FK’s Blog

bonzoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 04月 01日

インド旅行記 24 タージ・マハル

ジャンスィーから最後の宿泊地アグラに辿り着きました。

ここアグラにあるのが、あの超有名なタージ・マハル


この日は朝一でタージ・マハルに向かいましたが、インドに来て一番の寒さとすごい霧! 

朝夕の寒暖の差が激しいので、霧はこの季節の名物みたいなんですけど、

今までは一度も遭遇しなかった霧が、よりによってタージ・マハルを見に行く日に・・・(´;д;`)

この霧の中でタージ・マハルの姿が見えるかしら・・・ってみんなもハラハラしながらバスは進みました。・



タージ・マハル周辺は排気ガス防止のため、半径1㎞以上一般車もバスも近づけません。

遠くの駐車場でバスを降りて、電気自動車のトラムに乗り換え、やっと近づくことができましたが、

ここからがまた厳しいセキュリティチェックが待っています。

ゲートまでは馬車やラクダで行くこともできるんですよ。
a0092659_031581.jpg



ここの物売りのしつこさは最強!

ちょっとでも目を合わせたらいつまでも付いてきます。

目線を合わせるなと言われてもついつい見てしまうので、いつも私は狙われてしまうんですよね…


笑ってしまいそうなくらい盛りだくさんの禁止事項。
a0092659_18504586.jpg


持ち込み禁止のものが多く、食べ物や飲み物も持ち込めないので、チケット売り場でペットボトルの水を一本ずつ渡されます。

タージ・マハルの大理石部分は土足禁止なので、靴カバーもここで貰います。

私はサンダルだったので、カバーがズリズリしてすごく歩きにくかったです…
a0092659_2039486.jpg


入口から男女別のレーンに並び、このままここでボディチェックを受けます。
銃を持った監視員があちこちに立っていました。
a0092659_23591092.jpg


ボディチェックを受けて、ようやくタージ・マハル様のゲートに近付けます。

ツアーの皆さんがぶら下げている青い紙袋の中にお水と靴カバーが入っています。
a0092659_18384660.jpg


それにしても厳重なセキュリティ! インドにとって大事な大事な財産なのですね。

ここがメインゲート。霧はまだ晴れそうにありません・・・
a0092659_20501242.jpg


近くで見ると装飾がとても綺麗
a0092659_20562864.jpg

a0092659_0201210.jpg


ヒスイやサファイヤなど様々な石を使った象嵌細工が施され、周りに刻まれているのはコーランの一説だそうです。
a0092659_21434135.jpg




ゲートをくぐると、目の前にタージ・マハルの姿が・・・





見えませ~~~ん!!! ( ̄Д ̄;)エ~ン!  霧のバカ~ッ!
a0092659_1461117.jpg

近付くと少しずつ見えてきたけど、まだぼんやり・・・
a0092659_2156294.jpg


更に近づいてやっと少しハッキリと見えてきました。
a0092659_22293445.jpg


廟の内部は撮影禁止なので、写真はここまで。 床も壁も建物すべてが大理石でできています。
a0092659_22493677.jpg


タージ・マハルってイスラム寺院か宮殿かと思ってたら、なんと!お墓なんですね! 知らなかった~!

確かにこの巨大な建物の中には棺が2個並んでいるだけでした。

ムガール帝国の5代皇帝〝シャー・ジャハーン″が亡き妻のために22年の歳月をかけて造らせた巨大な霊廟で、

妻の名ムムターズ・マハルからタージ・マハルと呼ばれるようになったそうです。

愛する王妃のためとは言え、たった一人のためにこんなとんでもないお墓を造らせてしまうとは、

インドの皇帝ってやっぱりすごい!


廟の外に出たら、やっと霧が晴れてました♪  タージ・マハルはやはり青空が似合います。
a0092659_23192865.jpg


タージ・マハルを横から見るとこんな感じ。四面どこから見ても同じ造りなんですよ。
a0092659_00536.jpg


恒例の〝世界遺産つまみ″  イマイチでした…
a0092659_2358289.jpg


ベタな写真ですが、一応タージ・マハルと記念のツーショット♪
a0092659_23571898.jpg



タージ・マハルの印象は・・・

確かに美しい!

でも、今まで写真で見すぎたせいか、絵はがきと同じだ~! ・・・って感じ(ーー;)  


                                                                     つづく






by bonzok | 2012-04-01 00:16 | インド2012 | Comments(2)
Commented by のりピー at 2012-04-01 19:06 x
せんせ~~~~~~~い!
とうとう、待ちに待ったタージ・マハル編となりましたぁヽ(^◇^*)/
(いえ、ここまでのリポートも楽しく読ませていただきましたが…((^┰^))ゞ
やっぱり、美しいですねぇ!!
お墓だったんですか?!(゚∇゚ ;)
私も寺院か宮殿かと思ってました。。。
それにしても、ほんとに美しいです。
そりゃあ絵ハガキと同じですけど(プッ=3)、目の保養になりますね!(*゚▽゚*)
兎に角、霧が晴れて良かったですね ( ^-^)
Commented by bonzok at 2012-04-02 08:58
タージ・マハルはインドのハイライト!・・・なのに、
最初の一目が霧で見えなくてツアーのみんなとガックリだったの。(-_-;
後半、霧が晴れてホントによかったわ♪
タージマハルが美しすぎて、インドの街の汚さとのギャップに
戸惑うほど…
あそこだけが異次元の世界でしたわ。


<< レッスン風景 68      インド旅行記 23 列車でアグラへ >>