FK’s Blog

bonzoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 09月 13日

ヴェルサイユ宮殿

翌朝9時半ごろ、トリアノンパレスをチェックアウトして、

昨日と同じルートでホテル側から庭園に入ろうと思ったら、

この日は噴水ショーがあるため、庭園には自由に入れなくなっていました。

仕方なく遠回りして正面玄関に辿り着いたら、すでに観光客でいっぱい!

せっかく泊まったのに、もう出遅れたかな?

a0092659_178515.jpg



↓ これはチケットを買うための行列なんですよ!

2重の列だから、この2倍の長さってこと。

これじゃ、入る前から疲れそう…
a0092659_1718664.jpg


幸い私たちはミュージアムパスを持っていたので、

専用の入口からあっけないほどすんなり入れてしまいました。 

やっぱりミュージアムパスは有難や~♪


ヴェルサイユ宮殿は、私は3回目、主人も2回目だったので、内部の見学はビュ~ン!と飛ばし見。

とりあえずざっくりと写真だけ撮ってきましたが

どの部屋も豪華すぎて、最期はみんな同じに見えてきてしまうのでした…


ここは 「戦争の間で…
a0092659_1844165.jpg

こちらが「平和の間」 二つの部屋の区別がつきます?
a0092659_17141928.jpg

「豊穣の間」…だったと思います。。。
a0092659_1840475.jpg

ここは「礼拝堂」  誰もいないのは立ち入り禁止だったから…
a0092659_1837784.jpg


「ディアーヌの間」 ディアーヌと言うのは月と狩りの女神だそうです。
a0092659_16572849.jpg


王妃の寝室 
マリー・アントワネットさまの寝室ね♪
a0092659_16124645.jpg


映画で出てきた寝室はここかしら?
a0092659_16223866.jpg


天蓋に羽まで付いてました(-_-;
a0092659_1625477.jpg


そろそろ、目がチカチカして来ましたね。。。

これは「傭兵の間」 傭兵の控えの間でさえ豪華絢爛!
a0092659_22205633.jpg


ここは「なんの間」か忘れました…(ーー;)

気が付いたら天井ばかり撮ってますね~
a0092659_18402228.jpg


「舞踏会の間」


ほらね、段々みんな同じに見えてくるでしょう? 
a0092659_18491791.jpg


どこを見ても金ピカ! 

二人とも「すごい!」と言う感想しか出てきません・・・(-_-;


やっぱり「鏡の間」は一番人気! かなり渋滞してました…
a0092659_1615630.jpg


人の流れが一瞬途絶えたので、記念の証拠写真を♪

急がないと、後ろから中国の団体客が押し寄せてきてます!
a0092659_15462960.jpg


「戴冠の間」

言わずと知れたダヴィッド作「ナポレオン1世の戴冠式」が飾られた部屋です。

宮殿内の中国人観光客の多さには恐れおののきましたが、

この部屋では ″瞬間中国人占有率″ 95%!ぐらいだったと思います・・・
a0092659_16154589.jpg



同じ絵がルーブル博物館にもありますが、

こちらがコピー・・・と言っても、両方ともダヴィッド本人が描いてるんですよね。
a0092659_17542093.jpg


「ナポレオンの戴冠式」なのに、妻ジョセフィーヌが冠を授けられていますが、

この絵の真相については長くなるので、また別の機会に・・・
a0092659_17504172.jpg


それにしても、10m近くもあるこんな巨大な絵を、よくぞ2枚もお描きになりました!(◎-◎;)

弟子も手伝ってますよね~?


戦闘の回廊

フランスの歴史を描いた絵が、壁にビッシリ飾られた回廊です。

ここまで来ると人も少なくなりました。
a0092659_1895615.jpg


ミュージアムショップには、

マリーアントワネットやルイ14世、ナポレオン1世などのキャラクター商品を始め、

ヴェルサイユなグッズがたくさん置かれていました。

そうそう、″ラデュレ″まで入ってましたよ。

a0092659_18211438.jpg


宮殿が大きすぎて、全体の写真はありません。

ここはほんの一部です。
a0092659_220721.jpg



他にもたくさん写真は撮ってきたのですが、これ以上UPしても

みんな同じにしか見えないので、この辺で止めておきます。。。


主人は、畏れ多くも「悪趣味」と言い切っていましたが、私はそこまでは申しません。

ただもう、胸やけしそうなくらい豪華絢爛でございました。(ーー;)


「ヴェルサイユ宮殿はもう2度と来なくていいね」

・・・と言う意見だけは、ふたり一致しましたけどね。




そう言えば・・・

明日14日からヴェルサイユ宮殿で始まる「村上 隆の個展」には

現地フランスでは相当反発を買っているそうですが、私も反対派です。

村上隆さんの作品が理解できない私が反対する資格はないかもしれないけど、

どう考えても、ヴェルサイユ宮殿にはミスマッチすぎるでしょう。

日本人として名誉なのか、それとも恥なのか…

観光客の反応はどうなんでしょうね。





by bonzok | 2010-09-13 22:48 | パリ 2010 | Comments(2)
Commented by 越ママ at 2010-09-14 08:27 x
ヨーロッパの各国の王が憧れたという、鏡の間は、ほんとうにすごかったです。マリーアントワネットさまの寝室もゴウジャスでしたね。私は、ヴェルサイユ宮殿といったら、マリーアントワネットさま(私はベルバラのオスカルさまなんですけど、実在しないので・・・)と思っていたのですが、主は、ルイ14世なんですね。ガイドさんは、ルイ14世の話ばかりでした。太陽王のルイ14世のこと、少しわかりました。
今、ニュースで、鏡の間の村上作品の話題が・・・「主人と、あれはミスマッチだよね。個展のときに行かなくてよかったね」と話してました。あれはないですよね・・・勘弁して欲しいです。
Commented by bonzok at 2010-09-14 22:55
ヴェルサイユ宮殿の豪華さは桁外れですね。
絢爛たる当時のブルボン王朝を垣間見ながらも、
マリー・アントワネットとルイ16世の悲惨な末路がいつも頭をよぎりました。
私たち一般ピーポーには想像もつかない世界ですけど…



<< ペイントクラフト73号 発売      ヴェルサイユ宮殿 独り占め~‼... >>