HAPPY HALLOWEEN!


昨日のドヲル倶楽部はハロウィンバージョン(ё_ё)

ブライスもベッツィーもあみねこもチビワンダ(ちびカエル)も

コスチュームや小物は、全~部、部員の手作りなのよ! 

ウサギのかぶりものはボンゾです^^; 
a0092659_1945611.jpg


部員のsにゃんが11月7日(日)に開催される〝ドールワールドリミテッド″と言うイベントに

ギャレットOGのベア作家JUNちゃんのお手伝いで参加しますので、

興味のある方は、是非、めくるめくドールの世界をご覧になってね!

私もドヲル倶楽部顧問として、部員と一緒に行って参ります♪

詳しくはこちらをご覧ください。


ハロウィンの絵はいつも楽しい気分で描いてます♪
a0092659_194446100.jpg

by bonzok | 2010-10-29 20:32 | レッスン風景 | Comments(11)

カルナヴァレ博物館


カルナヴァレ博物館にはフランスの歴史を辿る装飾品や絵画、

ナポレオンの遺品やルイ16世やマリー・アントワネットの身の回りの品々など、

非常に幅広いコレクションが展示されていました。


a0092659_17295643.jpg



こう言う庶民的な看板なども、パリの歴史として展示されています。
a0092659_17354253.jpg



ここでは、王族や貴族の館を移築された部屋の数々をたくさん見ることができます。
a0092659_188998.jpg


壁一面手描きの絵で囲まれている部屋
a0092659_18135117.jpg


こちらは壁から天井までびっしりと絵が描かれて、すごく迫力のある部屋ですね。
a0092659_18141673.jpg



ルイ16世の青の間にあったこのスクリーンが私、気に入りましたです♪
a0092659_15251865.jpg


お部屋がたくさんありすぎて、ちゃんと説明と読んでなかったので、とりあえず写真だけ。。。
a0092659_15241839.jpg


a0092659_15244862.jpg


a0092659_1526915.jpg


a0092659_15372917.jpg


凝ったレリーフも、壁に埋め込まれた絵画も重厚ですね。
a0092659_1539552.jpg


a0092659_1551165.jpg


a0092659_15384321.jpg



窓のノブもアイアンフェンスも抜かりなく装飾が施してあります。
パリの建築はどこかしらに必ずアイアンの装飾があったような気がします。
a0092659_16444038.jpg




「ここ、無料じゃ申し訳ないわね。5ユーロぐらい取ってもいいのにね」って、主人と話してました。

5ユーロってところがセコイですけど・・・(ーー;)


絵画のコレクションもすごい数!
a0092659_15393588.jpg


すごくリアルな絵もあれば・・・
a0092659_15402368.jpg


こんなプリミティヴな絵もあり、たくさんありすぎてあんまり覚えてないんです…
a0092659_15412294.jpg



ナポレオン1世の像が立つヴァンドーム広場のミニチュア

アウステルリッツの戦での勝利を祝う式典の様子…だと思います(・・;)
a0092659_16163047.jpg


正面の建物は、現在はホテルリッツになっています。 
a0092659_1618154.jpg



アルフォンス・ミュシャがデザインしたフーケ宝飾店がここに移築されていました。
a0092659_18183786.jpg


ブロンズ像やステンドグラスなど、隅々までミュシャの美意識で埋め尽くされています。
a0092659_1636245.jpg



人によって好みはあるかと思いますが、アールヌーボーの美は迫力を感じます。

ここは閉じている日もあるそうなので、今回、見られてよかったですわ♪
a0092659_18192217.jpg



他にも、思わず欲しくなってしまうほど素敵な装飾品もたくさんありましたよ。
a0092659_1721772.jpg



入場無料なのに、こんなに沢山貴重なものを見せていただいて、ありがとうございました!って感じです。

他の美術館ほど有名じゃないですけど、

パリにいらっしゃる方は、是非訪れてみて下さいませ♪
a0092659_16494656.jpg

ちなみに…

カルナヴァレ美術館はオードリー・ヘプバーンの映画「おしゃれ泥棒」で登場してるんですよ。

ここを訪れた後、TVでたまたま見てたらこの場所が何度も出てきて嬉しくなってしまいました♪









by bonzok | 2010-10-27 19:09 | パリ 2010 | Comments(2)

