3月31日、
例年ならば桜の季節のはずなのに真冬並みの寒さの中、
ギャレット仲間と鎌倉散策へ♪

待ち合わせをしたのは”北鎌倉駅” 円覚寺出口

さすが鎌倉、小さな駅なのに次々と観光客が降りてきます
皆さん寒そうに歩いてますね、本当にこの寒さは想定外でした。

駅改札から徒歩3秒くらい場所にある☟香下庵茶屋(こうげあんちゃや)
2015年7月まで、円覚寺の境内にあったお店だそうです。
a0092659_17354140.jpg



駅を出て徒歩1分で円覚寺が目の前に。
石段の先に総門が見えてきます。
a0092659_17434279.jpg


総門
に掲げられている額の文字は「瑞鹿山」
これは円覚寺の山号で”めでたい鹿のいるお山”と言う意味だそうです。
a0092659_17485198.jpg



総門をくぐって更に進むと石段の上に山門が見えてきました。

鎌倉は世界の観光地なのですね、外国人観光客が想像以上に多かったです。
a0092659_18103920.jpg



☟立派な山門
この日は朝からどんよりとした曇り空で午後からはついに雨に… ☂
スマホで撮った写真が全部暗めでした… (ーー;)

a0092659_17582241.jpg



山門の詳しい解説はこちらをご覧になって(~_~;)

a0092659_18192684.jpg



開基廟
北条時宗公を祀った廟
赤い毛氈が見えますが、ここでお抹茶を頂けるようです
(一名500円と書いてありました)


a0092659_23472515.jpg



開基廟
佛日庵(ぶつにちあん)と言う塔頭にあります。

禅宗では高僧の墓塔があるところを塔頭(たっちゅう)と言い、
境内には現在19の塔頭があります。

a0092659_21361857.jpg



☟正続院
(しょうぞくいん)は円覚寺の開山(寺を開創した僧侶のこと)無学祖元の塔所
※無学祖元北条時宗の招きにより来日し、日本の臨済宗の基礎を確立した中国宋の禅僧。

a0092659_21535471.jpg



正続院
の中に舎利殿がありますが公開はされていませんでした。

a0092659_01233424.jpg




☟如意庵
と言う塔頭

山門までは行きませんでしたが、ここは茶寮「安寧」と言うカフェになっていました。

a0092659_22002418.jpg



坂道を登ってさらに奥に進みます。
円覚寺境内はとても広く見どころも多いので拝観料300円では申し訳ないくらいです(^^ゞ


a0092659_22220520.jpg




奥に見えるのは続燈庵と言う塔頭
ここは一般は立ち入り禁止でした。

a0092659_22233408.jpg



 黄梅院(おうばいいん)は夢窓国師の塔所
円覚寺境内の一番奥にひっそりと佇んでいました。
黄梅院の聖観音堂

a0092659_22063329.jpg



黄梅院にいらした木彫りの千手観音 
素朴でアートな観音様でした。

a0092659_23334672.jpg


例年ならば桜が満開になってもいい季節なのに
まだほとんどが蕾
今年は寒い日が続いて、本当になかなか満開になりませんね~

満開になったらここもすごい人になっちゃうでしょうけど…(~_~;)


a0092659_22351075.jpg



梅は既に散っていたし…
a0092659_22480202.jpg


桜は見られなかったけど、
境内では珍しい草木をいろいろ見ることができました。


☟クリーム色の可愛い花をつけるミツマタの木
a0092659_22490238.jpg

a0092659_22524232.jpg



キブシの花
a0092659_23013085.jpg


ぶら下がって咲く姿がユニーク
a0092659_23281060.jpg


円覚寺 其の弐へつづく





# by bonzok | 2017-04-01 23:56 | 鎌倉散策

6日目、
早朝ホテルを発ち、アスワンから北へ45kmのコム・オンボ

コム・オンボ(Kom・Ombo)はアスワンからナイル川を下った場所に位置します。
この地名はアラビア語で”オリンポスの丘”と言う意味で、かつてここは”オリンポス”と呼ばれていました。

☟地名の由来通りコム・オンボ神殿は小高い丘の上に建っていました。

a0092659_20184949.jpg



神殿側からナイル川を見下ろすとクルーズ船がずらりと停泊していました。

右下の方をよ~く見ると、この方もしかしてヘビ使い?!(・・;)
a0092659_13371042.jpg


コブラちゃんたち、リードもなしで逃げださないのかしら…
a0092659_13463827.jpg


☟神殿正面の上の方にもカッコいいコブラのレリーフがあったので、
きっと神聖な生き物として崇められていたのだと思います。

a0092659_13492334.jpg


コム・オンボ神殿は古代エジプト末期のプトレマイオス王朝(紀元前332-32年)に建てられた神殿です。


☟この写真は1870年、可哀そうな姿のコム・オンボ神殿 

かつてこの神殿はナイル川の氾濫や地震で、また他の建築業者によってほとんどが破壊され無残な姿になっていました。

a0092659_15105191.jpg
出典Wikipedia



神殿の中に入ると壁面も柱もびっしりとレリーフ模様が刻まれていました。
a0092659_13564531.jpg

a0092659_14293632.jpg



コム・オンボワニの神様”ソベク神”をとハヤブサの頭の”ホルス神”を祀った神殿

☟この方がワニ頭のソベク神
被り物にコブラがいますね。
a0092659_15055807.jpg




ソベク神(ワニ頭)の後ろにいるのは牛の角を持つハトホル女神
ファラオ(プトレマイオス6世)がソベクに捧げものを差し出しています。

a0092659_14412537.jpg



ワニ頭また発見!

