FK’s Blog

bonzoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2022年 05月 09日

山陰山陽の旅 7 ノスタルジックな街 尾道


山陰山陽の旅 7 ノスタルジックな街 尾道_a0092659_07181174.jpeg

2022/3/28

倉敷 8:40発 JR山陽本線で尾道

約1時間で尾道駅到着
ホームが既にレトロ感が漂っていました。 
山陰山陽の旅 7 ノスタルジックな街 尾道_a0092659_15495600.jpeg



尾道駅から千光寺に向かう途中遭遇したのは
尾道ゆかりの作家 林芙美子の像

”海が見えた 海が見える…”
代表作『放浪記』の一節が記されていました。
山陰山陽の旅 7 ノスタルジックな街 尾道_a0092659_15560555.jpeg


林芙美子像の先に続く商店街は
その名も ”おのみち芙美子通り

山陰山陽の旅 7 ノスタルジックな街 尾道_a0092659_15554743.jpeg


芙美子通りでひと際目を引く
このレトロな銭湯、
現在は中華料理店になっていました。
山陰山陽の旅 7 ノスタルジックな街 尾道_a0092659_13443687.jpeg



尾道商業会議所は記念館として残されています。
芙美子通りはレトロな建物が点在していました。
山陰山陽の旅 7 ノスタルジックな街 尾道_a0092659_15582189.png

 
尾道プリンが人気のお店。
朝の内だったので開店前でしたが、
いつも行列ができているそうですよ。

山陰山陽の旅 7 ノスタルジックな街 尾道_a0092659_15590278.jpeg



ロープウェイで千光寺
山陰山陽の旅 7 ノスタルジックな街 尾道_a0092659_16023350.jpeg



終点千光寺駅でロープウェイを降りると
何やらイベントが開催されていて
”ミス尾道”のお嬢さん方が案内をされていました。
公人なのでお顔を出しても大丈夫ですよね。
山陰山陽の旅 7 ノスタルジックな街 尾道_a0092659_16053963.jpeg


桜を眺めながら
この坂を下って千光寺に向かいます。
山陰山陽の旅 7 ノスタルジックな街 尾道_a0092659_16033007.jpeg



尾道の街と瀬戸内海の島々が一望!
山陰山陽の旅 7 ノスタルジックな街 尾道_a0092659_09545250.jpeg



カラスを激写!
山陰山陽の旅 7 ノスタルジックな街 尾道_a0092659_10085395.jpeg



千光寺本堂
山陰山陽の旅 7 ノスタルジックな街 尾道_a0092659_22585827.jpeg



朱が鮮やかなこの鐘楼は
林芙美子の「放浪記」志賀直哉の「暗夜行路」にも登場しています。
山陰山陽の旅 7 ノスタルジックな街 尾道_a0092659_22245432.jpeg


岩にへばり付く”末広の松”
山陰山陽の旅 7 ノスタルジックな街 尾道_a0092659_22520064.jpeg


天寧寺越しの景色は絵になります。
山陰山陽の旅 7 ノスタルジックな街 尾道_a0092659_23040627.jpeg


手前の巨岩は”鼓岩”(つづみいわ)
千光寺は巨岩だらけでした。
山陰山陽の旅 7 ノスタルジックな街 尾道_a0092659_22131672.jpeg


鼓岩”は別名”ポンポン岩”
岩の上に置いてある石で打つと
ポンポンと乾いた音がします。
この岩は大阪城築城の石垣材とすべく割られた
のみの跡が残っていました。
山陰山陽の旅 7 ノスタルジックな街 尾道_a0092659_22093407.jpeg


帰りは寄り道しながら歩いて下りました。
登りだったらキツそう…(-_-;)
山陰山陽の旅 7 ノスタルジックな街 尾道_a0092659_22572267.jpeg


尾道は坂と路地の街
住んでる人は大変そう…
山陰山陽の旅 7 ノスタルジックな街 尾道_a0092659_23032410.jpeg


この通りは猫さんが多い
山陰山陽の旅 7 ノスタルジックな街 尾道_a0092659_10255773.jpeg


この細~い路地を歩いて行くと…
山陰山陽の旅 7 ノスタルジックな街 尾道_a0092659_22445535.jpeg

現れたのは
帆雨亭(はんうてい)と言う古民家カフェ
こんな所にポツンと…って感じだけど
ちゃんとお客さんがいました。
山陰山陽の旅 7 ノスタルジックな街 尾道_a0092659_10252256.jpeg


