FK’s Blog

bonzoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 10月 25日

湖水地方へ 7 ジョン・ラスキンが愛した村 コニストン

ホークス・ヘッドの後、西へ5km程走りコニストンと言う村を訪れました。

コニストン湖畔に佇む人口1000人程のこの小さな村は

ジョン・ラスキンが晩年を過ごした場所として有名です。



☟こう見えてここがコニストンのメインストリート。

手前に立ってるおじさんは主人です…

湖水地方へ 7  ジョン・ラスキンが愛した村 コニストン_a0092659_16453370.jpg




背後に見えるのはオールドマンと言う岩山。

木が一本も生えてないはげ山ですが、コニストンのシンボルでもあります。


湖水地方へ 7  ジョン・ラスキンが愛した村 コニストン_a0092659_16481444.jpg




小さな村ですが、ここにもホテル(B&B)が何軒もありましたが、

どの建物もかなり古そうでした。

湖水地方へ 7  ジョン・ラスキンが愛した村 コニストン_a0092659_17005129.jpg


湖水地方へ 7  ジョン・ラスキンが愛した村 コニストン_a0092659_17391143.jpg



☟これもホテル

気のせいか、コニストンはシニア率が高いような…

そんな我らもシニア仲間でした~(~_~;)

湖水地方へ 7  ジョン・ラスキンが愛した村 コニストン_a0092659_17325260.jpg


可愛いトイレ♪

もちろん入りましたよ、旅先では公衆トイレがあると助かります(*_ _)

湖水地方へ 7  ジョン・ラスキンが愛した村 コニストン_a0092659_19054466.jpg


”ラスキンミュージアム”と言うサインがありました。


湖水地方へ 7  ジョン・ラスキンが愛した村 コニストン_a0092659_17364912.jpg



ラスキンミュージアムの中に入ろうかと思いましたが、

地質学者としての資料や岩石などマニアックな展示品が多そうなのでパスしました。


湖水地方へ 7  ジョン・ラスキンが愛した村 コニストン_a0092659_17414634.jpg



ラスキンが晩年を暮らした家がコニストン湖を見下ろす高台にあり、

ブラントウッド(Brantwood John Ruskin's House)として一般公開されています。

ブラントウッドまで見ると時間がかかりそうなのでここもパス。



湖水地方へ 7  ジョン・ラスキンが愛した村 コニストン_a0092659_22080351.jpg




コニストン湖畔に沿ってずっと走って来たのに

肝心の湖の写真がなぜか一枚もありませんでした~(・・;)




コニストン湖をクルージングする蒸気船が観光客に人気で

船の発着所は結構混んでました。

画像はLake District Gemsより

湖水地方へ 7  ジョン・ラスキンが愛した村 コニストン_a0092659_22083122.jpg



ビアトリクス・ポタージョン・ラスキン

ロンドン生まれ二人が終の棲家に選んだのが湖水地方だったんですね。


ジョン・ラスキンは19世紀ヴィクトリア期を代表する思想家で芸術評論家、

多くの著名画家のパトロンでもあり、地質学者、哲学者と活動の範囲は多岐に渡ります。

アーツアンドクラフツ運動の提唱者としても有名ですが、

彼はまた自然保護活動にも尽力し、ナショナルトラストの創設者の一人でもあります。

日本の藤村、漱石、宮沢賢治など明治期の文豪もラスキンの信奉者だったそうですから

調べれば調べるほどラスキンの偉大さが分かります。

ジョン・ラスキンについては過去の記事(2009年)で熱く語っていますので、
ぜひご覧くださいませ。(*_ _)







by bonzok | 2016-10-25 22:58 | イギリス・レンタカーの旅 2016


<< 湖水地方へ 8  石造りの家並...      湖水地方へ 6 可愛い村 ホー... >>