マレ散策


パリ7日目、この日はパリの東側〝マレ地区″を散策して来ました。

マレは非常に古い建物が数多く残る地域です。

                
                     ボロいんだけど、なんか絵になるんですよね。
a0092659_15522040.jpg


これもかなり古そうなカフェ
a0092659_18321180.jpg



メトロSt-Paul 駅で降りて、

まずは〝Village Saint-Paul”(ヴィラージュ・サ・ポール)と言う骨董品街の広場に行ったのですが、

残念ながら、ヴァカンス中のためお店はほとんどお休み・・・

普段はこの一角で蚤の市のようなお店が出ています。
a0092659_14344444.jpg



裏通りをウロウロ歩いていて、この細い路地をまっすぐ行くと・・・
a0092659_1642513.jpg


突き当りは有名な「サン・ポール サン・ルイ教会」の裏口でした。

中に入るとこんなに立派!
a0092659_1601271.jpg


ここはルイ13世統治下の1627年に建てられた古い教会だそうです。 

裏からはいってしまったので、肝心の正面からの姿を見るのを忘れてしまいました…残念
a0092659_1604477.jpg



しばらく歩くと、ヴォージュ広場に辿り着きました。

ここは、フランス革命前は「王の広場」と呼ばれたパリ最古の広場だそうです。
a0092659_16142884.jpg


煉瓦造りの美しい建物は、かつての貴族の館です。

午前中だったのでまだ人も少なくて、本当に気持ちの良い広場でした。
a0092659_16244186.jpg



ヴォージュ広場から少し歩いたところに「カルナヴァレ博物館」と言うパリの歴史資料館があります。
a0092659_16391044.jpg


この瀟洒な館は、かつて邸宅として16世紀に建てられ、19世紀半ばに博物館として改装されたそうです。
a0092659_205843.jpg


ここは入場無料なんですよ♪

a0092659_17101926.jpg


タダだからって侮ってはいけません!

中に入って、展示品の多さには驚きました。

「ホントにタダでいいんですか~?!」って言うくらい

貴重な展示品や豪華な部屋をたくさん見ることができるんですよ。

館内の様子はまた後日・・・



                                                                   つづく

by bonzok | 2010-10-25 23:37 | パリ 2010 | Comments(0)

レッスン風景 28

今日土曜日は、大阪、名古屋、三重、長野からと新幹線組の多い1日でした。

皆さん遠くからいらしていただいて、本当にありがとう!<(_ _*)>


このクリスマス作品はちょっと難しそうだけど、意外と人気。
a0092659_21303913.jpg


↓『テディベアコレクション』掲載のスクールデスク

この作品は今まで5~6年誰も描いてなかったと思うけど、

販売することが決まった途端、急にみんなが描き始めて、今日は3名の方が描いてました。
a0092659_2131407.jpg


完成おめでとう!あっという間に仕上がりましたね!
a0092659_21322038.jpg


↓ この招き猫のあと、午後は正月飾りを描いていらっしゃいました。

そう言えば、もう「お正月」って言葉もそろそろ耳にし始めましてますね・・・
a0092659_2132179.jpg


いったい何個同時進行なのかな?
a0092659_22143392.jpg


このサンプラー作品は、本当に大勢の方が描いて下さっています。
a0092659_21323879.jpg


これは前回の写真、upが遅れてごめんね。もう仕上がってるわよね♪
a0092659_21335524.jpg


この方もとっくに仕上がってます♪ 
「四季のトールペインティング」掲載の懐かしい作品が、なぜか急に人気が出てきちゃいました。

a0092659_21341344.jpg


この方は・・・・今日も描いてました。 時間かかるもんね(ーー;)
a0092659_21343466.jpg


この方のネイル、よ~く見て見て!
a0092659_2203922.jpg


ほら!カメオなのよ!ゴージャスでしょう?
a0092659_2202017.jpg




by bonzok | 2010-10-23 22:26 | レッスン風景 | Comments(2)



パリでは前半後半で2つのホテルに滞在したのですが、

2箇所ともオペラ界隈だったので、毎日このパレ・ガルニエ(オペラ座)を眺めていました。

a0092659_19111718.jpg


そして、今までずっと見たかったパレ・ガルニエの内部を今回初めて見ることができて感激でした!

