FK’s Blog

bonzoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2021年 04月 15日

法師温泉 其の弐



長寿館の玄関を入ると
いきなり映画のセットみたい!
法師温泉  其の弐_a0092659_14254392.jpeg


真ん中にどっしりと構える
巨大な切り株の火鉢は樹齢1300年のとちの木だそうです。
法師温泉  其の弐_a0092659_14265691.jpeg



続き部屋は囲炉裏を切ったサロン
自由にお茶が飲めます。
法師温泉  其の弐_a0092659_14294144.jpeg


どこも見てもノスタルジックな佇まい
法師温泉  其の弐_a0092659_15150080.jpeg




至る所に消火器が置いてありました。
木造の貴重な建物、燃えたら大変ですものね。
法師温泉  其の弐_a0092659_15262750.jpeg



明治の建物ですが
天井を見るとしっかりした造りと判ります。
裸電球がまたレトロ
法師温泉  其の弐_a0092659_14000407.jpeg


磨りガラスもレトロな感じ
法師温泉  其の弐_a0092659_15010861.jpeg



渡り廊下から中庭を望む
法師温泉  其の弐_a0092659_15181315.jpeg



本館、別館、法隆殿と繋がり、建物は結構大きい
法師温泉  其の弐_a0092659_16254751.jpeg




私たちが泊まった部屋は法隆殿の三十番

部屋に入ると、何だか広すぎてビックリ!
予約の時、選択の余地が無かったので…

法師温泉  其の弐_a0092659_15374946.jpeg


二人には広すぎた…
法師温泉  其の弐_a0092659_09540882.jpeg


夕食と朝食はこのテーブルで頂きました。
法師温泉  其の弐_a0092659_15204012.jpeg


お食事も昔ながらの素朴なお料理
法師温泉  其の弐_a0092659_10083505.jpeg


お部屋からの景色
真下に流れる渓流のせせらぎがいい感じでした。
法師温泉  其の弐_a0092659_14012126.jpeg



ホテルならスイートルームですが、
宿泊料はリーズナブルでしたよ👍
法師温泉  其の弐_a0092659_16274209.jpeg


長寿館のシンボル”法師乃湯
”フルムーン”のCMで有名になったお風呂です。

脱衣室は男女別々ですが
ここは混浴😱
水着、湯浴み着、タオル巻きは禁止です…

さすがに混浴に入る勇気は無く
夜20~22時の女性専用時間に入りました。

法師温泉  其の弐_a0092659_15221327.jpeg




法師温泉の”法師”は弘法大師(空海)の名が由来です。
この温泉は弘法大師が発見したとされていますが
開湯した温泉は全国に何十か所もあります。
昨年行った修善寺温泉も弘法大師の開湯…でした。

