2017年 04月 01日 ( 1 )

3月31日、
例年ならば桜の季節のはずなのに真冬並みの寒さの中、
ギャレット仲間と鎌倉散策へ♪

待ち合わせをしたのは”北鎌倉駅” 円覚寺出口

さすが鎌倉、小さな駅なのに次々と観光客が降りてきます
皆さん寒そうに歩いてますね、本当にこの寒さは想定外でした。

駅改札から徒歩3秒くらい場所にある☟香下庵茶屋(こうげあんちゃや)
2015年7月まで、円覚寺の境内にあったお店だそうです。
a0092659_17354140.jpg



駅を出て徒歩1分で円覚寺が目の前に。
石段の先に総門が見えてきます。
a0092659_17434279.jpg


総門
に掲げられている額の文字は「瑞鹿山」
これは円覚寺の山号で”めでたい鹿のいるお山”と言う意味だそうです。
a0092659_17485198.jpg



総門をくぐって更に進むと石段の上に山門が見えてきました。

鎌倉は世界の観光地なのですね、外国人観光客が想像以上に多かったです。
a0092659_18103920.jpg



☟立派な山門
この日は朝からどんよりとした曇り空で午後からはついに雨に… ☂
スマホで撮った写真が全部暗めでした… (ーー;)

a0092659_17582241.jpg



山門の詳しい解説はこちらをご覧になって(~_~;)

a0092659_18192684.jpg



開基廟
北条時宗公を祀った廟
赤い毛氈が見えますが、ここでお抹茶を頂けるようです
(一名500円と書いてありました)


a0092659_23472515.jpg



開基廟
佛日庵(ぶつにちあん)と言う塔頭にあります。

禅宗では高僧の墓塔があるところを塔頭(たっちゅう)と言い、
境内には現在19の塔頭があります。

a0092659_21361857.jpg



☟正続院
(しょうぞくいん)は円覚寺の開山(寺を開創した僧侶のこと)無学祖元の塔所
※無学祖元北条時宗の招きにより来日し、日本の臨済宗の基礎を確立した中国宋の禅僧。

a0092659_21535471.jpg



正続院
の中に舎利殿がありますが公開はされていませんでした。

a0092659_01233424.jpg




☟如意庵
と言う塔頭

山門までは行きませんでしたが、ここは茶寮「安寧」と言うカフェになっていました。

a0092659_22002418.jpg



坂道を登ってさらに奥に進みます。
円覚寺境内はとても広く見どころも多いので拝観料300円では申し訳ないくらいです(^^ゞ


a0092659_22220520.jpg




奥に見えるのは続燈庵と言う塔頭
ここは一般は立ち入り禁止でした。

a0092659_22233408.jpg



 黄梅院(おうばいいん)は夢窓国師の塔所
円覚寺境内の一番奥にひっそりと佇んでいました。
黄梅院の聖観音堂

a0092659_22063329.jpg



黄梅院にいらした木彫りの千手観音 
素朴でアートな観音様でした。

a0092659_23334672.jpg


例年ならば桜が満開になってもいい季節なのに
まだほとんどが蕾
今年は寒い日が続いて、本当になかなか満開になりませんね~

満開になったらここもすごい人になっちゃうでしょうけど…(~_~;)


a0092659_22351075.jpg



梅は既に散っていたし…
a0092659_22480202.jpg


桜は見られなかったけど、
境内では珍しい草木をいろいろ見ることができました。


☟クリーム色の可愛い花をつけるミツマタの木
a0092659_22490238.jpg

a0092659_22524232.jpg



キブシの花
a0092659_23013085.jpg


ぶら下がって咲く姿がユニーク
a0092659_23281060.jpg


円覚寺 其の弐へつづく





by bonzok | 2017-04-01 23:56 | 鎌倉散策 2017

トールペイントと旅の話を中心に日々の出来事を綴っております。旅友募集中です。どなたか旅をご一緒しませんか?
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30