パレ(Palais= 宮殿)と名付けられている通り、内部は豪華絢爛、まさに宮殿そのものでしたよ。

今まで素通りしていたのが勿体なかった・・・



入口には著名な音楽家の彫像が配されています。
a0092659_19551824.jpg


内部は暗めなので、写真が上手く撮れなくて残念でした・・・
a0092659_201493.jpg


大理石の天井も柱も、隙間なくレリーフと彫刻で埋め尽くされています。
a0092659_19221965.jpg


あちこちに飾られていた彫像も素晴らしかったです。
a0092659_19262625.jpg


個室の桟敷席に入るドアがずらっと並んでいます。
a0092659_206141.jpg


中に入ると、まずこのシャガールの天井画に圧倒されました。
a0092659_19265470.jpg


主人が「この絵はここにはミスマッチだ」って言ってたけど、とても素直な感想だと思います。
a0092659_19271299.jpg

ズームで撮るとこんな感じ
a0092659_20322177.jpg


シャガールがこの天井画を描いた1964年以前、

元々はどんな絵が描かれていたのかしら?って、思いますよね?

元の天井画は、ルヌヴ(Jules Eugène Lenepveu)と言う画家の作品で、

オルセー美術館にも複製の絵が展示してあるそうです。

ルヌヴの天井画の複製
a0092659_2314926.jpg


シャガールの絵は大好きですし、天井画も素晴らしいのですが、

正直のところ、パレ・ガルニエの天井画としては以前の絵のままでよかったのではないかしら?と私は思います。

どうして入れ替えられたんでしょうね。

こんな事を云うのは少数派でしょうか?



このシャンデリアも素晴らしかったです!
「オペラ座の怪人」で落ちてきたのは、もっとずっと大きかったですね。
a0092659_19405283.jpg


緞帳の上の装飾も凝っています。
a0092659_19403054.jpg

観客席の手すりも、隅から隅まで装飾で埋め尽くされていました。
a0092659_2022599.jpg


グラン フォワイエ(grand foyer)
ここは幕間に観客がブラブラする場所だそうです。
なんと!ゴージャスなブラブラなんでしょう!
a0092659_19195416.jpg


ヴェルサイユ宮殿よりすごいかも!
a0092659_1941205.jpg


どのスペースも豪華な装飾で彩られていました。
a0092659_23293981.jpg


a0092659_23301354.jpg

ここでも天井ばかり見てしまう・・・
a0092659_23304642.jpg

a0092659_23401622.jpg

天井もすごいけど、床のモザイクも素晴らしい!
a0092659_2331202.jpg

ちゃっかり写り込んでます^^;
a0092659_23404176.jpg

大理石の回廊
a0092659_23382999.jpg

ここの天井も見事に装飾されていました。
a0092659_23385878.jpg

オペラ座独り占め~!なんてね!
a0092659_2350212.jpg

わざわざ主人が先に出て、オペラ通りから撮ってくれましたの。
こんな暇なことしてるの、きっと私たちだけね・・・(-_-;
a0092659_19422854.jpg


これはパレ・ガルニエから見たオペラ通り
a0092659_0491344.jpg



パレ・ガルニエの内部は公演がある時は見られないので、

今回全館見られてラッキーでした。

次回パリを訪れた時、もう一度入ってみたいな…って思っています。

                                                つづく





by bonzok | 2010-10-22 00:10 | パリ 2010 | Comments(9)