a0092659_14392963.jpg



☟ここは神殿の隣りに2012年に開園したばかりの”ワニのミイラ博物館”
ここも同じチケットで入れます。

可愛いワニのミイラちゃんたちがたくさん並んでいましたよ♪
古代エジプトってなんでもミイラにしちゃうんだ~(*_*)

内部は撮影禁止だったのでWikipedia Commonsより
a0092659_16151944.jpg



ミイラと言っても死んだワニをそのまま乾かしてるだけかと思ったら、
ちゃんと内臓も取り出して包帯グルグル巻きにして手厚くミイラ加工してました。
古代エジプトではワニも神様ですものね。

a0092659_16153071.jpg



クレオパトラ3世と4世の美女ツーショット♪
有名な絶世の美女クレオパトラは7世です。

それぞれの横にあるカルトゥーシュ(楕円の中に名前を刻んだ印)で誰かが分かるんですよ。
ヒエログリフが解読できたら楽しいでしょうね♪

a0092659_14462817.jpg


ファラオがトキの頭トト神(左)とハヤブサのホルス神(右)に生命の水で清められているシーン

a0092659_14564299.jpg



天井の色彩が綺麗に残っている部分がありました。
a0092659_15084009.jpg



上の部分、逆光で上手く撮れなかったのでWikipedia Commonsより

日の当たらない部分だったお陰か2000年以上もよく綺麗に残ったものです。


a0092659_16035257.jpg



ガイドさんが説明してるのは世界最古のカレンダー(左側)
横に並んでるのはセクメト女神
a0092659_15081239.jpg




ライオン頭のセクトメ(Sekhmet)もカッコいい女神です!

a0092659_15315176.jpg



☟の2人の女性、椅子に座ってるみたいですけど、これ出産シーンの壁画だそうです。
古代エジプトではこんな格好で出産してたのかしら…

a0092659_15443714.jpg


コム・オンボ神殿
ってエジプトに行くまで聞いたこともなかったけど、
興味深い壁画がたくさんありました。
当時はどんな姿だったのか、妄想するとわくわくします。

a0092659_16060538.jpg

a0092659_16065787.jpg




写真撮ってたら、この二人がなぜか笑顔でポーズをとってくれました(^^;
a0092659_16090428.jpg


逆光になってしまったけど、神殿を横から。
a0092659_16320844.jpg


解散後一人でウロウロしてたら神殿を離れてとんでもないところまで歩いてしまい、迷子になってしまいました~!💦
バスの駐車場を探して現地人に聞きまくってやっとバス発見!\(ё_ё)/

ほんとに焦った!もう少しで遭難するところでしたわ…
一人であんまり遠くまで行ってはいけないと反省(*_ _)






# by bonzok | 2017-03-30 18:30 | 古代エジプトの旅 2017

旅のクチコミとして、ホテルの情報も記録しておきます。

アスワンで2泊したのはナイル川に面した”ヘルナン・アスワン・ホテル”

☟ホテルの画像はExpediaより
ナイル川、いくら何でもここまで真っ青ではありませんよ…加工しすぎ~(・・;) 

a0092659_14431496.jpg



アスワンでは一番新しいホテルだそうですが、センスはイマイチ、かなりチープな雰囲気でした。

a0092659_14590577.jpg

a0092659_15001161.jpg


ツアーですからお部屋は当然スタンダード
シンプルで素っ気無いインテリアだけど一人では十分の広さね。

a0092659_14484489.jpg



2晩とも同じベッドを使ってベッドメイキングの手間をちょっぴり省いてあげました~

a0092659_14514023.jpg


このホテルは全室ナイルビュー♪
大きなプールもあったので、リゾートホテルって感じでした。
全体に大したことないけど一応5つ星ホテルです。

a0092659_14490691.jpg


金ピカのエレベーターの中からもナイル川が見えて、ナイルアピールは完璧♪

a0092659_14560583.jpg





☟アスワン2日目の夕食
サラダも食べてスープも頂いちゃってから慌てて撮影…
春巻きみたいなのが4本も…前菜にしてはボリュームあり過ぎ。

a0092659_12100253.jpg





メインはビーフ、こちらも結構なボリュームです。

a0092659_12102372.jpg



デザートはチョコレートムース
今日も満腹で一日が終わりました…(-_-;)

a0092659_13584263.jpg




そうそう、このディナーでちょっとしたトラブルがあったんですよ。

この日私は赤ワインを頂きましたが、白ワインを頼んだ方の色がやけに黄色いな…と思っていたら、
お隣にいらした方が添乗員を呼んで「これはワインと言えない、こんなものにお金は出せないですよ」と静かに抗議をされたので、横でドキドキしながら聞いていました。
私も少し飲ませてもらいましたが、違いの分からない私でも”変な味”なのだけは分かりました (ーー;)

添乗員さんも大変ねぇ…と思いながら成り行きをみていたら、レストランの方が新しいボトルを持ってきて何とか事は収まりました。
多分、ボトルを開けてから時間が経ちすぎて酸化していたんだと思いますが、
エジプトではお酒を飲む習慣がないので、この白ワインの変色にさえ気が付かなかったのでしょう。

ちなみに抗議をしたご主人はワインの輸入会社を経営してる方でした。
それは黙っていられないですよね (ーー;)



食事を終えて部屋に戻ると綺麗な月が…
この日(2月11日)はちょうど満月♪

a0092659_12104071.jpg


ナイル川に映る美しい満月を眺めながらまったりと…と行きたいところですが、翌日は早朝の出発!
スーツケースに荷物を詰めてお風呂に入ってバタバタとアスワンの夜は更けていったのでありました…



# by bonzok | 2017-03-27 23:08 | 古代エジプトの旅 2017

トールペイントと旅の話を中心に日々の出来事を綴っております。旅友募集中です。どなたか旅をご一緒しませんか?
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30