千光寺から少し下った崖の上に建つ
"みはらし亭"
山陰山陽の旅 7 ノスタルジックな街 尾道_a0092659_15200983.jpeg

みはらし亭は
1921年(大正10年)に建てられた元別荘
国の有形文化財に登録されています。

山陰山陽の旅 7 ノスタルジックな街 尾道_a0092659_12530386.jpeg


文字通り見晴らしのいい”みはらし亭”は
現在カフェと宿泊施設になっています。

山陰山陽の旅 7 ノスタルジックな街 尾道_a0092659_12533242.jpeg


尾道駅裏手に建つすごい建物!
崖上の狭い傾斜地に
しがみ付くように建っていました。

山陰山陽の旅 7 ノスタルジックな街 尾道_a0092659_12550046.jpeg


1933年に建てられたこの建物は
なんと!ひとりの大工が3年の月日をかけて
完成させたそうです。

通称"ガウディハウス"
この建物も国の登録有形文化財になっています。

山陰山陽の旅 7 ノスタルジックな街 尾道_a0092659_12580597.jpeg


この塀はいつ頃の物なんでしょう…
山陰山陽の旅 7 ノスタルジックな街 尾道_a0092659_22452673.jpeg


ウロウロしてたら
完全に迷子になってしまい…
山陰山陽の旅 7 ノスタルジックな街 尾道_a0092659_22454366.jpeg


ナビを頼りに何とかこの場所まで辿り着きました…
山陰山陽の旅 7 ノスタルジックな街 尾道_a0092659_22581987.jpeg


尾道水道は本州と向島の間を流れる水道
フェリー乗り場の先が向島です。近っ!
山陰山陽の旅 7 ノスタルジックな街 尾道_a0092659_23044386.jpeg


尾道をあとに今夜の宿泊地”竹原”

尾道滞在は約4時間、
もっとゆっくりしたかったのですが、
この先の目的地”竹原”までのJR三原線
洪水被害のため、なんと全線不通!

一部バス移動に変更となったので
尾道を早めに出る事になりました。

まぁ、このくらいのアクシデントは
よくある事です…





# by bonzok | 2022-05-09 14:30 | 山陰山陽ひとり旅 2022/3 | Comments(3)
2022年 05月 03日

山陰山陽の旅 6 倉敷美観地区 朝と夜は貸し切り状態😅

2022/3/28

夜間照明が点灯した頃、再び美観地区へ。
ホテルを1歩出ると目の前が美観地区と言う
絶好のロケ―ション!
ドーミーイン、ありがとう♪
山陰山陽の旅 6 倉敷美観地区 朝と夜は貸し切り状態😅_a0092659_19140926.jpeg


夜6時半頃の美観地区は
飲食店も土産店も全部閉まっていて
ほとんど人が歩いていない…
私が昼食を取ったレストランも17時閉店でした。
お店閉めるの早すぎません?

山陰山陽の旅 6 倉敷美観地区 朝と夜は貸し切り状態😅_a0092659_12514947.jpeg


コロナ禍の時間短縮なのかどうか分かりませんが
誰もいないのは勿体ない…
夜の美観地区、すごく素敵なのに。

山陰山陽の旅 6 倉敷美観地区 朝と夜は貸し切り状態😅_a0092659_12442274.jpeg


コロナ蔓延防止策のため
夜間照明はしばらく中止されていましたが
昨年(2021年)10月に再開
訪れた3月は点灯時間は21時まで、
4月~10月は22時までです。

夜の倉敷館(観光案内所)も素敵♪
山陰山陽の旅 6 倉敷美観地区 朝と夜は貸し切り状態😅_a0092659_19223559.jpeg


こちらは早朝(6時半すぎ)の倉敷館
山陰山陽の旅 6 倉敷美観地区 朝と夜は貸し切り状態😅_a0092659_16274352.jpeg

美観地区は夜も朝も人がいない…(-_-;)
たま~に犬のお散歩の方を見かけるくらいでした。
山陰山陽の旅 6 倉敷美観地区 朝と夜は貸し切り状態😅_a0092659_19420787.jpeg


人がいない倉敷美観地区
こんな景色はもう見られないかも…
山陰山陽の旅 6 倉敷美観地区 朝と夜は貸し切り状態😅_a0092659_19432881.jpeg


朝も夜も貸し切り状態の
贅沢な倉敷散歩♪
山陰山陽の旅 6 倉敷美観地区 朝と夜は貸し切り状態😅_a0092659_19514485.jpeg


宿泊した"ドーミーイン倉敷・阿智の湯"は
ビジネスホテルなのに天然温泉付き♨
 
ウェルカムアルコールやアイスクリームサービス
無料の夜鳴きそば🍜まで供され
コスパ最高♪
タダに弱い私です…

昼食を済ませたのが16時過ぎていたので
この日の夕食はこの夜鳴きそばで
済ませちゃいました(~_~;)