不思議の国のアリス展


レッスンの後、日本橋三越で開催中の「不思議の国のアリス展」を見てきました。
a0092659_061246.jpg


会場内は撮影禁止ですが、何か所かOKの場所がありましたよ。
a0092659_04136.jpg


アリスが何だか可愛くない。。。マッドハッターもなんかイメージ違うなぁ・・・
a0092659_053959.jpg


遠くに写り込んでいるのは、ジョン・ライトの人形たちです。
これはみんな可愛かったですよ。
a0092659_044587.jpg



私は、山本容子さんの銅版原画やサルバドール・ダリの挿絵が興味深かったですが、

全体には展示品はあまり多くはなく、ビジュアル的にちょっと地味な展覧会でした。



開場に入る時、スタンプラリーのシートをもらったので、

三越の中を3か所周って、しっかり「粗品」のクリファイルをゲットして来ましたよ♪

a0092659_0281590.jpg


他にも、「なりきりアリス」と言うアリスのコスプレで写真を撮ってくれる場所もあるんですよ。

私も「アリス」になってみたかったけど、ぐっと我慢で帰って来ました・・・(ーー;)


アリス展は25日まで開催されています。

興味のある方は、ぜひ、どうぞ!
a0092659_035767.jpg


by bonzok | 2010-10-20 00:39 | ART | Comments(5)


a0092659_13173697.jpg



パリ滞在中は、遠くから近くからと何度もエッフェル塔を見ましたが、

何度見ても、「わ~い!エッフェル塔だ~!」って叫びたくなってしまう私でした。
a0092659_13195279.jpg


やっぱりエッフェル塔はカッコいい!
a0092659_14292262.jpg


エッフェル塔を見つける度に、写真を撮りたくなってしまうんですよね。
a0092659_17443014.jpg


チュイルリー公園から撮った夕焼け(夜9時ごろ)のエッフェル塔
a0092659_1415997.jpg


キラキライルミネーションのエッフェル塔
a0092659_17451080.jpg


そしてやっぱり、どうしてもつまんでみたくなるエッフェル塔・・・^^;
a0092659_1327234.jpg


エッフェル塔の脚の間から見えるのはシャイヨー宮です。
a0092659_18122647.jpg



エッフェル塔の麓は観光客でいっぱい! パリの観光地では人気№1かしら?
a0092659_13421661.jpg


さすがに展望台へのエレベーターの行列の長さはハンパじゃない!
私たちは行列を見た瞬間、即、諦めましたわ。
a0092659_13425696.jpg


あっちでもこっちでも「エッフェル塔売り」がお店を広げていましたけど、
需要よりも供給が多すぎるみたい・・・
a0092659_13432752.jpg

お客をゲットした「エッフェル塔売り」の周りにライバル達も寄ってきて、
「いいなぁ…」って感じで、羨ましそうに見ています。
みんな、ジャラジャラといっぱいエッフェル塔ぶら下げてるんですよ。
a0092659_13434960.jpg


エッフェル塔さまと一緒に、って主人に撮ってもらったけど、今回も綺麗にボケてました…(+。+)
a0092659_13285124.jpg



                                                    つづく




by bonzok | 2010-10-17 18:47 | パリ 2010 | Comments(6)

レッスン風景 27


カレンダーの原画の中で、これが一番細かいかも・・・
まだ時間がかかるかもしれないけど、陰ながら応援してます(ーー;)
a0092659_2237344.jpg


まずは一枚目。順調なスタートね♪
a0092659_22394584.jpg


午後には完成してました!
a0092659_22441959.jpg


この後、目鼻も入れて可愛く仕上がりました♪ 次は入れ物の方ね。
a0092659_2247157.jpg


パーツを一個ずつ丁寧に描いて下さってます。お正月には間に合うわね。
a0092659_2257881.jpg


この方は、ギャレットも含めて同時に5箇所の教室でトールを習われてるんですよ。 
すごいですね~!
a0092659_2313310.jpg


K野さんのオリジナルデザイン。
ご本人から、「何でもビシバシ言って下さい」って言われてますので、
文字の位置をダメ出しされて書き直し中・・・
a0092659_2335133.jpg