弘法大師はダウンジングの才能があったの?
…と思って調べてみたら、
あくまでも伝説で史実は無いと言う事でした。

でも、弘法大師が見つけた有り難い温泉と思っていた方が
効能を得られるかもです。




法師乃湯は明治28年(1895年)に造られた鹿鳴館風建築
夜は行燈の灯りだけだったので
怖いくらい薄暗かったです。

内部は撮影禁止だったので
画像は長寿館のHPよりお借りしました。
法師温泉  其の弐_a0092659_10010514.jpeg



足元の石ころの間から

源泉がポコポコと湧き出していました。


雰囲気はいいけどお湯がぬる過ぎて
かなり長湯をしないと冬場は寒すぎ

法師温泉  其の弐_a0092659_13220944.jpeg




玉城の湯
3か所あるうち一番居心地のいい湯殿でした。
外が野天風呂になっています。

法師温泉  其の弐_a0092659_13223606.jpeg


湯殿は総檜造り
法師温泉  其の弐_a0092659_16240364.jpeg


法師温泉  其の弐_a0092659_10033576.jpeg


野天風呂もひとり占め♪
法師温泉  其の弐_a0092659_10030226.jpeg




冬の法師温泉でタイムスリップなひと時を楽しんで来ました♪

法師温泉  其の弐_a0092659_22433555.jpeg



2021/2/13〜14






# by bonzok | 2021-04-15 22:23 | 法師温泉 2021.2 | Comments(0)
2021年 04月 13日

秘湯 法師温泉



2021/2/13~14

群馬県みなかみ町
三国峠の麓に佇む秘湯、法師温泉に行って来ました。

秘湯 法師温泉_a0092659_15110349.jpeg
画像出典:長寿館HP



人里離れた山あいにひっそりと佇む長寿館
法師温泉の一軒宿です。
秘湯 法師温泉_a0092659_16193768.jpeg




雪景色を求めてこの季節に訪れたのですが、
暖かい日が続いたせいか、
すっかり溶けてしまってちょっと残念…

お陰でタイヤチェーン無しで宿に辿り着くことができ、
夫はホッとしていましたが。

秘湯 法師温泉_a0092659_15164338.jpeg
秘湯 法師温泉_a0092659_15133246.jpeg





創業は明治8年
本館の建物は登録有形文化財に指定されています。

秘湯 法師温泉_a0092659_14295005.jpeg




看板も年季が入ってます。

秘湯 法師温泉_a0092659_11171444.jpeg





日本秘湯を守る会”と言う存在を初めて知りました。
会のスタンプ帳があり、
所属の宿1泊ごとにスタンプが押され、
3年間で10個貯まると希望の宿にタダで泊まれるとか…
私たちは多分行けそうもないのでパスしました。

秘湯 法師温泉_a0092659_11421695.jpeg




郵便ポストの立つ高さを見ると
ここまで雪で覆われると言う事なんですね。

秘湯 法師温泉_a0092659_14325773.jpeg



宿の玄関を反対側から
秘湯 法師温泉_a0092659_14305026.jpeg



TVでもたびたび取り上げられ、知る人ぞ知る長寿館は
JRが国鉄時代、このCMで有名になりました。

秘湯 法師温泉_a0092659_11583956.jpeg



この映画も長寿館でロケが行われたそうです。
秘湯 法師温泉_a0092659_11565645.jpeg



↓雪に埋もれている石碑には
この宿を愛した与謝野晶子の歌が刻まれています。

草まくら 手枕に似じ借らざらん 山のいで湯の丸太の枕

”旅の宿、いで湯に入ればついつい心地よく木枕で寝湯する”
…と言う歌意です。

秘湯 法師温泉_a0092659_15140878.jpeg




与謝野晶子が投宿した際の写真が飾ってありました。
”三国峠へ”って書いてあるけど
駕籠担いてる人が大変そう。

秘湯 法師温泉_a0092659_12284910.jpeg




チェックインの前に
与謝野晶子、鉄幹が投宿したお部屋を見せて頂きました。
当日は満室だったのでこのお部屋も予約済み
お客さまが入られる前に特別に見学させて頂きました。
ここにいらっしゃる方はダメ元でお願いしてみて下さい(^^;


お部屋番号は二十番
登録有形文化財に指定された長寿館で最も古い部屋のひとつです。
秘湯 法師温泉_a0092659_12091719.jpeg



二間続きでしたがとても質素な佇まい
この歴史あるお部屋に泊まってみたかったけど
お手洗いが無いと知り諦めました。
秘湯 法師温泉_a0092659_12082155.jpeg



