FK’s Blog

bonzoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 06月 12日

世界遺産の中にある植物園 ”カーステンボッシュ植物園”


テーブルマウンテンの麓にあるカーステンボッシュ植物園は9000種もの植物が植えられ、
そのうち70%近くが南アフリカ原産の固有種だそうです。

起伏のある広大な敷地には広場や池もあり、
所謂 ”植物園”のイメージで行くとその広さに驚きます!

a0092659_10490645.jpg



この植物園はフィンボス(Fynbos) と言う帯状の自然の灌木植生地域にあり、
”ケープ植物区保護地域群”として世界自然遺産に登録されています。


a0092659_14375611.jpg




私は今回初めて知りましたが、
世界遺産の植物園として人気の場所のようです。


a0092659_10220415.jpg




遠足の子供たちかな?

a0092659_14220105.jpg



自然と融合した素晴らしい植物園でしたが、
とにかく広いし、炎天下を歩くのは結構きつかった…


a0092659_10241432.jpg





日陰でひと休みの方もチラホラ…


a0092659_14242915.jpg

a0092659_14231217.jpg




☟コキアみたいなこの植物、
名前は分からないけどインパクトがありました。

a0092659_10275156.jpg



私が訪れたのは3月
現地では秋だったのでお花の種類が少なく残念でした。
ベストシーズンは春(9~10月)だそうですから、
次回はその頃に…ナンてね(~_~;)



☟今回咲いていた花々
南アフリカの国花プロテアも見ることができました♪

a0092659_00193432.jpg



巨大なブロッコリみたいなのはイチジクの木(Fig tree)

a0092659_14263514.jpg



☟この木は10年前に行ったオーストラリアのアサートンテーブルランドで見たイチジクの木
すごいでしょ!
無数の根が垂れ下がっている姿から”カーテン・フィグツリー”と呼ばれています。
ここは世界最古の熱帯雨林(世界遺産)と知ってはるばる行ってみましたが、割りと地味なジャングルでした…
大きさがわかるように私がいます(-_-;)


a0092659_14575846.jpg



ネルソン・マンデラ氏が植樹したのはこの植物園が20年かけてオレンジ色から黄色に改良したストレチア…と書いてあります。

日本でも”ストレリチア マンデラス ”と言う希少な種類として知られているそうです。

肝心のストレチアの写真がありませんでした… (ーー;)

a0092659_15180610.jpg



敷地内には大きな温室もありました。

a0092659_15230839.jpg



暑いから大急ぎで一回り…

a0092659_15243339.jpg



温室の前に展示されていたのは盆栽
南アフリカで盆栽を見るとは思いませんでしたが、
今やBONSAIは世界的に知られているんですね。


a0092659_15261305.jpg



ショップを覗くと植物をモチーフにしたアイテムがいっぱい!
植物園なんですから当たり前ですね(-_-;)


a0092659_15473838.jpg



女性好みの品揃え♪

a0092659_15484781.jpg




プロテアの花(造花ですけど)もあちらこちらでディスプレイされ
ていました。


a0092659_15511605.jpg


a0092659_15533679.jpg



植物園を後に、ワイナリーへ♪





by bonzok | 2018-06-12 22:26 | 南部アフリカ10日間 2018


<< 歴史あるワイナリー GROOT...      雄大な岩山 テーブルマウンテン >>