FK’s Blog

bonzoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 09月 23日

パレルモ 2 圧巻のモザイク装飾 パラティーナ礼拝堂


8月10日

街を巡回するサイトシーイングバスを途中下車してノルマン王宮

馬車はここにもいました。日差しが強いから日陰で待機。

a0092659_23025265.jpg





奥の建物が王宮

a0092659_23031226.jpg



王宮の中にお目当てのパラティーナ礼拝堂があるのですが、
入り口が分からなくてぐるぐると探し周り
同じく入り口を探してる家族連れの後をくっついて行ってようやく見つけました。


           すごい行列!
a0092659_23033283.jpg





パレルモ随一の観光スポットですから
入り口には露天のお土産屋もたくさん建っていました。

a0092659_23040042.jpg



☟このマグネットはシチリアのどこに行っても売られていました。

マグネットは手頃だから以前はどこに行っても買っていましたが、
もうあり余っているので今は見るだけ…(-_-;)

a0092659_14384756.jpg


やっとチケット売り場に近づいて来たけど、
手際が悪いと言うかのんびり過ぎると言うか、
ここでもたっぷり時間がかかることに…
これがシチリアです…(*_ _)

ゲートを入ってからも厳重なセキュリティチェックがありましたよ。
a0092659_13350236.jpg



パラティーナ礼拝堂初代シチリア国王ルッジェーロ2世が建造したアラブ・ノルマン様式の歴史的建造物です。

王宮の2階に続く大階段を上ると礼拝堂の入り口が見えてきました。

回廊の壁面に施されたモザイクも見事。

a0092659_23182372.jpg



12世紀当時のままの状態で残された豪華絢爛な黄金のモザイク装飾は圧巻でした。
a0092659_23195800.jpg



皆さん写真を撮っていたので私もパシャパシャ撮ってしまいましたが、
後で撮影禁止だったことを知りました。スミマセン… 🙇‍♀️

撮ってしまったのでここでアップさせてください😓

a0092659_23203218.jpg




創建は1140年
黄金のモザイク装飾は900年も前のものとは思えないほど輝いていました。

a0092659_23210120.jpg


a0092659_23212648.jpg


a0092659_23223246.jpg



教会に入るといつもの事ですが、
首が痛くなるほど天井ばかり眺めて来ました。

a0092659_23234783.jpg


a0092659_23250266.jpg




礼拝堂の前で記念の一枚♪
a0092659_15362422.jpg




パラティーナ礼拝堂を出た後、王宮内で開催されていたフランドル絵画展へ
実は間違って共通チケットを購入してしまったのでついでに見てきましたが、なかなか見ごたえのある作品ばかりでした。



ここが入り口
マリアの顔の暖簾をくぐって中に入ります。
a0092659_23264002.jpg




☟展示のメイン、Jan Gossaertと言うルネサンスフランドル絵画の作品
祭壇画のような大きな絵でした。

a0092659_23262092.jpg



建物自体が相当古そうで天井画や壁画は所々剥げ落ちています。
a0092659_23263309.jpg

a0092659_23262713.jpg



絵画に全く興味のない夫がヒマそうにしてる…
a0092659_23302336.jpg



王宮を出る時、
なんとまたまたあの日本人グループに遭遇(*_*)
偶然同じホテルだったのも驚きだったのに、またしても会っちゃいました。

空港でお別れしてホテルでお別れして、
思わず、”じゃ、また!”なんて3度目のお別れしてしまいましたが、
実はこの数日後、再び出くわすことになり
広いシチリア島を個人旅行してる2組がこんなに何度も遭遇するとは・・・
ちなみにシチリアは四国の1.4倍の大きさです。



by bonzok | 2018-09-23 20:08 | シチリア9日間の旅 2018 | Comments(0)


<< パレルモ 3 美しすぎるジェ...      パレルモ 1 シチリア島初上陸! >>