ナショナルギャラリーの真ん前にあるトラファルガー広場はいつも観光客でいっぱい。

この高~い記念柱のテッペンに立ってるのはネルソン提督
トラファルガーの海戦でナポレオンの侵攻からイギリスを守った英雄です。

a0092659_22584183.jpg



☟20年ほど前トラファルガーの海戦(1805年)をモチーフに描いた傘立てです。
画像は『イギリスを描く』(日本ヴォーグ社刊)の掲載ページ
”1805”って書いて無ければ何の絵か分からないですね…(-_-;)


a0092659_14065615.jpg



ここではライオン達と記念撮影するのが定番みたいです。


a0092659_23171522.jpg



このライオン像は三越の前にいるライオンさんのモデルなんですよ♪


a0092659_23091040.jpg


☟ヨーロッパの国々って観光客が集まるところには必ずこんな人がいるんですよね。


a0092659_23004697.jpg



ヨーダの近くにいたからダースベイダーかと思ったら死神?

a0092659_22585300.jpg




ナショナルギャラリーを後に、またブラブラ歩いてコヴェントガーデン

ここは元青物市場だった場所で
オードリー・ヘップバーンの「マイフェアレディ」で登場した市場と言うことで知られています。

下町っぽいゴチャゴチャした雰囲気が好きでロンドンに来ると必ず訪れていましたが、以前よりおしゃれで洗練された街になっちゃったような…


a0092659_14293338.jpg



15年前に来た時、ここで”ライオンキング”を見ましたが、まだ上演してたのにはビックリ。


a0092659_14315806.jpg




手作りのクラフトや雑貨などのお店がずらりと並ぶアップルマーケット

a0092659_14413844.jpg




マーケットのあるピアッツァではクオリティの高い歌や演奏のパフォーマンスが見られます。

a0092659_14460986.jpg



ピアッツァの裏手にあるジュビリーマーケットはジャンクな土産屋さんがぎっしり並んだマーケットです。

a0092659_14365053.jpg




☟ピアッツァの中にあるシガー(葉巻)とパイプのお店
ここに来るたびにこの人を撮ってる気がする…(^^;


a0092659_14580725.jpg




私の大好きなムーミンのお店♪

a0092659_15044378.jpg




人気のパブ ”パンチとジュディ”
"Punch and Judy"はマザーグースに出てくるお話の主人公です。

a0092659_15192402.jpg




パンチとジュディ
のキャラクターがなぜか好きで、
私の作品の中に何度も登場させました(^^;

日本ヴォーグ社刊「マイディアマザーグース」より

a0092659_15565275.jpg




ピアッツァを出ると相変わらず大道芸があちこちにいて結構な賑わいでした。

屈強な女性が一人で頑張ってます!

a0092659_15340162.jpg




”浮いてる系”のパフォーマーはここでも多い

a0092659_15373447.jpg




ここにも浮いてる人が…
この体型でじっとしてるのは辛そう(-_-;)

a0092659_15365744.jpg


ロンドン街歩きは続きます…





by bonzok | 2017-01-31 19:33 | イギリス・レンタカーの旅 2016


ナショナルギャラリーには
ボッティチェリの作品もいくつか展示してありました。

☟『ヴィーナスとマルス』
あの超有名な『ヴィーナスの誕生』と同じころ(1483年)に描かれた作品

ヴィーナスのモデルは『誕生』『プリマヴェーラ』と同じく
フィレンツェ随一の美女シモネッタ・ヴェスプッチと言われています。



a0092659_16002984.jpg




☟一昨年、フランクフルトのシュテーデル美術館で見たボッティチェリの『シモネッタの肖像』


a0092659_21450537.jpg



かのレオナルド・ダ・ヴィンチシモネッタの美しさに惹かれ、
彼女の亡骸(23歳で夭逝)をスケッチしています。
ヴィーナスのモデルに相応しい本当に美しい女性だったんですね。

a0092659_21474792.jpg




☟作者は忘れてしまいましたが(-_-;)超細かく描かれた小品

a0092659_14450752.jpg



私の指と比べて、この小っちゃさ! どうやって描いたんでしょ?!
a0092659_14462887.jpg




☟ルーブル博物館で見たパオロ・パニーニの作品を思い出しました。

この絵は3mくらいある大きさ作品ですが、額絵や彫像のリアルな描写には驚かされます。
大きすぎて日本には来そうもないので、ルーブルにいらしたら是非間近で見てみて下さい。


