FK’s Blog

bonzoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 09月 06日

ポーランドの旅 24 ショパンゆかりの地ワルシャワ

7月24日(火)

ワルシャワ2日目

午前は切り絵の村ウォヴィチを訪ね(ウォヴィチの記事はこちら

午後からは現地ガイドさんの案内でワルシャワ歴史地区を歩きました。

実は前日夕食の後、ナビを見ながら勝手にほぼ見て回ったのですが…(-_-;)


そんな訳で同じ場所を何度も行ってるので順不同でご紹介します。



ポーランドと言えばショパン

そのショパンの心臓が安置されているのが聖十字架教会です。

a0092659_19390802.jpg



この教会は第2次大戦時にドイツ軍の爆撃によって破壊され、
ショパンの心臓も持ち出されてしまいました。
戦後再建され、心臓も無事に返還されたそうです。


金色(こんじき)に輝く立派な主祭壇
a0092659_19421533.jpg




建物の外観は修復中だったのでこんな残念な姿でした…

a0092659_19431543.jpg





ショパンの心臓はこの柱の下に埋められています。

a0092659_19401094.jpg



ショパンのお墓はパリにありますが、

本人の遺言により心臓だけが祖国ポーランドに納められたそうです。


ショパンの心臓と言う付加価値が無くてもとても美しい教会でした。

a0092659_19394077.jpg




主祭壇以外にもいくつかの祭壇がありました。

a0092659_19420105.jpg






聖十字架教会のあるクラクフ郊外通りはひとり歩きで何度も行き来してました。

右側の尖塔が2つある建物が聖十字架教会です。

a0092659_21530597.jpg





通りにあるベンチはボタンを押すとショパンの曲が流れるんですよ♬

a0092659_21473691.jpg





ワジェンキ公園の中にあるショパン像

ちょっとと分かりにくいフォルムですが
”風になびく柳の下に座るショパン”だそうです。

a0092659_22224297.jpg




ショパンの街ワルシャワには鍵盤になった横断歩道もあるんですよ。
だいぶ剥げちゃってたけど…

a0092659_21572081.jpg




ワルシャワ2日目の夕食はショパンゆかりのレストラン”ホノラトカ”で♪

ここはショパンが足繁く通ったカフェだったそうです。

ホノラトカ(Honoratka)は当時の所有者の名前。

a0092659_22232512.jpg



狭い入り口を通ると中に立派な建物が現れました。

ホノラトカは手前の建物の地下にありました。
a0092659_22265091.jpg


ショパン様のお顔もちゃんとありました。
なかなかハンサム♪
39歳で亡くなってるんですよ、早すぎる死ですね。

a0092659_22281306.jpg


レストランの中は天井が低くちょっと暗め
a0092659_22251455.jpg


壁には手描きっぽい絵で装飾されていました。
a0092659_22262061.jpg


a0092659_22243238.jpg



ポーランドゆかりの人たちかな?
コペルニクスとキュリー夫人だけは分かった(~_~;)
a0092659_22240273.jpg



剥製がたくさん飾られた部屋もあったけど、
その部屋じゃなくてよかった(-_-;)
a0092659_22573444.jpg



a0092659_22594211.jpg


ワルシャワにはショパンゆかりの場所は他にもいくつかあり、

一般的なツアーではピアノの演奏会を聴くのが定番だそうです。

でも私たちのショパン巡りはこれだけ。

ちなみに最も有名なアウシュヴィッツも行きませんでした。

だって”かわいいものめぐり”ですもの♪(ё_ё)


歴史地区歩きはまだ続きます。





by bonzok | 2018-09-06 23:23 | ポーランドかわいいものめぐり8日間 | Comments(0)


<< ポーランドの旅 25 ワルシ...      ポーランドの旅 23 廃墟... >>