私が一番感動したのは
桃ジュース🍑(これもフリー)
本当に美味しくて
ロビーに行くたびに飲んでました~😅

山陰山陽の旅 6 倉敷美観地区 朝と夜は貸し切り状態😅_a0092659_13571682.jpeg


ホテルで朝食を済ませ倉敷を後に。

次は広島、尾道へと向かいます。







# by bonzok | 2022-05-03 20:32 | 山陰山陽ひとり旅 2022/3 | Comments(0)
2022年 05月 02日

山陰山陽の旅 5 倉敷の街を見下ろす阿智神社@倉敷



美観地区を見下ろす鶴形山の山頂に鎮座する
阿智神社は旧倉敷村の総鎮守

大しめ縄が美しい拝殿
山陰山陽の旅 5 倉敷の街を見下ろす阿智神社@倉敷_a0092659_19124921.jpeg


前日の夜、東京を出て早朝の倉敷着から
ず~っと歩き続けてる身体には
境内までの183段の階段がコタえました(-_-;)

山陰山陽の旅 5 倉敷の街を見下ろす阿智神社@倉敷_a0092659_12555562.jpeg


もう一息だ~😓
山陰山陽の旅 5 倉敷の街を見下ろす阿智神社@倉敷_a0092659_12575598.jpeg


階段を登り終えると
眼下に倉敷の街を望むことができました。
山陰山陽の旅 5 倉敷の街を見下ろす阿智神社@倉敷_a0092659_11393899.jpeg


手水舎にあしらわれた可愛いお花
山陰山陽の旅 5 倉敷の街を見下ろす阿智神社@倉敷_a0092659_20071092.jpeg


何故かいつも狛犬を撮りたくなる私
口を開けてる阿形は獅子
山陰山陽の旅 5 倉敷の街を見下ろす阿智神社@倉敷_a0092659_20062458.jpeg


絵馬殿(左)と高灯籠(右)
山陰山陽の旅 5 倉敷の街を見下ろす阿智神社@倉敷_a0092659_12480323.jpeg


絵馬殿から眺める倉敷の街
美観地区の建物もはっきりと見えました。
山陰山陽の旅 5 倉敷の街を見下ろす阿智神社@倉敷_a0092659_20125167.jpeg


本殿
屋根に千木(ちぎ)鰹木(かつおぎ)が施された
こじんまりした社でした。
山陰山陽の旅 5 倉敷の街を見下ろす阿智神社@倉敷_a0092659_12405765.jpeg

山陰山陽の旅 5 倉敷の街を見下ろす阿智神社@倉敷_a0092659_18540479.jpeg


能舞台
早くも端午節句の飾りが置かれていました。
山陰山陽の旅 5 倉敷の街を見下ろす阿智神社@倉敷_a0092659_11490108.jpeg


荒神社…だったと思う (ーー;)
山陰山陽の旅 5 倉敷の街を見下ろす阿智神社@倉敷_a0092659_20055629.jpeg


長寿のモッコクの樹は
”縁結びの樹”
ご縁をもっと濃く…モッ(ト)コクと言う願いで
名付けられたそうです。
ダジャレみたいな命名ですね。

女子たちが願いを込めて
おみくじを結びつけていました。
山陰山陽の旅 5 倉敷の街を見下ろす阿智神社@倉敷_a0092659_20075737.jpeg


夕方4時半過ぎだったので参拝客は少なく
見かけるのは女性だけでした。

    土蔵の様な建物は縁起物授与所      
山陰山陽の旅 5 倉敷の街を見下ろす阿智神社@倉敷_a0092659_20115805.jpeg


再び美観地区に戻り、またぶらぶら…
山陰山陽の旅 5 倉敷の街を見下ろす阿智神社@倉敷_a0092659_13552451.jpeg


白い洋館は倉敷館(観光案内所)
1917年に建てられたこの建物は
かつては倉敷町役場
大正時代の建物はオシャレですね♪
山陰山陽の旅 5 倉敷の街を見下ろす阿智神社@倉敷_a0092659_19542923.jpeg

翌朝7時前の美観地区
犬のお散歩中に若い女性に
”おはようございます!”って声を掛けられました。
どう見ても観光客の私に
「ようこそ、倉敷へ」って
挨拶だったのかもしれません。

山陰山陽の旅 5 倉敷の街を見下ろす阿智神社@倉敷_a0092659_19560197.jpeg


倉敷館にはお手洗いもあり
”タダで”ひと休みするにはちょうどいい場所でした。


この景色は倉敷館の2階から。
山陰山陽の旅 5 倉敷の街を見下ろす阿智神社@倉敷_a0092659_19582084.jpeg


阿智神社は美観地区からも望めます。
山陰山陽の旅 5 倉敷の街を見下ろす阿智神社@倉敷_a0092659_13151727.jpeg


夕方5時過ぎ、
だいぶ人も少なくなってきた美観地区
傘をさす女性はモデルさんです。
山陰山陽の旅 5 倉敷の街を見下ろす阿智神社@倉敷_a0092659_13561566.jpeg


そろそろホテルに戻りましょう…
ホテル近くてよかった♪






# by bonzok | 2022-05-02 16:43 | 山陰山陽ひとり旅 2022/3 | Comments(0)