パオロ・パニーニ『古代ローマの景観図のギャラリー』
出典 Wikipedia
a0092659_15154348.jpg





イタリアルネサンス初期(15世紀半ば)の画家 カルロ・クリヴェッリ
も私の好きな作家。

ナショナルギャラリーにはクリヴェッリの作品がたくさんあるのでテンション上がりました♪


a0092659_18222504.jpg


クリヴェッリの作品はすべて宗教画ですが、
特に聖母子像が好きです。

a0092659_23235375.jpg


『受胎告知』
縦が2mくらいの大きな作品です。

 画像はWikipedia より

a0092659_19180246.jpg




ナショナルギャラリーでは2点のフェルメールを見ることができます。

ひとつは『ヴァージナルの前に立つ女
”ヴァージナル”とはチェンバロのような楽器です。

フェルメールらしい光と空気を感じる作品。
今まで見たフェルメールの中では好きな作品です。

a0092659_20005060.jpg





もう一点は『ヴァージナルの前に座る女

「立つ女」の方と大きさもほとんど同じなので対の作品のようです。
「座る女」の方はフェルメール最晩年の作品ですが、彼独特の淡い光や空気感が感じられませんでした。


a0092659_22521807.jpg




日本では大人気のフェルメールですが、海外の美術館では
見てる人があまりいなくて、いつも何だか寂しげ…

a0092659_20123256.jpg





ゴッホの”ひまわり”も一点ありました。
7点ある「ひまわり」のうち、ゴッホ自身が一番気に入っている作品だそうです。

a0092659_23492411.jpg




ゴッホの”ひまわり”はやはり人気なのか、
ミュージアムショップではひまわりグッズがたくさん並んでいました。
この”ひまわりTシャツ” 着る勇気は無いなぁ…(~_~;)


a0092659_20230136.jpg






by bonzok | 2017-01-29 23:52 | イギリス・レンタカーの旅 2016

ロンドン最終日、
帰国便は夜の出発なので、夕方までまた適当に歩き回ることにしました。
まず訪れたのはホテルから歩いて行ける

ナショナルギャラリー
 

☟この格好では肌寒い一日でした。

a0092659_23151850.jpg




セキュリティチェックを受けて中に入ります。


a0092659_23140856.jpg





踏むのが勿体無いくらい凝ったモザイクタイルの床

”WONDER”って、これALICEかな…


a0092659_23214520.jpg




こちらは”HUMOUR” って書いてある通り、ほんとに面白い絵♪

a0092659_23223244.jpg





イギリス初の美術館として1824年に建てられたナショナルギャラリー、内部も重厚です。


a0092659_23285440.jpg


ナショナルギャラリーはダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、ラファエロ、レンブラント、ルーベンスと枚挙にいとまが無いほどの超大物画家の作品が展示してありますが、ここも入場無料♪
こんなにたくさんタダで見せて頂いてすみません…(*_ _)


超有名作家の作品はきりが無いので、私の個人的趣味で少しご紹介致します♪



☟まずは私が好きな英国画家 トマス・ゲインズボロ(Thomas Gainsborough)

前回ロンドンに来た時はゲインズボロの絵が飾られたホテル、その名も”ゲインズボロ・ホテル”に8連泊しました

a0092659_23382179.jpg




ゲインズボロの作品はこの部屋にいくつか展示されていました。

a0092659_23330569.jpg




☟これも私のお気に入り♪ 

ヤン・ファン・エイクの「アルノルフィーニ夫妻像」

何となく可愛くてほのぼのした結婚式の絵です。
新婦のお腹がポコッと出てるけど、妊娠してる訳じゃないですよ。
この時代、妊婦のような体形が究極の女性美だったんですって。
お腹に詰め物をして美しさを競ったそうですから、今からは考えられない。

