FK’s Blog

bonzoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 06月 29日

喜望峰へ!


インド洋と大西洋二つの大海が交わる喜望峰

この先は南極かと思うとちょっと感動!


ケープポイントから見下ろした喜望峰

a0092659_19540544.jpg



☟青い矢印が私のスマホの位置。
遂にこんなはしっこまで来てしまった…(*_*)

a0092659_12451521.jpg





喜望峰は”アフリカ大陸最南端"と表記されることもありますが、

本当の最南端は別の岬なので、正確には"最南西端"だそうです。



美しい大西洋を眺めながらケープ半島をどんどん南下していきます。

少しずつ空が明るくなってきました。
a0092659_19551594.jpg



喜望峰に続くケープ半島南部は”喜望峰自然保護区”に指定され、

世界で唯一ここだけの植物区に約5000もの固有種を有するそうです。

その植物の多くがテーブルマウンテンでもたくさん目にしたフィンボスと言われる灌木

喜望峰自体は世界遺産ではありませんが、

この灌木の一帯は ケープ植物区保護地域群の名前で世界自然遺産に登録されています。

a0092659_20082861.jpg


a0092659_20084231.jpg


野生の動物もたくさん見ました。
この馬みたいな鹿みたいな動物はレイヨウ
a0092659_17364562.jpg



ボツワナ(チョベ)のサファリでもよく見たバブーン

a0092659_20223106.jpg
a0092659_22090171.jpg




平原に一匹だけポツンといたダチョウ

a0092659_20191477.jpg



海辺にも…
a0092659_20205235.jpg




喜望峰に向かう途中もダチョウの牧場を見たので、
この一帯はダチョウの生息地のようです。
a0092659_20230876.jpg



バスの前をダチョウの行進♪

a0092659_21364708.jpg




ここが喜望峰へのゲート

a0092659_21433158.jpg


喜望峰って入場料がいるんだ~(-_-;)
大人が1100円くらい、割りと高い。
Today's exit time(本日の退出時間)19:07って設定が細かいのは日没時間かな?
a0092659_21434930.jpg



喜望峰に到達すると、殺風景で何もない所でした。
ただの岬なんだから何も無いのは当然ですね(*_ _)

a0092659_22360475.jpg



でも、観光客はいっぱい!
a0092659_22365622.jpg



この崖が喜望峰です。
a0092659_23062908.jpg



「喜望峰の標識」には
アフリカ大陸最南西端と言う文字と
南緯東経が記してありました。


この標識と一緒に写真に納まるのがお約束(~_~;)
a0092659_23075081.jpg




私も添乗員さんと一緒にハイポーズ!
添乗員さんとても可愛い方だったのに全部目をつむってた~
a0092659_23055356.jpg



喜望峰
と言う名の由来は
ヴァスコ・ダ・ガマのインド航路発見を記念し、ポルトガルに希望をもたらすという意味で喜望峰 (Cape of Good Hope)となったそうです。

喜望峰そのものを最初に発見したのはポルトガル人航海者バーソロミュー・ディアズ
コロンブスがアメリカを発見するより前(1488年)のことです。

ちなみに…Capeを 岬 ではなく”峰”と記したのは誤訳で、
喜望峰の ”きぼう” がなぜ 希望 ではないのかは不明だそうですよ。



こちらは大西洋側の浜
大きな石がゴロゴロして昆布みたいな海藻がたくさん打ち上げられていました。
a0092659_22301918.jpg



海鳥たちのコロニーも見えました。
a0092659_22091305.jpg



喜望峰到達記念!
の証書です。
今回はヴィクトリアフォールズ との2か所で記念証書を頂きました。
何の役にも立ちませんが…(~_~;)

a0092659_18071699.jpg





この後、南へ1km程先にあるケープポイントへ♪







by bonzok | 2018-06-29 18:22 | 南部アフリカ10日間 2018 | Comments(0)


<< ケープポイントから2つの大海を望む      オットセイの島 ”ドイカー島” >>