雪道覚悟で行ったのにスイスイ走り過ぎて
チェックインまで1時間以上時間があったので
周辺を散策へ

宿の裏手にあった小さなお稲荷さん
秘湯 法師温泉_a0092659_15201126.jpeg



竹の雪囲いが風情があります。
秘湯 法師温泉_a0092659_12255931.jpeg



宿の裏手は素敵な雪景色が広がっていました。
秘湯 法師温泉_a0092659_15174543.jpeg


私の足跡
スキー場にいるみたい♪
秘湯 法師温泉_a0092659_15181470.jpeg


人間じゃない足跡も…
秘湯 法師温泉_a0092659_15184841.jpeg



チェックイン時間が近付いて来たので
そろそろ宿に戻りましょう。
前を行く夫は
普通の靴だったので靴下までびしょ濡れ
私はブーツだったから大丈夫でしたよ♪

秘湯 法師温泉_a0092659_11082097.jpeg


小一時間の雪山散策
お天気が良すぎて汗ばむくらいでした。
雪焼けしたかも…
秘湯 法師温泉_a0092659_11202039.jpeg



法師温泉その2へつづく






# by bonzok | 2021-04-13 12:55 | 法師温泉 2021.2 | Comments(0)
2021年 03月 30日

奈良の旅 最終回 奈良ホテル

奈良の旅 最終回 奈良ホテル_a0092659_13090095.jpeg


奈良で滞在した"奈良ホテル"は

”西の迎賓館”と呼ばれる明治建築の美しいホテルでした。

設計は東京駅を手掛けた辰野金吾

重厚な佇まいは桃山御殿風檜造りと言う建築だそうです。


奈良の旅 最終回 奈良ホテル_a0092659_13471081.jpeg



建物は創業当時のままのですが、

メンテナンスがしっかりされていて

今まで泊まったクラシックホテルの中では

一番立派な建物でした。

奈良の旅 最終回 奈良ホテル_a0092659_13521125.jpeg



お部屋は2階だったのでこの階段を登って。
奈良の旅 最終回 奈良ホテル_a0092659_16243075.jpeg



階段の踊り場に置かれていた椅子は
何度も修復されたような古いものでした。
所々に穴が開いていましたよ…

奈良の旅 最終回 奈良ホテル_a0092659_16272472.jpeg



2回の吹き抜けから見下ろしたエントランス
奈良の旅 最終回 奈良ホテル_a0092659_16234504.jpeg


オードリー・ヘップバーンが滞在中、
絶賛したと言うこのシャンデリア
春日大社の釣り灯篭を模したデザインだそうです。

奈良の旅 最終回 奈良ホテル_a0092659_16280344.jpeg


外国の客も意識しているのか
インテリアは和洋折衷
実際”迎賓館”として各国の要人が滞在しました。

奈良の旅 最終回 奈良ホテル_a0092659_16314743.jpeg


神社の祠のような郵便ポスト
奈良の旅 最終回 奈良ホテル_a0092659_16510753.jpeg


メインダイニングルーム”三笠”の入り口
奈良の旅 最終回 奈良ホテル_a0092659_16550894.jpeg


朝食時間は2日ともガラガラ
GoToキャンペーンが急に中止になって
相当キャンセルが出たのだと思います。

奈良の旅 最終回 奈良ホテル_a0092659_16513317.jpeg



テーブルから見えた興福寺の五重塔
2日とも窓側の席に案内して頂けました。
ガラガラでしたから…
奈良の旅 最終回 奈良ホテル_a0092659_15072544.jpeg




1階サロン
奥のホールクロック”平成の大時計”は
平成天皇即位(現上皇天皇)を記念して設置されたもの

奈良の旅 最終回 奈良ホテル_a0092659_16252509.jpeg


100年前、アインシュタインが弾いたピアノ
今もちゃんと調律されているそうです。

奈良の旅 最終回 奈良ホテル_a0092659_16291829.jpeg



お部屋は本館のスタンダード
奈良の旅 最終回 奈良ホテル_a0092659_15355766.jpeg

奈良の旅 最終回 奈良ホテル_a0092659_15363583.jpeg



窓枠がレトロでいい感じ
奈良の旅 最終回 奈良ホテル_a0092659_15045757.jpeg



オイルヒーターの装飾に感動!
奈良の旅 最終回 奈良ホテル_a0092659_14531844.jpeg



お部屋からの眺め
興福寺五重塔の先っぽだけ見えました(~_~;)
奈良の旅 最終回 奈良ホテル_a0092659_15063120.jpeg
奈良の旅 最終回 奈良ホテル_a0092659_15070502.jpeg



敷地内に建っていた教会
聖ラファエル教会
ここで結婚式を挙げてホテルで披露宴…なんですね。
奈良の旅 最終回 奈良ホテル_a0092659_17040706.jpeg


ゲートを入り坂道を登ってホテルに辿り着きます。
奈良の旅 最終回 奈良ホテル_a0092659_17044676.jpeg


上手く撮れなかったけど夜の奈良ホテルも素敵でした。

奈良の旅 最終回 奈良ホテル_a0092659_17001930.jpeg


上皇天皇、皇后陛下が御滞在時の一枚が
廊下に飾ってありました。
奈良の旅 最終回 奈良ホテル_a0092659_13091584.jpeg


同じ場所で・・・
私も皇族の気分で…なんてね♪
奈良の旅 最終回 奈良ホテル_a0092659_15042306.jpeg



奈良の旅レポートはこれでお終い

コロナ禍のお正月
どこに行っても人がいない奈良…
申し訳ないくらい贅沢なひと時を味わわせて頂きました。







# by bonzok | 2021-03-30 15:56 | お正月奈良の旅 2021.1 | Comments(0)