お腹ポッコリが女性美の時代、また来ないかな~ (~_~;)

a0092659_23543860.jpg





よ~く見ると、後ろの鏡に二人の後ろ姿と立会人の姿が映ってますが、
青い服の人はファン・エイク自身と言われています。

鏡の上のカッコいい文字はラテン語で書かれた彼のサイン。
画家のサインが絵のド真ん中にあるって変ですよね?
実はこれ単なるサインではなく確かにここに立ち会ったと言う署名、
つまりこの絵は結婚証明書でもある訳ですね。
謎を解くと本当に面白い作品です。



a0092659_17135775.jpg



ファン・エイク
兄弟として有名なヤンの最も有名な作品は、兄フーベルトの死後完成させた「ヘントの祭壇画」
下のパネルの『神秘の子羊』の部分が良く知られています。

ベルギー、ヘント(GENT)でこの作品を見た時は超感激でした。

「ヘントの祭壇画」出典 Wikipedia
a0092659_00014251.jpg



☟セザンヌ様は高校生時代心酔したお方です(ё_ё)
油絵を習い始めた頃で、よく模写をしたりしてました。


a0092659_14442953.jpg



アンリ・ルソー
の絵は子供のころから好き♪
学生時代、真似っこして描いてました(・・;)

a0092659_14443720.jpg



クリムトもいいなぁ♪

a0092659_00151345.jpg



ジョルジュ・スーラ
の『アニエールの水浴』
3mくらいの大きな絵です。

a0092659_15261927.jpg



スーラがまだ25歳頃の作品(彼は31歳で夭逝)
まだ点描画技法で描く前の作品ですね。

a0092659_16015495.jpg



英国画家ジョージ・スタッブスの大きな馬の絵
スタッブスは”馬”は有名ですが、その中でも代表作と言えるインパクトのある作品です。

a0092659_19392580.jpg




スタッブスの大きな馬は遠くからでも一目でわかる程目立ってました。

a0092659_19510864.jpg


                         つづく






by bonzok | 2017-01-25 23:29 | イギリス・レンタカーの旅 2016


2008年に開催された洞爺湖サミットで一躍有名になった”ザ・ウィンザーホテル洞爺”
湖が一望できる高台に要塞のようにそびえ建っていました。


☟正面玄関
お正月らしい設えで出迎えてくれました。


a0092659_23304634.jpg




館内も至る所に新年に相応しい豪華なお花が飾られ華やかな雰囲気でした。


a0092659_22412474.jpg

a0092659_22391858.jpg

a0092659_22404731.jpg


a0092659_22423694.jpg


a0092659_22390884.jpg



ロビーではいつも生演奏をしていましたが、聴いてる方があまりいなくて申し訳ないような…

a0092659_23302413.jpg




朝は優雅なハープの演奏が聴こえていました。


a0092659_23290583.jpg



洞爺湖の景色はホテル内の至る所から望むことができます。

a0092659_18081995.jpg

a0092659_22483884.jpg



ショップも充実していましたよ。

a0092659_22394215.jpg




お部屋はスタンダードだったからごく普通…

a0092659_23531575.jpg





お部屋に置いてあったメニューの値段、主人と二度見してしまいました。

牛丼 も肉うどんも 6500円!(・・;) 
フルコースのディナーの値段と比較しても高すぎ。
よほど高級なお肉を使ってるのでありましょう…

a0092659_23532212.jpg





夕食に頂いたフレンチはどれも凝ったお料理でとても美味しかったです♪

メニューの説明を読むのが大変でしたけど…


a0092659_00301374.jpg
a0092659_00284376.jpg




夕食を終えてお腹パンパンな私(~_~;)

