カテゴリ:大人の遠足 in 千葉 2016( 2 )

大人の遠足 in 千葉 Ⅱ



ランチの後向かったのは野田にある”茂木本家美術館” 

キッコーマン創業家である茂木一族12代茂木七左衛門が蒐集した美術品が展示されています。

略称は MOMOA (MOGI-HONKE MUSEUM OF ART) 

MoMA(ニューヨーク近代美術館)を意識したのかも・・・


外観も内部もモダンでスタイリッシュ(
館内は撮影禁止でした)

a0092659_17144511.jpg


美術館スタッフの解説を受けながら鑑賞しました。

常設展示は北斎、広重などの版画と横山大観、梅原龍三郎、小倉遊亀、片岡球子、中島千波その他

油彩、日本画合わせて60点ほどのこじんまりした美術館でした。(所蔵作品は3700点)

企画展の 伊東深水 の版画は
とても見応えがあり、

タイトルに書いてあった通り 『深水に心酔』 して参りました。


ちなみにお客は最初から最後まで私たちだけ。

先日の「若冲展」の狂気の大行列(私は行っていませんが)と比べると、静寂閑雅な空間でした。




美術館の裏手にあると聞いた稲荷神社に向かってみんなで行進中♪

a0092659_17423155.jpg



美術館裏の黒塀が印象的でした。

a0092659_17330093.jpg



土蔵造りの社殿と立派な手水舎(右)

a0092659_13064842.jpg



鳥居の横の狛犬さん、かわいい♪

a0092659_13160292.jpg



この手水舎は有形文化財に指定されているそうです。

a0092659_13143080.jpg


手水舎の梁には「狐の嫁入り」の彫刻がありました。

a0092659_13140948.jpg



漆喰の社殿を飾る宝珠とキツネの鏝(こて)絵

a0092659_13300744.jpg




「遠足 in 千葉」 最後を締めくくるのはキッコーマンの工場見学


a0092659_13312088.jpg


みんなもなぜか工場見学でテンションが上がります

a0092659_20430361.jpg



中に入ると香ばしい香りが漂っていました。

醤油ができるまでの工程をスタッフの説明を受けながら見学しますが、実際の作業は撮影禁止でした。


野田で本格的な醤油造りが始まったのは1660年ごろだそうですが、

当時の製法をそのまま機械化した感じで今も手間暇かけて造られていることを

この歳にして初めて知りました…(ーー;)




知らなかったのは私だけかもしれませんが、簡単に行程を説明しますと…


大豆と小麦を合わせて麹菌(キッコーマン菌)を入れ、

温度36度、湿度100%を保った大きな部屋で均一に混ぜ合わせます。

合わせられた”しょうゆ麹”に食塩を混ぜ「もろみ」が出来上がります。

見学中、途中段階のもろみの香りを何種類か嗅がせてもらいました。


このもろみを☟のタンクの中で数か月かけて発酵、熟成させます。気が長い行程ですね。

判りやすく説明が窓ガラスに書いてありました。
a0092659_14122568.jpg


もろみが十分に熟成したら何重にも折り曲げた布(ナイロンって言ってました)で絞り出し、

お醤油の出来上がり。

絞り切った”醤油粕”は家畜の飼料や燃料として使われるそうですよ。無駄が無いですね。



売店に掲げられていた古い看板は創業当時の物でしょうか?

キッコーマンは1917年創業と言うことですから、来年ちょうど100周年ですね!


a0092659_13394106.jpg



敷地内にある「御用蔵」 

宮内庁にお納めする醤油の専用醸造所を移築再現された建物です。


a0092659_15455605.jpg



こういうのがあると必ず一緒に撮りたくなっちゃう…^^;
a0092659_13370748.jpg



ツーショットを撮ったこのお醤油、お土産に頂いて来ました~٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

a0092659_13355455.jpg


帰りはこのお土産とツォップで買った大量のパンでずっしり重くなっちゃいましたけど、

充実した「大人の遠足 」でした♪





by bonzok | 2016-06-04 20:47 | 大人の遠足in 千葉

大人の遠足 in 千葉 Ⅰ



千葉在住の生徒さんお二人がコーディネイトしてくれた「大人の遠足」を楽しんで来ました。

”6月晴れ”の青空の下、今回も盛り沢山のラインナップ♪




朝9:30 南流山駅集合 

参加者は11人 千葉のお二人の車に分乗しての移動でした。



最初に目指すのは超人気パン屋さん ”ツォップ”(Zopf) 

店内がすごく狭いので行列必至と聞いていましたが、誰も並んでなくてラッキー!

でも、買い物を終えて出て来た時はやっぱり行列ができてました。

私たちが狭い店内を満員にしちゃった訳ですけど…(-_-;

a0092659_13144624.jpg



毎日300種類ものもパンを焼き出すんですって!

店内はバラエティに富んだパンが所狭しと並んでいて選ぶのにかなり迷います…

「狭いからトレイを持ったらONE WAYね!」って言う誰かの”言いつけ”を守りながら、

みんな真剣に選んでました~


a0092659_13234003.jpg



そもそも今回の企画は「ツォップに行ってみたい!」と言う話がきっかけだったので、

ここで既に目的は達成したのですが、いつものようにこの後も盛りだくさんのメニュー!(-_-;



ツォップの後に訪れたのは日蓮宗「本土寺」 
a0092659_17055048.jpg




このお寺を私は知りませんでしたが、ここは ”あじさい寺” として有名で、

広い敷地内は至る所あじさいで溢れていました。

ほとんどがまだ色付き始めたばかりで少し早かったのですが、

ピークになると車も近づけないくらい混むそうですよ。



あじさいの花はまだでしたが、菖蒲池では色とりどりの菖蒲が見ごろを迎えていました。

a0092659_13224901.jpg




高台の道を歩いてきて、目の前にこの景色が広がった時、

思わず”ワ~ッ!”って声を上げてしまいました。

a0092659_13351838.jpg



お花に囲まれてテンションが上がっちゃう♪

a0092659_13231770.jpg




本土寺は紫陽花、菖蒲だけでなく、四季折々に花が楽しめるそうです。



もみじの木も多かったので紅葉の季節はきっと綺麗でしょうね~

a0092659_14010153.jpg




青々とした竹林も素敵でした。

a0092659_14005397.jpg




本土寺を後に、続いてランチへ♪


この日選んでくれたのは、利根運河沿いの古民家レストラン”ブラッスリーしんかわ” 


創業120年の老舗割烹”新川”旧館をリノベーションしたレトロな構えですが、

お料理は本格フレンチです♪

a0092659_14135783.jpg





前菜はオムレツ・ガスパチョソース添え

ガラスの器からマットの紫陽花が透けて涼しげでした。

a0092659_14262921.jpg




メインはお肉を選びました。

ポークにバルサミコソースがよく合い、こだわりのオーガニック野菜もふんだんに添えられていました。


お皿はシンプルなロイヤルコペンハーゲン♪

a0092659_14300357.jpg


a0092659_16475182.jpg




お部屋はこんな感じ 普通のお家みたいでしょ?

画像は
お店のWEBページより

a0092659_16343406.jpg




ランチの後も「遠足」は続きます…





by bonzok | 2016-06-03 18:42 | 大人の遠足in 千葉

トールペイントと旅の話を中心に日々の出来事を綴っております。旅友募集中です。どなたか旅をご一緒しませんか?
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28