FK’s Blog

bonzoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 11月 15日

ドイツ9日間の旅 20 カール大帝の栄光が偲ばれるアーヘン宝物館



アーヘン宝物館は北ヨーロッパで最も貴重な教会財宝が所蔵されている重要な場所です。


大聖堂に隣接する宝物殿の入り口
a0092659_1221781.jpg



数ある宝物の中でも最も有名なのが カール大帝の胸像 

この中に彼の頭蓋骨が入っているんですって。
a0092659_13573329.jpg



三塔聖遺物箱  この中にはカール大帝の大腿骨が入ってます。 

下の三つの穴からチラッと見えますか?
a0092659_1401825.jpg


☟ カール大帝の右腕を模した飾り  穴から見えるのは右腕の骨。 

これら豪華絢爛な展示物りはみんなカール大帝のお骨入れでした。

a0092659_1464763.jpg


カール大帝の石棺  

ローマ時代のものでカール大帝が好んだイタリアカッラーラの大理石で造られているそうです。

a0092659_15574426.jpg


このカール大帝はフランク王国の国王で、8世紀にヨーロッパの礎を築き、

ヨーロッパの父と言われる人物です。

ドイツルネサンスの画家 デューラーが描いたカール大帝の肖像  

カッコいい王様ですね! でも死後700年も後に描かれた肖像なので似てないかも・・・ 

a0092659_21174485.jpg


ちなみに・・・

このカール大帝はトランプのハート❤のキングのモデルになった方とも言われています。



☟ 144個もの宝石が埋め込まれたロタール(カール大帝の孫)の十字架 

これもこの宝物館の目玉です。

中心を飾るのはローマ皇帝アウグストゥスのカメオ

a0092659_15482890.jpg



15世紀にケルンの画家(名前は失念)によって描かれた祭壇画

a0092659_20173496.jpg



八角形の象牙の聖水入れ  小っちゃさが分かるように私の指を置いておきました。
a0092659_20364473.jpg



金ぴかな展示物が多い中、この素朴な母子像が何故か惹かれました。
a0092659_20392362.jpg



他にも豪華な展示品に溢れていて何が何だかよく覚えていませんが、

とにかくどれも素晴らしかったです!

a0092659_1221731.jpg






by bonzok | 2015-11-15 21:34 | ドイツ 2015 夏


<< ドイツ9日間の旅 21 アー...      ドイツ9日間の旅 19 アーヘ... >>