FK’s Blog

bonzoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 03月 30日

インド旅行記 23 列車でアグラへ

ジャンスィーの駅に到着したのは夕方4時半すぎ。 もう日が傾き始めていました。

a0092659_2330165.jpg


私たちが乗るのは17:37発の特急電車。 ここからアグラへ向かいます。 
a0092659_23325080.jpg


駅の中でも牛さん発見!
a0092659_23355289.jpg


 ⇓ 構内にいた野良犬の親子? 
ウルウルの目が何か訴えているみたいでグッときてしまいました…

誰かがチャパティを置いていったみたい。
a0092659_2341383.jpg



電車、まだかな~?  
鉄道オタクの〝撮り鉄″くんみたいにカメラを構えて待ってたら、珍しそうな目で見られてしまった(-_-;
a0092659_0442844.jpg


オッ!来た!  これがインドの特急電車か~  意外とショボイ・・・
a0092659_23542449.jpg


電車のドアが開いた途端、乗客が一斉に乗り込もうとしちゃって、狭い入口は団子状態!

私たちかよわい女子・・・じゃなくてオバサン達は弾き飛ばされそうになってしまい、

インド人ガイドさんとツアーのご主人陣が身体を張って守ってくれました。

座席が決まってるんだからそんなに必死にならなくてもいいのに…

なぜにあんなに我先に乗ろうとするのでありましょう?

日本の新幹線のホームで整然と並ぶ姿を見せてあげたい。



インドの鉄道は時間通りに来る確率はかなり低いらしい。

「電車が動けばラッキーと思って下さい」って添乗員さんが言ってたけど、

少し遅れただけで無事に出発したので、これはラッキーだったのか・・・


電車が動き出したと思ったらすぐに運ばれてきた食事。
サンドウィッチ、サモサとデザートのケーキ、これにコーヒーが付きます。
a0092659_0143611.jpg


添乗員さんから、

「ミネラル水を使っていないからコーヒーは飲まないように」

「サモサは使ってる油がよくないから食べない方がいい」

・・・と注意を受けたにもかかわらず、私ったら完食! 結構美味しかったです♪


2時間後にまたまた軽食(ホットドッグみたいなもの)が運ばれて来ました。 今度はこれにスープが付きます。
a0092659_033122.jpg


スープも危ないかも…と思ったけど、美味しかったので全部飲んでしまいました・・・

たった3時間の間に2回も食事が出てきたのにはちょっとビックリ!でした。

アグラに付いたらホテルで夕食が出るのに、既にお腹いっぱい。(ーー;)


私たちが乗ったのは普通2等車で上から2番目らしいのですが、

長距離になると7段階もの等級があって、下のクラスは想像を絶する混み具合とか。

どのくらいすごいのか、ちょっと見てみたい気もしましたが…


日本の新幹線にはもちろん及ばないけど、まあまあの乗り心地でした。
a0092659_0424214.jpg


インドは世界第5位の路線網を誇る「鉄道大国」なんですって。

開業は日本よりはるかに早く、アジアで最初に鉄道が敷かれたのがインドだったそうです。

イギリスの植民地だったからですね。


インドで鉄道と言えば長距離列車を意味し、20時間、30時間は当たり前、

電車の中で2泊、3泊なんてことも普通にあるそうですよ。


電車内に長期滞在のせいか、「車内での煮炊き禁止」と注意書きがあるそうですが、

・・・ってことは電車内で煮炊きしちゃうの!?って、そっちにビックリ!

駅でホームからホームへ移動するのに線路に降りて近道する人がいっぱいいるのにも驚きました。

日本なら「白線の内側にお下がり下さい・・・」ってうるさい位アナウンスしてるのに、

線路を歩いてる人がいても誰も注意しないんだもの。

インドは何でもアリの国なのね・・・




ジャンスィーから3時間、無事にアグラに到着!

この列車は「ニューデリー行き」でした。
 
ニューデリーまではここから3時間以上かかるそうので、到着は夜中の12時頃になるはずですが、

インドでは深夜2時、3時到着の列車も多いんですって。

a0092659_0555670.jpg


インドの鉄道に乗ることはもうないかもしれないので、ジャンスィー駅で記念の一枚(-_-;
a0092659_1273054.jpg



                                                            つづく





by bonzok | 2012-03-30 14:00 | インド2012 | Comments(0)


<< インド旅行記 24 タージ・マハル      インド旅行記 22 ジャンスィーへ >>