FK’s Blog

bonzoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 11月 14日

コッツウォルズへ ボートン・オン・ザ・ウォーター 1


チェスターを後に、次の目的地コッツウォルズ(ボートン・オン・ザ・ウォーター)に向けて出発。

コッツウォルズ地方までは約200km

順調に行けば3時間半くらいで到着の予定です。



☟途中通過した街で見かけた光景

学校帰りの女子学生たちを見てつくづくイギリスは人種が多いなぁって思いました。

この中にアングロサクソン系が見当たりません。

EU離脱に発展した大きな理由のひとつ移民問題が何だか納得できるような気がしました。

a0092659_16544903.jpg



途中通過する街バーミンガムのサインが見えてきました。

またまた恐怖のラウンドアバウト、次は複雑そう~💦



a0092659_14461921.jpg




コッツウォルズ地方に近づいているはずだけど、

周りは延々とこの景色…


a0092659_16273514.jpg



コッツウォルズの村に入って車窓からはちみつ色の建物が見え始めた時はテンション上がりました~!




☟名前は分らないけど、途中通過した素敵な住宅地


a0092659_17243417.jpg




車を降りて少し歩いてみましたが、誰にも遭遇しませんでした…

観光客らしき人も見かけなかったから、普通の住宅地みたいです。


a0092659_17171659.jpg




どの家も普通の民家と思えないくらい素敵!

a0092659_14533629.jpg




ようやく今日の宿泊地ボートン・オン・ザ・ウォーターに到着!

もう7時頃だったので、観光客はほとんどいませんでした。




a0092659_14422720.jpg




今夜宿泊するホテル THE DIAL HOUSE(ダイヤルハウス)

17世紀に建てられた古い建物です。



a0092659_14420823.jpg




ホテルを探して車でウロウロ探し周っていたら、

メインストリートの川沿いで見つけて、”なぁ~んだ、ここだったのか~!”って拍子抜け(~_~;)





ボートン・オン・ザ・ウォーター
はリトルベニスの愛称を持つ美しい村です。


a0092659_16535720.jpg



a0092659_16094358.jpg


緑の草で覆われた車は自動車博物館のサイン

a0092659_16080863.jpg



ここを通るたびに草の生えた車に笑えました♪


a0092659_17083416.jpg



そろそろ夕食を頂く場所を探さなければいけないのですが、

ここはとても小さな村なのでレストランも少なく、どのお店も既に満員!

空いてるテーブルがあったのはここだけだったので仕方なくこのお店に決めました。



”オールド・マンス”と言うホテルのレストランです。

a0092659_14425932.jpg




食事をしながら眺めたウィンドラッシュ川の景色は素敵でした。


a0092659_16101687.jpg






川沿いで場所はとてもいいのですが・・・


a0092659_14432835.jpg





お食事の方はイマイチ…


a0092659_16211369.jpg





夕食を済ませたころはもう9時過ぎ。

宿泊者しかいないので人影もほとんどありませんでした。

☟ホントはこのお店(King's Bridge)で頂きたかったの…(*_ _)



a0092659_16194570.jpg






周りが暗いので月がとてもきれいに見えました。

ちょうどこの日(9月15日)が中秋の名月だったそうです。


a0092659_14434923.jpg





満月が川面に映って実物はすご~く幻想的だったけど、スマホなのでこれが限界(*_ _)


a0092659_14441359.jpg






必要以上の照明は無いので、ホテルに帰る時も自分の足元が見えないくらい真っ暗。

コッツウォルズの静寂な夜を過ごしました…

…と言いたいところですが、

翌日はもう移動するので、パッキングしたりバタバタと夜は更けていきました ~(ーー;)



a0092659_17313915.jpg




by bonzok | 2016-11-14 18:07 | イギリス・レンタカーの旅 2016


<< ラ・ターブル・ド・ジョエル・ロ...      中世の面影を残す街 チェスタ... >>