a0092659_01204179.jpg



このホテル「お客の8割は中国人って感じね」って話してたくらい中国人でいっぱいでした。

ホテル内の温泉も2度行きましたが、2回とも私以外全員中国人かと思うくらいでした…
男湯もそうだったみたいです。

中国の人は湯船に入る時タオルを頭に乗せてるからすぐ判ります。
そうするようにガイドブックにでも書いてあるのかもしれませんね。



朝食のバフェは種類が多くて迷いましたが、蟹のお味噌汁に惹かれて和食で♪

a0092659_00353794.jpg


ホテルをチェックアウトしたあと向かったのは室蘭の”地球岬”と言うところ。

太平洋を一望できる断崖絶壁に建つ灯台は1920年に初点灯されたそうです。

晴れてるけど、ここに立ってるだけでシバレました~


a0092659_00350905.jpg


新千歳空港への途中寄ったのは”ノーザンホースパーク”と言う馬のアミューズメントパーク

飛行機の出発まで時間が余ってるから組み込まれたって感じでした。
ここのカフェでケーキとコーヒーを頂いて時間まで牧場内をぶらぶら。

a0092659_00455655.jpg




可愛いポニーのショーもありましたよ。

a0092659_00460456.jpg




馬ぞりもいたけど、乗ってるお客はあまりいないみたい…

パンフレットに冬季は入場無料って書いてあったけど、
タダでもお客が来ないとはちょっと気の毒…

a0092659_00512793.jpg




空港に到着後、
「ウニイクラ丼」を食べそびれたのがどうしても心残りで、ネットで調べたお店に直行!

新千歳空港では、行きはラーメン、帰りはウニ・イクラ・カニ丼を食べられたので、
これで安心して北海道を去ることができました~

時間が無かったから私はミニサイズ(*_ _)

a0092659_00594847.jpg



今回5回目の北海道でしたが、スキー以外に雪の季節に来たのは初めて(今回も初めはスキーの予定でした…)

どこに行っても想像以上に中国人観光客が多くて驚きましたが、
以前よりマナーが良くなったような…
皆さん、雪の北海道が嬉しくてしょうがない!って様子だったので、
言葉が通じたら「どうぞ日本の冬を楽しんで行ってくださいね♪」って言いたいくらいでした(^^;

今年の北海道は雪が凄すぎてトラブルも多く大変なようですが、
美しい雪景色を存分に楽しめて大満足の旅でした♪




by bonzok | 2017-01-21 18:02 | お正月ちょこっと北海道 2017

雪の北海道 3 洞爺湖


小樽から洞爺へ。

途中、車窓から見えたのは蝦夷富士と呼ばれる「羊蹄山」
この時期のせいかとても男性的な山に見えました。

ここは添乗員さんのお席。私たち一番前に座ってたので…


a0092659_22363273.jpg


夕刻、”ザ・ウィンザー洞爺”に到着

a0092659_22325814.jpg


もう暗くなりかけていましたが、洞爺の夕景を見ることができました。
a0092659_21530541.jpg


翌朝は雲一つ無い青空が広がり、美しい洞爺湖が目の前に!


a0092659_22452065.jpg




蝦夷富士”羊蹄山”も綺麗に見えました。


a0092659_22463831.jpg



左の山が羊蹄山、右の小さい山が昭和新山


a0092659_23164416.jpg



↓私を撮ってくれてる主人の影も入っちゃった…

あまりの寒さに写真だけ撮ってトットと中に入りました~


a0092659_23214452.jpg



↓夜明けの洞爺湖

露天風呂から日の出(7時すぎ)を見ようとお湯に浸かりながらお日様が出てくるのを待ちましたが、
下の方に雲がかかって残念ながら日の出の瞬間を見ることはできませんでした…

