FK’s Blog

bonzoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 11月 10日

秋の木曽路 其の壱 馬籠宿


11月3日4日と1泊で錦秋の木曽路を旅して来ました。

ローマ古代遺跡のシチリアから一気に日本の江戸時代へタイムスリップ!

a0092659_22522527.jpg

☟馬籠から妻籠へ向かう途中の名前も知らない場所、絵になる景色でした。
a0092659_22443333.jpg


祭日の連休と言う事で渋滞を恐れて朝5時半に家を出発!
幸い渋滞には巻き込まれなかったけれど、やはり木曽は遠かった…
最初の目的地”馬籠宿”へは4時間近くかかりました。


馬籠宿は中山道の中でも急な坂の多い宿場です。
遠くに見えるのは恵那山
a0092659_22400002.jpg




馬籠は結構急な坂道ばかりでしたから、昔は峠を越えるのが大変だったでしょう。

渓斎英泉「木曽街道六十九次・馬籠」
a0092659_22411749.jpg



馬籠峠から眺めた恵那山
雲の隙間から射す日の光が神秘的でした。
a0092659_01195453.jpg





撮影用?の駕籠屋さん 実際には担げないそうです。

a0092659_23300234.jpg


地元の大学生のボランティアだそうですよ。
何だか時代設定間違ってるような…どう見ても平安時代(-_-;)
a0092659_23304660.jpg

スーツケースをゴロゴロ引いてる外国人観光客も見かけました。
宿場の民宿に泊まって古き良き日本を楽しんで下さったでしょうか。
a0092659_23364906.jpg



道が急なカーブになっているのは”桝形”と言って、敵が攻め込みにくくするために鉤型に二度曲げてあるそうです。

a0092659_00284596.jpg



桝形の古い坂道にある水車は観光客の撮影スポットになっていました。
a0092659_00282247.jpg



馬籠の建物は明治と大正の火災によってほとんどが消失したため現在は修復後の姿です。
a0092659_23361975.jpg



柿を干した風景も絵になります。
外国人観光客は”これいったい何だろう?”って思ってたでしょうね。
a0092659_23350353.jpg



こちらは唐辛子
a0092659_01111362.jpg



朝早かったので食べ物屋さんはまだ準備中
a0092659_23355298.jpg



木曽は歴史ある林業地域、
木へんの漢字がずらりと並んだ暖簾が面白い♪
a0092659_00580837.jpg



素朴な手作りカゴや笠と一緒にちゃっかり普通の帽子も並んでました(~_~;)
a0092659_01120663.jpg


再現した昔の郵便局
奥にあるのが本物の郵便局でした。
a0092659_01112690.jpg



休憩所のガラス越しに何やら白い物体が…
a0092659_01334952.jpg


中に入って確かめると真っ白な猫ちゃんでした。
あまりにもじっとしてるから置物かと思った~(~_~;)
a0092659_01335656.jpg




馬籠は島崎藤村の故郷。
生家のあった場所は原稿や遺愛品などを所蔵する文学館になっています。

木曽路にいる間ほとんど山の中にいた感じだったので
本当に「木曽路はすべて山の中」と言う藤村の言葉通り!
a0092659_00385210.jpg



馬籠脇本陣
”本陣”とは江戸時代 大名や幕府役人などの宿泊所として指定された家で
”脇本陣”は本陣の予備的施設。
a0092659_01053106.jpg



まだ朝のうちなので観光客もまばらでしたが…

a0092659_22401760.jpg




帰る頃にはこんな感じ
駐車場に大型バスが4台も止まっていたので観光客がどっと増えたようです。

a0092659_23232549.jpg



この道(中山道)を2時間程歩くと次の宿場”妻籠宿”に辿り着きます。
私たちは車で妻籠に向かいました。

a0092659_01202839.jpg






by bonzok | 2018-11-10 23:59 | 紅葉の木曽路めぐり 2018 | Comments(0)


<< 秋の木曽路 其の弐 妻籠宿      シチリア@古代ローマ・カサーレ... >>