FK’s Blog

bonzoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 12月 03日

ドイツ9日間の旅 27 フランクフルト・レーマー広場



フランクフルトで一番人気の観光スポットがレーマー広場(Römerberg)

ここはフランクフルト発祥の地であり、同時に政治の中心だった場所。

旧市庁舎レーマー(Römer)を囲んで中世の面影を残す木組みの建物が並ぶ広場です。





a0092659_17120247.jpg



旧市庁舎レーマーは 階段状の切妻屋根が特徴の木造ゴシック建築

1405年から市庁舎として使われてきた建物です。


a0092659_18163881.jpg



レーマー 前の噴水の像は 正義の女神像

a0092659_18220631.jpg



女神像を正面から

a0092659_18283832.jpg


観光地お約束のパフォーマー、ここにもいました。 

この人はどう言うコンセプトなんでしょう…

a0092659_18305570.jpg


一緒に写真を撮ってチップを頂くシステムです。

a0092659_18242231.jpg



テディベアのお店の前でこのベアを撮ってたら、立ち止まって撮り終るのを待っててくれたおじさん、

一緒に撮ってあげました♪


a0092659_18345097.jpg



フランクフルトもこれまで訪れたドイツの街と同様に

第2次大戦で多くの建物が破壊され瓦礫の街と化してしまいましたが、

長い年月をかけて戦前の姿に忠実に復元されています。

レーマー広場の建物も壊滅状態から見事に復元されていました。

  


a0092659_18244384.jpg



レーマー広場の奥へ進むとライン川の支流”マイン河畔”に出てきました。

フランクフルトの正式名は
フランクフルト・アム・マイン (Frankfurt am Main)

アム・マインは「マイン川のほとり」って言う意味です。


a0092659_19130727.jpg




初めてフランクフルトを訪れたのは大学を卒業した3月

当時は恥ずかしながら”フランクフルトソーセージ”のイメージしか無かったので、

本場のソーセージが食べられる♪と友人と二人で、胸躍らせて列車でやって来たのですが、

当時、西ドイツ時代のフランクフルトは無機質な商業都市と言う印象でした。

レーマー広場の木組みの建物も復元前だったし…

「何だかつまんなかった」思い出しかなかったけれど、

今は古い建物を修復再建していい感じの観光地になっていました♪



あれから40年。。。レーマー広場で記念の一枚(..*)
a0092659_19070177.jpg


                                 つづく



by bonzok | 2015-12-03 23:17 | ドイツ 2015 夏


<< ドイツ9日間の旅 28 フラン...      ドイツ9日間の旅 26 フラン... >>