FK’s Blog

bonzoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 05月 30日

ロシアの旅 8 華麗なるエルミタージュ 1



ロマノフ王朝の偉大なる遺産”エルミタージュ”

現在、世界に誇る巨大美術館となり、膨大なコレクションが納められています。




ロシアの旅 8  華麗なるエルミタージュ 1_a0092659_19013486.jpg




所蔵美術品は300万点! 

展示室を全部歩くと20km以上にも及ぶそうです。

私たちは館内に6時間いましたが、それでもまだまだ見足りない程桁違いの巨大美術館でした。



初めに訪れたのは「ダイアモンドルーム」と呼ばれる部屋

女帝エカテリーナ2世の貴重なコレクションが展示してありましたが、

残念ながら撮影禁止だったので画像はありません。



エルミタージュ美術館で最も有名な場所と言ってもよい”大使の階段”

皇帝に謁見する大使たちが使った豪華絢爛な大理石の階段です。


階段の入り口はいつも人でいっぱい!

夏のハイシーズンはもっと混んでるらしいですよ。
ロシアの旅 8  華麗なるエルミタージュ 1_a0092659_19512396.jpg




皆さんここで撮ってから私も記念に♪
ロシアの旅 8  華麗なるエルミタージュ 1_a0092659_18591259.jpg




階段の全体像はエルミタージュの公式HPよりお借りしました。

豪華でしょう?
ロシアの旅 8  華麗なるエルミタージュ 1_a0092659_19495340.jpg




ピョートル大帝の間 天井の装飾も見事です。
ロシアの旅 8  華麗なるエルミタージュ 1_a0092659_21483267.jpg




中央に飾られているのは ピョートル大帝の肖像
ロシアの旅 8  華麗なるエルミタージュ 1_a0092659_21461940.jpg



 ☟玉座の間(聖ゲオルギーの間) 

歴代皇帝の謁見の間で、大使の階段から通された外国大使はここで皇帝に拝謁しました。


ロシアの旅 8  華麗なるエルミタージュ 1_a0092659_21514720.jpg




玉座の後ろに描かれているのはロマノフ王朝の紋章”双頭の鷲”
ロシアの旅 8  華麗なるエルミタージュ 1_a0092659_22181496.jpg





天井の装飾もシャンデリアも繊細で豪華!
ロシアの旅 8  華麗なるエルミタージュ 1_a0092659_21523655.jpg


ロシアの旅 8  華麗なるエルミタージュ 1_a0092659_21530037.jpg



床の象嵌も素晴らしい!  天井の文様と対になっているそうです。
ロシアの旅 8  華麗なるエルミタージュ 1_a0092659_21581881.jpg


ロシアの旅 8  華麗なるエルミタージュ 1_a0092659_21594393.jpg




Mikaさんがナニゲに撮ってくれました♪
ロシアの旅 8  華麗なるエルミタージュ 1_a0092659_22143168.jpg






1812年祖国戦争の間
ロシアの旅 8  華麗なるエルミタージュ 1_a0092659_22014238.jpg




ナポレオン戦争に参加した332人の将軍たちの肖像が壁一面に並んでいます。
ロシアの旅 8  華麗なるエルミタージュ 1_a0092659_22020623.jpg





パヴィリオンホール

エカテリーナ2世お気に入りの場所で、ここに愛人が暮らしていたんですって。
ロシアの旅 8  華麗なるエルミタージュ 1_a0092659_22112215.jpg





このホールで音楽会や朗読会、ゲームなどを楽しんだそうです。
ロシアの旅 8  華麗なるエルミタージュ 1_a0092659_22132317.jpg




ここも隅々まで抜かりなく繊細かつゴージャス
ロシアの旅 8  華麗なるエルミタージュ 1_a0092659_22321273.jpg


ロシアの旅 8  華麗なるエルミタージュ 1_a0092659_22140462.jpg




床の象嵌もすごい!
ロシアの旅 8  華麗なるエルミタージュ 1_a0092659_22340545.jpg




ここに置いてあったテーブル

絵が描いてあるのかと思ったら超細かい象嵌細工でした。
ロシアの旅 8  華麗なるエルミタージュ 1_a0092659_22345071.jpg


ロシアの旅 8  華麗なるエルミタージュ 1_a0092659_22370092.jpg



何度も言いますけど、絵じゃなくて象嵌です。
ロシアの旅 8  華麗なるエルミタージュ 1_a0092659_22351063.jpg




パヴィリオンホールにある世界最大の貴重なからくり時計「孔雀」は

エルミタージュのシンボルにもなっています。

18世紀後半に造られたこのからくり時計、今もちゃんと動くんですよ。

横に置いてあったモニターで孔雀、雄鶏、フクロウ動いてる様子を見ることができます。
ロシアの旅 8  華麗なるエルミタージュ 1_a0092659_22454378.jpg



この孔雀時計はエカテリーナ2世の愛人ポチョムキンへの贈り物だったそうです。

あの有名なロシア映画「戦艦ポチョムキン」のポチョムキン総督です。

100人もいた!?と言われる愛人の中で生涯愛し続けたのがポチョムキンだったんですって。

ご主人のピョートル3世が気の毒な気もするけど、

彼は「幼稚で無能な君主」と言われた皇帝なので愛想を尽かしたのかも…



美術館って「展示品を見る」のが普通ですけど、ここは建物自体が美術品。

展示品のご紹介はまだ先になりそうです。

とにかくエルミタージュは広すぎるので、気長にお付き合いを…(-_-;










by bonzok | 2016-05-30 23:38 | ロシアの旅 2016


<< 大人の遠足 in 千葉 Ⅰ      ロシアの旅 7 ストロガノフ... >>