2017年 08月 30日 ( 1 )

ピレネー山脈のふもと、スペインとの国境近くにある小さな街ルルド(Lourdes)は

聖母マリアの出現と”ルルドの泉”で世界的に知られるカトリック教徒の一大聖地となっています。


a0092659_22204924.jpg
出典matome



ルルドのサンクチュアリ(聖域) 遠くに見えるのがバジリカ聖堂

a0092659_22223767.jpg




↓高い塔を頂くバジリカ聖堂、手前がロザリオ大聖堂

一つに見えますが2つの聖堂が重なって建っています。


a0092659_15411119.jpg




ロザリオ大聖堂の前はいつも信者と観光客でいっぱい!


a0092659_15453667.jpg




聖堂からサンクチュアリを見ると車椅子の方たちが整然と列を成して集まって来ました。


a0092659_16102188.jpg



しばらくして戻ってみると…聖堂をバックに記念撮影でした。
それにしてもすごい大人数の団体!イタリアからの信者さんでした。
ストレッチャーで寝たままの方もいらっしゃいましたよ。

こうして奇跡を信じて聖地ルルドにやって来る信者たちを目の当たりにすると、物見遊山で来たことが後ろめたく感じます。

a0092659_16090284.jpg


↓街を歩いているとこんな看板を見つけました。
”団体写真の予約はここで”
世界中から集まってくる団体の信者さんたちは必ずこの記念撮影をするみたいです。

a0092659_16161042.jpg


ルルド
が世界的聖地として知られるようになったのは
一人の少女が始まりでした。

少女の名はベルナデッタ

1852年、14歳のベルナデッタが薪を集めに行った場所で聖母マリアが出現、
その後も計18回もマリア様に出会いました。


左の写真がベルナデッタ
彼女の暮らした質素な家も聖地となって大勢の信者が訪れています。


a0092659_17030816.jpg


ある日マリア様に「泉に行き水を汲み顔を洗いなさい」と命じられ、
洞窟近くを掘ると泉が湧き出し、
この水が病気を治癒し奇跡の泉として知られるようになりました。

ひとりの少女が発端でカトリックの聖地となった小さな街は今や世界170か国から年間600万人もの信者が訪れているそうです。


↓マリアが出現したと言われる洞窟(グロット)
ここも祈りをささげる信者でいっぱいでした。

a0092659_17104794.jpg


↓洞窟の中のマリア像
ベルナデットは「顔が違う」と言ったそうですよ。
彼女はマリアとは知らず、いつも「あれ」って言ってたんですって(-_-;)

a0092659_17174123.jpg



洞窟の中の岩に触り祈りを捧げるためには長蛇の列に並ばなければなりません。

↓これが洞窟へ続く長~い行列
信者じゃない私たちは遠慮しておきました(*_ _)

a0092659_17331915.jpg


サンクチュアリを囲むようにポー川が流れています。
この川で沐浴も行われているそうです。
左側に見えるのが洞窟の行列(-_-;)
a0092659_17444425.jpg


奇跡の泉「ルルドの水」を求めていつも大勢の人が並んでいました。
大きなポリタンクをいくつも持ってる人もいますね!

a0092659_17472276.jpg


こちらは飲む人専用
蛇口はコップしか入らないしくみになっています。

a0092659_17480388.jpg



↓街を歩くとどこに行っても「奇跡の水」お持ち帰り用の容器が売られていました。
可愛いボトルもありましたが、日本に帰るまでまだ9日もあったので衛生上「ルルドの泉」をお土産にするのは断念しました。

a0092659_18274579.jpg


私はペットボトル1本だけお水を汲みましたが、
この日も暑かったから、あっと言う間に全部飲んじゃいました。
奇跡の泉を水分補給にしてはバチが当たりますね(*_ _)


つづく


by bonzok | 2017-08-30 18:35 | ルルドからサンティアゴへ2大聖地を訪ねて

トールペイントと旅の話を中心に日々の出来事を綴っております。旅友募集中です。どなたか旅をご一緒しませんか?
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31