FK’s Blog

bonzoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 04月 11日

インド旅行記 25  アグラ城

インド旅行記、まだ終わってませんよ~^^;


5日目、

午前中タージ・マハルを見学した後、2か所の世界遺産を巡ったのですが、

インドのハイライト!タージ・マハルを見てしまった後はツアーの皆さん気が抜けちゃったのか、

あんまり熱心に見学してなかったような…

「次はどこへ連れて行かれるのかな~」的な他力本願な感じがツアーのお気楽なところ。


タージ・マハルの次に連れて行かれた・・・じゃなくて訪れたのは

ムガール帝国の最盛期に建てられた要塞 アグラ城 (AGRA FORT)

この堅固な要塞は赤砂利で造られているので 赤い城 と呼ばれているそうです。
a0092659_19432591.jpg


この要塞を建てた第3代皇帝アクバルの名にちなんだ アクバル門 
a0092659_0451322.jpg

残念ながら壁のタイル装飾はほとんど剥ぎ落ちていました。 修復は無理なのかなぁ・・・
a0092659_15242082.jpg


               この方がアクバル皇帝(Emperor Akbar)  多分、似てないと思うけど…
a0092659_0503910.jpg


ちなみに ⇓この方がスターウォーズに出てきた アクバー提督(Admiral Ackbar) 
英語読みだとアクバルアクバーだから、ルーツはアクバル皇帝かもしれない・・・
・・・と、ここにいる時ず~っとこの顔が頭から離れなくて困っちゃったです。。。(-_-;
a0092659_0491074.jpg



周囲2.5kmにも及ぶ広~いアグラ城の中に王族の宮殿やモスクが点在しています。



ジャハンギール宮殿 
アクバル帝が息子ジャハンギールのために建てた宮殿
赤砂利の壁と白い部分は大理石がはめ込まれています。
a0092659_2327774.jpg


中に入ったらすごい大人数の団体さんが! 
タージ・マハルも人が多かったけど、ここも観光客が結構多い。みんな順番に廻るのね。
a0092659_2333726.jpg


繊細な彫刻をあしらった石造建築は、イスラム様式とインド様式が融合されているそうです。

石にこれだけの細かい彫刻をするのはさぞや大変だったでありましょう・・・
a0092659_053690.jpg


 ⇓ ムサンマン・ブルジュは 

第5代皇帝シャー・ジャハーンが后妃ムムタズ・マハルのために建てた塔です。

この皇帝の名前覚えてないと思うけど、タージ・マハルを建てた方。 本当に愛妻家だったんですね。

a0092659_1020566.jpg


ここは別名「囚われの塔」と呼ばれています。

この塔を建てたシャー・ジャハーンが、皇帝の座を狙った三男によって幽閉され、

亡くなるまでの8年間をこの塔の中ですごし、外に出ることを許されませんでした。

皇帝はここから見える妃の霊廟タージ・マハルを眺めながら、

死ぬまで亡き妻への想いだけを慰めに過ごしていたのでしょうか。


内部はすべて美しい大理石で造られています。  
凹んだ部分にも宝石をあしらった装飾があったのですが、すべて盗賊に持ち去られてしまったそうです。
全部残っていたら見事だったでしょうね~
a0092659_10393692.jpg


ここは カース・マハール と言う皇帝の寝室。  建物全部が寝室なんですよ。
a0092659_1411064.jpg

大理石に象嵌をあしらった装飾が美しい。
a0092659_1356156.jpg

柱の装飾もカラフルで可愛い♪
a0092659_13595228.jpg


微笑ましい家族の撮影風景。
インドでは子どもの姿を本当によく見かけました。まだまだ人口が増えていくのでしょうね。
 
a0092659_1442876.jpg



大理石の床を撮ってる私・・・
a0092659_14255992.jpg




ディワニ・アーム 皇帝が一般市民と謁見するための建物です。
a0092659_2350835.jpg

近付くと結構大きい。大理石で造られた美しいアーチ型の柱が幾重に重なっています。
a0092659_9342526.jpg

家族連れにしては多いから親戚? 
こんな風に親族らしき大人数のグループが多かった気がします。インドは家族、親族の絆がとても強いんですって。
a0092659_9491381.jpg


インドはサリー以外に「パンジャビスーツ」と言うチュニック、パンツ、ショールの組み合わせの女性も多く見かけました。
a0092659_1291793.jpg


細身のパンツは「チュリダール」って言うんですって。若い女性はこちらが多かったですね。 
a0092659_123437.jpg


ソックス履いてトングサンダルだと足袋履いてるみたいね・・・
a0092659_1283772.jpg


皆さん、ちゃんと笑顔で応えて下さってありがとう♪
a0092659_14193844.jpg


さっき見かけた団体さんかな? 意味もなく私もパチリ♪
a0092659_23142726.jpg


ただ今修復中。 ここアグラ城でもあちこちで修復工事をしていました。大切な世界遺産ですものね。
a0092659_1437697.jpg


アグラ城って今回インドに行くまで(恥ずかしながら)存在さえ知らなかったけど、なかなか見ごたえがありました。

タージ・マハルは外観の美しさだけですが、こちらの方がある意味中身は濃かったかもです♪ 



                                       つづく                                                                                                                 





by bonzok | 2012-04-11 14:40 | インド2012 | Comments(2)
Commented by MAYUMI at 2012-04-11 18:57 x
大阪セミナー と 京都 桜めぐり♪ おかえりなさいませ〜**

日本のカレンダーになりそうな京都の桜を愛でて戻ってこられた今週の東京は、、、
桜吹雪のお天気ではありませんか^^?

福岡は水面に花びらが浮かび*春の宴は終わりなんだな〜って淋しくなっています。

先生のインド旅行記^^!刺激が強く、
改めて先生の好奇心に驚いています^^!

今年は日印国交60周年にあたるそうですね^^*

以前 伊勢谷友介さんがインドを訪れた記事を目にしたことがありましたが、、、
先生の旅行記から感じられる熱気や匂いが伝わらず^^;
緻密な細工の豪華な宮殿ばかりがリポートされていました。
文章の中には、バザールを歩き道沿いの食堂でマサラティーを飲んだと書かれていましたが、、、画像は静かで穏やかで優雅な世界ばかりでした。
(少しガッカリして見ていた事を思い出しました。)
先生の画像はもしかして^^?貴重なショットなのかもしれません。

いつも、*地球の歩き方*以上の情報をありがとうございます。
Commented by bonzok at 2012-04-11 21:56
東京の桜も今日の雨でだいぶ散ってしまうでしょう。。。(´;д;`)

伊勢谷友介のインドの記事、私もJALの機内誌かAGORA(JALカードの冊子)で読んだかも。

本当のインドはビックリするほど汚いです。
あまりにも汚い写真は皆さんがヒイてしまうと思って、この私でも控えてるのよ。
大勢の目にふれる雑誌は、リアルすぎる写真は載せられないのかもしれないね。
呆れるくらい汚いけど、ディープなインドが面白すぎて、
美しいタージマハルの印象が薄くなっちゃいました(-_-)

引き続きインドレポートにお付き合い下さいませ~




<< ペイントクラフトデザインズ3 発売♪      京都 桜めぐり♪ >>