
 現在、国の”重要伝統的建造物保存地区”になっています。

a0092659_19072610.jpg


日本の原風景と言うか、時代劇のリアルなセットみたい…
馬籠と違って本物の江戸時代って感じでした。
a0092659_22442434.jpg



街並みの保存に尽力する姿勢とおもてなしの心を感じました。
a0092659_18522059.jpg




宿場は今も現役の旅館や民宿として頑張っています。
江戸時代から続いてるって凄いですね!
a0092659_18453127.jpg



”旅人御宿”と言う看板、風情があります。
a0092659_18561656.jpg



☟丁子屋という旅籠(はたご)
ここも相当古そうです。
調べてみたら1日1組(1~2名)のみ、1泊4500円でした
中はどんな造りなんでしょう…ちょっと泊まってみたい♪
a0092659_19202253.jpg


ここにも干し柿がぶら下がってる。
柿が縄で包まれてる干し柿、初めて見ました。
暖簾が裏返しになってる、間違えたの?
a0092659_18535841.jpg



何気ない場所も情緒を感じます。
a0092659_19212417.jpg



欧米系の外国人観光客が凄く多かったです。
”お焼き”を選んでるのかな?
a0092659_19120137.jpg

この観光客はイタリア語でした。
日本の情緒を満喫してるって感じ♪
a0092659_19132394.jpg



水車はちゃんと回っていましたが水車小屋の方は相当古そう。
a0092659_23255784.jpg


観光案内所は元村役場
入り口の看板「妻籠を愛する会事務所」って言うネーミングにほっこりしました♪
a0092659_23324868.jpg


妻籠宿散策はまだつづく…







by bonzok | 2018-11-12 23:43 | 紅葉の木曽路めぐり 2018 | Comments(0)


<< 木曽路 其の参 妻籠宿本陣と脇本陣      秋の木曽路 其の壱 馬籠宿 >>