FK’s Blog

bonzoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 07月 19日

ヒナ達は・・・

悲しいお知らせです。

今朝、巣を見に行ったら、3羽のうち2羽のヒナが巣から落ちて息絶えていました。

可哀そうで直視することはできませんでしたが、もう蟻の餌食になっていたようです。

残った一羽もこんなに乗り出すから今にも巣から落ちそうで、ハラハラしながら見ていましたが・・・

a0092659_19395122.jpg


私の目の前で遂に落下!・・・したけど、木の葉を伝って落ちたので無事に着地しました。ε=( ̄。 ̄;)

a0092659_1942374.jpg


もう翼も出来上がって成長の速さにビックリです!

a0092659_1953512.jpg



巣に戻してもまたすぐ落ちそうなので、芝生の上に置いたままにしておきましたが、

近くでヒヨドリのけたたましい鳴き声がしたので、多分親鳥も我が子を見ていたと思います。

羽をバタバタさせながら一所懸命飛ぼうとしているけな気なヒナを見ても何もしてあげられず、

私は離れた所からじっと見てるだけでした。


とうとう門の所まで来てしまったので、道路に出ては大変!と思って、

そ~っと手で持って、庭の奥まで連れ戻しました。
a0092659_1954611.jpg



実はこの後すぐに出かけなくてはいけなかったので、

このヒナの運命がどうなったのか見届けることができませんでした。

帰宅して庭の中を隅々探したけど、ヒナは見つからなかったので、

無事に巣立って行ったと信じたいです。


私が毎日よじ登っていた脚立がこれ(-_-;  裏庭だったので観察中は置きっぱなしにしてました。
a0092659_2147202.jpg





たまたま鳥の巣を見つけ、ほんの短い間に生まれ死んでいく野鳥の姿を見てしまったけど、

生き物の誕生と死はこの地球上で日々無数に起こってるんだわ・・・って、今さらながらしみじみ思いました。

生まれただけでお祭り騒ぎ、死んだらトップニュースになる生き物もいるけど、

人知れずひっそりと生まれて死んでいく野生の生き物の方が圧倒的に多いんですよね。


あのヒヨドリちゃん、

どうか無事でありますように!

by bonzok | 2012-07-19 21:45 | Diary | Comments(4)
Commented by 越ママ at 2012-07-20 08:28 x
私の家につげの木があった時、2回ほど野鳩が巣を作って、ヒナを育てていました。最初は無事に巣立ったみたいですが、二度目は巣の下で死んでました。子供に見てもらったら、頭がなかったみたいで、カラスにやられたのでしょうか・・・近くの森に、埋めてもらいました。自然のいとなみなんでしょうかね・・・(**)
Commented by ジョニー at 2012-07-20 09:21 x
おはようございます。ひなちゃん残念でしたねぇ。。せっかく必死にパパ?が巣作りしてたのに。。子育ては難しい。。鳥類は自然環境に左右され、人間は時代が変わり、親の価値観によって凶暴な中学生が育ち。。。。いずれにしても先生、脚立の置きっぱは危険ですぞ。泥棒が高い窓に登りやすい(:_;)
Commented by bonzok at 2012-07-20 11:00
越ママさん、
私の母に巣の話をしたら、山鳩が卵の段階で親が巣を壊して行ってしまった事があるって言ってました。
これが自然淘汰なら、ちょっと悲しい。。。
Commented by bonzok at 2012-07-20 11:02
ジョニーさん、
いじめ加害者の少年が親の育て方で凶暴になったとしたら、
その子も気の毒な被害者ね。
いじめが無くならないのは親のせいなのかなぁ。。。

PS:脚立はちゃんと片付けました(¬_,¬)b


<< レッスン風景 76      今日のヒナたち >>