湯船で日の出を待ってる方は他にも何人かいましたが、みんな髪の毛が白く凍っちゃってました~!(-_-;)


a0092659_22453327.jpg



朝焼けで湖面がピンクに染まる美しい洞爺湖

a0092659_22483884.jpg



洞爺湖サミットの日は霧がかかって洞爺湖の姿が見えなかったんですって。

各国首脳の皆様、こんなに綺麗な風景を見られなくて本当に残念でしたね…



a0092659_22524055.jpg

by bonzok | 2017-01-17 23:35 | お正月ちょこっと北海道 2017

雪の北海道 2 小樽へ

2日目

札幌到着の翌日からは1泊2日のバスツアーとなり、27名のツア友さんと旅を続けました。

この日は札幌→小樽→洞爺湖(宿泊)とシンプルな行程のはずですが、
バスツアーのお約束”お買い物ストップ”が1か所あり、向かったのは「札幌場外市場」


札幌市内の道路はず~っとこんな感じ。雪のため道幅がだいぶ狭くなっていました。
a0092659_21031491.jpg




☟「札幌場外市場」
お正月だったせいか閉まっているお店も多かったです。


a0092659_17184089.jpg



☟たらばがにの相場を知りませんでしたが、こんなに高いんですね。

この横で買ったばかりの”ウニ”(6,000円くらいの箱)をその場で豪快に食べてる中国人がいてビックリ!(*_*)

a0092659_17190341.jpg



干し貝柱も高価!
ターゲットはやはり中国人みたいです。

a0092659_17214009.jpg




☟にっ!20万円!?  思わず2度見した干しナマコの値段!

この値段でも中国人はお買い上げになるのでしょうね~

このお店では値段でビックリしただけで何も買わずに出てきました… (ーー;)


a0092659_17215896.jpg







小樽に到着!

小樽№1の撮影ポイントでBONZOも記念の一枚♪

a0092659_21261735.jpg



運河沿いをどこまでも歩いてみましたが、途中から雪が凄すぎてUターン(-_-;)

a0092659_21091897.jpg



運河沿いを一本脇道に入るとこんな感じ、すごい雪!


a0092659_21270168.jpg


道路を横断する時も滑らないように恐る恐る歩いてました~(-_-;)

a0092659_21284805.jpg




運河沿いの倉庫は全部飲食店やショップになっています。

雪が凄いけど、ちゃんと営業中

a0092659_21384505.jpg

a0092659_21283661.jpg



”びっくりドンキー”って札幌が本社なんですって! びっくり!

a0092659_21385572.jpg



こんな雪の中も人力車さん頑張ってます!

a0092659_21440623.jpg





小樽も中国人だらけ!

私たちもこの呼び込みさんに中国語のチラシを渡されちゃいました…
中国人のためなのか薬屋さんが異常に多かったです…

a0092659_21442842.jpg






小樽の街はノスタルジックな雰囲気

a0092659_21524204.jpg

a0092659_21525561.jpg




「お父さん預かります」???
この看板があちこちで目に入ります。

a0092659_21532629.jpg



「お父さん預かります」って何だろうと思ったら、
「買い物をしてるお母さんを待ってる間、昆布茶でゆっくりして行って下さい」って言う意味のようですよ。


a0092659_21530242.jpg



小樽でもっとも有名な北一硝子のお店は5店舗もありました。
明治創業の石造りの倉庫がそのままショップになっています。

a0092659_21531898.jpg




ソリの親子発見。 ここではこの移動方法が正解ね。


a0092659_21522420.jpg





すっごいレトロなスキーとストック!
これ今でも使ってるのかなぁ…それともオブジェ?


a0092659_22112745.jpg




☟ここは明治創業の造り酒屋

日本酒の利き酒ができたのですが、お酒の飲めない夫の分も頂きましたです…



a0092659_22150556.jpg



小樽は2度目でしたが、雪の小樽も風情があっていい感じでした♪

小樽では2時間半ほど自由時間があったのでお寿司を頂くつもりでしっかり調べて行ったのですが、
朝食を食べ過ぎたせいか二人共お腹がすいてなかったので昼食はパス…




皆さんと合流して一路”ザ・ウィンザー洞爺”へ。

途中どんどん雪がひどくなってきました。
この空で洞爺湖の景色が見られるのでしょうか…(*_ _)



a0092659_22114341.jpg







by bonzok | 2017-01-09 22:59 | お正月ちょこっと北海道 2017

お正月休みに夫と北海道へ。
2泊3日の短い旅でしたが、雪の北海道を満喫することができました♪

新千歳空港からJRで札幌駅に到着
ホテルまでは徒歩8分と書いてありましたが
雪道が滑りやすくなっていたので、スッ転ばないようにかなり慎重に歩きました~💦

☟後ろに見えるのが札幌駅(大丸)

a0092659_14104440.jpg



宿泊したニューオータニイン札幌 
”イン”だからビジネスホテルって感じでした。

a0092659_14175859.jpg


夕食を7時半に予約してすぐに街に繰り出しましたが、外はもう暗くなり始めていました。
北海道はやはり日没が随分早いんですね!