これも地味に人気がある作品。可愛く仕上がりました♪
a0092659_2310476.jpg


これ、リネンのバッグに描いてるんですよ。
a0092659_23144088.jpg


こつこつ頑張ってくださいました! 間もなく完成!
a0092659_23153935.jpg



オマケ♪ 今日のドールたち・・・
a0092659_23183499.jpg


もひとつ、オマケ♪ 今日の(ド派手な)ケイタイ・・・(・・;)
a0092659_23201346.jpg




by bonzok | 2010-10-14 23:32 | レッスン風景 | Comments(6)

アルマ橋でK杉さんと別れてから、とあるアールヌーボー建築を見るために、

エッフェル塔にほど近いラップ通り(Avenue Rapp)に向かいました。

私が見たかったのは、このアールヌーボー建築の集合住宅です。
a0092659_23144550.jpg


これはラヴィロット(Jules Lavirotte)と言う建築家の代表作で、

パリで最も美しいアール・ヌーボー建築とも言われています。
a0092659_23401077.jpg

 
ドアの装飾もファサードもすごい!  もう、これでもか!って言うくらいアールヌーボーしてますね。
a0092659_23224973.jpg


上の方を見ると顔の装飾もあります。ちょっと不気味。
a0092659_23265764.jpg


隅々まで作者のこだわりが感じられます。
a0092659_2333783.jpg


どんな人が住んでるんでしょうね~
a0092659_2324055.jpg


こちらはラップ広場(Square Rapp)にある集合住宅
a0092659_23545517.jpg


正面の壁はだまし絵のようになっています。
a0092659_23542270.jpg


ここの入口も、アールヌーボー独特のアイアンとガラスの装飾です。
a0092659_23555178.jpg


この辺りは、散策してるだけでも素敵な所でしたよ。
a0092659_023664.jpg


どこを歩いていても、エッフェル塔がすぐ近くに見えました。
a0092659_062851.jpg


このまま、エッフェル塔に向かって歩きます・・・

by bonzok | 2010-10-14 00:15 | パリ 2010 | Comments(2)

パリで再会♪

パリ滞在中、ギャレットの生徒さんで現在パリ駐在のK杉さんと久々に再会しました!

待ち合わせをしたのはPomzeと言うレストラン

リンゴをベースにしたユニークなお料理がいろいろ頂けるお店でした。

主人が撮ってくれたので、例によってボケちゃってる…(-_-)
a0092659_22201651.jpg


パリでの生活に興味津々の私は、いろんな質問をしちゃって・・・

「ねぇねぇ、パリで俳優とか芸能人に会ったことある?」

・・・なんて超ミーハーな質問をしたら、

「笑える話なんですけど・・・」って前置きをして、

「息子の学校にジョニー・デップの娘がいるんですよ」・・・って!

ジョ、ジョニー・デップ~?!(◎-◎;)!!

しかも、ジョニー本人が時々送り迎えにやってくるんですって! いいなぁ~

もう一つ驚いたのは、なんと!あのアラン・ドロンの娘もいるんですって!

だってアラン・ドロンって、もうおじいさんでしょう?

・・・と思ったら、4番目の奥さんの娘だそうです。


楽しいお話と美味しいお料理であっという間に時間が過ぎてしまいました。

K杉さんのご自宅はエッフェル塔の近くと言うことなので、

帰りはメトロでエッフェル塔近くまで一緒だったのですが、

メトロで降りた場所 (Pont de l'Alma) は、プリンセス・ダイアナが亡くなった事故現場でした。

この下の高速道路が事故現場です。
a0092659_23281569.jpg


記念碑「自由の炎」"Flamme de la Liberte"の前でk杉さんとお別れ・・・

笑って写ってるけど、ちゃんとダイアナさんのご冥福をお祈りして参りました。
a0092659_232429100.jpg


K杉さん、本当にありがとう! とても楽しかったわ♪

滞在中は思いっきりパリ生活を楽しんで下さいね!

またPARISかTOKYOで会える日を楽しみにしてます♪








by bonzok | 2010-10-12 23:48 | パリ 2010 | Comments(2)

トールペイントと旅の話を中心に日々の出来事を綴っております。旅友募集中です。どなたか旅をご一緒しませんか?