ホテルから歩き始めて約5分で札幌名物”時計台” 前を通過
今回2回目なので初めての時ほどのガッカリ感はありませんでした~(~_~;)


a0092659_14372150.jpg


☟次に見えてきたのは札幌のランドマーク大通公園の”テレビ塔”

a0092659_15133485.jpg


地図も持たずに出て来ちゃったので、街歩きはこのテレビ塔を目印に。

a0092659_14331702.jpg


雪景色の中のイルミネーションはとても綺麗でしたが、歩いているとジンジンと寒さが応えました。

a0092659_14470976.jpg

a0092659_14474949.jpg



年末からの大雪情報はニュースで聞いていましたが、想像以上の雪にビックリ!
あまりの雪の多さに雪かきが間に合ってない感じでした。


a0092659_14545522.jpg



イルミネーション木立ちの先に見えるのは”北海道庁旧本庁舎”


a0092659_14573461.jpg

a0092659_14594755.jpg




こんな時間でも観光客は結構いましたが、聞こえてくるのは中国語ばかり…(・・;)

a0092659_16391436.jpg




雪景色に映える赤レンガの旧道庁、素敵でした♪

a0092659_15025270.jpg



ここは1876年に開業した日本初のビール工場「開拓使麦酒醸造所」の跡地

現在は”サッポロファクトリー”と言う商業施設になっています。

a0092659_15163335.jpg




サッポロファクトリーは地下から4階までの吹き抜けになったショッピングモールでした。

すっかり身体が冷え切っていたのでここで少し暖を取ることに…

外は超寒いけどこの中は半袖でもいいほど暑かったです~


a0092659_16312185.jpg


ビール工場時代の古い壁に蔦が絡まりとても幻想的。

a0092659_15223041.jpg



雪の札幌街歩きから戻り、ホテルのレストラン”Four Seasons"で夕食。

牛ステーキあり天麩羅あり点心ありと和・洋・中がいっぺんに頂ける御膳をチョイス♪
これにデザートが付いてたけど、夫には量が足りなかったみたいです。
味にはうるさくないけど量にはうるさいもので… (ーー;)


a0092659_15331589.jpg



お味も良かったし雰囲気も良かったのに、この時間お客は私たちだけ…
皆さんホテルでは食べないのかな?


a0092659_16505448.jpg




そう言えばこの日のランチは新千歳空港で早速ラーメンを頂きました♪

JAL機内で貰った冊子のクーポンを使って”味玉”追加できたし~!٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

a0092659_16283279.jpg



嬉しすぎてラーメンの写真、撮り忘れてた~(ーー;)




                                  つづく



by bonzok | 2017-01-08 16:54 | お正月ちょこっと北海道 2017

北海道にいます♪

昨日から北海道にいます。
ただいま洞爺湖に向かって移動中

こちらの雪は想像以上でした!

北海道庁旧本庁舎
a0092659_14455813.jpg

小樽にて
a0092659_14425873.jpg

by bonzok | 2017-01-04 14:39 | お正月北海道3日の旅

滞りがちなFK'S BLOGにお越し頂きありがとうございます(*_ _)

今年こそ真面目に更新する所存でおりますので、
引き続きお付き合い下さいませ。

本年もどうぞよろしくお願い致します。


a0092659_19040546.jpg







by bonzok | 2017-01-01 19:06 | ご挨拶

トールペイントと旅の話を中心に日々の出来事を綴っております。旅友募集中です。どなたか旅をご一緒しませんか?
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31